妊婦 貧血 症状。 妊娠初期は貧血になりやすい?どんな症状が出る?対策は必要?

妊娠貧血について

妊婦 貧血 症状

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 妊娠初期には様々な体調変化が起きますが、「貧血」もその一つ。 女性はもともと貧血になりやすく、妊娠すると多くの女性が貧血に悩まされます。 妊娠初期から貧血を起こす人も多いのですが、一体何が原因なのでしょうか?また、どんな症状が現れ、対策は必要なのでしょうか?今回は妊娠初期の貧血について詳しくご説明します。 そもそも貧血ってなに? 体の血が足りない状態を貧血だと考えるかもしれませんが、実際は血液中の赤血球やそれに含まれるヘモグロビンが少なくなった状態をいいます。 妊娠初期に貧血が起こりやすい理由は? 妊娠中に起こる貧血の多くが「鉄欠乏性貧血」です。 妊娠すると、以下の原因で体内の鉄分が不足しやすくなるため、鉄欠乏性貧血になってしまいます。 胎児に栄養を送る影響 お腹の赤ちゃんはママの血液から栄養をもらって育ちます。 血液量の増加 赤ちゃんに必要な栄養を送り届けるために、妊娠中のママの血液量は増加します。 つわり 妊娠による変化だけではなく、つわりで十分な栄養を補給できないことも貧血の原因の一つだと考えられます。 鉄分がたくさん必要なのにもかかわらず、食事ができないと鉄分を補給できず、貧血になりやすくなります。 関連記事 妊娠初期の貧血は赤ちゃんに悪影響がある? 鉄欠乏性貧血は赤ちゃんへの鉄分供給を優先することで起きているものなので、軽度な鉄欠乏性貧血であれば赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。 特に妊娠初期は、赤ちゃんの器官を形成する重要な時期なので、医師の指示に従って早い段階から貧血改善に努めましょう。 定期的に妊婦健診を受けていれば、貧血の危険があるときは医師から指摘してもらえるので、医師の指示に従って治療しましょう。 妊娠中の貧血の治療は食事療法が基本です。 鉄分の減少が一番の原因なので、鉄分をしっかり補給できる食材を積極的に食べましょう。 鉄剤は鉄分補給が目的なので、お腹の赤ちゃんへの影響もないと考えられています。 関連記事 妊娠初期の貧血を予防するには? 貧血は食生活を見直すことで改善できる可能性があります。 一つの食材に偏るのではなく、栄養バランスのとれた食事を心がけてくださいね。 鉄分は肉や魚など動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と、野菜など植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」の2種類があり、それぞれ特徴が異なるので、バンラスよく摂取することが大切です。 ヘム鉄はあさり、サンマなどに多く含まれ、非ヘム鉄は小松菜や菜の花、大豆などに多く含まれているので、食事のメニューにうまく取り入れましょう。 また、タンパク質やビタミンCを摂取すると非ヘム鉄の吸収率を高めてくれるので、これらの栄養素を含む食材を一緒に調理するのがおすすめです。

次の

妊娠中の貧血の原因と対策は?胎児への影響はある?

妊婦 貧血 症状

妊娠中はつわりを皮切りに様々なマイナートラブルが起こります。 症状にもその辛さにも個人差はありますが、少しでも楽しく快適にマタニティライフを過ごしたいものですね。 つわりを乗り越えてからの安定期は妊娠中の中でも一番活動しやすい時期のため、旅行に出かけたり妊婦向けのスポーツを楽しむ人も多いことでしょう。 しかし、そんな 安定期に入る頃からは貧血に注意が必要なことをご存知でしょうか? 妊娠すると疲れやすくなったり息切れしやすくなりますが、実はこれらの原因も貧血だと言われています。 貧血は症状がひどいと急に意識を失って倒れることもあります。 意識をなくしてお腹を下にして倒れてしまう危険もあるため、赤ちゃんを守るためにもしっかりと対処したいものです。 では、どのように対処したらよいのでしょうか? 貧血対策というとレバーを食べるなど食事を改善するイメージがありますが、どのような方法がよいのでしょうか? 今回は、妊娠中の貧血の症状や対処法、食事での改善法について調べてみました。 ・めまい、立ちくらみ ・耳鳴り ・疲れ、体がだるい ・視界が暗くなる ・動悸、息切れ ・顔色が悪い ・寒気 私は妊娠7か月の頃に貧血で倒れたことがありますが、まさに上記の症状でした。 貧血は突然血の気が引いて立ちくらみするので倒れてしまうこともあります。 意識を失っていたらお腹を打ったり下にして倒れてしまう危険もあるため注意が必要です。 貧血の初期症状 では、貧血症状がひどくなる前に気付くことはできないのでしょうか? 妊娠中期になると、産院では貧血を調べるための血液検査を行います。 そのため進行具合がまだひどくないうちに気付くことができますが、検査よりも前に貧血が進行している場合もあるため要注意です。 自覚症状がないままに進むこともあるので、もし次に挙げるような初期症状があれば貧血を疑ってみてください。 ひどくなってしまう前に病院で相談することをオススメします。 ・軽いめまい、立ちくらみ ・疲れやすい ・動悸、息切れしやすい ・顔色が悪い ・朝起きるのが辛い ・口内炎、口角炎 妊娠中の貧血の対処法は? もし貧血症状が起こってしまったら、無理をしないで休むことが大切です。 そして症状が回復するまで安静にすることです。 もう大丈夫と思って行動したらまたすぐに症状が起こることもあります。 仕事や家事などやらなければならないことに追われている時はつい急いでしまいますが、それは赤ちゃんにもママの体のためにもよくありません。 決して無理をせず治まるまで待ちましょう。 周りの人の邪魔にならないように、まずは 楽な姿勢で横になれる場所を確保します。 もしスペースがなければ椅子に座るなど無理のない姿勢を取りましょう。 血流をよくするためにも体の上にひざ掛けや上着などをかけて体を温めましょう。 【スポンサーリンク】 そもそもなぜ妊娠中は貧血になるの? 実は 女性の5人に1人は貧血だと言われています。 月経や妊娠出産で血液を失うため男性よりもなりやすいそうです。 そのため、 もともと貧血気味の人は妊娠中により強く症状が出る可能性がありますし、貧血でなかった人も妊娠をきっかけに貧血になるケースもあります。 では、なぜ妊娠すると貧血になりやすいのでしょうか? 妊娠中は血液を通してお腹の赤ちゃんに酸素や栄養を運ぶため、体内を循環する血液量が増えます。 しかし、赤血球の数はそれほど増えないので血液中の赤血球の割合が減り、同時に水分量が増えるために血液が薄くなってしまいます。 そのため、全身に酸素が行き届かなくなり、めまいや立ちくらみなどの貧血症状が現れます。 特に妊娠中期以降は赤ちゃんの成長が加速するため、より鉄分が必要となり貧血が起こりやすくなります。 そのため、 妊娠中は貧血になりやすいことを念頭に置いて予防するための工夫が必要になります。 妊娠中の貧血を改善させる食事とは? 赤ちゃんに必要な酸素と栄養を送るためにも、分娩時の出血に備えるためにも早いうちから貧血に備えることが大切です。 貧血の症状でママ自身の活動が制限されないためにも早めに改善しておきたいですよね。 では、貧血を改善するためにはどうしたらよいでしょうか? 貧血の原因は赤血球の血液中の割合が減ることなので、赤血球を構成するヘモグロビンの量を増やすことが大切となります。 ヘモグロビンの材料は鉄分です。 つまり、 鉄分を普段よりも多く摂取することが必要です。 では、どうすれば鉄分を摂取できるでしょうか? 病院での血液検査の結果によっては鉄剤が処方されたり、ご自身で鉄分のサプリメントを購入して摂取することもあるでしょう。 不足している鉄分を補うのに有効なため医師の診断に従ってください。 しかし、薬やサプリメント以外に自宅でできることもあります。 それは 食事の改善です。 鉄分を豊富にとるよう普段の食事を工夫してみましょう。 薬とサプリメントについては、をご参照ください。 鉄分といえばレバーが有名ですが、実はその他の肉や魚、野菜にも含まれています。 バランスのよい食事をとることが大切です。 鉄分はこのような食材に多く入っています。 ヘム鉄 ・肉類・・・・・レバー、牛肉 ・魚介類・・・・カツオ、マグロ、カキ、ひきじ非ヘム鉄 ・野菜類・・・・ほうれん草、小松菜 ・豆類・・・・・豆乳、納豆 ・フルーツ類・・プルーン、レーズン 鉄分は、肉や魚介類に多く含まれるヘム鉄と野菜類に多く含まれる非ヘム鉄の2種類があります。 ヘム鉄は非ヘム鉄よりも吸収率が高いという特徴があるものの、一方で妊娠中の過剰摂取に注意が必要なビタミンAを多く含む食材もあるため食べ過ぎに気を付けなければなりません。 ビタミンAの過剰摂取は奇形のリスクがあると言われているからです。 大事なのは、これらの食材をバランスよく食べることと、吸収力をよくするための食べ方の工夫をすることです。 ではどのような工夫をするとよいでしょうか? 食べ方の工夫をご紹介していきます。 例えば副菜に野菜サラダや果物を食べると効果的です。 しかし、 肉や卵などの動物性タンパク質と一緒に食べると吸収率がアップするのでオススメです。 このタンニンは鉄分の吸収を悪くするため、 麦茶などタンニンを含まない飲み物を選ぶようにしましょう。 私も妊娠中は家にあった鉄製の鍋でよくお鍋をしていました。 どうぞ試してみてください。 最後に 妊娠中の体は赤ちゃんの成長のために自然と血液量を増やすため、貧血は赤ちゃんが育っている証拠なのかもしれません。 しかし、症状が出るとママは辛いですよね。 貧血を予防するためにも、症状がひどくなる前になるべく早いうちから食事の改善をする必要があります。 鉄分を摂取しやすくする工夫をして貧血対策ができるとよいと思います。

次の

【助産師監修】妊娠中の貧血の症状は?原因と対策│AMOMA

妊婦 貧血 症状

貧血と脳貧血の違いを症状からチェック そもそも、貧血と脳貧血はどうやって見分けるのでしょうか? 似た様なものと思っている方は、どう違うのか知らない方も多いと思いますが、実は 全くの別物なのです。 概ね症状からも見分けることが出来ますので、ぜひ参考にしてください。 貧血の症状 貧血の症状は、 動悸・息切れ・めまい・耳鳴りなどが大きくあげられます。 上記は体内が酸素不足、いわゆる 「低酸素状態」になることで引き起こされる症状。 貧血は、酸素を運ぶ役割をしている血液内の赤血球が減少している状態なので、このような症状が現れるのです。 また、 耳鳴りがしたり、顔色が悪い、食欲不振、強い寒気などを感じる方も多く、 口の中の粘膜や、下瞼の内側の粘膜が白っぽくなるのも貧血の症状の一つです。 爪がスプーンのように反り返る症状が出ている場合は相当深刻な貧血状態だということなので、そうなる前に何らかの対処をしなくてはいけません。 脳貧血の症状 脳貧血の大きな症状は、 立ちくらみとふらつきです。 貧血同様、浮遊感やめまい、頭痛などもあげられますが、上記の二つは誰もが感じる症状だと言えます。 その理由は、脳貧血は、リラックスしていた姿勢から急に起き上がったり立ち上がることで、血液が十分に循環せず、 脳が酸欠状態となるためです。 その他、物が二重に見えたり、全身のしびれなどを感じる方もいますが、共通しているのは 「動作から数秒以内に症状がでる」ことです。 稀に 失神や意識障害・けいれんなどを起こす人もいるので注意して見守りましょう。 スポンサーリンク 貧血で倒れた人への対処法 もし誰かが自分の前で、貧血や脳貧血で倒れたら、どうしますか? とっさに適切な対処が出来れば、とても助かりますよね。 いざという時に役立つ応急処置の方法をご紹介します。 貧血で倒れた人への応急処置 まず、貧血で倒れた人への応急処置をご紹介します。 安全な場所で横にして寝かせます• 身体を締め付けるベルトやネクタイをしている場合はゆるめます• 血液の流れを良くするため、ブランケットなどで体を温めます• 意識が戻っても、すぐに起き上がらないよう安静にさせます 特に4の 「安静にする」ことはとても大切です。 何故かというと、回復したと思ってまたすぐに動き出すと、それが「脳貧血」に繋がり二次的な体調不良につながる可能性があるからです。 意識が戻ったら、しばらくは温かい飲み物などを飲んでゆっくりし、様子を見ながら焦らず行動しましょう。 「倒れそう」と自分で感じた場合は、以下のことを実践しましょう。 無理に動いたり喋ったりしない• ゆっくりとしゃがみ頭を低くします• ベルトやネクタイをゆるめます• 膝を両手で抱えるようにして、額を膝につけます• そのまま、しばらく安静にします 脳貧血で倒れた人への応急処置 次に、脳貧血で倒れた人への応急処置です。 嘔吐を伴うことがある為、吐しゃ物が喉につまらないよう、顔を横向きにして寝かせます• 体を締め付けるベルトやネクタイをしている場合はゆるめます• タオルやクッションを使い足を高くすると、血液が脳に行き渡りやすいです• ほおや手足を軽く叩いたり、名前を呼ぶと意識の回復が早まります• 意識が戻っても、すぐには起き上がらずしばらく安静にさせます 「倒れそう」と自分で感じた場合は、貧血と同様の対処法を実践します。 そして、貧血・脳貧血どちらにも共通することが、 倒れた時に頭を強打してしまう危険性です。 通常5~10分で意識が回復する人がほとんどですが、しばらく見守っても 意識が戻らない場合や、 頭を強打している、 鼻や耳から出血しているなどが見られた場合は、 速やかに救急車を呼び病院で診察を受ける必要があります。 ご紹介した内容はあくまで応急処置ですので、たかが貧血・脳貧血とあなどらず、適切な判断をすることが大切です。 日頃聞きなれている 「貧血」と、まだ理解が広まっていない 「脳貧血」。 どちらも似たようなものと思われがちですが、全くの別物なのですね。 自分に当てはまる症状があっても、それが一体貧血なのか、脳貧血なのか分からない方もいらっしゃると思います。 貧血は食生活を整えることで改善が見込める場合があり、 脳貧血は日常生活や普段の行動に配慮することで症状を防ぐことが出来ます。 しかしどちらも、 症状が強く出ている場合は医師の適切な診察を受け、治療することが大切です。 また、貧血・脳貧血だと思っていても、実は違った病気だったというケースももちろんあります。 日常生活に支障をきたすほどの症状が出ていたり、少しでも不安がある方は一度病院でしっかり検査することで安心に繋がりますよ。 スポンサーリンク.

次の