プロ 野球 戦力 外。 【プロ野球】戦力外通告 2020年を特集|トレード移籍・新外国人・現役引退・今後の去就

阪神タイガース戦力外予想2019年~2020年!鳥谷?伊藤隼太?

プロ 野球 戦力 外

プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020【巨人編】 2018年は山口投手や西村投手などが引退したほか、合わせて20人が退団しました。 また、監督交代に伴い多くのコーチ陣も一新されるなど大胆な構造改革が行われましたね。 そんな巨人から引退、戦力外となるのは以下の15選手と予想します。 中島宏之 2018年入団 2019年現在の年齢:37歳 積極的で勝負強い打撃が売りの中島選手、2009年のWBCでは主軸として活躍した選手で、西武時代には5年連続で打率3割をマークしメジャーの舞台も経験しました。 オリックスではベテランらしい勝負強い打撃で魅せると、2018年オフに巨人に入団し復活を目指します。 しかし、キャンプで腰の怪我で出遅れると一軍でも目立った活躍を出来ていません。 ここ数年、毎年のように怪我をしていますから年齢的にも引退が迫っているのではないでしょうか。 森福允彦 2016年入団 2019年現在の年齢:33歳 変則的なフォームからキレのある変化球を投げ込む左腕の森福投手。 ソフトバンク時代にはセットアッパーとして活躍し、2年連続で防御率1点台の成績を残すなど、欠かせない存在でしたが巨人にFA移籍してからは目立った活躍が出来ていません。 2018年はわずか2試合で防御率13. 50と不本意に終わりましたから、このまま戦力外となっても不思議ではありませんね。 古巣ソフトバンク復帰は見込めませんが、左のワンポイントを必要としている球団はあるでしょう。 追記:戦力外通告 吉川大幾 2014年入団 2019年現在の年齢:27歳 堅守が光るユーティリティープレイヤーの吉川選手。 強打を買われ、プロ入りしたものの2014年オフに中日から戦力外通告を受け、巨人に入団。 その後は必死に食らいつく球際に強い守備が開花し、2018年は97試合に出場するなど守備固めとして活躍しました。 しかし、2019年は田中俊太選手や山本選手、若林選手などの成長もあって出場機会が激減し、再び戦力外となる可能性も浮上していますね。 立岡宗一郎 2012年入団 2019年現在の年齢:29歳 俊足自慢の外野手、立岡選手。 2012年にソフトバンクからトレードされると2015年には91試合で打率. 301をマークするなどブレイクしました。 しかし、ここ数年は成績が伸びず一軍と二軍を行き来しています。 丸選手の加入後、外野手の争いは激化していますから、トレード要員として再び新天地で開花を期待したいですね。 田中貴也 2014年入団 2019年現在の年齢:27歳 ディフェンス面に定評ある育成出身キャッチャーの田中貴也選手。 2017年に支配下登録されましたが、一軍出場は2018年の1試合のみです。 課題の打撃も徐々に伸び始めていますが、小林選手や炭谷選手などリードに定評ある2人に加え、同い年の大城選手が一軍マスクを被っていますからこの3人に割って入るのは難しいでしょう。 このまま戦力外となっても不思議ではないですね。 田島洸成 2015年入団 2019年現在の年齢:23歳 シャープな打撃が自慢の育成内野手、田島選手。 独立リーグ出身で、これまで三軍を中心に経験を積んできましたが、4年目の2019年も支配下登録はおろか、二軍の出場機会も増やすことが出来ていません。 このまま戦力外となる可能性は高いでしょう。 追記:戦力外通告 アダメス 2016年入団 2019年現在の年齢:24歳 大柄な体格から威力ある速球を投げ込む育成出身助っ人のアダメス投手。 2018年6月に支配下登録されると、 28試合に登板し、一時は抑えを任されるなど存在感を示しました。 しかし、2019年は課題のコントロールを克服できずに 一軍で結果を残すことが出来ません。 マシソン投手、メルセデス投手、ヤングマン投手、デラロサ投手など外国人枠の争いが激しいですから 契約を切られないようにアピールしていきたいですね。 追記:戦力外通告 與那原大剛 2015年入団 2019年現在の年齢:21歳 恵まれた体格から投げ下ろす右腕の與那原投手。 一軍出場のないまま、2018年にトミージョン手術に踏み切り、育成契約となりました。 ポテンシャルは高い選手ですから、しっかりリハビリしてまずは支配下登録を目指したいところです。 二軍でしっかり投げる姿を見せれば戦力外も免れるでしょう。 追記:自由契約 スポンサーリンク 大竹寛 2013年入団 2019年現在の年齢:36歳 シュートを軸に打たせて取る投球が光るベテラン右腕の大竹投手。 広島時代には三度の二桁勝利を記録した技巧派先発右腕ですが、FA移籍した巨人では思うような結果が残せず、2018年は2試合の登板に終わりました。 2019年は一軍でリリーフとして結果を残していますが、年齢的にも引退の時期が迫っていると判断できます。 増田大輝 2015年入団 2019年現在の年齢:26歳 小柄ながら堅い守備力が光る育成出身内野手の増田選手。 2019年は二軍で打撃が覚醒すると、一軍デビューを果たしプロ初安打も記録しました。 定評ある内野守備では無難なプレーを見せるも、打撃で劣ることから、激しい内野手の定位置争いを抜け出せません。 結果でアピールして、戦力外を回避したいですね。 石川慎吾 2016年入団 2019年現在の年齢:26歳 パンチ力をいかした打撃が光る石川選手。 2016オフに日本ハムからトレード移籍すると、99試合に出場するなどブレイクし、「ダイナマイト慎吾」の愛称でファンからも親しまれるように。 2018年は二軍で首位打者を獲得するも、一軍では不本意な結果に終わりましたね。 丸選手が加入し、争いが激しくなった2019年もサヨナラ本塁打を放つなど印象に残る活躍を見せていることから巨人の若き切り込み隊長としてチームの戦力であり続けたいですね。 古川侑利 2019年入団 2019年現在の年齢:23歳 球威ある直球で強気に攻める若手右腕の古川投手。 2018年には先発ローテーションの座を掴み4勝をマーク、さらに2019年も先発の柱として楽天に貢献しましたが緊急トレードで巨人に加入しました。 しかし、1回4失点でノックアウトされるなど、悔しいデビューとなり復活に向けて調整中です。 戦力外あるいはトレード要員とならないように結果で示したいですね。 岩隈久志 2018年入団 2019年現在の年齢:38歳 巧みな投球で打ち取る長身右腕の岩隈投手。 楽天時代には沢村賞にも輝いたみちのくのエースは、メジャーでノーヒットノーランを達成するなど通算63勝を挙げ日本球界に復帰しました。 しかし、開幕から怪我で調整が遅れ8月下旬にようやく二軍で実戦復帰しました。 大事な終盤戦で結果を残せなければ、引退の可能性もあるのでは? 8年ぶりの日本の一軍マウンドから目が離せません! クック 2018年入団 2019年現在の年齢:32歳 大柄な体格から力強い速球を投げ込むリリーバー、クック投手。 メジャー通算236試合に登板するなど経験豊富な右腕で、 巨人では抑えとして期待されていました。 しかし、不安定な投球が続き首脳陣の期待に応えられません。 実績十分の投手ですから、契約解除とならないように結果を残したいですね。 阿部慎之助 2000年入団 2019年現在の年齢:40歳 巨人の精神的支柱でベテランの阿部選手。 2017年に2000本安打を達成するなど、巨人一筋19年で数々の栄光を手にしてきました。 ここ数年は代打や一塁手での出場が主でしたが、2019年に再びマスクを被ると、通算400本塁打を達成するなど球史に名を刻み続けています。 ただ、もう40歳を超えていますからユニフォームを脱ぐ時期も迫っているのは事実ですね。 しっかりと後継者の育成にも貢献していきたいところ。 今回巨人から誰が戦力外になって、誰が引退するのか。 注目ですね。 スポンサーリンク•

次の

プロ野球戦力外通告・引退2019

プロ 野球 戦力 外

戦力外第1次通告期間は10月1日~4日まで、第2次通告期間はクライマックスシリーズ全日程終了の翌日から日本シリーズ終了の翌日までとなっている。 また、12球団合同トライアウトは11月12日 火 に、大阪シティ信用金庫スタジアムにて開催。 戦力外となった選手や、プロ野球退団後に社会人野球に登録されて2年以上経過した選手が参加できる。 「あの人は今」状態にならぬよう、路頭に迷うことのないよう、去就未定の選手がいなくなるまでプロ野球データルームはその動向を追っていきます。 レイビン 投手 31 1 自由契約 K. ハンコック 投手 28 1 自由契約 中村 勝 投手 28 10 戦力外 田中 豊樹 投手 26 4 戦力外 G 育成契約 立田 将太 投手 23 6 戦力外 森山 恵佑 外野 25 3 戦力外 岸里 亮佑 投手 24 6 戦力外 独立・琉球入団 J. アダメス 投手 24 4 戦力外 J. マルティネス 内野 26 3 戦力外 山下 亜文 投手 23 5 戦力外 田島 洸成 内野 23 4 戦力外 谷岡 竜平 投手 23 3 自由契約 育成再契約 山川 和大 投手 24 3 自由契約 育成再契約 高井 俊 投手 24 3 自由契約 育成再契約 巽 大介 投手 22 4 自由契約 育成再契約 與那原 大剛 投手 21 4 自由契約 育成再契約 橋本 篤郎 投手 21 4 自由契約 育成再契約 高山 竜太朗 捕手 21 4 自由契約 育成再契約 S. マシソン 投手 35 NPB:8 引退 C. ビヤヌエバ 内野 28 1 自由契約 R. クック 投手 32 1 自由契約 T. ソリス 投手 31 1 自由契約 E. バリオス 投手 31 NPB:8 自由契約 阪神タイガース 選手名 守備 年齢 年数 事由 去就・進路 R. モンテレイ・サルタンズ メキシカンリーグ 選手名 守備 年齢 年数 事由 去就・進路 荒波 翔 外野 33 NPB:8年 メキシコ:1年 引退 日本通運 社会人、コーチ兼任 選手名 守備 年齢 年数 事由 去就・進路 武田 久 投手 41 NPB:15年 社会人:2年 引退.

次の

24歳でプロ野球をクビになった男が説く転身術

プロ 野球 戦力 外

編集部からのお知らせ: 本記事は、書籍(著・高森勇旗、ウェッジ)の中から一部抜粋し、転載したものです。 記事内の写真は著者提供です。 今日、戦力外通告を受ける。 そのことは、昨日の電話で既に知っている。 朝、いつもと同じように起き、同じ道を通って球場に向かう。 いつもと違うのは、スーツを着ているということ。 ただ、それだけである。 それだけなのに、この気持ちはなんだろう。 長い野球人生だった。 小学校3年生のときに半ばやらされて始めた野球は、いつのまにか人生の中心にあった。 試合に勝つこと、仲間と協力すること、思い通りにならないこと、そして、自分自身を高めること。 人生において大切なことは全て、野球から教わった。 それが、今まさに終わろうとしている。 「どんな気持ちになるのかな」 情熱の全てを注ぎこんできたものが終わる時、自分自身は正気でいられるだろうか? 取り乱したりしないだろうか? どこか他人事のようにそんなことを考えていた。 抜けるような高い空に、風が吹き抜けていく。 金木犀の香りが濃く香る日だった。 横須賀港に停泊している軍艦は、今日も波に揺られてギシギシと音を鳴らしている。 それは、昨日までと変わらない、いつもの光景だった。 3年目の高森氏。 2軍の試合で「見逃し三振」に倒れたシーン 「今後、どうする?」 「おはよう。 そこに座ってくれ」 そう声をかけてくれた高田GMの横には、2人の球団職員が座っていた。 寮の応接室の椅子に腰をかける。 寮に4年間住んでいたが、この部屋に入るのは何回目だろうか。 「高森な、6年間見てきたけど、成績も思わしくないしな。 来年は、球団としては契約をしないことになった」 何の話をされるかは分かっていた。 それでも、妙に脈が速く、呼吸は浅い。 「はい。 6年間お世話になりました」 何かを考えて答えたのではない。 用意していた言葉をそのまま口から吐き出しただけである。 「今後、どうする?」 間髪入れずに、次の質問へと移る。 戦力外通告を言い渡す仕事など、誰もやりたくはない。 向こうも向こうで、それなりの緊張はあるのだろう。 「トライアウトを受けます」 関連記事• 阪神タイガースから戦力外通告を受けたものの、その後公認会計士になった元投手、奥村武博さん(39)。 引退した選手が第二の人生で成功できずにトラブルを起こすケースが多い中、いかにして成功できたのか。 かつての挫折と、そこから這い上がった経験を聞いた。 世界の競技人口3億人ともいわれている人気ゲーム「バックギャモン」で2度の世界チャンピオンに輝いた矢澤亜希子さん(38歳)。 子宮体がんで余命1年と宣告されてから「世界」を獲るまでのサクセスストーリー。 普通なら就職活動真っ只中の期間である大学3年生の1月から大学4年生の6月までの約半年、就活を中断してエストニアに留学中の筑波大学4年生、齋藤侑里子さん。 定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。 新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。 4回目は障がい者を雇用するチョコ工房「ショコラボ」を起業した元銀行員の伊藤紀幸さん(53)。 2018年11月1日に7周年目を迎えるショコラボの伊藤さんに話を聞いた。 希望の道に進むのは素晴らしいことではあるものの、そのプロセスは決してバラ色ではない。 独立を切り出したとき、妻や母、職場の上司など、「周囲」はどう反応したか。 35歳で公務員を辞めてフリーライターになった小林義崇さんに、当時の苦悩を振り返ってもらった。 2001年にドラフトで日本ハムファイターズに入団。 その後、横浜ベイスターズ、福岡ソフトバンクホークスでプロ野球選手としてのキャリアを過ごした江尻慎太郎さん。 現役引退後、彼が選んだ道はビジネスマンだった。 江尻さんの仕事観、人生観に迫った。 「松坂世代」の強打者として甲子園を沸かせ、ドラフト1位でプロ野球の世界に飛び込んだ古木克明さん。 その後、野球を辞めてプロ格闘家となり、そして再びプロ野球選手を目指したのを知る人も多いだろう。

次の