武庫女 ictヘルプデスク。 武庫川女子大学 情報教育研究センター

武庫川女子大学

武庫女 ictヘルプデスク

A ベストアンサー 私見では、神戸女学院を推します。 就職、結婚にあたっては、どちらでも大差ないでしょう。 既に回答されている方がおられるように、就職・結婚が、武庫女と神戸女学院との大学名を 比べたイメージの違いによって決まると考えることは、もはや時代錯誤だと思いますね。 将来のことは、当然なのですが、大学入学後のご自身の過ごし方が最も大きく影響します。 例えば、学問に忍耐強く取り組む姿勢、論理的な考え方の訓練、 わからないことに直面した場合に、現状を把握し、仮説を立て、解決策を検証し、実行し、 実行した効果の確認と評価をする等…その他、教養を身に付ける等も含め、 将来のことに対して大学名は、学力水準が大きく変わらない大学であれば、 大した影響を及ぼさないと考えてよいでしょう。 以上の観点を踏まえて、中身の濃い学習環境に接する機会に恵まれている大学は、 神戸女学院でしょう。 私立の中では少人数制ですし、教養や人間形成面でも ほったらかしの武庫女よりも学べる機会が多いと考えますね。 武庫女は、マンモス私大の特徴にありがちな、良くも悪くも入学後は放置されがちな大学かと。 学生は、まじめな人から遊んでいる人まで、ピンキリと感じますが、 なぜかプライドが高い人が一定数いる印象ですね。 大学の規模が大きいために、学内の相対評価が主な評価軸になっていて、 世間の評価軸とずれていることに気が付きにくい環境であるとも感じます。 そういうのに抵抗がなければ問題ないです。 私見では、神戸女学院を推します。 就職、結婚にあたっては、どちらでも大差ないでしょう。 既に回答されている方がおられるように、就職・結婚が、武庫女と神戸女学院との大学名を 比べたイメージの違いによって決まると考えることは、もはや時代錯誤だと思いますね。 将来のことは、当然なのですが、大学入学後のご自身の過ごし方が最も大きく影響します。 例えば、学問に忍耐強く取り組む姿勢、論理的な考え方の訓練、 わからないことに直面した場合に、現状を把握し、仮説を立て、解決策を検証し、実行し、... A ベストアンサー 最近は大学も様変わりをしています。 以前は、女子大もそれなりに高い評価がありましたが、 男女平等の意識も以前よりは進み、最近は共学の総合大学の方が、 就職も含めて何かと良いように個人的には思います。 関西の女子大でがんばっているなぁという印象を受けるのは、京都女子、武庫川女子、同志社女子の3つくらいですね。 他は、大学改革に乗り遅れた旧態依然とした感じの大学ですね。 特に神戸女学院の失墜ははなはだしく感じます。 武庫川女子にあっさりと抜かれたという印象です。 橘女子は共学の橘大学に変わりましたよ。 今後も、共学化する女子大は増えるでしょうね。 平安女学院などは滋賀のキャンパスは閉鎖されましたし、今の時代、女子大というのはよほど女性の特性を生かした方向性を打ち出さないと存続していくのも大変だと感じます。 そういうことを考えると、女子大よりも総合大学の方が良いと思うのですが、いかがなものでしょうか。 また、神戸女学院の隣にある聖和大学(元女子大)は2008年4月1日に関学と統合予定です。 seiwa-u. yozemi. html 最近は大学も様変わりをしています。 以前は、女子大もそれなりに高い評価がありましたが、 男女平等の意識も以前よりは進み、最近は共学の総合大学の方が、 就職も含めて何かと良いように個人的には思います。 関西の女子大でがんばっているなぁという印象を受けるのは、京都女子、武庫川女子、同志社女子の3つくらいですね。 他は、大学改革に乗り遅れた旧態依然とした感じの大学ですね。 特に神戸女学院の失墜ははなはだしく感じます。 武庫川女子にあっさりと抜かれたという印象です。 橘女子は共学の橘... Q こんばんは。 いつもお世話になっております。 今年の4月からいよいよ大学生になります!! そして、同時に大学近くの女子学生会館へ入寮します。 でも、そのことで少し不安を抱えてしまっているんです。 私は親元を離れて生活するのも初めてだし、勉強も全然得意じゃありません。 今回は第一志望だった大学に奇跡的に合格し、入学することになりましたが、本当に未だに信じられないほどなんです。 寮生活も初めてだし、何もかもが初めてで、途方に暮れてしまいます。 大学、寮ともに、知り合いは一人も、全くいません。 なんだか本当に怖いんです…大学というのも、英文科なんですが、授業や課題がどんなものか、本当に自分にこなせるのか、寮生活にも慣れられるのか、楽しくやっていけるだろうか。。。 なんだか支離滅裂な質問になってしまいましたが、何かアドバイスなどあれば、よろしくお願いいたします。

次の

武庫女の短大は合格したのですが問題が生じました。

武庫女 ictヘルプデスク

A ベストアンサー 実際、就職活動を経験してみて、わかる範囲で言うと、 No1さんもおっしゃるように、女性の就職においては短大卒の方が就職しやすいかもしれません。 というのは、給料が学歴によって大分違ってくるため、企業にしてみれば給与が安くてすむ短大卒の方を取った方が人件費がかからないからです。 短大卒と大卒の給与は、 ・短大卒 14万~ ・大卒 17万~ という所でしょうか。 色々求人を見ていると、このように学歴が高いほど給料が高くなっている所が多いです。 しかし会社は、できるだけ費用をかけないで会社を運営したいわけです。 社員の給与も、会社で支払われるわけですから、給与も安い人を採用した方が、お金がかからない。 特に、販売・接客や事務職というのは、高度な技術は必要としないので、高卒や短大の人でも、できます。 そう考えると、できるだけ人件費のかからない、高卒や短大卒を採用したいという訳です。 でも、業種や職種にもよります。 企業によっても違います。 銀行・信金とかだと、中々女性を総合職として採用してくれない所が多いです。 私の大卒の女友達は、契約社員として銀行のテラー 一般職)として働いていますので、給料は短大卒と同じ位です。 銀行の一般職がいいなら、短大卒の方が有利だと思います。 でも、大卒でも契約社員としての採用もあります。 大卒の方が給料がいいのは確かですし、販売・接客、事務の仕事でも、大卒の採用をしている所はたくさんありますよ。 それに、大卒以上しか採用しない企業もあります。 高2というと、進路を考える時期だと思います。 進路によって、就ける職業も変わってくるので、自分が将来何になりたいのかを考えて、先生・親と相談しながら進路を決めていくといいと思いますよ。 実際、就職活動を経験してみて、わかる範囲で言うと、 No1さんもおっしゃるように、女性の就職においては短大卒の方が就職しやすいかもしれません。 というのは、給料が学歴によって大分違ってくるため、企業にしてみれば給与が安くてすむ短大卒の方を取った方が人件費がかからないからです。 短大卒と大卒の給与は、 ・短大卒 14万~ ・大卒 17万~ という所でしょうか。 色々求人を見ていると、このように学歴が高いほど給料が高くなっている所が多いです。 しかし会社は、できる...

次の

教育・研究サポート|武庫川女子大学

武庫女 ictヘルプデスク

A ベストアンサー 実際、就職活動を経験してみて、わかる範囲で言うと、 No1さんもおっしゃるように、女性の就職においては短大卒の方が就職しやすいかもしれません。 というのは、給料が学歴によって大分違ってくるため、企業にしてみれば給与が安くてすむ短大卒の方を取った方が人件費がかからないからです。 短大卒と大卒の給与は、 ・短大卒 14万~ ・大卒 17万~ という所でしょうか。 色々求人を見ていると、このように学歴が高いほど給料が高くなっている所が多いです。 しかし会社は、できるだけ費用をかけないで会社を運営したいわけです。 社員の給与も、会社で支払われるわけですから、給与も安い人を採用した方が、お金がかからない。 特に、販売・接客や事務職というのは、高度な技術は必要としないので、高卒や短大の人でも、できます。 そう考えると、できるだけ人件費のかからない、高卒や短大卒を採用したいという訳です。 でも、業種や職種にもよります。 企業によっても違います。 銀行・信金とかだと、中々女性を総合職として採用してくれない所が多いです。 私の大卒の女友達は、契約社員として銀行のテラー 一般職)として働いていますので、給料は短大卒と同じ位です。 銀行の一般職がいいなら、短大卒の方が有利だと思います。 でも、大卒でも契約社員としての採用もあります。 大卒の方が給料がいいのは確かですし、販売・接客、事務の仕事でも、大卒の採用をしている所はたくさんありますよ。 それに、大卒以上しか採用しない企業もあります。 高2というと、進路を考える時期だと思います。 進路によって、就ける職業も変わってくるので、自分が将来何になりたいのかを考えて、先生・親と相談しながら進路を決めていくといいと思いますよ。 実際、就職活動を経験してみて、わかる範囲で言うと、 No1さんもおっしゃるように、女性の就職においては短大卒の方が就職しやすいかもしれません。 というのは、給料が学歴によって大分違ってくるため、企業にしてみれば給与が安くてすむ短大卒の方を取った方が人件費がかからないからです。 短大卒と大卒の給与は、 ・短大卒 14万~ ・大卒 17万~ という所でしょうか。 色々求人を見ていると、このように学歴が高いほど給料が高くなっている所が多いです。 しかし会社は、できる...

次の