ロシアン ブルー ブリーダー。 ロシアンブルーの性格や特徴、飼い方の注意点と歴史

【ロシアの貴公子】奥ゆかしさのかたまり! ロシアンブルーの魅力に迫る|みんなのペットライフ

ロシアン ブルー ブリーダー

ロシアンブルー専門キャッテリー ブリーダー・ロシアンブルーの子猫 スノーアイランド ロシアンブルーのキャッテリー&ブリーダー・スノーアイランド。 ロシアンブルーの子猫の写真、猫と子猫のオーナー募集(子猫の譲渡)など。 ロシアンブルー・スノーアイランド(Russian Blue cattery Snow-island)はアメリカに本部のあるCFA(The Cat Fanciers' Association, Inc. )に登録された、日本の神奈川県でロシアンブルーの子猫だけを育てているキャッテリー/ブリーダーです。 CFAスタンダードに則り、美しく、健康的で、かつ性格の良い理想のロシアンブルーの作出を目標に、非営利目的で趣味/ライフワークとして1994年から20年以上活動しています。 2018年4月現在までにロシアンブルーのCFAリジョナルウィナー(RW)を13匹、CFAグランドチャンピオンを24匹、CFAグランドプレミアを5匹、自家繁殖のDMを2匹作出しました。 2002-2003年のシーズンにおいては、アメリカに渡ったスノーアイランドのロシアンブルーを父猫に持つプラチナルナドリームタイムが、CFAにおいてベストロシアンブルー(CFA世界一位)を獲得しました。 2003年のインターナショナルキャットショーでは、スノーアイランド出身のロシアンブルーが4つのファイナルに残り、総合ベストロシアンブルーキツンを受賞しました(インターナショナルキャットショーで高い評価をいただくのは日本のロシアンブルーとしては初めてです)。 ロシアンブルー・スノーアイランドのサイトでは短毛種の貴族・冬の精と呼ばれるエレガントなロシアンブルーの写真を数多く掲載しています。 当ウェブマスターが運営する別の ロシアンブルー・サイト、 ではロシアンブルーを詳しくご紹介しています。 (理想像)や、 、 ロシアンブルーに関するコラム、、 などのロシアンブルーに関する記事が掲載されています。 こちらはフレーム対応でなくてもご覧になれますので、是非訪れてみてください。

次の

ロシアンブルーの性格と凶暴であるとされる特徴

ロシアン ブルー ブリーダー

『癒しのロシアンブルー ブリーダー・キャッテリー』は全国のブリーダー・キャッテリーの子猫を紹介する、『ペット医療保険』を完備しているブリーダー・キャッテリー子猫直販サイトです。 ペットショップを通さない専門ブリーダー・キャッテリー直販で、掲載の子猫は健康でかわいい子猫を安心して通常よりお安い値段で購入できます。 また、『180日ペット医療保険』を完備していますので、お迎えした子猫に万が一のことがありましても、ブリーダーやキャッテリー、購入されたお客様に極力負担なく問題を解決できるようになっております。 掲載しているブリーダーやキャッテリーは、独自に設けた厳しい基準をクリアしていることはもちろん、猫を愛し、熱意を持って繁殖・飼育に取り組む優良なブリーダーやキャッテリーです。 健やかに育ったかわいい子猫たちを、新たな家族として『癒しのロシアンブルー ブリーダー・キャッテリー』からお迎えください。 ロシアンブルーについて ロシアンブルーの特徴 ロシアンブルーはくさび型の小さな頭にエメラルドグリーンの大きな目、先がとがった耳は離れてピンと立っています。 頭をすっと持ち上げたような首の姿勢ではコブラ・ヘッドとも呼ばれています。 小さな顔に切れ上がった口元は微笑んでいるようにも見えることから、彼らの顔立ちは「ロシアン・スマイル」と呼ばれます。 被毛は短毛のダブルコートで、細く滑らかな毛に覆われています。 しっぽは長く、手足は引き締まっており、細い体に無駄のない筋肉をまとった、中型のフォーリンタイプです。 ロシアンブルーの性格 ロシアンブルーは、飼い主に忠実で犬のような性格と評されることも多い猫種ですが、プライドが高く気まぐれで、自分が親しんだ相手がほかの猫に情をかけると猛烈に嫉妬するなど、猫らしい性格も十分です。 性格的には気難しい面があり、ベタベタしすぎても、優しさが足りなくても、良い関係を結べません。 そんな猫ですから、絶対的な信頼関係を結んだ相手を独占しようとするのでしょう。 誰にでも懐いていくことはあまりなく、家族の中でも好む相手を選びます。 近年の繁殖家はこのような神経質な傾向の個体を繁殖に使わないようにして、性格の改良を図っているようです。 また、あまり鳴かない猫として知られており、ボイスレス・キャットという別名もあるほど静かです。 ロシアンブルーの飼い方 ロシアンブルーは若猫の頃の運動量は多く活発で、人間に遊びを要求することもしばしばです。 しっかりとした体と信頼関係を作るために、積極的に遊んであげることが大切です。 高い所も好みますので、キャットタワーを用意してあげましょう。 ロシアンブルーは短毛ですがダブルコートですので、抜け毛はかなりあります。 定期的なブラッシングやコーミングは欠かせませんが、ロシアンブルーは我の強い面があり、嫌なことは徹底して嫌がることがあるので、子猫の頃からケアに慣らしておかないと、成猫になってグルーミングを嫌がって反撃することがあります。 敏感で、臆病ですが賢い猫ですので、子猫の頃から生活の様々な場面を経験させ、慣らしていくことが大切です。 ロシアンブルーの気を付けたい病気 ロシアンブルーは純血猫種としては遺伝性疾患が非常に少ない猫として知られています。 平均寿命は10~12歳とされていることが多いようですが、健康な個体では17~18歳まで長生きする個体も時々いるようです。 1日でも長く一緒に暮らしていくためには、ほかの猫種と同じように、中年齢以上になったらこまめに健康診断を受けましょう。 眼病、膀胱炎、尿結石はシニアになるとより発生しやすくなります。 繊細な性格のロシアンブルーでは、日常のちょっとしたきっかけからストレスを感じて、身心の変調を引き起こすことがあります。 人見知りの傾向があるため、来客にかまわれたり、見知らぬ猫や犬などを預かったりすると、食欲が落ちてしまったり、おなかを下すこともあります。 ストレスが長期にわたると脱毛したり、未避妊、未去勢の場合は近所の猫の発情に反応してストレス症状を起こしたりことがありますので、注意が必要です。

次の

ロシアンブルーの子猫を探す|専門ブリーダー直販の子猫販売【みんなの子猫ブリーダー】

ロシアン ブルー ブリーダー

ロシアンブルーをブリーダーから購入する 人気の猫種であるロシアンブルーはペットショップで購入できます。 ショッピングセンターに入居するペットショップでも、街中の比較的小さなペットショップでも容易に見つけられます。 しかし、ペットショップで売られているロシアンブルーは高額です。 また、多くのお店ではガラス越しでの対面となり、じっくり触れ合ってから選ぶことができません。 そこで、おすすめしたいのが、ロシアンブルーをブリーダーから直接購入する方法です。 ペットショップで売られているロシアンブルーのほとんどはブリーダーが供給しています。 であれば、ブリーダーから直接買ったほうがメリットがあるというわけです。 ロシアンブルーは人気の猫種であり、全国にブリーダーがいます。 最近では、ホームページで情報発信を行っているブリーダーが増えています。 また、ブリーダー情報を提供する専門サイトもありますから、参考にしてみてください。 ロシアンブルーをブリーダーから購入するメリット 血統が確かである ブリーダーからロシアンブルーを購入するメリットのひとつは「血統の確かさ」です。 個人や団体の里親募集から直接譲り受ける場合、ロシアンブルーと称していても外見が似ているだけの別の猫種や雑種だったなんてことが起こりえます。 特に、ロシアンブルーは、シャルトリューやコラットという猫種に外見が似ているため、ロシアンブルーを入手したつもりが、シャルトリューやコラットだったということもありえます。 血統が確かなロシアンブルーを購入したい方はブリーダーから購入しましょう。 血統書が付くため価格は高くなりますが、遺伝性疾患のリスクが低く、安心して飼うことができます。 ペットショップよりも安く購入できる ペットショップで売られているロシアンブルーはショップの利益を上乗せしているため、どうしても価格が高くなりがちです。 ブリーダーから購入するのであれば、ペットショップに支払われるマージンがかからないため、比較的安く購入できます。 ロシアンブルーのブリーダーの選び方 ロシアンブルーは人気の猫種であり、企業から個人までさまざまなブリーダーが育てています。 猫を愛している優良なブリーダーが多数ですが、中には儲かればいいという悪質なブリーダーも存在します。 そこで、信頼できるブリーダーを選ぶポイントをご紹介します。 自宅に近いブリーダーを優先して探す ロシアンブルーのブリーダーは全国各地にいますが、自宅に近いブリーダーを優先して探しましょう。 いまはインターネットを介すれば、ブリーダーと直接会わなくてもやりとりできます。 ですが、信頼できるブリーダーかどうかを判断するには、直接会って確認したいものです。 そこで、日帰りで行けないような遠い地域のブリーダーでは、なかなか会いに行けませんし、購入したロシアンブルーを連れて帰るのも大変です。 猫は環境の変化に弱い生き物ですから、長時間の移動はストレスになります。 特に飛行機移動では貨物室での預かりとなりますので、室温などの変化で体調を崩す恐れがあります。 同じ理由で宅配業者による輸送もおすすめできません。 見学可能かどうか 一言でブリーダーと言っても飼育環境はさまざまです。 ホームページを開設して飼育の様子を公開しているブリーダーもいますが、なかなか表に出ない情報であり、購入したい人に伝わらないのが実情です。 そこで、欲しいと思ったロシアンブルーを見つけたら、そのブリーダーに飼育環境を見学できるか確認してみましょう。 見学が可能であれば、清潔でストレスの少ない、猫にやさしい飼育環境であるかどうかを知ることができます。 もし見学を渋るようなら、病気やストレスに配慮しない劣悪な環境でロシアンブルーを育てている可能性も否定できません。 ロシアンブルーと直接触れ合えるか ロシアンブルーをブリーダーから購入するなら、猫と直接触れ合ってから購入しましょう。 ロシアンブルーといっても1匹1匹に個性があります。 猫との出会いは一期一会、いろんな猫と触れ合って相性を確かめましょう。 また、ロシアンブルーには内向的で警戒心の強い一面がありますから、触れ合いの時間を十分に確保してから家に迎えたほうが、早く飼い主さんに懐きます。 また、一回の対面だけで購入を決めるのではなく、何度か訪れてロシアンブルーと触れ合いましょう。 そして、あなたのお気に入りの猫を見つけてください。 ワクチン接種の有無 ロシアンブルーの子猫は、母猫から受け継いだ免疫が薄まる生後2か月になったらワクチン接種が必要になります。 優良なブリーダーであれば、育てているすべての猫にワクチン接種を行っています。 動物病院が発行しているワクチンを接種したことを示す証明書の有無を確認しましょう。 ロシアンブルー専門のブリーダーか 問い合わせしようとしているブリーダーが、ロシアンブルー専門であるかもブリーダー選びの重要なポイントです。 ブリーダーは、それぞれ得意とする猫種が異なります。 中には儲けを優先するあまり、多くの猫種を育てているブリーダーも存在します。 ブリーダーにロシアンブルーの知識やノウハウが不足していると、質の高い猫を育てることができません。 限られた猫種のみを育てているブリーダーであれば、質の向上に力を入れている可能性が高く、安心して購入できます。 事前にホームページなどで、ブリーダーが飼育している猫種を確認しておきましょう。 ロシアンブルーを専門にしているブリーダーであれば、病気やストレスのない飼育環境が整っていると判断できます。 アフターフォローをしてくれるかどうか アフターフォローもブリーダー選びの大切なポイントです。 アフターフォローをしないブリーダーからロシアンブルーを購入すると、後々にトラブルが起こる可能性があります。 ロシアンブルーを家に迎えた後に病気が見つかった場合、ブリーダーから情報提供がないと困ってしまうからです。 また、飼い主さんがロシアンブルーについて詳しくない場合は、ブリーダーのアフターフォローが助けになります。 儲けしか考えていない悪質のブリーダーは、「猫を引き渡したら終わり」と考えています。 まず、信頼できるブリーダーを探し、購入前から電話やメールでアフターフォローについて確認し、わからないことがあれば質問しましょう。 アフターフォローをしっかり行うブリーダーであれば、購入後も信頼関係が続き安心です。 もし問題が生じてもすぐに連絡がとれて、迅速に対応してくれます。

次の