美咲ちゃん死亡。 小倉美咲ちゃんの霊視と心霊写真?小学校や母親のインスタ ブログは?

【小倉美咲】ちゃん、山梨県警5/19・20再捜索へ…なぜ今になって?【山梨県道志村キャンプ場】女児失踪事件…。

美咲ちゃん死亡

小倉美咲ちゃん、不明当日の服装がわかる新しい画像を公開 10月2日(水)、行方不明になっている小倉美咲ちゃんの両親が、美咲ちゃんの新しい画像を公開しています。 この画像をもとに、さらに広く情報提供を呼びかけました。 前回は顔がわかる写真でしたが、今回は全身を体の左側から映した画像です。 行方がわからなくなった、当日に着ていた服装がわかるものとなっています。 画像を見ると、髪は前回公開されたものよりも短くなっていて、首あたりまでの長さのおかっぱ頭。 服装は青いジーンズに黒い長袖シャツということでしたが、新しい画像を見ると、青いチェックの服を一枚羽織っているような感じになっているのがわかります。 靴は一部しか映っておらず、あまり特徴がわかりませんが、つま先の部分は白っぽく見えますね。 小倉美咲ちゃん10日以上も手がかりなし、初動捜査に疑問の声も 小倉美咲ちゃんが行方不明となったのは9月21日(土)の午後。 すでに10日以上が経過していますが、まだ発見につながる手がかりもありません。 このような状況に、ニュースを見ている一部の方から、警察の初動捜査に疑問を感じている方もいます。 美咲ちゃんの両親は、最初に画像を公開していなかった理由について、不明になってからすぐ大勢で探しているため、事件の可能性が低いと判断したからと話しています。 しかし、ここまで美咲ちゃんが見つからないということは、早い段階から事件の可能性を考慮して写真を公開し、捜索範囲を広くしておくべきだったのではという意見です。 10月1日(火)放送の「直撃LIVE グッディ!」では、キャスターの安藤優子アナも、事件の可能性を早期に考えるべきではと疑問を呈しました。 警察の捜査方法を批判する意見に、世間の声も賛否両論上がっています。 警察や消防など、懸命に捜索を続ける方々を批判することに否定的な方も少なくありません。 初動捜索に対しての疑問はあるけど警察の判断。 必ず無事に見つけだして欲しい。 — Yosinori. F YosinoriF 今は何よりも小倉美咲さんが無事に見つかることだけがニュースを見ている人たちの願いだろう。 起きてしまったことは後悔しても仕方がない。 あとからいくらでも批判したり、反省すればいいのだから、とにかく今からでも最善を尽くしていくしかない。 — 永井武洋 nagaimuyou 小倉美咲ちゃん不明は捜索範囲を東西に拡大、道志ダムまで捜索も 小倉美咲ちゃんが不明になってから10日あまり、捜索隊は捜索の範囲を徐々に東西に広げています。 行方不明現場の周囲は、東西に長く川が流れており、国道も通っています。 そして、その周囲に多数のキャンプ場が密集しているエリアです。 美咲ちゃんが想定よりも長距離を移動している可能性も考慮されており、半径5km以上と、かなり広い範囲に捜索範囲が広げられました。 昨日の10月1日(火)は、現場からかなり離れた神奈川県・道志ダムも捜索されています。 現場の近くを流れる川は流れが緩やかで水深も非常に浅いため、川に流されてしまう可能性は、相当低いものと見られていました。 それでもダムまで捜索範囲を広げて調べているということですから、依然手がかりがつかめておらず、捜索隊がかなり苦戦していることが伺えますね。 繰り返し訪れることで新たな発見がある可能性を考え、一度捜索した場所の再捜索も行われています。

次の

小倉美咲ちゃん捜索ボランティア男性が滑落行方不明!連絡途絶える!名前や顔は?今後の捜索はどうなるのか

美咲ちゃん死亡

小倉美咲ちゃんについて 小倉美咲(おぐら みさき)ちゃんは千葉県成田市に住む小学1年生(7歳)の女の子です。 9月21~23日の三連休を利用して椿荘オートキャンプ場(山梨県南都留郡道志村椿4058)に母・姉・美咲ちゃんの3人でキャンプに行きました。 このキャンプには以前から家族ぐるみの付き合いがある7家族27人(内子どもは15人)も参加する予定でした。 美咲ちゃんは21日正午すぎに椿荘オートキャンプ場に到着し、最後に姿が確認されたのは15時40分のこと。 そこから行方が分からなくなったことから母・とも子さんが警察に通報し、警察と消防による捜索が始まりました。 しかし美咲ちゃんは発見されず、その後自衛隊も参加する大規模捜索に発展。 16日かけて約1,700人がキャンプ場から東西約15キロ、南北7~8キロにわたって山中や川の中まで探す捜索となりましたが、美咲ちゃんは見つかりませんでした。 その後は有志ボランティアによる捜索隊が結成され、捜索が続いていますがいまだ発見にはいたっていません。 小倉美咲ちゃんは現在ただの行方不明扱い あまりの手がかりのなさから誘拐や娘を心配する母とは思えない行動に批判の集まる母・とも子さんによる殺害や山中への置き去りなどがささやかれる小倉美咲ちゃん。 誘拐や神隠しについてまとめた記事、母・とも子さんの行動に焦点を当てた記事はこちらになります。 ネット上ではさまざまな憶測が飛び交う小倉美咲ちゃんの現在ですが、警察は捜索願を受けて捜索を開始し、発見にはいたっていないことから美咲ちゃんを「行方不明者」として扱っています。 山梨県警では小倉美咲ちゃんの情報を集めるために、HP上で美咲ちゃんの顔写真と年齢や身長、体格や髪の色、当時の服装などを詳しく書いたものを公開しています。 山梨県警のHPはからどうぞ。 ちなみに山梨県では資料の公開されている行方不明者は美咲ちゃんのほかに、高橋賢治さんという63歳の男性も情報を公開し広く情報を募集されています。 ただ、この2人は捜索願を届けた家族らが情報公開を許可したため掲載されており、国内の行方不明者数から考えても実際はもっと数は多いと予想されます。 それによると平成30年の行方不明者は約88,000人。 そのうちに無事に見つかった人は約70,000人で、残念ながら死亡が確認されたのは約3,800人。 警察が行方不明者の届け出を受理して1週間以内には全体の79. 8%が生死を問わず、とりあえず発見はされています。 見つかっていないなどの人は 約8,000人とのことでした。 ただ、この8,000人の中には届出が取り下げられた人も含まれるので、実際に見つからない人は多少減ると予想されます。 美咲ちゃんが行方不明になったのは令和元年9月ですので、平成30年のデータには含まれていません。 ちなみにこの統計は警察庁が毎年発表しているものなので 毎年約8,000人が行方不明のまま見つかっていない状況です。 普段耳にする限りでは「いなくなった人」「行方不明になった人」というイメージを持つと思いますが、法律における失踪は意味合いが違います。 民法第三十条 不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。 2 戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止やんだ後、船舶が沈没した後又はその他の危難が去った後一年間明らかでないときも、前項と同様とする。 e-Govより民法 不在者とは、「従来の住所や住んでいる場所からいなくなった人」と規定されています。 つまり、私たちがイメージする失踪者とは法律で言うところの不在者にすぎない、ということです。 失踪にも普通失踪と特別失踪の2種類があります。 普通失踪…行方不明者の生死が7年間明らかでない(民法31条前段) 特別失踪…戦争に行って帰って来ない人、乗っていた船が沈没した人などが1年間見つからない(民法31条後段) 普通失踪にしろ、特別失踪にしろ、失踪宣告の効果は同じです。 それは、 失踪宣告を受けた人は死亡したものとみなされること。 行方不明となった人が死亡したと認められないと困るものはこちらです。 本人死亡による死亡保険金や残された家族がその死亡保険金の請求ができない• 行方不明者の税金、国民年金の支払いが続く• 遺族年金が給付されない• 母子(父子)家庭への援助が受けられない• 本人名義の奨学金やローンが免責や解約することもできずに残り続ける• 本人名義の携帯電話や使用しているサービスなどを解約できない• 婚姻関係が続くので残された配偶者が別人と再婚できない そのため、法律で戦争に参加したなどの特別な理由がないかぎりは7年経って所在が分からない場合は死亡したものと扱う、という取り決めがされているのです。 そうでないと、おそらく帰って来ないであろう人の負担をずっと強いられることになってしまいます。 失踪宣告は残された家族のために行われるものです。 そのため、家族や利害関係のある人でないと家庭裁判所に申請することができません。 このまま美咲ちゃんが見つからなかったら? 警視庁の行方不明者に関する統計を見ると、行方不明のうち約80%は届出から1週間以内に見つかっていること、それ以降は時間が経つごとに発見率が下がること、 毎年8000人近くが行方不明のまま見つからないことが分かります。 美咲ちゃんは9月21日に捜索届が受理され、11月21日で2か月が経過することになります。 手がかり1つ見つからない状況に、「もしもこのまま見つからなかったら…」と考える人も多いのではないでしょうか。 美咲ちゃんは現在、法律上で言う「不在者」という扱いです。 これは本来住んでいる場所におらず、見つからない人のこと。 千葉県成田市の家や家族の元にその姿がないこと、誘拐などを怪しむ声があっても証拠が何もないことから不在者という扱いです。 残された家族らは行方不明の期間に応じて普通失踪(7年)か特別失踪(1年)を家庭裁判所から宣告してもらうことができます。 普通失踪にしろ特別失踪にしろ、失踪宣告がされると 不在者は死亡したものとして扱われます。 美咲ちゃんは証拠がないことから現在「山中で姿を確認したのが最後の不在者」であり、山で遭難した人扱い。 捜索届の受理された2019年9月21日から7年が経過した、 2026年9月21日までに見つからなかった場合は死亡扱いとなります。 ただし、これには家族などの申請が必要です。 もしも母のとも子さんが「美咲ちゃんは死んでいない、どこかで生きている」と信じて申請しなかった場合は美咲ちゃんは見つかるまで不在者の扱いのままです。 山での遭難は普通失踪にあてはめられることが多いですが、雪山での遭難は特別失踪が適用されることもあります。 雪が積もるほどの高所で行方不明になったのであれば、凍死や転落死している可能性が高いためです。 おわりに 行方不明になった人が7年を超えても居場所が分からなかった場合に申請できる失踪(しっそう)宣告。 美咲ちゃんは2026年9月21日を超えても発見されなければ母・とも子さんなどの申請によって家庭裁判所から死亡判定を受けることになります。 もしも美咲ちゃんが死亡したものとして扱われると変わる大きな事柄は次の通りです。 児童手当が給付されなくなる• 父・雅さんや母・とも子さんが受ける扶養手当がなくなる• 学資保険などに加入していた場合、それまでに支払った保険料に相当する額が支払われる• 父母の加入する生命保険などに子の死亡への保険金があれば支払われる 美咲ちゃんは現在7歳ですので、7年経過したとしても14歳。 児童手当は15歳の中学校修了まで給付されるものなので1年分もらえないことになります。

次の

小倉美咲ちゃん(7)はどこに?両親が新たに不明直前の写真を公開

美咲ちゃん死亡

2019-10-01 10:15 要約すると、キャンプ場という非日常の場で、小学生1年生(7歳)の子供1人で自由行動させてしまったところ、行方不明になってしまった。 私からすると、親にも責任の一端はあると思わざる負えない状況ではあります。 いつも遊びに行っているキャンプ場だったかもしれませんが、日常的に、例えば学校に通学するような道ではないし、場所でもありません。 つまり、 キャンプ場には通学路よりも危険な要素がたくさんあるという事です。 日常の通学路だって、どこに危険があるかわかりません。 交通事故だってあるかもしれないですが、それは地域の人たちの見守りなどあって、ある程度は安全かもしれません。 しかも、今はほとんどの小学生は、 防犯ブザーや キッズ携帯などを持たせていると思います。 キャンプ場では通学路以上の危険があるかもしれないという認識が、美咲ちゃんの親にも欠如していたかもしれませんね。 もし仮に、防犯ブザーだけでも持っていたら、状況は変わったかもしれませんよね。 キッズ携帯を持たせていれば、通話できたかもしれませんし、出来なくても、GPSで探せたかもしれません。 私の息子にも持たせているキッズ携帯ですが、機種によると思いますが防犯ブザーの機能も備わっています。 防犯ブザーを鳴らせば、自分の危険を知らせることもできますし、居場所も知らせることが出来ます。 私の場合、自宅の近所で遊びに行くとかそういうレベルでも、最近は携帯を待たせて行動するように息子には言っています。 親と一緒に外出するときにも、持たせるようにしています。 そうすれば、例えば大きなショッピングモールとかでも、迷子になったらすぐに連絡を取れるます。 ただ、どうしても私たち親世代は、携帯電話が無い時代に小学校生活をしていたので、そういう考えに及ばない親もいるとは思います。 それでも、今はそういうことが出来る世の中になったので、国や自治体でキッズ携帯なんかは支給してもいいと思うくらいです。 スポンサーリンク 小倉美咲ちゃん当時の心理 このくらいの年代の子供は男女問わず、遊びには貪欲なお年頃です。 それと同時に、もしかしたら身体的・体力的に上級生よりも劣っているので、もたもたしていると置いて行かれてしまうのでは、という心理もはたらいていた可能性もあります。 つまり、上級生たちと遊んでいてものすごく楽しいけど、背伸びもしていたと思います。 こちらの記事でも同じことは書きました。 その為に、美咲ちゃんはおそらく、おやつを食べ終わってからの遊び場所が分からなかったのでしょう。 行き先を聞いていたとしても、キャンプ場という特性上の問題が、美咲ちゃんの行く手を惑わせたのでしょう。 例えば、場所が 遊園地などの テーマパークだったとすれば、行き先を聞いていればたどり着けますよね。 目的地がメリーゴーランドとかジェットコースターとかはっきりしているんです。 しかし、囲いもないキャンプ場では、どこからどこまでがキャンプ場で、どこに遊びに行ったのか、目的地がどこなのか、はっきり分からないんです。 先に遊びに行った他の子どもたちも同様です。 「 川」と言っても、上流か下流なのかで場所が全然違います。 もしかしたら、まったく別の川があるかもしれませんし。 どれも川だし、子供ではその区別すらつかないでしょう。 しかも、木々が茂っていれば、見通しも悪いです。 つまり、キャンプ場においては、子供たちのボキャブラリーでは、 どこで遊んでいるかを誰も表現しきれなかった可能性もあります。 ここら辺の状況判断や、待ち合わせは小学1年では、できない子の方がほとんどでしょう。 今言っても遅いですが、親が判断し、一緒に他の子供たちを探すべきでした。 asahi. com キャンプ場を大人がナメ過ぎです。 高校生ならともかく、小中学生では状況判断を正しく出来る子なんて、そうそういません。 キャンプに家族で行くときは、必ず最低限のルールを決めて行わなければいけません。 「 子供1人で出歩かない」とか「 テントの見えるところで遊ぶ」とかそんなことでいいと思います。 「 テントから離れた場所で遊ぶなら、大人を1人連れて行く」でも何でもいいと思います。 キャンプ場ならではの危険を考慮したルールを子供たちに課しましょう。 スポンサーリンク 小倉美咲ちゃん遭難説 可能性の問題ですが、これだけ多くの人が探して、自衛隊も出動して、これだけ探しても何も情報が得られないという事は、遭難という可能性は極めて低いと思います。 遭難であれば、何らかの痕跡が見つかっても良いとは思います。 そして、遭難であれば、相当サバイバルが出来る小学1年生でなければ、生存確率も限りなく0に近いと言わざる負えません。 もう、行方が分からなくなって、1ヶ月以上経ってますから…。 逆に、それだけサバイバルが出来るなら、とっくに発見されています。 無人島ではないので、道に突き当たれば、発見される可能性が格段に上がるわけですからね。 まあ、そこで悪い人につかまって誘拐されてしまうと、今度は誘拐事件ですから、犯人がいるわけです。 とにかく、キャンプ場の周辺は探しつくしたと思いますので、遭難の可能性は否定してもいいと思います。 スポンサーリンク 小倉美咲ちゃん誘拐説 今現在はこれが一番有力で現実的な説だと、私は思っています。 その最大の理由は、大規模な捜索をしても見つからないかったという事です。 遭難の可能性が低くなった以上、警察も誘拐を疑っていると思います。 しかし、犯人がいるとしたら、そこには動機があるはずです。 身代金目的とか、いたずら目的とか、そんなゲスい動機です。 ただ今回でいえば、今一番可能性が高いのは、 「小さくて可愛くて、いたずらしたかったから」 という様なのが、考えられます。 身代金目的なら、とっくに犯人は被害者の親へ、犯行声明を出していなければ、おかしいですよね。 しかも、状況的に連れ去りやすい状況が整っていたわけですから、犯人像としては、突発的な犯行もありうるでしょう。 もちろん、計画的に犯行に臨んでいる場合も大いにあります。 その場合は警察が関係者には聞き取り調査などをしているでしょうから、怪しい人がいれば、既に目を付けているはずです。 一番厄介なのは、突発的に事件が起こってしまった場合です。 たまたま通りかかった変質者が、連れ去った場合は、特定が難しいし、日本全国どこに行ったか検討もつかなくなってしまいます。 そして、誘拐の場合の生存確率は犯人次第です。 親御さんには非常に言いにくいですが、生存していたとしても、何らかの被害を受けているのは確かです。 精神的なもの、身体的なもの、あるいはその両方です。 健全に保護して、かくまっているという可能性は低いです。 スポンサーリンク 小倉美咲ちゃん異世界転生・神隠し・宇宙人説 これは全て気休めでしょう。 私も、美咲ちゃんの親と同じ状況に置かれたら、これらのことを願って現実逃避したくもなります。 この3つの可能性ならば、無事に生存している可能性も十分あるわけですが、中二病的と言いますか、ありえないでしょうね。 ただ、考察は一応してみます。 異世界転生説 可能性の問題として、限りなく0に近いですね。 しかし、 地球人類は宇宙のすべてを解き明かしたわけではありません。 宇宙のどこか、もしくは宇宙外の世界があっても、人知を超えているわけですから、絶対にないとも言いきれないですよね。 ただ、もしも異世界に行ったとしても、人間としての能力値は変化がないのかもしれません。 例えば、よくある漫画や小説・アニメなどの異世界転生物で、一度死んでしまって、その異世界では異常な能力を付与されて転生パターンがあります。 その場合、残念ながら、地球には戻っては来れないことになります。 というか、地球上にはもう生存していないという事です。 つまり、その場合の転生とは、輪廻転生の事で、死後の世界を想像しているわけで、現実的には可能性は0です。 より現実的・科学的に考えた場合は、何らかの原因で、ワームホールとかブラックホールの様なものが突然大気圏内の、美咲ちゃんの直ぐ近くで発生して、そこに吸い込まれて、あるいは入り込んでしまって、別世界に行ってしまうパターンは、無いとも言い切れないですよね。 別世界がどんな場所かはわかりませんが、その場合も例え生存していたとしても、帰ってくる術は、今の地球上の科学では皆無です。 不可能です。 結論を言うと、仮に異世界転生されてしまった場合は、もう2度と美咲ちゃんに会う事は出来ないと思った方がいいです。 スポンサーリンク 宇宙人説 現代では証明することがまだできていない、半分空想上のものです。 というのも、 地球人類は宇宙のすべてを解き明かしたわけではありません。 もしかしたら、洋画「 メン・イン・ブラック」のように、宇宙人が地球人の記憶を改善して、地球人に化けて生活しているという事もあるかもしれません。 地球は侵略されていなくでも、今の地球の通信技術ではとらえられない、宇宙船などで、美咲ちゃんの近くに降り立ち、拉致したという事も、可能性としては完全に否定できるものではありません。 それか、そもそも美咲ちゃんが宇宙人だった説ですね。 両親の記憶は改ざんされていて、実はそれが原因で夫婦は不仲となり、美咲ちゃんが消えた説ですね。 まあ、無いでしょうね。 連れ去られた場合は、無事に戻ってくるかもしれませんし、帰ってこないかもしれません。 スポンサーリンク 神隠し説 これも、空想上に近いです。 信仰がある人なら、もしかしたら信じている人もいるかもしれませんが、神様は存在するかどうかも地球人にはわからない、今のところは空想上の存在です。 そして、異世界転生説や宇宙人に連れ去られた説とかを総称して、神隠しと思っても差し支えないです。 有名どころで言えば、ジブリの「 千と千尋の神隠し」です。 神の住まう場所へと迷い込んでしまう事を「 神隠し」という認識で良いでしょうか。 おそらく、これは人によっても違う解釈があるので、そこは言及しませんが、「 異世界転生」とかと同じ感じですよね。 「 千と千尋の神隠し」のように無事に戻ってくれば、何も問題はないですよね。 むしろ、精神的には少し成長して帰ってくるかもしれませんね。 美咲ちゃんの母親はこれであってほしいと、願っているかもしれませんね。 スポンサーリンク 誘拐犯の心理 これは、もし誘拐されていた場合の仮説です。 今回の動機で考えられるのは、誘拐説のところでも少し触れましたが、犯人が親族以外の場合は いたずら目的の可能性が一番高いかなと思います。 後は、ドラマ「 あなたの番です」に出てきた犯人のように、その行為自体を楽しむ最低な人間です。 これが、もしも、親の犯行だった場合というのも、考えたくはないですが、考えなければいけないことだと思いますので、書きます。 母親や父親、もしくは両方が美咲ちゃんをどうにかしてしまった場合というのは、正直同じ親としては考えたくないです。 ただ、虐待をしてしまう親もいるので、可能性は0ではないでしょう。 警察ももちろん、その可能性も視野に入れて、捜査はしているはずです。 先入観を持ってしまった時点で、その捜査は解決から遠ざかってしまいますからね。 しかし、仮に親だとした、どんな心理状態なのか、想像もつきませんね。 何にしても、もし犯人が親だったとしたら、相当何かに追いつめられてという事が考えられます。 これだけ世間を騒がせているのですから、私はそうでないことを信じたいと思います。 スポンサーリンク 真相とまとめ プロファイリングは正確には出来てないかもしれません。 何にしても、三崎ちゃんが一刻も早く見つかってほしいですね。 真相はまだわからないですが、希望を捨てず探し続けてほしいですね。 無事をお祈りしています。 スポンサーリンク 最近の投稿• 人気記事ランキング• アーカイブ• カテゴリー• 最近のコメント• に hiroshidrp より• に 千葉市在住 より• に th より• に 佐々木宏 より• に 佐々木宏 より.

次の