行政書士 勉強 科目。 【法令科目】行政書士の科目別対策法と効率的な学習方法を紹介

行政書士の独学合格を掴む勉強スケジュールは超シンプル

行政書士 勉強 科目

おすすめの勉強する順番 それでは、どんな順番で勉強していけば良いのか。 おすすめの順番をご紹介します。 まず法律学習が初心者だという人は、基礎法学から勉強することをおすすめします。 法律用語は一般的には馴染みのないものが多いため、まずはここから勉強して法律に慣れていきましょう。 次に憲法です。 憲法自体の配点は高くはないですが、条文数も少なく、また学生時代に勉強したこともあり馴染み深い科目であるため、勉強初期におすすめの科目です。 テキストによっては基礎法学がないものもあります。 その場合は憲法から進めていきましょう。 その次に行政法か民法になります。 このどちらを選択するかは好みになります。 というのも行政法は行政機関のルールであり、機械的なものが多いため、暗記中心ではっきり言って勉強する科目としてはつまらないです。 とは言え、行政書士試験において行政法は最も配点の多い科目です。 民法は生活に密着した法律であり、馴染みのある条文などもあります。 そのため民法のほうが比較的勉強しやすいです。 続いて一般知識になります。 一般知識は配点も3番目に多く、4割得点しないと不合格になってしまうので、重要な科目なのですが如何せん勉強しても得点に結びつきにくい科目でもあります。 そのため一般知識を勉強するという時間を設けるのではなく、法令科目の勉強時間の間にやるとか通勤中にやるなど隙間時間を利用して勉強するのもおすすめです。 最後に商法です。 商法は行政書士試験では捨て科目と言われる場合もあります。 商法は民法並みに条文数が多く範囲も膨大なのですが、出題数が少ないため、商法の学習時間を他に割り当てるという人もいます。 まとめると以下の順番になります。 基礎法学• 行政法or民法• 一般知識• 商法 別パターンもご紹介します。 基礎法学• 行政法• 一般知識• 商法 これは憲法と一般知識をセットに学習する方法です。 というのも、一般知識の科目の中には政治・経済・社会があり、憲法と重なる部分があるからです。 憲法の勉強をしながら一般知識(政治・経済・社会)の学習もすることで相乗効果が見込めます。

次の

こっそり教える!一般知識科目の特徴と攻略法

行政書士 勉強 科目

60歳でサラリーマンを引退!という逃げの発想はやめましょう。 どうせなら 生涯現役!というくらいの心構えでいた方が安全です。 攻撃は最大の防御っていうやつですね。 資格とさむらい業 最難関国家試験と言われる司法試験に合格した弁護士ですら ただ資格にあぐらをかいていては食べていけない時代です。 弁護士ですら稼げない人も多くなった?世の中 果たして行政書士なんて食べていけるの? そう思う人も多いことでしょう。 しかし、私自身、行政書士だけれども、弁護士よりも稼いでいる人に出会ったことがあります。 その行政書士の先生は、ある分野の 第一人者になった人でした。 弁護士になったけれども、アルバイトとかけもちしながら廃業寸前・・ そんな人もいる一方で、資格取得の難易度では圧倒的に劣るとされる行政書士でも数千万円、億と稼いで 大活躍している人もいるのです。 そんな行政書士試験について見てみましょう 行政書士試験の試験科目• 行政法• 基礎法学 以上が 法令科目です。 基本的にはマーク式ですが 一部の科目では記述式もある。 でも、行政書士試験に「合格する」ということだけ考えたら 実は 行政法と民法だけで、法令科目は合格可能です。 の無料セミナー の無料で見れるガイダンス を見ればわかると思いますが、合格に必要な点数の配点を見れば明らかです。 民法と行政法の勉強をしてみて 法律の勉強って楽しいな と感じたりしたら、司法試験を目指すのもありですし 逆に 司法試験を目指したいけども 勇気がないから行政書士試験で法律学習に対する適正を図りたい という人にも最適な試験 それが行政書士試験です。 司法試験受験生と行政書士試験 かつては司法試験の短答式試験でも行政法がありましたが 現在では司法試験の短答式試験は憲法・民法・刑法のみです。 そのため、行政法部分はかぶらないことになります。 それに対して 司法試験の予備試験受験生は 短答式試験に行政法も含まれます。 いずれにしても 司法試験受験生や予備試験受験生が腕試しで受験されると 行政書士試験の難易度が上がってしまうのでは? と不安になる人もいるかもしれませんが大丈夫です。 司法試験のように、実質は 合格者人数ありきの試験ではありません。 しっかりと問題に対して合格水準をクリアすれば合格できるのが行政書士試験です。 法律系資格の登竜門として有名な行政書士試験 合格できるなら資格を取得しておくとよいでしょう。 人口が減少するのに、増え続ける住宅。 乱立する都心の高層マンション。 それでも、 離婚という言葉はみんな知っていますが、離婚するための手続について、いろいろな種類があることは知ってい ブログで毎日記事更新すれば儲かる! ブログで100記事書けば儲かる! 終活ブームの今日この頃 遺言書に書いたものの、そもそも遺言書でできることではなかった・ 2019年の年金騒動で思うんです。 100年時代 安心 とかい 検認のために、弁護士費用を払って損する人・得する人がいます! その差は何か? 検 NISA(ニーサ) 個人型確定拠出年金(i De Co イデコ) 国民年金付加保険料 離婚に関する事件は、調停前置主義により裁判より前に調停をする必要があります。 (調停前置主義) 昔から「医者・弁護士」と言われるほど有名な職業 弁護士 この資格をしらない人はい 最近、年金問題が話題になっていますね。 金融庁の報告書が~ 2000.

次の

こっそり教える!一般知識科目の特徴と攻略法

行政書士 勉強 科目

おすすめの勉強する順番 それでは、どんな順番で勉強していけば良いのか。 おすすめの順番をご紹介します。 まず法律学習が初心者だという人は、基礎法学から勉強することをおすすめします。 法律用語は一般的には馴染みのないものが多いため、まずはここから勉強して法律に慣れていきましょう。 次に憲法です。 憲法自体の配点は高くはないですが、条文数も少なく、また学生時代に勉強したこともあり馴染み深い科目であるため、勉強初期におすすめの科目です。 テキストによっては基礎法学がないものもあります。 その場合は憲法から進めていきましょう。 その次に行政法か民法になります。 このどちらを選択するかは好みになります。 というのも行政法は行政機関のルールであり、機械的なものが多いため、暗記中心ではっきり言って勉強する科目としてはつまらないです。 とは言え、行政書士試験において行政法は最も配点の多い科目です。 民法は生活に密着した法律であり、馴染みのある条文などもあります。 そのため民法のほうが比較的勉強しやすいです。 続いて一般知識になります。 一般知識は配点も3番目に多く、4割得点しないと不合格になってしまうので、重要な科目なのですが如何せん勉強しても得点に結びつきにくい科目でもあります。 そのため一般知識を勉強するという時間を設けるのではなく、法令科目の勉強時間の間にやるとか通勤中にやるなど隙間時間を利用して勉強するのもおすすめです。 最後に商法です。 商法は行政書士試験では捨て科目と言われる場合もあります。 商法は民法並みに条文数が多く範囲も膨大なのですが、出題数が少ないため、商法の学習時間を他に割り当てるという人もいます。 まとめると以下の順番になります。 基礎法学• 行政法or民法• 一般知識• 商法 別パターンもご紹介します。 基礎法学• 行政法• 一般知識• 商法 これは憲法と一般知識をセットに学習する方法です。 というのも、一般知識の科目の中には政治・経済・社会があり、憲法と重なる部分があるからです。 憲法の勉強をしながら一般知識(政治・経済・社会)の学習もすることで相乗効果が見込めます。

次の