きゅうり の キュー ちゃん レシピ 農家。 きゅうり!つくれぽ1000越だけ【人気レシピ23選】絶品1位は?大量消費にもおすすめ!殿堂入り

歯ごたえシャキッ!箸が止まらなくなるきゅうりの佃煮|トピックス|長野県のおいしい食べ方

きゅうり の キュー ちゃん レシピ 農家

お好みにより、赤唐辛子を細かく刻んだものや、漬物用の赤唐辛子の輪切りになっているものを入れます。 (私の場合、赤唐辛子のピリッとした味が好きなのできゅうり1kgに対して赤唐辛子2本ほど使用しています。 多少厚めに切っておくほうが、食感が良くなるのでおすすめです。 そこへ、カットしたきゅうりを入れます。 そして、ゆで汁が室温くらいに下がるまで放置しておきます。 そして、室温程度まで汁が下がるまで待ちます。 好みのしょっぱさになっていれば完成です。 もし、もっと濃厚な味がお好みでしたら、きゅうりを鍋から取り出してから再度つけ汁が入った鍋を火にかけて沸騰したら火を止めて、そこへきゅうりを入れてつけ汁が常温になるまで冷まします。 私の場合は濃い目の味が好きなので全部で3回火にかけるようにしています。 きゅうりのきゅうちゃん風漬物レシピの保存方法 室温に冷ましたきゅうりをタッパなどに入れて冷蔵庫に入れて保存すれば結構日持ちすると思います。 しかし、我家の場合は、人気のレシピなのであっという間に食べきってしまうことがほとんどです。 ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにも最適ですから。 【関連記事】 ・ まとめ 今回紹介させていただいたレシピは、きゅうりを大量に頂いた時など簡単に作れるのでとても助かっています。

次の

きゅうりの保存に適した漬物レシピ~きゅうちゃん漬け風の作り方

きゅうり の キュー ちゃん レシピ 農家

きゅうりを収穫する広瀬良子さん 「きゅうりの佃煮」の作り方を教えていただくため、やってきたのは、長野自動車道塩尻インターから車で5分の塩尻市塩尻町。 そこで、レタス、キャベツ、きゅうりなどの野菜を栽培している野菜農家で、「きゅうりの佃煮づくりの名人」広瀬良子さんを訪ねました。 ここで広瀬さんが使うきゅうりは、規格外の「はね出しきゅうり」です。 曲がったものや収穫時期を逃して大きくなりすぎてしまったものなど、きゅうりなら何でも使います。 そんなきゅうりたちが広瀬さんの手にかかると、おいしい佃煮に変身。 県外に暮らす広瀬さんのお子さんたちは、実家のお土産として友人たちにおすそ分けするために、この佃煮をたくさん持って帰るそうです。 きゅうりの佃煮 材料 きゅうり3kg 塩一つかみ 薄口しょうゆ150cc 酢200cc みりん50cc しょうが100g 塩昆布50g たかのつめ(種をとって輪切りにしたもの)適量 作り方 1. スライサーなどできゅうりを輪切りする。 輪切りにしたきゅうりに一つかみの塩を振り、揉む。 塩がなじんだら重石をのせ一晩(約7時間)おく。 きゅうりから水分が十分にでてきたら、手ぬぐいでつくった袋に塩漬けしたきゅうりを入れて絞る。 「きゅうりの絞り方で佃煮の出来が変わってしまうから、塩漬けしたきゅうりを手ぬぐいの袋に入れ、それを洗濯機で脱水しています」(広瀬さん) 4. 鍋に、薄口しょうゆ、酢、みりん、しょうが、たかのつめを入れ、最後に、水分をしっかり切ったきゅうりを入れて火にかける。 焦げないように箸でかき混ぜながら15分程煮つめる。 鍋を火から下ろし、冷めたところで塩昆布を入れて完成。 「我が家の味」にしてみませんか?.

次の

きゅうり!つくれぽ1000越だけ【人気レシピ23選】絶品1位は?大量消費にもおすすめ!殿堂入り

きゅうり の キュー ちゃん レシピ 農家

きゅうりを収穫する広瀬良子さん 「きゅうりの佃煮」の作り方を教えていただくため、やってきたのは、長野自動車道塩尻インターから車で5分の塩尻市塩尻町。 そこで、レタス、キャベツ、きゅうりなどの野菜を栽培している野菜農家で、「きゅうりの佃煮づくりの名人」広瀬良子さんを訪ねました。 ここで広瀬さんが使うきゅうりは、規格外の「はね出しきゅうり」です。 曲がったものや収穫時期を逃して大きくなりすぎてしまったものなど、きゅうりなら何でも使います。 そんなきゅうりたちが広瀬さんの手にかかると、おいしい佃煮に変身。 県外に暮らす広瀬さんのお子さんたちは、実家のお土産として友人たちにおすそ分けするために、この佃煮をたくさん持って帰るそうです。 きゅうりの佃煮 材料 きゅうり3kg 塩一つかみ 薄口しょうゆ150cc 酢200cc みりん50cc しょうが100g 塩昆布50g たかのつめ(種をとって輪切りにしたもの)適量 作り方 1. スライサーなどできゅうりを輪切りする。 輪切りにしたきゅうりに一つかみの塩を振り、揉む。 塩がなじんだら重石をのせ一晩(約7時間)おく。 きゅうりから水分が十分にでてきたら、手ぬぐいでつくった袋に塩漬けしたきゅうりを入れて絞る。 「きゅうりの絞り方で佃煮の出来が変わってしまうから、塩漬けしたきゅうりを手ぬぐいの袋に入れ、それを洗濯機で脱水しています」(広瀬さん) 4. 鍋に、薄口しょうゆ、酢、みりん、しょうが、たかのつめを入れ、最後に、水分をしっかり切ったきゅうりを入れて火にかける。 焦げないように箸でかき混ぜながら15分程煮つめる。 鍋を火から下ろし、冷めたところで塩昆布を入れて完成。 「我が家の味」にしてみませんか?.

次の