ポケモンマスターズ リーフ。 ポケモンマスターズ(ポケマス)のアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

【ポケマス】登場声優(CV)一覧【ポケモンマスターズ】

ポケモンマスターズ リーフ

概要 出身の。 で最初にの性別をにした場合の。 という名前はのひとつであり、の取り扱い説明書のではこの名前が使われている。 発売からおよそ15年近く名称ではなかったが、にこの名前が使われ、めでたく化となった。 がのとは違い、いに肩掛け式の鞄、のの上着にのが特徴。 と同じのを両腕に着けている。 の性別の違いによるの変化はないが、一部の・の内容が変化する。 劇中のとの会話によるとは「」。 の劇中におけるの活躍についてはの項を参照。 やとは違い、の性別をにすると、劇中一切登場しない。 というか 存在すらしていない。 その逆も然り。 いわば、における女のような存在である。 そのため、が登場するにも出てこない。 漫画におけるリーフ 『()』では、登場人物の1人・の装が第5章(単行本第巻)以降、こののものになる。 これは、とのの(つまり)が()のである(のド等で確認できる)であることに由来する。 二次創作における扱い を題材にしたの(や、等)では、ののor、もしくはもう1人のとして登場することが多く、ほとんどの場合、、同様、からの内の一匹とを与えられている。 この場合、が選んだは上記ののからかか、という名前にちなんでであることが多い(の場合、のがであることも理由のひとつだと思われる)。 また、名前もではなく、これまたのからか、であったり、また違った名前であることも多い。 性格等については(特にも登場する場合)、基本的に同様なとは違い、歳相応の明るいといて描かれ易い。 、気になった人はで「」や「」でしてみると? 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ 3作ので参戦したは、がのに変化するものの、直接の登場はなかった。 続く4作では残念ながらの参戦はなかったものの、のとしてのが用意されている。 そして5作であるではが。 として以降のではが登場するようになった。 ただし名称は「(女)」もしくは「」等であり、ここでも名前は出てこない。 余談 歴代の中で、 のところ一版に登場していないである。 そのため、一部のからは「やみたいに冒頭部のチョイ役でいいから出してほしい」と、たびたび嘆かれているとかいないとか。 後に等のに登場しないも現れているため、この点に関しては特別不遇な存在というわけではなくなっている……はず。 関連動画 関連商品 関連静画 関連項目•

次の

【ポケマス】リーフピックアップバディーズサーチ!【ポケモンマスターズ】

ポケモンマスターズ リーフ

概要 2019年5月にて開発が発表され、同年8月29日から世界同時でサービス開始。 株式会社との共同開発、公式の略称は。 これまで登場したに焦点を当てており、やなどに限らず、も固有名詞付きで登場する。 また、ポケモンシリーズでは初めてトレーナーに声が当てられている。 舞台は 人工島「PASIO パシオ 」。 人工島であるためか、野生のポケモンは生息していない模様。 プレイヤーはパシオにいるバディーズを仲間にしてパーティを作っていく。 バディーズの中には「マジコス」と呼ばれる別のコスチュームに衣替えする者もいる。 これは通常版とは別キャラ扱いとなり、使用するパートナーポケモンや使える技なども変わる。 ただし、通常版と別衣装版を同時にバトルに出すことは出来ない。 バディーズはメインストーリーを進めるか「バディーズサーチ」を使うとことで仲間にでき、仲間にしたバディーズは「バディーズエピソード」というストーリーの閲覧が可能になる。 そのキャラのパシオでの日常の過ごし方や駆け出し時代の思い出話等、内容は様々。 相棒ポケモンには、トレーナーを育成する事でできるものがいる。 本家の進化レベルに関わらず、1段階目の進化を行うにはLv30まで、2段階目の進化を行うためにはLv45まで強化する必要がある。 未進化形態だが進化不可能なポケモンがパートナーのキャラも少なくないが、内何人かはNPCとして進化後を使ってきたりPVで進化後の使用が確認されているため追々実装となる模様。 また、相棒ポケモンがメガシンカできるポケモンだった場合、バディーズわざを使用することでする者もいる。 また、モブトレーナー以外のトレーナーは本家の補完要素を兼ねており、上記「バディーズエピソード」やホーム画面での会話などから、個々のキャラのこれまで明かされなかった情報が出てくることも。 バトル プレイヤーキャラクターは自身の相棒となるポケモンに二組のバディーズを加えた、計3人のパーティを結成し、ライバル達とのポケモンバトルを勝ち抜いていく。 ……ちなみにこの手の作品の多くと違って主人公は固定メンバーではないので、ずっと蚊帳の外に置き続けることも可能である。 バトルでは時間が経過するごとに増加するわざゲージを消費する事でポケモンの技を発動できる。 基本的に範囲が広い、威力が高い技ほど消費ゲージ量は重くなる。 ポケモン一体につき「たたかう」コマンドが最大四つなのは本家同様だが、このコマンドには「トレーナーが使う掛け声等の支援スキル」や「道具の使用」も含まれているのが本家との大きな差異にして特徴。 これらの「トレーナーの行う行動」はポケモンの状態異常などに左右されず、わざゲージも消費しないで使える代わりに使用回数が設けられている。 また、天候変化に関する技(「あられ」や「すなあらし」など)も同様に回数制限が設けられている。 ストーリーモードなどで一度のクエスト内で連戦させられる場合、使用回数は次戦に持ち越されてしまうので要注意。 また、一戦闘中に自陣の行動した回数が一定の値に達すると、高威力の必殺攻撃 「バディーズわざ」が繰り出せるようになる。 一戦闘に付き一回等の制限はなく何度でも放てる。 ちなみに、PCが使うバディーズわざは単体攻撃だが、NPCの使うものはほぼ例外なく全体攻撃なので注意。 タイプ相性は各ポケモンに1タイプのみ弱点が設定されており 弱点自体は本家通り 、他のタイプは全て等倍として扱われ、本家のような相性による半減や無効が存在しない。 例としてキバゴの場合、ドラゴンタイプのみが弱点として設定されており、こおりやフェアリーで殴ってもこうかばつぐんにはならず、ほのおやみず、くさ、でんきで殴ってもダメージは減らない。 この仕様のため(特にシングルプレイの場合)相手に有利なタイプがおらずとも、雑魚散らしや壁役、バフ役デバフ役などの役割を吟味して突撃すれば案外何とかクリアできてしまったりする。 登場キャラクター 担当声優に関してだが、 誰がどのキャラを担当したのかは、公式からはスペシャルアニメーション(後述)などごく一部の動画で公表されたキャスト以外は発表されておらず、No. 74(サカキ)以降のキャストに至ってはスタッフクレジットにすら記載されていない。 以下、公式発表済み・本人から公表済みのキャストは 太字、推測のものは通常の文字で表記する。 プレイヤーの分身。 相棒のと共に、パシオでの冒険の旅に出る。 PVなどではに 、に という名前が付けられている。 人工島パシオの。 ポケモンとバディーズわざに必要となるバディストーンの関係について研究している。 (CV:) WPM出場を目指すトレーナーで、主人公のライバルポジション。 相棒は。 まっとうな正義感を持った優等生。 主人公より一足先にバッジを集めている。 (CV:) とある王国の王子。 WPM出場の主催者でもあり、パシオのオーナーでもある。 連れているポケモンはと。 かつて「」に敗れたことをきっかけに自分の弱さを克復するためにパシオを建造した。 よほどこっぴどく負けたのか、似たような帽子を被っているというだけで初対面の主人公を散々罵倒してくる。 まだ年若く、自分以外の人間は悉く見下す、ポケモンを「目的を達成するための道具」と称して憚らない等素行がよろしくないが、トレーナーとしての力量自体は一地方のチャンピオンにすら引けを取らない。 (CV:) ライヤーと同じチームの筋骨隆々な大男。 ライヤーの臣下として彼を支える。 連れているポケモンは。 どんな状況であれ基本的にライヤーを支持するが人間としての感性自体はそれなりにまともであり、ライヤーは評価する価値もない雑魚としか見なさない主人公の実力についても(ライヤーの目が無い所では)素直に認めている。 ライヤーと同じチームの気だるげな雰囲気の女性。 ストイックでひたむきなライヤーを尊敬している。 連れているポケモンは。 ライヤーが毛嫌いしている主人公の実力を素直に認めて、目的達成のために協力を仰ぐ、共闘した主人公との別れ際に激励の言葉をかけるなど、ライヤーへの普段の振る舞いの割には柔軟な側面をも併せ持つ。 パシオで活動しているバディーズからポケモンを強奪しようと日夜襲撃を重ねている、仮面をつけた怪しいトレーナー達。 何を目的として活動しているのかは不明。 仮面以外はモブトレーナーの流用であるので、ポケモンレンジャー(トレーナーの方)やビキニのお姉さん、かいパンやろう等が仮面を付けてバトルを挑んでくるという凄まじい絵面になる。 中には会話の途中で仮面を付けたり外したりするトレーナーも。 、 、 チーム、ぼうけん、ショップの受付を担当している、見た目がに似ている。 参戦バディーズ リメイク作品は元となった世代にまとめる。 設定は基本的に原作ゲーム準拠で、相棒ポケモンは彼らの手持ちの切り札から選出されているが、 ゲーム本編の切り札とは異なるポケモンが選出されている例もある。 また、原作では両立しないはずのと、とが別々に登場する、『ORAS』に登場していないはずのがいる等の矛盾点が散見されるが、これらには一応理由……というかがいる。 基本的に『ウルトラサン・ウルトラムーン』までの本家シリーズからの参戦になるようで、最新作の『』や、『』『』と言った本家と同じ世界観を舞台にした外伝からの参戦は今のところ未定(からの参戦扱いになっているトレーナーはいる)。 なお、(と)を除いたキャストはとも異なっている。 原作ではNPCとして登場しなかった、あるいはNPCとしては限定での登場だった主人公に関しては、本作で新たな性格付けがされている (『』では普通の女言葉だったが、本作では一貫して敬語で喋る、など)。 主人公(No. 第1世代 、、 トレーナーごとにデザインの出典元が異なるため、元となった作品も記述する。 第2世代 、 クリスを除き、いずれもデザインは『HGSS』準拠。 ただしアイリスのデザインは『ブラック・ホワイト』準拠。 41 3 42 3? 第6世代 No. 83 4 51 3 52 4 〃 ズミ 19シーズン 5 〃 53 4? トレーナー ポケモン 星 CV 54 4 55 4 56 3 57 5 61 4 58 3 59 4 63 5 87 5? 88 5? その他 No. イベントでは(CV:)と(CV:)も登場している。

次の

「ポケモン ファイアレッド・リーフグリーン」の男の子主人公がフィギュアになってコトブキヤから登場

ポケモンマスターズ リーフ

概要 [ ] との協業による『』シリーズの新規スマートデバイス向けタイトル。 レッドやカスミ、ダイゴ、シロナといった歴代のポケモンシリーズに登場したトレーナーと、パートナーの達が集結。 人工島パシオを舞台に、そこで開催される「ワールドポケモンマスターズ」の出場を目指し冒険することとなる。 ゲームシステム [ ] 今作では3vs3のチームによるリアルタイムバトルを行う。 時間経過で技ゲージと呼ばれるゲージが上昇し、それらを消費してポケモンたちは技を発動する。 一定数技ゲージを消費するとバディーズわざを発動することができる。 登場キャラクター [ ] 本作のオリジナルキャラクター以外に歴代作品のトレーナーたちが登場する。 トレーナーたちは相棒となるポケモンと「バディーズ」を組んでいる。 オリジナルキャラクター [ ] 主人公 本作の主人公。 名前と性別と肌色の選択は可能。 なお名前は変更すると1ヶ月間再変更できなくなる。 パートナーは(声 - )。 ストーリー進行や期間限定イベントなどで他のパートナーが仲間になることがある。 キリヤ 主人公の先輩となるトレーナーで、一足先にバッジを集めている。 パートナーは。 ヒナギク博士 人工島パシオのポケモン博士。 ポケモンとバディーズわざに必要となるバディストーンの関係について研究している。 ライヤー ワールドポケモンマスターズの主催者。 とある王国の王子であり、過去に「帽子のトレーナー」に敗れたことをきっかけに、自らの弱さを克服するためにパシオを建造した。 パートナーは、。 ドリバル ライヤーの臣下の男性。 パートナーは、バトルヴィラでは。 チェッタ ライヤーと同じチームの女性。 傲慢な性格だがひたむきでストイックなライヤーを尊敬している。 パートナーは、バトルヴィラでは。 クルティ、サクサ、トリカ ポケモンセンターの受付嬢。 冒険やイベント関連はクルティ、チーム編成や強化関連はサクサ、バディーズサーチ(ガチャ)やショップ関連はトリカが担当。 ブレイク団 本作の悪の組織。 一般トレーナーと同じ見た目だが仮面を着けており、パシオにいる他のトレーナーからポケモンを奪おうとする。 『ポケモンマスターズ』の紹介スペシャルムービー。 アニメーション制作は。 キャストはゲーム本編と共通。 スタッフ• 監督 -• アニメキャラクターデザイン -• 色彩設計 - 大島嘉代• 美術監督 - 高尾克己• 撮影監督 - 山越康司• 編集 - 野川仁• 音響監督 -• 録音 - 山田富二男• 効果 -• 録音助手 - 嶋田正、佐藤達也• 録音スタジオ -• 音響制作デスク - 中島朋子• 音響制作 - 、平良友香• アニメーションプロデューサー - 加藤浩幸• 制作デスク - 網中望• 制作進行 - 下山将李• 制作 - Web配信番組 [ ] ポケモンマスターズニュース 2019年8月27日より、「ポケモンマスターズ 公式チャンネル」にて配信されている情報番組。 ポケマスだいすきクラブのカナ(声 - )をナビゲーターとして、ゲームの最新情報を紹介する。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• GameWatch. 2019年7月11日閲覧。 GameWith編集部. GameWith ゲームウィズ. 2019年7月10日閲覧。 ヤマダユウス型 2019年6月28日. GIZMODO. 2019年7月11日閲覧。 oricon ME. 2019年6月28日. 2019年7月26日閲覧。 、 2020年1月31日閲覧。 (冒頭〜) -• 、 2019年8月29日閲覧。 、 2019年8月29日閲覧。 、 2019年9月3日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 2019年9月17日. 2019年9月19日閲覧。 、 2020年1月30日閲覧。 、 2020年5月1日閲覧。 、 2019年8月31日閲覧。 、 2019年9月4日閲覧。 、 2019年9月2日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 、 2019年10月1日閲覧。 、 2019年8月31日閲覧。 、 2020年2月27日閲覧。 、 2019年8月29日閲覧。 、 2019年9月2日閲覧。 ファミ通App 2019年7月10日. 20120-07-12閲覧。 、 2019年9月9日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 、 2019年9月9日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の