厄年にやってはいけないこと。 2020年の厄年女性・厄年男性の早見表と厄年にやってはいけないこと

2020年(令和2年)の厄年は何歳?厄年にやってはいけないこととは?

厄年にやってはいけないこと

厄年の男性がやってはいけないことは何? そもそも厄年というのは、 平安時代の陰陽師、安倍清明が広められたと伝えられています。 長い人生を歩生きていく中で、人生の転機の際に身の回りで災いが起こったり、 健康面でも問題が起きやすい年として広く知られています。 その厄年の間は謹んで過ごした方がいいと言われていますが、 実際にはやってはいけないこととは何でしょうか? 広く知られているのは、 新しいことに挑戦したり、 新しい仕事を始めたり、 家を建てるとか 結婚、 引っ越しは避けた方がいいということですが、 今現在の世の中では、それをすべて避けることはなかなか難しい場合も多いですよね。 厄年については色々な捉え方があるので一概には言えませんが 例えば、 病気になりやすいからしっかりと健康管理をするというようなことや 厄年ということを気にし過ぎることで日常生活に差し支えないように 厄払いをきちんとして気持ちよく過ごすとか 家を新築する場合や、結婚をする場合も、慎重に考えて進めていくなど、 今までよりも色々なことに気を配り、注意して過ごすのがよいのではないでしょうか? また自分自身の事だけでなく、家族や親しい人にもその気配りをするのはどうでしょうか? 例えば両親など家族にも健康管理をするように薦めたりするのもよいでしょう。 ひょっとしたらそれで両親が命拾いをするというようなこともあるかもしれません。 そうやって身に降りかかるかもしれない様々な災いを少しでも防ぐことが出来れば 八方塞がりになって困るなどということはないでしょう。 災いがやってこないように、方々に色々気を配りながら、厄払いもして気持ちよく過ごせれば 怖がる必要はないのではないでしょうか。 スポンサーリンク 厄年の男性 前厄、後厄とは?大厄は要注意!?早生まれの場合はどうなる? それでは次に、厄年の男性はいつ訪れるのか?また前厄や後厄とはどういうことか? 早生まれの場合はどう考えればいいのか?など、厄年の年齢について紹介していきます。 男性の厄年は、 「25歳」 「42歳」 「61歳」 の計3回あります。 この年齢のことを本厄といって、その前後の年齢のことを前厄、後厄と言います。 例えば本厄が25歳なら24歳を前厄、26歳を後厄といいます。 この前厄、後厄を含める3年間の事を、厄年と言います。 2016年の男性の厄年にあたる生まれ年を早見表で見てみましょう。 1993年(H5年)・1992年(H4年)・1991年(H3年)生まれの24・25・26歳 1976年(S51年)・1977年(S50年)・1976年(S49年)生まれの41・42・43歳 1957年(S32年)・1956年(S31年)・1955年(S30年)生まれの60・61・61歳 以上の方が2016年の厄年になります。 年齢はすべて数え年で、これは生前のお母さんのお腹の中に宿った時を0歳と考え 生まれた時を1歳とするためです。 厄年は数え年で考えるのが通常で、 数え年という考え方が1月1日の新しい年に変わった瞬間に その年に生まれた人全員が一つ年を取るということなので、 例えば2016年の場合、1993年に生まれた女性すべてが前厄になると考えます。 よって 早生まれの方の場合、学校の同級生であっても厄年が訪れるのが一年ずれる ということになります。 厄年の数え方はいくつか説があり、先ほどのように1月1日を節目とするのではなく 節分を節目と考えて、その次の日の立春からの一年間と考える場合もあるようです。 また、 満年齢で考えるというところもあるようなので、そのあたりは経験された方に聞くなどして 確認する方がよいでしょう。 男性の場合、3回ある厄年のうち、 42歳の年を大厄といい、 一番気を付けなければならない年齢と言われています。 ちょうど、仕事上でも重要なポストに突き出したり、家庭でも子供を育てるために無理をしがちな年齢です。 いつも以上に気を配り、過ごさなければなりません。 特に 大厄の時には、厄払いをすることをお勧めします。 地方によって、この 大厄の時に地域のお祭りに参加をして厄払いをしたり、 その年齢に該当する方が一緒に参拝し厄払いをしているところもあるようです。 また、 61歳の厄年は女性と同じなので、同級会を兼ねて神社を参拝して厄払いをするという方も増えているようです。 厄年の男性、厄払いとは何か?いつ、どんなことをするの? 厄年の年齢にあたる方は、 厄払いはどうすればいいのか? いつ、どこでどんなことをするのか? 気になるところではないでしょうか。 厄年の男性のための、厄払いについてご紹介していきましょう。 厄払いは 全国各地の神社やお寺で受けられます。 先ほども述べたように、厄払いを受ける所や地域によって厄年の数え方が違う場合があるので、 事前に調べることをお勧めします。 年末頃になると、その次の厄年の 該当年齢の早見表が神社やお寺に掲示されることもあるので、 確認したり直接問い合わせてみるとよいでしょう。 厄払いの時期は、 年が変わってからであれば受けることが出来ます。 節分の時期にされる方も多いですが、 初詣の時に厄払いも受けることも出来ます。 神社やお寺で厄払いをするときには服装にも気を付けるようにしましょう。 華美にならないように、またカジュアルな服装もあまりよくありません。 男性なら スーツを選ぶのがいいのではないでしょうか。 合わせる ネクタイもあまり派手なものは避けましょう。 祈祷をしてもらう場所には靴を脱いで上がることが多いので、靴下の裏の確認も忘れずにしておきたいところですね。 次に厄払いの手順についてご紹介します。 厄払いをしている神社やお寺に行くと、社務所などに厄払いを希望することを伝えれば どのようにすればいいのか教えてもらえます。 受付で名前を書いて、そこで祈祷料を支払えばあとは指示に従っていれば大丈夫です。 祈祷料についても案内があるので心配はいりません。 何種類か提示されている場合も、自分の思う金額を選べば大丈夫です。 祈祷をする場所へ案内されたら私語は慎みましょう。 神主さんが太鼓をたたき、祝詞の奏上があたり、お祓いをします。 参拝者は一人ずつ榊を手に持ってお供えして、参拝するところもありますが、 詳しい方法については神主さんから説明があるのでそれに従いましょう。 祈祷が一通り終わったあと、神主さんから言葉があり、神事が終了して帰る際には お札やお守りをいただきます。 これは神社の場合の一例ですが、お寺ではまた違った参拝方法になりますし、 神社でも違う場合もあります。 男性の厄年についてご紹介してきました。 厄年の数え方は数え年で数える場合が多いですが、 その一年の区切りは違う場合もあるので それぞれの地域の神社やお寺などで確認するようにしましょう。 厄年の年齢になったら、いつも以上に色々と気を配って過ごして、 気持ちをスッキリとして生活するためにも厄払いをするのがお勧めです。 新年の初めに厄払いをして、気持ちよくスタートしましょう。 カテゴリー• 892• 410• 119• 189• 148•

次の

厄年の男性と女性がやってはいけないこと8選!やること・過ごし方も

厄年にやってはいけないこと

「神頼みはしない」という人でも、ついつい気になってしまうのが厄年ではないでしょうか。 しかし、そもそも厄年って何なの?厄払いとは何をすればいいの?など分からない事ばかりです。 不安を軽くする厄年の過ごし方や、正しい厄払いの方法を紹介致します。 1、 2、 3、 4、 ~厄年にしていい事、いけない事~ 運気が変化するとされる厄年に、自分自身の大きな変化を重ね合わせるべきではないと昔から言われています。 例えば、「厄年には引越しや新築などは避けた方が良い」などが定説なようです。 しかし、あまり気にし過ぎると旅行すら行けなくなってしまいます。 引越しや海外旅行など1年だけ我慢できることを1つ決めて、後は好きな事をした方が良いという考え方もあるようです。 ~厄年を飛躍の年に~ また、厄年を飛躍の年とする考え方も昔からあるようです。 漫然と生きるよりも、人生は節目を付けて生きた方がよい。 その節目こそが厄年で、その時期がチャンスだ!という考え方です。 逆転の発想で、厄年に独立・企業をして後に大きく飛躍する事を願う、などがあります。 ~女性にとって気になること…厄年の結婚・妊娠・出産~ 女性にとって気になる、厄年での恋愛や結婚、妊娠、出産についてですが、そもそも成り立ちを考えるとそこまで気にする必要もないようです。 出産などに関しては子を授かれば厄を落としてくれる等の言われもあるようです。 悪いことが起きたらそれを受け入れて、あまり気にしないようにしよう位の気構えで今まで通り生活をされた方が良いようです。 それでも気になる場合は厄払い等を取り入れて気持ちの面でもすっきりしておくことが大切だと思われます。

次の

厄年が分かる 男性

厄年にやってはいけないこと

厄年とは? 厄年とは災難や不幸に遭遇することが多いと言われる年齢のことで、陰陽道の考えに基づいて平安時代に広がりました。 厄年の年齢は男女で異なりますが、体調面でも社会的役割面でも大きな変化が起こりやすい年齢なので、現在でも厄年を意識する人が多いのです。 厄年の前年を「 前厄」といい厄の前兆があらわれるとされています。 厄年に当たる年を「 本厄」といい、災いに遭う確率が高いとされています。 本厄の後年を「 後厄」といい、厄の恐れが薄らぐとされています。 これらの3年間は警戒すべきとされています。 また特に男性の42歳は「死に」に、女性の33歳は「散々」に通じることから「大厄」とされています。 2020年 令和2年 の男性の厄年は何歳?早見表 厄年かどうかの年齢は 数え年で判断します。 数え年とは、お母さんのお腹の中にいるときを0歳として、生まれた年を1歳と数えるものです。 そのあとは、1月1日の新年を迎えるごとに1歳ずつ年を取っていきます。 人生には3回の厄年があり、厄年の前後の年が前厄・後厄となります。 お正月に神社へお参りに行ったときに、厄年の年齢を掲示している場合もあるので、参考にしてみるのもいいかもしれませんね。 2020年の男性の本厄、前厄、後厄は以下の通りです。 新しく家を建てる• 結婚をする• 引越しをする• 転職をする などといったことです。 が、これらは 科学的な根拠はありません。 上記に挙げた例では、相手があってのことで、すでに予定などが決まっている場合もあるはずです。 ですので、厄年を気にしているとチャンスを逃してしまうことになりかねません。 結婚などは、相手の女性も厄年だからと先延ばしにしてしまっては、6年以上先になることも・・・。 実際に厄年だということを気にせず、結婚・引っ越しなどをしている人も大勢いますので、日常生活で気を付けるくらいでいいかもしれませんね。 そもそも厄年の年齢がどういう風に決まったのかというと・・・ 42歳は「死に(しに)」と不吉を連想させる意味があるとよく言います。 つまり、これらの年齢では無理をし過ぎて体調を崩しやすい年齢といえるかもしれません。 科学的な根拠はなくても、昔から厄年が気にされ続けてきたのは、厄年という体調を崩しやすい年齢で新しいことを始め、いつも以上に頑張りすぎる事で、体調を崩したり病気をするなどの人が多かったのかもしれませんね。 ですので、 厄年はこれといってやっていはいけないことはありませんが、いつもの年よりも体調に気を付けて、無理をせず日常を過ごすのが良いですね。 厄祓いは必要? 「厄祓いに行った」という話を耳にすると、自分も行った方がいいのではないかと不安に駆り立たれる人も少なからずいると思います。 ちなみに厄祓いとは災厄をもたらす罪やけがれを祓うために、身を清めたりお祓いを受けたりします。 その他にも災厄が近づかないよう、強い神様に守ってもらう「厄除け」や大事なもの(賽銭やお餅など)をわざと落としたり、ご馳走をふるまって他人に得をさせて自分に損をさせるといった、自ら災厄をつくりだし今後の厄を減らす(落とし)「厄落とし」もあります。 一番簡単なのは、神社やお寺で厄祓いや厄除け祈願をすることです。 いつ行うかは地域によってことなりますが、主に元旦、旧正月、節分などに行われますが、思い立ったときに行っても構いません。 一番多いのは初詣の時に行い、後厄の翌年に災厄から守ってくれた御礼を神様にお礼参りをするといいでしょう。 また、厄年の節分には厄の象徴である鬼を退治する豆まきをして、厄祓いをしましょう。 他にも.

次の