オキシドール。 健栄製薬

今からでも買えるコロナウイルス対策品【オキシドール・次亜塩素・使い捨てマスク】

オキシドール

このページの目次• オキシドールとエタノールの違い オキシドールとエタノールは消毒薬として一般的です。 実は全く違う成分からできています。 オキシドールとエタノールの順番にご紹介します。 オキシドールについて オキシドールは、 過酸化水素水とも呼ばれています。 主に工業プラントで生産されていて、化学物質から取り出されています。 過酸化水素は劇物で、 高濃度で皮膚に付くと皮膚が急激に酸化して痛みを伴いながら白く変色します。 濃度を3%にして水溶液に薄めたのが、市販されている物がオキシドールです。 オキシドールは主に医療用の消毒剤として使われています。 医療機材の消毒から、傷口の消毒まで幅広く利用されていて、薄めて使用することで口の中の消毒などにも使われます。 エタノールについて エタノールは主にデンプンやハチミツをアルコール発酵させて作られています。 別名を酒精(シュセイ)とも言い、お酒に含まれている成分です。 エタノールは水や油に溶けやすく、揮発性のある消毒液です。 「 消毒用エタノール」と「 無水エタノール」が販売されており、 無水エタノールには殺菌効果がありません。 無水エタノールを精製水で80%の濃度に薄めたものが消毒用エタノールです。 無水エタノールには殺菌効果はありませんが、洗浄力はが高く、掃除に効果的に使うことができます。 オキシドールの効果的な利用法! オキシドールを上手に生活に取り入れると様々なことに使うことができます。 オキシドールは一般的に 薬局やドラッグストアでも販売されています。 オキシドールを消毒液として使う! オキシドールの一般的な使用方法です。 ケガをしてしまったときにオキシドールで消毒すると、 傷口から異物を除去する働きや、 細菌やウイルスを殺滅する効果があります。 オキシドールで口臭対策や虫歯予防! オキシドールを10倍ほどに薄めてうがいをすると、 口腔内の殺菌効果があります。 口腔内を殺菌することで、 口臭予防にもなり、 歯周病や歯肉炎の消毒、更に 口内炎の消毒にも効果があります。 また、その効果の持続時間は10時間も保つことができるといわれています。 また、 長期間使い続けると口の中の皮膚が弱くなります。 オキシドールで染み抜きや漂白! オキシドールを3倍に薄め、アンモニア水を5滴ほど加えよく混ぜることで 漂白液を手作りすることができます。 この漂白液をスプレーボトルなどに移して 衣類の黄ばみやシミなどを漂白することができます。 オキシドールは水虫にも効果的! オキシドールは 水虫の菌を殺菌することが出来ます。 しかし、 皮膚の奥深い部分の菌には届かないため、普段履いている 靴やスリッパなどの消毒に有効です。 オキシドールで風邪やインフルエンザの予防! オキシドールを耳に10滴ほど垂らし、数分後に綿棒で掃除をします。 そうすると 鼻腔周辺のバクテリアを殺菌することができます。 風邪やインフルエンザの予防、また 風邪の引き始めにも効果があります。 エタノールの効果的な利用法! エタノールも上手に生活に取り入れるといろいろなところで活躍します。 エタノールもオキシドールと同じく、 薬局やドラッグストアで購入することができます。 エタノールで調理器具などの消毒! 消毒用エタノールを冷蔵庫や調理器具などに吹きかけると カビ予防になります。 また 食中毒の予防にも効果的です。 エタノールで油汚れの掃除 消毒用エタノールは 油汚れに効果的です。 コンロや換気扇などキッチン周りの掃除に便利です。 エタノールで浴室のピンクのヌルヌルの掃除! ピンクの汚れは実はカビではなく「 ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌です。 この菌を放置していると 黒カビの原因になります。 ピンクのうちに消毒用 エタノールで除去することができます。 見つけたら早めに綺麗にしてくださいね! エタノールでテレビやパソコンの電子機器の掃除! 揮発性が高く、水分を含まない無水エタノールは 電子機器の掃除に最適です。 パソコンの汚れや手あかなども綺麗に拭き取ることができます。 エタノールで窓ガラスの掃除 無水エタノールは洗浄力があり、水分も含まれていないため窓に水滴が残りません。 無水エタノールを使って窓ガラスを拭くと、 乾拭きを何度もせずに綺麗なガラスに仕上げることができます。 車の窓ガラスの掃除や窓ふきに無水エタノールがオススメです。 エタノールで掃除する時の注意点 無水エタノールを掃除使用する際は、手の油分を持っていかれます。 ゴム手袋などをして掃除をするようにしてください。 また、エタノールは引火しやすく危険です。 コンロの掃除の際は、必ず消毒用エタノールを使用し、 掃除中は火気厳禁を徹底してください。 使用中は 充分に換気して使うようにしてください。

次の

【新型コロナ対策】消毒用エタノールの代わりにパストリーゼ77や、オキシドール、ファブリーズは使えるのか?9選まとめ|ドラッグストアのコスパのまとめ

オキシドール

「オキシドール」による消毒が、むしろ傷の治りを悪くさせる 子どもの頃、転んでケガをすると「オキシドール」を塗られた。 オキシドールが傷に染みる痛さといったら、傷ができたときの比ではない。 シュワシュワと出てくる泡を見ながら、「これで傷が治るのだから」と激痛を我慢していたものだ。 このような傷の治療法は、過去の遺物と言ってもいいだろう。 というのも、むしろ消毒が傷の治りを悪くさせることもわかってきているからだ。 消毒薬が「上皮細胞」を破壊する ところが、学校の保健室では相変わらず、子どものすり傷に消毒薬が使われていることがある。 傷を水道水で洗うだけだと、「子どもがケガをしたのに、学校では消毒もしてくれないのか」と保護者から苦情が入ることもあるようだ。 「これまで消毒薬を使って傷が治っているのだから、やめる必要はない」という意見も強いらしい。 ケガに消毒薬を使うか? 使わないか? あなたはどちら派だろうか? まずは、オキシドールなどの消毒薬を使ったときに生じる「痛み」について検討しよう。 この痛みは、オキシドールによって私たちの「細胞が傷つけられている」ことで生じている。 いわば「細胞の悲鳴」なのだ。 オキシドールは「過酸化水素(H2O2)」の水溶液である。 オキシドールを傷口に塗ると「活性酸素」が発生し、傷に付着している細菌を死滅させる。 そこで問題になるのは、活性酸素が細菌だけでなく、私たちの細胞にもダメージを与えることだ。 活性酸素についてはすでにご存じの方も多いだろうが、「がん」や「老化」の原因物質とされている。 活性酸素は反応性が高く、周囲にあるタンパク質や脂質、糖質などを酸化する。 たとえば、皮膚が大量の紫外線を浴びると活性酸素が発生する。 こうして皮膚の脂質が酸化されると、シミが発生しやすくなる。 また、活性酸素が細胞に障害を与え続ければ、皮膚がんのリスクが高まる。

次の

藍藻類やシアノバクテリア(コケ)は「オキシドール」で除去!熱帯魚やエビ・水草への害は!?

オキシドール

ダイソーのオキシドールで消毒スプレー自作【アルコール除菌品切れ】 最近はアルコール除菌の類のスプレーやらウェットシート関係が手に入りません。 コロナ対策でみんなが奪いあいです。 薬局とか100均を何件も周りましたが、ほぼ品切れとなっています。 そんなとき、ダイソーで目に入ったのが オキシドールです。 青い蓋のこんな感じのものです。 「ケガした時はにはこれを使ってばい菌が入らないようにした」ということを思い出し、手に取ってみると消毒とかいてありました。 その場でググった結果、 「オキシドールを薄めれば除菌スプレーができる」ことを知りました。 オキシドールは特に品切れ感はなく、普通に購入数量制限とかはありませんでした。 アルコールばかりに気を取られ、みんな気がついてないのかもしれません。 ダイソーをくまなくチェックして探し当てたオキシドールですが、在庫は20個ぐらいあったので余裕で買えました。 追記 20200328 まだまだ手に入ります。 半面、アルコール関連はほぼ手に入りません。 オキシドールの有効性に関しては下記に関連リンクを張っておいたので詳しく知りたい方はどうぞ。 追記 20200411 いつものダイソーで、2週間経ったらこの通り。 皆が気がついたのでしょうか。 もっと買っとけばよかったです。 追記 20200418 ダイソーではありませんが、100均のセリアにもあります。 ダイソーのオキシドールで消毒スプレー自作:材料と作り方と用途について ネットで調べた作り方はオキシドール50ccに対して精製水が500ccとのことです。 精製水があると品質が長持ちするようですが、ダイソーにはありませんでした。 水道水は精製水に比べたら不順物があるので水が悪くなりやすいとのことですが出来ないことはないようなので、・・・ ・アルコール除菌スプレーの代替品 ・とりあえず試してみたかった ということもあり、 早めに使うことを前提に水道水に混ぜることに。 500mlのペットボトルをスプレーにする為のこんなやつもダイソーで一緒に揃えました。 500mlのお茶が入っていた空のペットボトルに、いちおう 熱湯をいれて煮沸消毒して水道水を入れました。 オキシドールは100cc入りなので半分の50ccが必要になります。 適当に入れるのもアレだったので、ペットボトルのキャップが5ccぐらいということを思い出して10杯分を500mlのペットボトルに入れた水道水に混ぜました。 準備した材料 実質220円) 500mlのペットボトル 熱湯で煮沸済 500mlぐらいの水道水 ペットボトルのキャップ10杯分のオキシドール 50cc 霧吹きヘッド オキシドール自体は匂いはありませんでした。 今回の物がそうなのか、全てそうなのかは分かりませんがアルコールのような匂いは全くなく、無臭です。 早速、ドアノブとかにスプレーしまくりましたが、当然匂いなしです。 逆に匂いがないので効果があるのか半信半疑になりましたが、調べればすぐにオキシドールの有効性が書いてあるので良しとしました。 先に書いたように、あくまでもアルコールの代替品として作ってみたし、水道水ということで長持ちしないので500mlを贅沢に吹き付けてみようかと。 あくまでも自己責任でお願いします。 私自身くれぐれも代替品であることを忘れずにいきたいと思います。 精製水とかなら本格的に期待できるかもしれません。

次の