コロナウイルス 終息 いつ。 コロナウイルス日本いつまで続くか専門家の予想は?終息条件も調査!

新型コロナウイルスのワクチンは、いつできる? ──基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」

コロナウイルス 終息 いつ

「コロナウイルス」は、風邪などの呼吸器感染症を起こすウイルスです。 表面はエンベロープと呼ばれる薄膜に覆われ、そこから出た花弁状の突起が王冠(ラテン語でコロナ)に似ていることから命名されました。 1960年代中ごろに初めて報告されたコロナウイルスですが、当初は飛沫感染や接触感染で伝播し、従来の種は病原性が低く、免疫力が弱い幼年の動物以外は致死的感染を起こさないとされてきました。 しかし、2000年代に入って何らかの原因で突然変異した新種に強い感染力と病原性をもつものが発見されるに至り、2020年3月現在までに、7種類の人に感染するコロナウイルスが見つかっています。 ただし、7種類中の4種類のコロナウイルスは一般の風邪の原因の10〜15%(流行期は35%)を占め、たとえ罹患したとしても多くは軽症で済みます。 しかし、残りの3種類のコロナウイルスのうち、1種類は2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群」(SARS)、さらにもう1種類は2012年以降発生している「中東呼吸器症候群」(MERS)と、致死率も高く世界的にも大きな問題となりました。 そして、最新の1種類として、2019年12月以降に世界的な問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」が発生・発見されました。 以後感染の猛威は留まることを知らず、2020年3月現在、SARSやMERSさえもをはるかに超えた、世界的な脅威となっています。 そこで今回は、前例を踏まえつつ、新型コロナウイルスのこれからについて、考察してみたいと思います。 新型コロナウイルスの参考とする視点で、それぞれの特徴や発生から現在までの経緯を見てみましょう(以下、〔 〕内は補足です)。 2002年11月に中国の広東省で発生し、2003年2月頃からはベトナムや香港などでも流行。 さらに患者の移動によって、世界各地に広がった。 おもな感染経路は咳やくしゃみによる飛沫感染とみられる。 世界保健機関(WHO)が2003年3月12日に警告を発してから世界的流行が終息した(集団発生が封じ込められたことを宣言した)2003年7月5日までの患者数(可能性例含む)は8,098人、死者774人。 日本での患者発生は確認されていない。 予防および個人でできる対策: 専門病院で呼吸管理をきちんとすれば、患者の救命や感染の拡大を防ぐのはむずかしくないとみられている。 また、消化器症状や腎不全などを引き起こすケースも報告されている。 2012年9月に初めて感染が確認され、2012年4月よりヨルダン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)などの中東諸国を中心に、その後ドイツ、フランス、イギリスなど欧州での感染者の報告が相次いだ。 SARSコロナウイルスほど感染力は強くはないが、ヒトからヒトへの感染が強く疑われている(ただし、感染源や感染経路などはまだ解明されていない)。 2015年6月までの臨床検査診断で確定した累計発生総数は1,338人、死者475人。 死亡率が35%前後と非常に高いことからも、世界保健機関(WHO)などが注意を呼びかけている。 予防および個人でできる対策: MERSの発生が報告されている地域において、咳やくしゃみなどの症状がある人との接触を避け、動物(ラクダを含む)との接触は可能な限り避けることが重要。 さらにSARSと同様に、一般的な感染症対策および免疫力の向上が求められる。 【感染症対策】 「病原体対策」:1)消毒、2)感染源の特定、3)伝播防止(隔離、検疫、媒介動物駆除など)。 「感染経路対策」:1)直接伝播対策(患者や感染物への接触制限、予防的治療など)、2)間接伝播対策(媒介動物、空気感染などへの対策)。 「感受性対策」:1)予防接種、2)受動免疫〔他個体の産生した抗体を体内に入れることによる免疫〕(免疫血清やガンマグロブリン)、3)化学療法〔化学物質を用いて生体内の病原寄生体に対し直接その増殖を阻害・殺菌することによって疾患を治療する方法。 薬物療法の一種であるが、対症療法ではなく、原因療法の一つである〕。 以上のように、SARS・MARSと新型コロナウイルスの特長を【感染症対策】を照らし合わせてみると、喫緊の人類の脅威ともいえる3種の新しいコロナウイルスには「感受性対策」がないため、よりいっそう「病原体対策」と「感染経路対策」を強化・徹底することが基本といえるようです。 また、2020年3月5日号の『週刊文春』においてエッセイストで作家の阿川佐和子氏と「緊急対談 新型コロナウイルスとは何か」を行った生物学者の福岡伸一氏は、「終息とはこの病気が日常化するということですね。 <中略>私がこの新型コロナウイルスについて予言できるとすれば、数年後はインフルエンザのような日常的な病気になるということでしょうね。 予防注射が打てるようになったり、ウイルスの増殖を抑制するような薬も開発されるでしょう」と述べています。 さらに「誰もが罹る可能性があるし、誰もが保菌者になる可能性もある。 できるだけ自分の免疫システムを信じるのがいいですよ。 <中略>免疫システムの大敵はストレスなので・・・」と呼びかけつつ「あとはよく寝ることですね」「苦を去って、惰眠をむさぼっているような人は副交感神経が優位にある。 つまり、瞑想ならぬ瞑想状態にあり、免疫システムがしっかりしている」と鼓舞しているように、一人ひとりの自己免疫力を強化する取り組みが、やがては社会の感染リスクを下げ、ひいては新型コロナウイルスの終息にもつながるように思います。 新型コロナウイルスにかぎらず、人類はたえずさまざまな感染症リスクにさらされています。 ウイルス騒動に踊らされることなく、一人ひとりがその時々の最善を尽くして対応できる成熟した社会となっていく取り組みこそが、終息にむけた次なる一歩となるのではないでしょうか。 bbc. 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

医師1,346名が回答!

コロナウイルス 終息 いつ

1 COVID-19による緊急事態宣言下の自粛要請はいずれ終わる。 その出口は、早いか遅いかの違いで必ずやってくる。 本稿をまとめている2020年5月なかばにおいては、日本の39県ですでに緊急事態宣言が解除されており、残りの8都道府県でのみ継続中だ。 遠からず感染の収束が確認されたら、すべての都道府県で解除されることになるだろう。 しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 当面、ぼくたちは、行動を変容させた「新しい日常」の中で、「コロナ禍」と付き合っていくことになる。 では、それはいつまでだろう。 答えは、多くの人が気づいているように、「最短でも1年以上」だ。 「ワクチンか画期的な治療薬が開発されて、広く使われるようになれば、究極的な解決、といえるかもしれません。 でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 それに、ワクチンができない感染症も多いので、COVID-19のワクチンができる保証はないんです」 ワクチンができれば病気にかかることなく免疫をつけることができるので、ぼくたちは一気に集団免疫(herd immunity)を確立することができる。 しかし、ワクチンの開発は、時間がかかるだけでなく、病原体によってはワクチンができないこともある。 例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。 COVID-19がそのような厄介な性質を持たず、ワクチンが十分な免疫を与えてくれるものだとしても、臨床試験(治験)を終えて、ゴーサインが出るのは1年以上先の話だろう。 また、よく効く治療薬が開発されて、COVID-19が「怖い病気」ではなくなれば、それも状況を一変させる力を持つだろう。 しかし、既存薬の中にそのようなものがなければ、新しく開発される薬に期待するしかないし、それがうまく見つかったとしても、やはり慎重な臨床試験を経て承認されるので、それが市中の病院で安心して使えるようになるはずっと先の話だ。 それによると、最短で終息する場合というのは、1年間で世界人口の40から70パーセントが感染して、集団免疫がついて、Rが1未満になって終息する場合です。 1年以内に全世界の半分ぐらいの人が感染すれば終息すると。 でもこれ、世界人口を考えたら、控えめに見ても900万人が死亡することになりますし、医療的対処の許容量を超える『オーバーシュート』が起こるとIFRも上がるので、最悪5250万人が死亡という計算ができてしまうんですよ。

次の

新型コロナウイルスいつまでに感染終息?消毒に紫外線は有効?

コロナウイルス 終息 いつ

スポンサーリンク SARSの時を思い出して 参考になりそうなのが、遺伝子を 80 %共有するSARSの先例です。 2002 年 11 月 16 日の中国の症例に始まり、台湾の症例を最後に 2003 年 7 月 5 日にWHOが終息宣言しました。 流行期間は約 170 日間でした。 専門家の間では、夏前にはピークを迎え、徐々に落ち着くのでは、という期待があります。 オリンピックまでには何とかしてほしい、というのが多くの国民の願いでしょうか。 しかし、また中国から始まりましたね。。。 MERS(マーズ)はまだ収束していない 中東呼吸器症候群MERS(マーズ)の大流行は、2012年9月の英国からの重症肺炎患者からの新型コロナウイルスがみつかったというWHOへの報告から始まっています。 発生源はサウジアラビアと言われており、感染源はヒトコブラクダとも言われていますが、感染方法、感染経路とともに解明されていません。 「自分自身は中東への渡航歴をもたず、中東からの訪問者に接触して感染した」という事例が、英国やフランスでみられ、「濃厚接触」での限定的な感染が確認されています。 MERSは、2019年時点での感染報告もあり、 完全な終息には至っていない状態です。 スポンサーリンク 私たちにできること 今の私たちにできることは、予防の手洗い・うがい・消毒の他に免疫力を高めるために、栄養をしっかり取り、休息すること。 人混みは避けること。 免疫力を高めるためのサプリメントなどは、とてもおすすめです!!人間の身体で一番大事な腸内!乳幼児には優勢だったビフィズス菌は種類が入れ替わり、数も老年期になると少なくなり、逆に悪玉菌優勢の状態になります。 そして、仮に健康が損なわれると、とたんに腸内のバランスが崩れ、悪玉菌が増加していきます。 さらに、 悪玉菌が増加すれば、ますます老化が促進されるという悪循環が始まるのです……。 そうなると、免疫力が落ちてウイルスに感染しやすくなってしまいます。 じゃあ、 どうすれば免疫力を高めることができるの? それは腸内フローラを整えること。 足りない善玉菌のえさであるサプリをとって、腸内から元気になりましょう。 その場合は、 今回の新型コロナウイルスによる肺炎の大流行は、7-8月頃終息を迎える可能性が高いのではないかと考えられます。 ただ、 今回の新型コロナウイルスは、SARSよりも感染力が強く、「検疫と隔離」というSARSの時と同じ対策が追いつかないという状態の現在・・・保菌しているが症状が出ていない人から、知らないうちに感染しているという事態が起きている。 また、無症状の感染者も出ていることから、今後のさらなる大流行も懸念されています。 芸能界代表する志村けんさん死亡説? 私たちにできることをして乗り越えてゆきましょう。

次の