おれてきげーむ。 オレ的ゲーム速報@刃(おれてきげーむそくほう じん) とは|KAI

「ポケットモンスター ソード・シールド」で色違いポケモンをゲットできなかったら50万円払う賭けに挑んだ人気配信者が見事撃沈

おれてきげーむ

My little brother EJ has been saving up for a PS4.... my other brother surprised him with one and he lost his mind. Ej is beyond thankful for anything he gets and today he was very surprised with his gift. MUST WATCH — ness nastyness10 Twitterユーザーのnessさんが投稿した、ある兄弟たちの心温まる動画が、凄まじい勢いで拡散され、Twitter上で話題です。 公開された動画では、nessさんの弟、EJくんがプレゼントとしてPS4が贈られる様子が収められています。 紙袋を覗いているときは笑顔だったEJくんですが、いざPS4を取り出して眺めると、思わず感極まり、お兄さんにハグ。 この様子は、記事執筆時点で26,025RT、103,199いいねを獲得しています。 nessさんによると、EJくんは元々PS4貯金をしていたそうですが、そんななかでのサプライズプレゼント。 彼らのリアクションも含め、ゲーマーでなくても思わず笑顔になってしまう心温まる風景ですね。 《秋夏》.

次の

jin ゲーム 速報

おれてきげーむ

近年肥満化が加速しており、世界の3人に1人が過体重で、10人に1人は肥満だと言われている。 子供の肥満化も急速に進んでいることから、研究者らは肥満防止についての様々な研究を行っている。 今回、アメリカの研究者らは肥満予防になるマイクロチップを開発したことを明かした。 このデバイスを埋め込まれた肥満患者たちは、食べ物について考えた時、脳に埋め込まれたマイクロチップによって脳に軽い電気ショックが与えられ、過食を抑制する効果が働くという。 肥満の被験者で実験を行う予定であることを発表した研究者は、このデバイスが新たな肥満防止成功のカギとなることに期待を寄せている。 反応性神経刺激システムの応用 肥満予防に効果があるとされるマイクロチップは、本来てんかんに苦しむ患者を助けるために、企業NeuroPace(ニューロ・ペース)により開発されたもので、反応性神経刺激システム(RNS)と呼ばれている。 脳に埋め込まれたマイクロチップは、脳の活動を継続的に記録し、発作の始まりを示す特定の活動パターンを検出すると、軽い電気ショックを与えるプログラムになっている。 これは、発作が起こる前にそれを止めるように設計されたもので、てんかん発作を完全に予防できる優れたデバイスなのだそうだ。 現在、カリフォルニア州スタンフォード大学の研究者らは、既にマウスを使って実験済みであり、マウスの過食を抑制するために同じ技術を再プログラムして使用したところ効果があったことを明らかにした。 更にその後、マイクロチップが反応して脳に電気ショックが与えられるという仕組みになっているが、電気ショックを作動させる前に半年間は脳の活動をモニタリングし、過食の開始を示す活動パターンを識別することを試みるという。 今後5年間で、6人の被験者にマイクロチップを18か月間埋め込み、テストしてもらう予定だが、実験の対象となるためには、被験者は45以上の肥満度指数(BMI)を有し、胃バイパス手術もしくは認知行動療法により体重が減少していない必要がある。 研究者のひとり、スタンフォード大学のケイシー・ハルパーン博士は、次のように述べている。 研究の主な目標は、このような方法が安全か否かを見極めることであり、その結果、それが効果的かどうかを発見することです。 この実験は、わずかな体重の減量のみを必要としている人もしくは単に痩せたい人を対象とするものではありません。 被験者となるのは、重度の肥満が原因で本質的に死のリスクを背負った人たちです。 マイクロチップは既にマウスで正常にテストされています。 デバイスは、脳の領域が摂食に密接に関連しているに付着するよう埋め込まれます。 側坐核が、重要な標的であることを示唆する多くの証拠はあります。 空腹に対する脳の反応を調べる多くの研究があり、側坐核は非常に頻繁に活性化され、過食や肥満のリスクに結びつくあらゆる種数の要因と関連しています。 企業NeuroPaceは、この試みが新たな肥満防止対策のカギとなることもあり、潜在的に遥かに大きい肥満治療市場への可能性という点に注目し、今回の開発には研究者ともども強い関心を抱いているようだ。 しかし大きな期待が寄せられる一方で、マイクロチップが脂肪の多い食べ物に対する脳の反応を、健康的な食べ物への反応や他の満足感から分別することに困難を伴うことや、電気ショックが被験者から全ての一般的な関心や喜びを喪失させ、うつ病を引き起こす可能性があることが、現段階の問題として挙げられている。 満腹感と幸福感は脳内刺激が似ていて セロトニン 、 幸福感が低下している人は満腹感で代償的に 心の満足を補おうとしたりする。 (やけ食いやストレス太りの類。 新型うつの肥満も?) 逆に、強制的にでも満腹感を与えれば、 悲観的な感情が抑えられたりする。 (自殺しようとしている人を押し止めて説得する際、 飲み物や茶菓子を与えて話を聞くと落ち着きやすい等。 ) 幸福感の低下をせめて満腹感で補って ギリギリで精神状態を保っている人に、 無理やり食べる量を抑制して満腹感まで減少させてしまうと、 幸福感の低下が顕在化して気持ちの落ち込みが悪化する可能性もある。

次の

オレ的ゲーム速報@刃(おれてきげーむそくほう じん) とは|KAI

おれてきげーむ

概要 現在はのとされているが、まではの使用者も多く見られた。 これは日本では一人称で性差を表すという文化が深く根付いていなかった事と、「俺」自体が「オノレ」というな単語が訛って発生した事に由来していると考えられている。 一方、現在でも若干の使用例が見られるが、「オノレ」を更に遡るととして 相手に対する軽蔑の意味を込めて使う言葉だったものであり、「俺」となった後にもそうしたなイメージが引き継がれた。 そのため 公的な場所や目上の人物に対して用いる事は古くから憚られてきたようだ。 に入ると、近代よる「」の創出・普及の中でこのイメージが更に問題視されるようになり、女性やの使用が厳しく取り締まられていった。 国家的な統制が弱まった戦後は、子供が子供でいられない社会情勢もあってなし崩し的にの使用が復活し、後半からはの主人公を中心に「ヤンチャ」「悪ガキ」がポジティブなイメージで描かれるようにもなった事から使用者を増やしていった。 反対に、女性の使用はであるという認識を脱却できず、現在まで年代や場所を問わず否定されるべきとされ続けている。 なお、これらの感覚は「俺」の訛りにより発生した「オラ」を含むには必ずしも適用されず、地方には「俺」または「オラ」を用いる女性がまとまった数残存しているといった例も見られる。 もっとも、それ自体が「標準語」に与しない「違反な」言語であるとの感覚が存在する事もまた事実である。 ネットのwebサイト上では俺、俺氏、猛虎弁バージョンのワイ、自分、私 サイトやユーザーによってはおれ、おいら、僕、ボキ、わし などと共に主要な一人称として使われる。 サイトや板によっては俺やワイの一人称が避けられる ないし使われない 所もあるため、そのサイトのローカルルールに出来るだけ従っておく必要もあるため、そこはユーザーの柔軟な対応が試される。 で「オレ」と表記される事もある。 2000年代以降、。 オレだよ、オレオレ。 「俺」の代わりにとしあき、とっしーという代名詞としても用いられる場合がある。 ヒゲを剃っておらずメガネを着用している猫背の中年男性が基本デザイン。 いくつかある虹裏のうちデフォルトネームが「としあき」である掲示板の住人を指すと同義のように使われることもあるが、 俺ネタの文脈外では使われなかったり、としあきがデフォルトネームではない虹裏でも俺ネタが使われたりするため、俺ととしあきではニュアンスが結構異なる。 俺は俺だぞ俺 映画監督やのは似ているということでよくネタにされる。 元は2003年12月12日に、とあるとしあきが描いた自画像。 キショ誰テメェという反応に「俺は俺だぞ」とレスしていたのが俺の口調の元となっている。 魔法少女俺のオレ 漫画『』の主人公、が変身した姿。 野球板の俺、俺達 主にの投手が炎上 大量失点 した時に用いられる。 西武はDHありのパリーグに所属していることもあってか、スタメンがやや打高投低の打線が組まれることもあるため、投手 特に中継ぎ がリード時に失点しやすく、敗北を招いてしまい二軍送りにされやすい投手に用いられる。 似た用語で敗北した中日のチームスローガンを皮肉ったジョイナスや炎上したことによる龍の死体のスラングが用いられる。 関連タグ 名言・迷言 版権タイトル 「俺」以外の 関連記事 親記事.

次の