長芋 ジュース。 【ガッテン】長芋ジュースで便秘解消!レジスタントスターチが豊富なナガイモの健康効果を紹介(1月15日)

【ガッテン】長芋ジュースの作り方、便秘解消に効果的なレシピ(1月15日)!レジスタントスターチで

長芋 ジュース

レジスタントスターチが多い長芋に注目! 便秘も解消? レジスタントスターチは腸内環境改善に良いとされる所以は、腸内細菌の餌になってくれるからということでした。 さらに、このレジスタントスターチは血糖値の急上昇を抑える、血中のコレステロールや中性脂肪をへらす効果などが期待できるとのこと。 レジスタントスターチは身近なところでは、冷ご飯にして食べると、その成分が多く含まれていると知られています。 ただ、レジスタントスターチは加熱に弱いとされているそうです。 そこで注目したのが長芋。 長芋などのイモ類は皮を向いて、生で食べられるのでレジスタントスターチを効率的に体に取り入れる事ができるとのこと。 そこで、番組では、この長芋を使ったアレンジレシピとして長芋ジュースの作り方を紹介していました。 長芋ジュースの作り方 長芋ジュースの作り方と材料は次のとおりでした。 長芋:100g• 牛乳:100g• バナナ(りんごやパイナップルでもOK):100g これらの材料をミキサに入れてかき混ぜたら完成です。 なお、 作り置きというのは味が落ちるのでおすすめしていないとのこと。

次の

KPOPアイドルたちの美肌の秘密♪♪ 少女時代ユリの美肌の秘訣、長芋ジュースを作ってみた♪♪

長芋 ジュース

ナガイモの健康効果 体に良いネバネバ食材としておなじみのナガイモ(ヤマイモ)は、芋の種類の中で唯一生食が出来る食材です。 そのため、山芋に含まれれる栄養成分を損失を心配せず、食べられます。 ナガイモには水溶性食物繊維や、体内の塩分濃度を調整するカリウムなどが含まれています。 レジスタントスターチで便秘解消 特に今回注目されたのは レジスタントスターチという難消化性デンプンです。 このレジスタントスターチは 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の特徴を併せ持ち、便通改善や、血糖の低下作用などが期待されています。 不溶性食物繊維には便の量を増やす働きがあり、また水溶性食物繊維には便のかさ(体積)を増やし、さらに腸内細菌のエサになるという働きがあります。 それぞれ働きが違うため、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く摂取することが大切ですが、レジスタントスターチはそれだけで2種類の食物繊維と同じ働きをしてくれるのです。 生食で効率的に摂取 レジスタントスターチは通常加熱すると量が減ってしまいますが、生で食べられるナガイモは、レジスタントスターチを効率的に摂れるので、近年天然の便秘薬として大注目されているのです。 今回ガッテン!では、長年便秘に悩んでいる方々に1週間、ナガイモを毎日100gずつ、食べてもらい便通の状況を検証するという実験が行われました。 すると、12人中8人の便の回数が増加という結果に!回数が増えただけでなく便の状態がよくなったという声も多く挙がりました。

次の

長芋のレシピ6品まとめ。糖質が少なくダイエットにも効果的。

長芋 ジュース

同じ「ヤマノイモ科」の仲間 実は、「山芋」という品種はありません。 山芋は「ヤマノイモ科」に属する芋類の総称で、長芋もこのヤマノイモ科に含まれます。 スーパーでは、いちょう芋やつくね芋といった品種が「山芋(大和芋)」として売られています。 山芋も長芋も、栄養価に大きな違いはありません。 どちらも体内の水分バランスを整えるカリウムや、胃粘膜を守るぬめり成分を含んでいます。 特徴的なのは、粘りの強さと味わい。 山芋は粘りが強く甘みがあるのに対し、長芋は水分が多く、粘り気は少なめで淡白な味わいです。 芋なのに生で食べられるのはなぜ? すりおろして「とろろ」にする料理が代表的ですが、山芋や長芋は、生で食べられる世界でも珍しい芋。 消化酵素であるジアスターゼを含んでいて、でんぷんの一部が分解されるため、生で食べても胃にもたれないのです。 生で食べる場合、山芋は粘りのある食感を生かすために、すりおろして使うのがおすすめ。 山かけや、だしを加えたとろろ汁にぴったりです。 長芋は水分が多いので、すりおろすのはもちろん、切ってサラダや和えものに入れると、サクサクとした食感がアクセントになります。 皮をむくと酸化して変色してしまうので、すぐに酢水にさらしてアクを抜きましょう。 10分程度が目安です。 加熱するとふわふわ、ホクホクに! 生でもおいしいのはもちろんですが、加熱すると大きな変化が。 山芋・長芋は、主成分であるでんぷんに熱が加わると食感が変わって、味わいがさらに豊かになるのです! 長芋は火の入れ方によってサクサクからコリコリ、ホクホクと、食感が変わっていき、旨味もプラスされます。 輪切りにしてソテーや炒め煮にするほか、ステーキなどの焼き料理に。 山芋は、すりおろしたものを加熱すると、とろみのある食感がふわふわ、モチモチに変わり、風味もアップ。 グラタンや落とし揚げにすれば、やわらかな食感が主役のおかずになります。 ボリュームが増すので、お好み焼きのつなぎとしても活躍します。 切り方や加熱方法によって味わいが変わる山芋・長芋。 特徴を覚えてしまえば、料理のアレンジがぐっと広がります。 お好みの食べ方をぜひ見つけてくださいね。 記事初出時、粘り成分の総称として「ムチン」について記述しておりましたが、「ムチン型糖タンパク質」との誤解が生じかねないものであったため、削除いたしました。 文:KWC 写真:小林友美 監修:カゴメ 参考文献: 『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店) 『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店) 『内田悟のやさい塾 秋冬』内田悟著(メディアファクトリー) 『』吉田企世子監修(エクスナレッジ)/全229種の野菜の糖質量を完全網羅。 身近な野菜の栄養がすぐに分かる!15年ぶりの大幅改訂となる「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」対応。 出典:「」 日本食品保蔵科学会誌 29巻4号 p. 229-236 AgriKnowledge(農林水産研究情報総合センター).

次の