女性 の いない 民主 主義。 日本国憲法第99条に『国民』が含まれていない理由

「女性のいる民主主義社会」に向けて

女性 の いない 民主 主義

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 【そこに、いないのは。 】前田健太郎『女性のいない民主主義』 320life - 楽天ブログはてなブックマーク - 【そこに、いないのは。 】前田健太郎『女性のいない民主主義』 320life - 楽天ブログ プレビュー 【そこに、いないのは。 】前田健太郎『女性のいない民主主義』 320life - 楽天ブログはてなブックマーク - 【そこに、いないのは。 】前田健太郎『女性のいない民主主義』 320life - 楽天ブログ 【そこに、いないのは。 】前田健太郎『女性のいない民主主義』 320life - 楽天ブログ 201. 27 【そこに、いないのは。 】郎『のいない』 : 3417... 続きを表示 201. 27 【そこに、いないのは。

次の

女性のいない民主主義|海と風の湘南から|シニアコムブログ

女性 の いない 民主 主義

前回紹介した『女性のいない民主主義』(郎、)に、いろいろコメントを頂きました。 その点で未来は明るい。 そのためには、現役時代に女性の教育や制度を見直した経験から、男性の再教育が鍵と考える。 3 実際の経験に根差した、以上2つのコメントから見えてくるのは、企業では進む可能性があるが、政治や国家行政はなかなか難しいという印象です。 それだけ、政治の世界は、本書が言う「規範が強い」ということでしょうか。。 4 他方で、長年、京都の女性会と関わり政治家とも繋がりを持った岡村さんは、「ある女性政治家が夜の会合を終えて、夫のためにおかずを買って帰る姿を見て、夫はやはり「」を求めているのだなあと感じたと書いています。 政治で働く女性といえども、家庭に夫がいれば、夕食の用意は自分の役目になっている・・・高齢者の家庭ではまだこれが普通でしょうか。 5 地方政治家としていまも頑張っている田中さんからは、22年の経験をふまえたコメントを頂きました。 ・少なくとも政治の世界に入ろうとする女性は増えないと思う。 男性にとって、しなやかで強い女性の台頭は脅威。 だから増えないのです。 ・22年前に初めて議員になったときと環境はほぼ変わっていない。 生涯、全く政治の世界とは無縁だった私には分かりませんが、前田准教授が本書の冒頭の「はじめに」でこう書いているのを思い出しました。 試みにこの建物の内部の光景を思い浮かべてみよう。 そこでは、首相が演説していることもあれば、野党の議員が大臣の不手際を追求していることもあるだろう。 大臣が答弁に窮した時には、後ろに控えている官僚が、そっと何かを耳打ちしている場面もあるかもしれない。 ここで、少し思い起してみてほしい。 今、頭に浮かんだ風景の中に、女性は何人いただろうか。 おそらく、登場人物のほぼ全員が、スーツ姿の男性だったのではないだろうか。 このイメージこそ、日本の政治の特徴を端的に表している。 日本では、政治家や高級官僚のほとんどを男性が占めており、女性で権力者と呼ばれるような人はほとんどいない。 これは実に不思議なことではないだろうか。 田中さんは、おそらくこういう環境の中で、市会議長としての長年の政治活動などを、殆どの男性議員の眼にさらされながら続けてこられたのでしょう。 そして、「ロール・モデル」としての立場を意識しながら頑張って来た、いまも頑張っているのだろうと思います。 私がにある唯一の大学に勤務していたころ、種々の委員会や街づくりの活動などでよくご一緒しました。 威張らない、庶民的で気さく、生活の目線で語る・・・といったスタイルが魅力的でした。 もちろん全ての女性がそうだとは思いません。 女性政治家の中にも「威張っている」人も「男性以上に的」な人もいるでしょう。 女性だから全て平和主義者とも言えないでしょう。 男性以上に「」もいることでしょう。 しかし、田中さんのような「女性」政治家であれば、大いに増えてほしいと願っています。 「既得権」を守ろうとする高齢男性やからの圧力やと「封建的」なシステムのなかで、「しなやかに・争わず・しかし強く」活動してほしい。 そのためにも、時に憤慨したり、愚痴をこぼしたりできる「仲間」を増やしていってほしいです。 (因みに、「先生」と呼ばないと怒る議員諸兄姉も多いかもしれませんが、私が長年京都で関わってきた団体の唯一の「決まり」は老いも若きも・男も女も・肩書無視、全員「さん」づけを徹底していましたので、いまも「田中さん」と呼ぶこと、お許しください) 4. 『女性のいない民主主義』について最後にもう少し補足すると、前田准教授は本書で、従来のでは「代表」という概念があまり取り上げられなかったという反省から、民主主義を考えていきます。 1 「政治家が、自分の支持者を代表している」というとき、1つは「の間の意見の分布が、国会議員の間の意見の分布と重なっているかどうか」が民主的かどうかの重要な基準になる。 2 そしてもう1つ、「その政治家が、自らの支持者の社会的な属性と同じ属性を持っている」という意味での代表の概念がある。 代表制の確保された議会とは、議会の構成が、階級、、民族、年齢などの要素に照らして、社会の人口構成がきちんと反映されている議会である。 したがって、の視点から見て、「代表者の男女比が均等に近いほど、その政治体制は民主的であると考えられる」と著者は指摘します。 3 この2つの「代表」が確保されることは、民主的な政治において決定的に重要であるが、今の日本のように「」が主体のでは、 1 が十分に果たされていない。 それだけに 2 の重要性は一層高まる。 4 田中さんの、「コロナ禍で子育てや家事労働など負担のしわ寄せが来るのはやはり女性」という嘆きには、社会的な構造問題も大きいでしょう。 しかし、政治の世界で、女性の代表者が増えれば、こういった課題がもっと「争点化」されて、取り組みも進むのではないでしょうか。 5 前田氏は、例えば「日本の福祉政策が男性稼ぎ主モデル」に立っている現状を批判したうえで、「女性のリーダーシップが発揮されることが、男女平等に向けた政策変化への道を開くことになるだろう」と言います。 環境や平和についても、同じことが言えるのではないでしょうか。 ksen.

次の

「女性のいる民主主義社会」に向けて

女性 の いない 民主 主義

2019. 03 21:54 昨今の政治の世界は、失望をすることばかりの軽薄な言動が横行しています。 何故このような人物が政治家であり、国のトップであり続けるのか。 日本の政治を根本から見直す必要がありそうです。 こんな時、大変興味深い本に出会いました。 「女性のいない民主主義」 前田健太郎著 岩波新書 現実の社会は、特に政治の世界は、男性主体、男性優位の実態となっています。 従って、政策や、国会議論は男性から提起されるテーマばかり。 女性の視点があるテーマ・議論などは、ほとんどありません。 これは世界的にも歴史的にも同じ、と著者は言います。 それに気付いた各国は、長い辛抱強い「女性の闘い」を支援、制度化しています。 (この展開が、子細に統計的に語られており、大変啓蒙されます) その主要な一つが、女性議員の、また女性候補者の「クオータ制」です。 私はこんな制度を聞いたとき、選挙に女性優遇をするなんてフェアではない、と思っていましたが、この本で全くそれは間違いであると知らされました。 そう思うのは、全く男性優位の世界にどっぷりと浸かっている所以と諭されました。 「女性議員、候補者のクオータ制度」はいまや、世界で広く採用されている制度です。 (各国とも男性優位の格差解消の同じ理由から) 日本では昨年春に「政治分野における男女共同参画の推進」という法律ができ、昨年の参議院選挙のとき、この制度が初めて適用されあことは記憶に新しいでしょう。 まだその主旨には不十分な実際ではありますが。 そのために、まず政党の候補者を男女同比率にする政党の努力が要ります。 政治の誠実さ、透明性を獲得するには、女性候補者、ひいては女性議員を増やすことから始めることがいいと改めて考えました。 最後に著者は言います。 「自分とは違う角度から世界を捉えると、・・これまでは見えてこなかった男女の不平等が浮き彫りになる。 今まで、民主的に見えていた日本の政治が、あまり民主的に見えなくなる。 ・・・その(視点との)出逢いは驚きの連続であった。 」 私も同感でした。 政治、選挙、政府広報など具体的な定義文が、女性の視点で見るとその存在が全く意識されていない事例がでてきます。 これは、ホントなんでもない文ですが、指摘されると、いかに男の立場から書かれていると分かるモノです。 女らしさとは、というジェンダーの規範が如何に普通に染みこんでいるか分かりました。 女性がもっと活躍できる世界は沢山ありますよ。 野党も力不足ですが、それより与党でも女性議員を増やすことが急務に感じます。 2019. 05 09:41 外国のドラマがすきでよくみますが、 裁判官って女性が多いですね。 つまりは世相を現しているので、現実なんだろうとおもいます。 日本が遅れているのは男女共に意識の問題だけでなく やはり働ける環境が整ってないから。 政治を国会中継をみていますが、 がっかりするような答弁ばかり。 野党がうまく機能していません。 2019. 欧州の先進実験のスエーデンの例です。 スエーデンは今や女性議員は、40%超。 フランスも40%に。 お隣の韓国でも20%近く。 日本は、今10%未満。 女性中心の、できれば女性の首相もいいのではありませんか。 それくらいの事をしないと、長老・二世(ぼッチャン)の支配する日本の政治は変わりません。 2019. 我が儘放題で、後始末は周囲の人がやってくれます。 公私の区別など学ぶ機会もないのでしょう。 日本を担う覚悟も気概もないのでしょう。 日本を建て直す。 急げば回れ。 選挙だけのその場凌ぎではなく、地域から、見識のある政治家を選出しましょう。 まず生活感に溢れた女性の候補者が大事と思っています。 2019. 04 21:09 4割ですか?政治に参画する比率が半分になると平等ですが それだと圧倒的に女性中心の世の中になりそうですね。 2019. 04 20:54 4割ですか?政治に参画する比率が半分になると平等ですが それだと圧倒的に女性中心の世の中になりそうですね。 2019. 04 20:54 今の政治を見ていると上から下までよくこんなのが政治家として出てこれたなと思うことが多すぎます。 阿部などは夫婦そろってその最たるものそれが一国の長なんてこんなのを選挙で出した国民は何と言ったらいいのか。 女性参画が云々言われて久しいですが、相変わらず社会は男性中心で物事が進んでいますね。 色々なところで何かがおかしくなっているということですね。 2019. 訪問をありがとうございます。 まさにご指摘のように、政治も社会も女性の視点が必要とつくづく思う昨今です。 我が家のカミさんは、台風の被災者がまだ難渋しているのに、何で戦闘機を100機も買うの!その精神が分からない、アホな男どもは! 生活の優先順位を常に考えながら行動している女性の視点からは、天下国家をうそぶく男の思考のハチャメチャが、不思議なのです。 ハイ、その通りですね。 (ようやく普通人の生活感覚を取り戻しつつある元企業戦士です) 2019. 仰せの通り、政党の体質改善が必要ですね。 今や我が国には保守党は存在しないのに、民主主義も存在しているとは思えませんね。 ところで、北の若様の周辺の重要人物は3人の女性だそうですが、看護士も兼ねているのかしら? 2019. 04 11:38.

次の