ある日、私は冷血公爵の娘になった。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」最新話ネタバレまとめ!|漫画大陸

ある日私は冷血公爵の娘になった47話ネタバレ・感想!間に合ってくれ~‼

ある日、私は冷血公爵の娘になった

漫画アプリ・ピッコマにて、毎週月曜日に配信されている「ある日私は冷血公爵の娘になった」第32話のネタバレと感想です。 前回の31話では、精霊石の音が聞こえるというエステルに、固まる公爵とハーデル。 そこにエメルの加勢もあり、公爵は精霊士のことを話す。 精霊士とは、精霊と契約してその能力を使うもののことを指す。 しかし、精霊士はその能力を使うごとに精霊との繋がりが濃くなり、精霊に近い存在となってしまうと話すハーデル。 そして、精霊士は色々な意味で使える存在。 ただでさえ注目を集めるエステルが、さらに狙われやすくため、他の者には知られたくないと公爵は言うのだった。 1~3話はピッコマで無料配信中!4話以降は、24時間ごとに1話を無料で読むことができます。 今すぐ絵つきで読みたい方は、ピッコマへどうぞ! 目次• ある日私は冷血公爵の娘になった32話のネタバレ 部屋に戻るハーデルに、勇気があると讃えるエメル。 その場で公爵が剣を抜かれてもおかしくないと言うと、エステルの前ではそのようなことはしないと思ってた答える。 しかし、それでも十分恐ろしかったと言い、その手は未だに震えているのだった。 エステルは、他にも色々聞いてもいいとハーデルに尋ねると、ハーデルは快諾。 部屋へと案内するのだった。 カステージョ領地の歴史 ハーデルは、まずはカスティージョの領地から説明しましょうといい、地図を広げる。 そして、• エステラ伯爵領• ソリード伯爵領• アダン男爵領• オンシラス男爵領• カリード男爵領 これら全てが公爵の領地だと説明する。 帝国の7分の1が自分たちの領土だと知り、驚くエステル。 そして、残りの土地は不毛の地となっており、作物も育たず人の住める土地でもないといいます。 どうしてそんな土地になっちゃったのかとエステルが尋ねると、精霊の加護がないからだと答えるハーデルは、この大陸の成り立ちを説明する。 もともとこの大陸は魔族の地だったと言う。 ところが、偉大なる始祖「ソーラ」が神のお告げにより、魔族を追い出し、汚染した土地を清め、帝国を築いたのだという。 そして、その時生まれた三大勢力が、「カステージョ」「ラシャード」「魔導士の塔」だという。 ラシャードとは、精霊士の一族で、100年前に滅びたという。 魔族によって汚れた土地を清めたのがこの精霊士ラシャードだそう。 そして、精霊士たちは大陸の汚染した土地を少しずつ清めていった。 しかし、精霊士がいなくなり、大地を清めることができなくなった。 ここで、エステルは察する。 その土地は、ほかの伯爵や男爵がもっており、もし自分が精霊士になれば、その不毛な土地を清めることができるようになるから狙われるのだと。 ぎゅっと拳を握りしめるエステル。 するとエメルは、エステルは自分が護ると言い、笑みを浮かべるのでした。 皇宮へと向かうエステル エステルが部屋へと戻ると、貴族から手紙が大量に送られてきていた。 これ全部お友達候補なのかと、青ざめるエステル。 しかしエステルは、山積みの手紙を読み、返事を書いたのだった。 そうしていると、狩猟大会をしめくくるパーティの日がやってくる。 2日間行われた狩猟大会の優勝者は、やはり公爵だった。 誰も公爵が捕らえたクマよりも、大きいえものを捕れなかったようだ。 一方、エステルはパーティに出るものの、本当の社交界デビューではなかった。 社交界のダンスパーティーには15歳を過ぎ、成人と認められてから参加できる。 つまり今回は、わたしという存在を世間に知らせることが目的だと言う。 普通は生まれた時に自然と知られるので、エステルは稀なケースだった。 そんななか、エステルはアニーに身だしなみを整えてもらう。 あまりの可愛さに、気に入るエステル。 エメルに護衛を任せ、エステルは皇宮へと向かうのでした。

次の

ある日、私は冷血公爵の娘になった4話ネタバレ・考察!ひたすらかわいい

ある日、私は冷血公爵の娘になった

『私ったら』 むすっとした表情でソファーに寝転がるアタナシア。 それをフィリックスは不安そうな表情で見ています。 『ジェニットをそれほど気に入ったなら,ジェニットだけ呼べばいいのに。 覚えてもいないのに、どうして私を呼び出して…』 『パパ憎い…』 『お姫様』 そう言い、フィリックスは膝をつきアタナシアに目線を合わせます。 『そうではありません。 陛下はお姫様を差別されたのではありません。 マグリタさんは、アルピアス公爵家の客ではありませんか。 陛下は本来感情を表に出さない方です。 それはお姫様もよくご存知ではないですか。 そんな陛下が率直に感情を露にしたのは、お姫様との時間を安らかに感じたからです。 以前のようにです。 まだ記憶が戻りませんが、きっとすぐよくなるでしょう。 』 そう言われて少し赤くなるアタナシア 恥ずかしいな 『うん…』 『ぶつぶつ言ってごめんね。 ありがとう、フィリックス。 私が敏感すぎたみたい』 『とんでもございません』 そう言われ,フィリックスは胸を撫で下ろします。 リリアンさん,私やり遂げました! リリー:私がいないときはお姫様をよろしくお願いします 数日後 『お姫様!お姫様!』 そう言い,急いで走ってくるアンナ。 『アルピアス家の公子が謁見を要請しました! 』 アタナシアはちょうどイゼキエルからの青い鳥を世話してました。 『事前連絡もなしにこんなに急に? 』 『私達も困るといいましたが、折り入って姫様に申し上げたいことがあると… やっぱり断りましょうか。 』 お世話になったのに、去ってから連絡もできなかったな ちなみにハンナはイゼキエル推しのようです。 『いや、謁見を許可するよ。 すぐ行くと伝えて』 『あらあら! お姫様、じゃ急いで侍女達を呼んで新しいドレスを…』 『いいよ,そのまま行くね』 『お姫様,じゃあこれも…』 それをリリーは少し青ざめた表情で見ています。 リリー:お,お姫様… 『謁見を許していただきありがとうございます。 お姫様』 イゼキエルは右手を胸の前に置き,貴族らしく挨拶をしました。 『お元気でしたか?公子』 イゼキエルに笑顔を向けるアタナシア。 『お久しぶりですね。 どうしてこんなに何の知らせもなく訪ねて来たんですか?』 『父について入宮しましたが…。 もしやと思って伝言を送りました。 』 部屋の外では野次をしていたメイド達がリリーに追い出されています。 リリー:出て行きなさい 左メイド:酷いです! 右メイド:あらら 『皇帝を通じて許可を得ることは永遠に不可能のようですから。 』 アタナシアは鬼のようなクロードを思い出します。 『この前は本当にありがとうございました。 心の余裕がなくてすぐ連絡できませんでしたね。 ごめんなさい』 『いえいえ。 お元気そうでなによりです。 』 そう言い,キラキラの笑顔をアタナシアに向けるイゼキエル。 『はい、公子も元気に過ごしましたか? 』 『そうですね』 今更ながら,本当にハンサムだな お屋敷の中にいたときは余裕がなくて気づかなかったけど,一段と大人っぽくなったよね 『ジェニットにお姫様がよくいらっしゃると話は聞きましたが…陛下はまだ完全に回復されたのではないそうですね。 色々と大変でしょう。 とても優しいと』 話題があまりないからだとしても イゼキエルは少し遠くを見つめ,カップを机に置きます。 『ジェニットは…いい子です。 実の妹のように思っています。 』 … … … …? しばし、二人の間に沈黙が生まれます。 『そういえば、公子は雇用人たちにもいつも親切でしたね。 私がアルピアス邸で過ごしていた時、それがすごく印象的でした。 』 『当然のことです。 忙しいところ、私に細心の注意を払って…あ、もちろん私じゃなくてもそうしたと思います』 表情がよく見えないイゼキエル。 『…いいえ。 誰にでも親切にすると言うわけではありません』 そう言い,イゼキエルはまっすぐアタナシアを見つめます。 (ストレート 『もちろん、困っている人を助けることは当然のことですが』 まさかと思ったけど。 まさかイゼキエルは私が好きなの? ある程度好感があることはわかっていたけど。 こんなに露骨にアピールを…』 『あ…あの』 (あ、どうしよう? 『公子,私は…』 少し照れ下をむきアタナシアが何が言おうとすると物音が聞こえます。 二人とも音のした方を見ました。 『お歓談中失礼します』 『お姫様,約束の時間になったのでお迎えにまいりました』 そこには大人の姿のルーカスが… 『約束?』 ハッ! 『しましたよね!そうです!』 (ナイス,ルーカス! 『私ったら。 またせてごめんなさい、ルーカス。 公子、残念ですが、今日はもう帰ります。 ごめんなさい。 また会いましょう』 驚く表情のイゼキエル。 『お送りします,お姫様』 『大丈夫です。 私がいますから』 アタナシアを守るようにローブを広げるルーカス。 『公子はそのままお帰りください』 去り際,お互いに睨み合うイゼキエルとルーカスなのでした。

次の

ピッコマ漫画ライフ

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になった【第61話】のネタバレ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の【第61話】のネタバレは近日更新予定です!! ある日、私は冷血公爵の娘になった【第60話】のネタバレ エステルを狙うものはたくさんいるだろう。 しかし今は一時の休息だ。 エステルはアンと馬小屋で遊ぶのだった。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第60話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第59話】のネタバレ 現実世界でもファンタジーでも外出自粛! そんな命がエステルにくだった。 眠れない夜を過ごすエステルをエメルか尋ねた。 カルルとエステルは弓の訓練をした。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第58話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第57話】のネタバレ 薬の材料はあっという間に揃ってしまった。 アンが身の上話をしてくれた。 今日はハーデル先生の授業もある。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第57話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第56話】のネタバレ エステルはエメルに気にやまないように告げる。 アンは治癒の薬を調合できるらしい。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第56話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第55話】のネタバレ エステルは二つの精霊に名前をつけた。 アルファとエンド。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第55話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第54話】のネタバレ 洞窟から引き込まれた世界 待っていたのはレイ・ラシャードと精霊。 エステルは契約できるか! 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第54話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第53話】のネタバレ 13と同居することになったエステル。 13に名前がないことに気づいた。 エステルは13に名前をつけてあげることにした。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第53話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第52話】のネタバレ 13は女の子! パパに13を屋敷に住まわせる交渉をするエステル。 その結果、、、 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第52話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第51話】のネタバレ 心を取り戻したエステル。 エステルは13が保護されているのを聞いた。 xbiz. エステルは自分を取り戻そうと、 ベランダの縁に立った。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第50話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第49話】のネタバレ エステルのピンチ! パパはレプトンに殴り込みをかけた! エステルとじゅーさんはどうなる! 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第49話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第48話】のネタバレ レプトンは実験を開始する。 魔族と人間の血を混合する実験だ。 パパは間に合うか! 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第48話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第47話】のネタバレ エステルは暗闇の中でも気高に絶望しない。 脳裏にユイの記憶も浮かんだ。 カルルは闇市でレプトンの足取りを追った。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第47話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第46話】のネタバレ エステルを拉致した犯人。。。 それはあの日の魔道士! エステルの前にイリアルもあらわれて、、、 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第46話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第45話】のネタバレ 星座祭りのあとはエステルの誕生日だ。 みんなからプレゼントをもらうエステル。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第45話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第44話】のネタバレ 星座祭はいよいよスタートだ。 エレンとロイもダンスでいい感じだ。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第44話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第43話】のネタバレ 蒼鹿の間はエステルの新しい遊び場だ。 遠征に出たエレンたちも帰ってきた。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第43話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第42話】のネタバレ リドルとゼオンは故郷に帰った。 いよいよメインイベント、星座祭の準備だ。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第42話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第41話】のネタバレ 世間は冬休み、エステルたちも冬休みだ。 エステルたちはそりすべりなどで冬休みを満喫した。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第41話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第40話】のネタバレ エステルが自分の誕生日を知らないということで開かれた家族会議。 手がかりは寒い季節。 万能執事ケルソンは走り出した。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第40話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第39話】のネタバレ ホワイトホールは銀世界だった。 ここにエステルのおにーさまが訪ねる予定だという。 ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第39話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第38話】のネタバレ なんとエメルはパパにお仕置きで大ダメージを受けていた!! エステルはエメルの陣中見舞いに向かう。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第38話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第37話】のネタバレ エステル前にイリアルがあらわれて贈り物をくれるという。 パパも警戒していたが、エステルはその贈り物を受け取った。 イリアルをみんなが警戒する理由はまだわからない。。。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第37 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第36話】のネタバレ 魔道士がエステルの前にあらわれた。 警戒するが魔道士は礼を言いにきただけだという。 家に帰ると皇后さまの過去の恋愛スキャンダルが現在にもおよんでいるとエステルはきかされる。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第36 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第35話】のネタバレ 皇后さまの家に招待されてしまったエステル。 皇后さまの過去の恋愛のいざこざが。。。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第35 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第34話】のネタバレ エステルが精霊士なのはsecret on my heart… そこにとあるパーティーの招待が。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第34 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第33話】のネタバレ セルヴァン伯爵はほんとうにいい人らしい。 リリア、シャシャなど新キャラクターもお目見えだ。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第31 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第32話】のネタバレ この世界の真実、ついに明かされる精霊士の事実。 今夜、真実の街角で。。。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第32 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第31話】のネタバレ エステルに精霊石の声が聞こえることに、みんなびっくりしています。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第31 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第30話】のネタバレ 狩猟大会から勝手に帰ってきちゃいました…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第30 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第29話】のネタバレ 公爵が熊をゲットしてきました。 エメルは追い払おうとしますが…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第28 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第27話】のネタバレ 皇后と二人きりでお茶をします。 優しいひとだけど、なんだか疲れる…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第27 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第26話】のネタバレ 皇帝に悪態をつく公爵…。 みんなエステルに興味深心です。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第25 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第24話】のネタバレ 今日は狩猟大会。 エメルがエステルに大事な話があると言います。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第24 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第23話】のネタバレ 今回は正式に騎士団のお稽古を見学に行きます。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第23 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第22話】のネタバレ 「カスティージョらしさ」が分からないエステル。 エステルが来る前の屋敷の様子をロイが教えてくれました。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第22 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第21話】のネタバレ 公爵家の「混ざった子」について詳しく知りたがるエステル。 ハーデル先生は教えてくれるのでしょうか? 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第21 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第20話】のネタバレ エメルを護衛から外したエステル。 その理由をみんな誤解しているようです。 そりゃいきなり外したらみんなびっくりするよ…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第20 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第19話】のネタバレ こっそりナイトたちの練武を見に行きます。 早速エメルにバレるエステル。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第19 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第18話】のネタバレ 首都のお屋敷で、新しくついた召使いのジェーンに子供扱いされてムッとするエステルです。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第18 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第17話】のネタバレ 今日から首都に行くエステルたち。 わたし、社交界でうまくやれるかなあ…。 エステルは不安で仕方がありません。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第17 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第16話】のネタバレ 雨とカミナリが怖いエステル。 過去の壮絶な体験が明らかに…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第16 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第15話】のネタバレ カルルおにーさまがアカデミーに戻っちゃう…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第14 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第13話】のネタバレ 思い切ってパパに甘えてみたら、とんでもないことに!ちょっとタンマ! 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第13 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第12話】のネタバレ パパのお仕事を見学していたら、うとうとして寝ちゃったエステルです。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第12 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第11話】のネタバレ カルルとはすっかり仲良くなったエステル。 パパにはちょっと遠慮してしまって…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第11 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第10話】のネタバレ エステルは「混ざった」子だから皇帝になれるとハーデル先生が教えてくれました。 カルルも妹が可愛くて仕方がないようです。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第5 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第4話】のネタバレ お屋敷の庭園で迷子になるエステル。 そこへカルルがやってきて…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第4 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第3話】のネタバレ カルルと仲良くなったエステル。 カスティージョ家のことについて教えてもらいます。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第3話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第2話】のネタバレ 「エステル」として新しい生活を送ることになったピンクアイ。 お屋敷を探検していたら、熱でうなされている男の子の部屋に入ってしまいました。 その子は公爵にそっくり…!? 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第2話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第1話】のネタバレ 娼婦の娘、「ピンクアイ」は公爵に2万ゴールドで買われて、カスティージョ家に引き取られてきました。 立派なお屋敷で、私は召使いとして働くの!? 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第1話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の登場人物 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」には、さまざまな性格の登場人物がたくさん登場してきます。 だからこそ、ストーリの内容が楽しくなるのですが、「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の登場人物をここでご紹介します。 ますは主要メンバーから! エステル・カスティージョ ・本作の主人公。 ・10歳にして苦労人だが、ある日突然公爵令嬢になるというシンデレラガール。 ・超絶かわいい。 みんなメロメロ。 ・心配性。 娼婦にネグレクトされ、過酷な生活を送ってきたが、どういうわけか公爵に2万ゴールドで買われる。 目がピンク色。 母親の顔色をうかがって生きてきたせいか、10歳にして親より気ぃ遣い。 しばしば考えすぎを指摘される。 アイン・カスティージョ ・名門カスティージョ家の当主で、エステルのパパ。 ・血も涙もない冷血公爵だと言われ、恐れられている。 ・娘には甘い。 息子にはそっけない。 魔族の血筋で赤い目をもつのカスティージョ家。 向かうところ敵無し。 娘のエステルが可愛くて仕方ない。 不器用なりにエステルをガバッと持ち上げるのが愛情表現らしい。 底なしの財力でポニーを馬場ごと買い与えようとする親バカぶりを惜しげも無く発揮する。 カルル・カスティージョ ・カスティージョ家の長男。 エステルの兄。 ・4、5歳で真剣を振り回し、「オーラ」を習得した天才。 ・妹萌えに目覚めた。 好きな子には意地悪しちゃうタイプだが、一族の特性で「好き」という感情があまり分からないでいるという、エステルにも中二病と言われる始末。 エメル・アルトラーダ ・エステルの護衛騎士 ・公爵家騎士団のマスター ・イケメンの16歳。 言動が割と軽くて公爵にも文句言ったりするが、いざという時は命を張ってエステルを護れるナイト様。 エステルのナイトに選ばれたことを周りの騎士団員に自慢しているほどエステルが大好きだが、エステルにつきっきりで剣の稽古ができないとエステルに護衛を外される。 でもすぐ復帰。 その他の押さえておきたい登場人物 初期しか出てこないキャラからチョイ役まで!おさらいしないと忘れちゃうよ! エステルの母 公爵に娘を2万ゴールドで売ったエステルの育ての母。 娘を「ピンクアイ」と呼び、家で客の相手をするため娘を箱に閉じ込めて外に放り出すという、生活指導員が見たら卒倒するレベルのネグレクト母。 ユイ エステルの前世だった女子大生。 パリピだったと思われるが意外と常識もある。 俗世をほとんど知らないエステルが常識的な言動をしているのは前世のユイの記憶があるからというトンデモ設定。 アニー エステルの召使い。 エステルのスタイリングはおまかせ。 エステルにお菓子を与えすぎだと思われる。 ハーデル・クロイツ エステルの家庭教師。 お堅い性格だが意外と色々教えてくれる。 ケルソン 公爵の側近。 エステルの可愛さに度々ほっこりする姿がみられる。 ステファニー 首都のお屋敷での召使い。 クールなおねいさん。 ジェーン 首都のお屋敷での召使い。 人懐っこくて明るい女の子。 アスター・ウィンズ 騎士団の団長。 相当やり手。 ロイ エメルがエステルの護衛を外された後から担当になったナイトの一人。 ちゃらい。 キッチンを荒しまわる悪ガキ的なキャラ。 エレン エステルのナイトの一人。 女性騎士。 ジン エステルのナイトの一人。 口下手で不器用だが、エステルにも紳士的で好感がもてる青年。 セルヴァン伯爵 公爵に馴れ馴れしい。 ニコニコした顔の裏には何かありそう。 お孫さんはエステルと同い年らしい。 皇帝 優しそうなおじいちゃん。 公爵にいつもディスられている。 皇后 姑にしたくないタイプ。 ちょっと意味深な発言をしてくる。 まとめ 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」最新話ネタバレまとめでした。 最新話のネタバレではなく絵付きで最新話は読みたい場合は、ピッコマで。

次の