日本のアパレル企業売上ランキング。 ファッション通販売上高ランキング 100億円以上の通販会社8社に、有店舗アパレルの存在感高まる、モールはゾゾが話題独占

売上高ランキング【株式ランキング】

日本のアパレル企業売上ランキング

アパレル業界とは アパレル業界はオシャレを追求することができる業界です。 オシャレを楽しみたい就活生にとっては憧れの業界であり、志望者も多いです。 アパレル業界はファッションに関係した業界であり、毎年さまざまな流行が生まれるなど、常に変化が起こっています。 業界の動向も変わりますが、まずは基本的な業界知識と現在の動向などを確認していきましょう。 アパレル業界 アパレル業界は順調に業界規模を拡大し、現在も成長傾向で推移しています。 2005年から業界規模は拡大を続け、途中若干のマイナス成長や、横ばい状態が続く時期はあったものの、現在では大きく成長傾向が続いています。 業界好調の背景にあるのは、ファーストリテイリングやしまむらなどのファストファッション系の企業の活躍です。 ファーストリテイリングは「ユニクロ」や「ジーユー」を展開する企業であり、国内だけではなく海外にも広く事業を展開しており、業績は好調に推移しています。 国内ではしまむらが活躍しており、大きな成長こそないものの、業績は堅調に推移しています。 ファストファッション系の企業が好調を見せる中で、その他アパレルメーカーは売上を落とす企業も見受けられますが、業界全体としては成長傾向です。 アパレル業界の業績推移について• 業界規模5兆3,750億円• 平均年収505万円• 平均継続年数14年 アパレル業界の業界規模は5兆3,750億円です。 国内でも大規模な業界であり、業界規模は現在も拡大傾向で推移しています。 ファストファッション系の企業に対してその他のアパレルメーカーがどこまで食らいついていけるか、いかにして消費者のニーズを掴むかが大きな課題となっています。 平均年収は505万円と他の業界と比べると若干低い傾向です。 企業によって差はありますが、業界全体としてはそれほど年収は高くないと言えます。 平均継続年数は14年と平均、あるいは平均を若干下回る長さです。 平均継続年数は企業によっての差が大きく、最高で30年、最低で4年と大きな差が生まれています。 志望する企業を選ぶ際には注意が必要です。 アパレル業界の細かい職種分類について• 商品開発 デザイナー・パタンナー• マーチャンダイザー• 販売・販売促進 アパレル業界の職種は商品開発、マーチャンダイザー、生産、販売・販売促進などが挙げられます。 商品開発は流行や消費者のニーズなどを取り入れ、新たな商品を開発する部門です。 デザイナーやパタンナーなどが商品開発の分野で活躍しています。 マーチャンダイザーは商品の仕入れ、管理などを行う仕事で、企業によってはバイヤーと呼ばれることもあります。 生産は商品を実際に生産していく部門です。 商品開発での企画を実際に生産し、商品の形にしていくことが主な仕事になります。 生産工程の管理や、在庫管理などを行う場合もあります。 販売・販売促進は主に店舗などの現場で販売員として働き、ファッション業界の職種の中では最も人員が多く、下積みとして現場での販売スタッフを経験させる企業も多いです。 アパレル業界の売上ランキングTOP10 アパレル業界の売上ランキングTOP10• ファーストリテイリング 1,861,917 百万円• しまむら 565,102百万円• 青山商事 254,846百万円• ワールド 245,829百万円• オンワードHD 243,075百万円• アダストリア 222,787百万円• AOKIホールディングス 198,417百万円• ワコールHD 195,725百万円• TSIホールディングス 155,457百万円• ユナイテッドアローズ 154,409百万円 ここまで、アパレル業界の実態について説明してきました。 アパレル業界の全体像は見えてきたでしょうか。 ここからは、アパレル業界の売上ランキングTOP10をご紹介します。 売上が高い企業は、業界のリーダー的存在でもあります。 売上高のある企業を知ることで、業界を牽引してきた企業を把握し、しっかりと業界研究をしましょう。 有価証券報告書によると売上高は1,861,917百万円です。 企業HPによると、資本金は102億7,395万円(連結)、従業員は44,424名(2017年8月末現在)です。 主な事業は「衣料品製造販売等子会社の経営管理・戦略統括」となっています。 ファーストリテイリングは、衣料・靴等の小売店舗を展開する会社を傘下に持っています。 有名なブランドは「ユニクロ」「ジーユー」「セオリー」「プラステ」などです。 日本だけではなく世界にも進出しているファーストリテイリングは事業規模も大きく、アパレル業界のリーダー的存在でもあります。 圧倒的な知名度と人気で日本のファストファッションを牽引してきた存在であるため、就活生からの人気が高いです。 有価証券報告書によると売上高は565,102百万円です。 企業HPによると、資本金は170億8,600万円、従業員は17,924名 (うち正社員2,487名、パート社員15,437名)です。 主な事業は「ファッションセンターしまむら、アベイル・バースデイ・シャンブル・ディバロの国内5業態、また思夢樂(台湾)・飾夢楽(中国)を海外2ヶ国に展開」となっています。 「しまむら」といえば、ファストファッションでお馴染みの総合衣類販売店です。 リーズナブルな価格で販売しているだけではなく、豊富なデザインが人気を博しています。 しまむらは製造小売業ではなく、各アパレルメーカーから衣類を仕入れて小売する業態です。 アパレル業界の中でも、小売業や店舗展開に興味がある人にはおすすめの会社です。 有価証券報告書によると売上高は254,846百万円です。 企業HPによると、資本金は625億400万円、従業員は単体6,034名、連結11,267名 2017年3月期、パート含む です。 主な事業は「各種衣料品の企画・販売に関する事業」となっています。 青山商事は、紳士服でお馴染みの「洋服の青山」を展開する企業です。 日本全国に展開しているため知名度も高く、業界最大手の規模となっています。 また「スーツ販売着数世界一」ということで、ギネスブックにも登録されています。 有価証券報告書によると売上高は245,829百万円です。 企業HPによると、資本金は3,000万円、従業員は11,154名(2017年3月末現在)です。 主な事業は「婦人・紳士・子供服・服飾雑貨等の企画・生産」となっています。 ワールドは、「OZOC(オゾック)」「aquagirl(アクアガール)」「INDIVI(インディヴィ)」「UNTITLED(アンタイトル)」「THE EMPORIUM(ジ・エンポリアム)」などのブランドを展開しています。 展開するブランドの豊富さと、ファッショナブルな洋服は多くの人の心をつかみました。 直営店だけではなくECサイトでの販売にも注力しており、通販事業でも成功を収めています。 有価証券報告書によると売上高は243,075百万円です。 企業HPによると、資本金は300億79百万円 2018年2月期)、従業員は4,530名(2018年2月期、連結)です。 主な事業は「事業内容純粋持株会社としての、アパレル、サービス、リゾート関連事業を営む傘下関係会社の経営管理およびそれに附帯する業務」となっています。 オンワードHDは「株式会社オンワード樫山」などを傘下に持つ会社です。 株式会社オンワード樫山は「組曲」「ICB」「23区」「自由区」「anyFAM」などを展開しています。 絶大な人気を誇るブランドはファンも多く、定評を得ています。 就活生からの注目も高く、志望者が多いのが特徴です。 有価証券報告書によると売上高は222,787百万円です。 企業HPによると、資本金は26億6,000万円、従業員は4,914名(正社員、2017年2月末、グループ合算)です。 主な事業は「衣料品・雑貨等の企画・製造・販売」となっています。 アダストリアは「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」「LOWRYS FARM(ローリーズファーム)」「niko and... (ニコアンド)」「studio CLIP(スタディオクリップ)」「JEANASIS(ジーナシス)」「Heather(ヘザー) 」「HARE(ハレ)」を展開している企業です。 幅広い年齢層へ提案するファッショナブルなブランドは、雑誌や商業施設でも見ることが多く、知名度や人気も高いです。 有価証券報告書によると売上高は198,417百万円です。 企業HPによると、資本金は1億円、従業員は2,653名(正社員、2017年3月31日現在)です。 主な事業は「紳士服・婦人服及び服飾品並びにファッション商品の企画販売」となっています。 AOKIホールディングスは、テレビCMでお馴染みのスーツショップ「AOKI」を展開する「株式会社AOKI」を傘下に持つ会社です。 他にも、よりカジュアルなビジネスシーンに向けた「ORIHICA」というブランドも展開しています。 あらゆる世代にスーツを提案してきた企業努力が実を結び、多くのスーツファンを生み出しました。 今後の店舗展開や事業拡大にも注目です。 有価証券報告書によると売上高は195,725百万円です。 企業HPによると、資本金は132億6,000万円、従業員は22,157名(2017年3月期、グループ連結)です。 主な事業は「インナーウェア(主に婦人のファンデーション、ランジェリー)、ナイトウェア及びリトルインナー、アウターウェア、スポーツウェア、その他の繊維製品及び関連製品の製造、卸売販売等の事業」となっています。 ワコールHDは、女性用下着でお馴染みのブランド「ワコール」を展開する「株式会社ワコール」を傘下に持つホールディングス会社です。 主軸のメインブランド「ワコール」と、低価格のサブブランド「ウイング」の2つのブランドを中心に商品展開をしています。 質の高い下着は人気も高く知名度も抜群です。 老舗というイメージが強いですが、若年層向けの商品も多数扱っており、常に下着業界を牽引してきた企業です。 有価証券報告書によると売上高は155,457百万円です。 企業HPによると、資本金は150億円、従業員は5,531人(連結)です。 主な事業は「傘下子会社及びグループ会社の事業活動の支配・管理ならびにそれに付帯する業務」となっています。 TSIホールディングスは、株式会社サンエー・インターナショナル、株式会社東京スタイル、株式会社サンエー・ビーディーなどを傘下に持つ会社です。 展開しているブランドは多岐に渡り、「ジルスチュアート」や「ナノ・ユニバース」「ナチュラルビューティー」「フリーズマート」などのブランドがあります。 幅広い分野のブランドはファン層も広く、事業規模も大きなものとなっています。 入社を志望している人は、企業が扱うブランドのコンセプトを調べて、会社の方針や事業計画を考察できるようにしましょう。 有価証券報告書によると売上高は154,409百万円です。 企業HPによると、資本金は30億3,000万円、従業員は3,859名 2017年3月31日現在)です、主な事業は「紳士服・婦人服および雑貨等の企画・仕入れおよび販売」となっております。 ユナイテッドアローズといえば、社名と同じショップ名であり全国に35店舗展開している「ユナイテッドアローズ」が有名です。 他にも「ザ ソブリンハウス」「ディストリクト ユナイテッドアローズ」「ボウ&アローズ」「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ」「モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ」といったブランドも展開しています。 大人っぽいカジュアルデザインをテーマに展開しているブランドは定評があり、就活生からの人気も高い企業のひとつです。 アパレル業界が求める人物像 アパレル業界を志望するにあたり、アパレル業界が求める人物像を把握していくことは非常に重要なことです。 企業が求めるスキル・人間性について、エントリーシートや面接の場においてアピールすることで、より効果的な自己PRが可能になります。 企業に対して自分をアピールできる機会は多くはありません。 限られた中で、最大限自分自身をアピールできるようにしておくことが重要なのです。 以下、アパレル業界で働くにあたり、求められる能力について解説していきます。 これらのポイントをしっかりと押さえ、これらに沿った自己PRを行えるように事前準備をおこないましょう。 情報収集力が高い人 アパレル業界が求める人物像として情報収集力が高い人が挙げられます。 アパレル業界は他の業界と比べても特に流行り廃りの激しい業界です。 少し前に流行ったファッションが時代遅れになっているようなことも珍しくありません。 移り変わりの激しい中で継続的に収益を上げていくには、どのようなコンセプトの商品をどの年齢層に向けて、どれぐらいの価格で販売するのかを絶えず見直す必要があります。 市場のニーズを敏感に察知し、他社に先駆けてニーズへの対応をおこなっていくことが何よりも大事なのです。 コミュニケーション能力が高い人 アパレル業界が求める人物像としてコミュニケーション能力が高い人も挙げられます。 アパレルというと、個人プレーで商品の販売を行う姿をイメージする就活生も多いでしょう。 しかし一言でアパレルと言っても、その業務内容は多岐にわたります。 商品開発に向けての市場調査をおこなう部署や、商品のコンセプトを考える部署、商品の売り出し方を考える部署など多くの部署により成り立っているのです。 これらの仕事は全てチームプレーで行われるので、チームのメンバーとの意思疎通が不可欠になります。 アパレル業界は女性社員が多い業界でもあるので、自ずとチームメンバーも女性が多くなります。 そのような点からも高いコミュニケーション能力が必要とされているのです。 自分はWebサービス業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう 自分の適性や性格が、Webサービス業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか? そんな時は、を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。 My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がWebサービス業界に向いているタイプか、診断してみましょう。 アパレル業界研究のおすすめ書籍紹介 業界研究を進める方法はさまざまありますが、さらに深い知識を身に付けたいのであれば、書籍の利用がおすすめです。 書籍では専門的な知識を知ることができますし、業界を知るために必要な情報が凝縮されていますので、効率的に業界研究を進めることができます。 業界研究はより深くまで行うことで、就活を有利に進めていくことができますし、そこで培った知識は、就職後にも役立つことが多いです。 書籍を利用してより専門的な知識を身に付け、就活と就職後の活躍にも役立てていきましょう。 アパレル業界ハンドブック は、アパレル業界の動向や利益構造などについて簡潔に解説しています。 ユニクロを始めとしたファストファッション系の企業の出現によってアパレル業界は変化のときを迎えています。 既存のアパレルメーカーは売上高の減少などのダメージを受け、ファストファッション系企業が、どんどん台頭しているのが現状です。 これらの現状に対してアパレル業界はどのような変化を遂げるのか、業界としての動向は、どのように推移しているのかなどを解説しています。 また動向や今後の展望だけではなく、市場特性やアパレル業界の歴史などについても解説されています。 アパレル業界で必要な基本的な知識がコンパクトにまとめられているため、業界研究の入門書としてもおすすめです。 アパレル業界ではさまざまな職種がありますが、入社時は、企業ブランドや消費者のニーズを知るために現場の販売員を経験することが多いです。 現場で実績を残すことができなければ、本社へ異動することが難しい場合も多く、アパレル業界で働く人にとっては販売の知識やスキルは欠かすことができません。 この本では売れる販売員の常識や技術、接客トークなどについて解説されていますし、商品知識の辞典なども記載されており、幅広いブランドで役立てることができます。 就活だけではなく、就職後にも役立てることができますので、アパレル業界を目指すのであれば、ぜひ持っておきたい一冊です。 アパレル業界を深く知り就活を有利に進めよう! アパレル業界は、ファストファッションの台頭により、業界内でもさまざまな変化が起こっている業界です。 企業それぞれの動きもありますし、業界としての動きも早いので、業界知識はこまめに更新し、就活に役立てていきましょう。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

アパレル業界 売上高ランキング(2018

日本のアパレル企業売上ランキング

世界の大手アパレル専門店各社の2018年度の売上高や利益などをまとめる機会ができましたので、毎年恒例になりました売上高のランキングTOP10を共有させていただきます。 1円、スウェーデンクローナ=12. 0円、US$=108. 9円、英国£=142. 8円で換算しています。 順位 社名 本社;決算期 売上高 前年増減 営業利益 営業利益率 期末店舗数 基幹業態 1位 インディテックス (西;2019. 以下 ランキングに対する解説です。 継続的な増収増益となったのはZARAのインディテックス(以後ZARA)、ユニクロのファーストリテイリング(以後ユニクロ)およびプライマークの3社です。 このうちZARAとユニクロの好調と他社の苦戦の要因をいくつかの視点から考察してみます。 まず、増収増益を続ける1位のZARAと増収ながら大幅減益を喫した2位のH&Mの違いです。 同じトレンドファッションを低価格販売するファストファッションを提供する両社の明暗はどこにあったのか?というと、 価格戦略、サプライチェーンマネジメント、デジタルシフトの3点の違いにあったようです。 前者が更なる低価格競争のレッドオーシャンに巻き込まれるのに対して、後者はむしろ商品や品質での勝負ができます。 続いてユニクロについては、寒波によって秋冬商材が売れ、夏気温の早期化によって夏物が定価のままでよく売れるなど、天候に助けられたことは事実です。 一方で、成熟期に入って久しいユニクロ国内事業を、それを見越して、早くから手を打って来たユニクロ海外事業、特に中国事業がカバーできるようになったことは大きいですね。 現在では、海外事業は中国を中心に2ケタ増の成長軌道に乗り、国内ユニクロ事業を上回る収益力をつけています。 低迷、リストラが続く、米GAP、Lブランズ、英NEXT、日本のしまむらに共通して言えるのは成熟マーケットである母国の国内売上に頼り過ぎていることが挙げられます。 業態が市場で成熟するにあたって、消費の変化に対して次の新しい成長ドライバーを用意できなければ・・・ 企業として増収増益を継続できないことは言うまでもありません。 時代の転換期にZARAとユニクロのグローバル戦略やデジタルシフトと 一方、低迷した競合企業の明暗は多くの国内市場のみに頼る流通企業の教訓になるのではないでしょうか? 2017年のランキングは>>> 2019年のランキングは>>> 執筆: 【お知らせ】次のステージに向けての業務再構築支援~ZOOMを使った オンラインアドバイザーサービス承ります。

次の

ファッション業界の売上高ランキング(2019年)

日本のアパレル企業売上ランキング

EC売上高トップ30社 ランキングの上位企業( =表上は上位30社までを抜粋して掲載)について見てみると、首位となった アマゾンは前年比13. 品ぞろえの拡充や有料会員「アマゾンプライム」の増加施策などが奏功したことに加え、夏の大規模セール「プライムデー」などの販促策も好調だった。 2位には前年に引き続き ヨドバシカメラがランクイン。 新物流センターへの移転に伴う作業で配達遅延が発生するといった事態が起きたものの、増収を確保。 3位の スタートトゥデイはツケ払い効果が一巡した一方で、幅広いジャンルの新規ショップ誘致やブランドクーポン施策の効率運用などにより、新客開拓や既存客のLTV向上につながった。 なお、上位30社の中で増収となったのが17社で、その内、2ケタ増収したのが11社となっている。 中でも セブンネットショッピングは同56. 30社の内、減収企業は3社となっている。 ネット販売上位30社の売上高合計の推移 総合・日用品はアスクルが復調 商品カテゴリー別のランキングを見ると、「総合・日用品」分野では、アマゾンジャパンに次いで Rakuten Directが2位となっており、3位には減収となったものの千趣会がランクインしている。 また、期中に買収したペット用品ECを行う チャームの売上分も加わり、個人向けEC事業全体では大幅な増収となった。 衣料品はモールや有店舗が上位 スタートトゥデイが首位を獲得した「衣料品」分野では、前年に続き、ファッションECモールや有店舗小売りの躍進が見られる。 2位となった ユニクロは昨年3月に刷新したスマホ版通販サイトで購入導線を簡素化したこともあり、春以降の売り上げが大幅に拡大。 今年についてもAIを活用した自動接客機能をアプリに搭載するなど、オムニチャネル戦略と並行してスマホでの買い回り向上を図っている。 4位の クルーズはテレビCMをはじめとする大型プロモーション施策の強化が奏功し、ファッションECモールの「ショップリスト」での新規・リピートの開拓につながったことで2桁増となった。 また、5位の マガシークはNTTドコモと共同運営する「d ファッション」が成長をけん引。 ドコモのプロモーションにより客数が増えているという。 化粧品は戦略の転換に注目 「化粧品」分野では前年と変わらず、1位 オルビス、2位 ディーエイチシー、3位 ファンケルという順になり、3強の構図に大きな変化は見られなかった。 ただ、オルビスではダイレクトマーケティングから、アマゾンやLOHACOといった外部ECの活用に新規顧客との接点を見出す動きが見られている。 また、近年はコンビニやドラッグストアなど流通戦略の強化に舵を切るファンケルが、新規顧客との接点を「紙」から「ウェブ」に転換したことでスキンケアを中心に新規獲得が進んだ。 新興企業として注目されるのが男性用育毛剤を主力に展開する ソーシャルテック。 健食では新興企業が一躍首位に 「健康食品」分野ではEC市場の勢力図が大きく変化。 これまでは、ナショナルブランドを持つメーカーなどの活躍が目立っていたが、ここにきて、ネット専業の新興企業の台頭が見られている。 象徴的だったのが首位を獲得した メディアハーツで、前年比6倍の成長を果たし売上高131億円で一気にトップへと躍り出た。 代表の三崎優太社長自らがアフィリエイターだったこともあり、そのマーケティングノウハウを受けて急成長したと見られる。 そのほかにもビーボなど、急成長企業の上位ランクインが目立った。 家電は量販店のECが好調 「家電・PC」分野では ヨドバシカメラが首位を獲得しており、前年に続き、1000億円越えを果たした。 同様に家電量販のECでは 上新電機が2位、 キタムラが5位、 ビックカメラが6位にランクイン。 キタムラは高額なカメラ新製品の予約獲得のために、長期無金利のショッピングクレジットを強化。 ビックカメラはシステム開発に投資し、使い勝手やサイト内検索を改善させている。 3位の ジャパネットたかたは16年に通販サイトを大幅に刷新。 ネットでは主流のロングテール戦略とは一線を画し、取扱商品数を絞り込む戦略などを進めている。 食品ではネットスーパーが台頭 「食品」分野ではネットスーパーの台頭がより顕著となった。 首位は イオンで、昨年は実店舗で展開していた大型セール「ブラックフライデー」を初めてECでも実施。 2位の イトーヨーカ堂も、親会社のセブン&アイホールディングスがアスクルと組んで「IYフレッシュ」をスタートさせるなど、ECでのテコ入れが進んでいる。 3位のセブン・ミールサービスはほぼ横ばいで、前年に続き260億円以上の売り上げを確保した。 EC専業では「おせち」などイベント需要が拡大しており、 スカイネットが運営するおせち通販「匠本舗」や、 ナカノモードエンタープライズが運営するおせち通販「板前魂」などが上位にランクインしている。 【表の見方】 調査は2018年7~8月、通販・通教実施企業約1000社に対して行った。 「受」は受注比率から算出した売上高を示す。 調査対象は「個人向け物販」で、デジタルコンテンツやチケット販売、宿泊予約、金融などの非物販のほか、オフィス用品などBtoBは調査対象から外している。 「前期実績」は17年6月~18年5月に迎えた決算期、「今期見込み」は18年6月~19年5月に迎える決算期。 増減率は前の期の数値が判明していない企業や、変則決算のため比較できない場合については掲載していない。 表内項目の「全通販売上高の占有率」は原則、総通販売上高に占めるネット販売売上高の占有率を示す。 (1)アマゾンジャパンは直販やマーケットプレイス事業での出店者からの手数料、広告収入などの自社売上でサイト全体の流通総額ではない(7)イオンはネットスーパーを中心とするデジタル領域のグループ売上の推定値(10)アスクルは自社通販サイト「LOHACO」と子会社のチャームの合計売上高(12)イトーヨーカ堂はネットスーパーなどの売上高(14)キタムラは宅配売上と店舗受取売上を合算した「EC関与売上」の数値(17)マウスコンピューターは店舗売上などを含む(18)MOAは卸を含む(21)ベルーナは総合通販事業と専門通販事業の合計値(23)ピュアクリエイトは卸を含む推定値(26)オイシックス・ラ・大地は旧オイシックスドット大地における宅配事業「オイシックス」のネット販売売上高(29)TSUTAYAはネットメディア事業、映像・楽曲配信事業などの推定値.

次の