カメックス 育成 論 剣 盾。 【ソードシールド】カメックスの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

【ポケモン鎧の孤島】ポリゴン2の育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

カメックス 育成 論 剣 盾

シーズン4から解禁されたポケモンの一匹、カメックスの育成論を掲載しています。 5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 新たに習得した「からをやぶる」によって攻撃・特攻・素早さを2段階ずつ上昇させる積みエースとしての活躍が可能になりました。 素の耐久は並以上あり、素早さも現環境の中速争いに参加出来る数値となっているので上手く積む事が出来れば全抜きの可能性もあります。 物理特殊どちらの攻撃数値もほぼ同じで型を絞らせづらく、技範囲も非常に豊富なのが特徴です。 また、「ミラーコート」「あくび」と言った搦め手も覚えるので積みエースと見せかけて補助や奇襲をかける事も出来ます。 素早さはからをやぶる後最速スカーフサザンドラ(247)抜きまで確保してあり、 最速ドラパルトやダイジェット使用後の最速トゲキッスも抜いているので安定して上を取っていける構成です。 抜群以外であれば多くの攻撃を1耐え可能な耐久があり、 「しおふき」の火力はダイストリーム中であれば「150で固定」なのでその後はガンガン相手を削っていく事が可能です。 相手のパーティや環境的に耐久面で不安が出てくる場合は壁貼りやおきみやげなどでサポートをしてあげるとより安定した積みが可能になります。 その場合完全にCS振りにして「いのちのたま」を持たせるとより攻撃性能が増し、全抜きがしやすくなります。 ダイマックス終了後のしおふきの威力を確保しやすくする為に特性はあめうけざらとしていますが、げきりゅう発動時であればダイストリームの火力がより上がるのでこちらも採用候補です。 サブウエポンは構築や環境と相談となりますが、対面時に迅速に処理する必要がある「パッチラゴン」に安定したダメージを与えられて天候を上書きしない「りゅうのはどう」、耐久相手でも「ダイアーク」によって特防を下げて対応可能な「あくのはどう」がおすすめです。 その他、 あくびを採用する事で回復木の実などを持てば自ら起点を作っていく事も可能ですが、からをやぶるで下がった耐久が戻らないので先制技などには注意が必要です。

次の

【ポケモン鎧の孤島】ポリゴン2の育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

カメックス 育成 論 剣 盾

生半可な火力では突破できないほどの耐久力に加えて「じこさいせい」による回復で多くのポケモンの技を受けながら戦うことができます。 後続のサポートとして優秀 受けを崩しにくるかくとうタイプへの打点として優秀 ドラゴンタイプへの打点。 ドラパルトやサザンドラ対策として活躍 S0個体を使用する場合は採用。 耐久力の高さと「トリックルーム」による素早さの入れ替えでダイマックスへの切り返しや後半戦で逆転を狙うことができます。 また、技範囲の広さも優秀なので自分のパーティに合った技を採用することで、多くのパーティで活躍できる点も魅力のポケモンです。 ダイサイコを打つことで先制技を封じられる ほうでんとの選択。 威力重視の場合はこちらを採用 高い耐久力と相性の良い回復技。 採用する際はPPを増やしておくと便利 ポリゴン2の役割と立ち回り 圧倒的な耐久力 ポリゴン2は最終進化前のポケモンに持たせると防御・特防が1. 生半可な火力では突破できない耐久力を持つ上に、ノーマルタイプのため弱点がかくとうのみでタイプにも恵まれていることから、多くのポケモンの技を受けながら戦うことができます。 技範囲が広い特殊アタッカー ポリゴン2は覚える技範囲が広いため特殊アタッカーとしても活躍できるポケモンです。 技範囲の広さと持ち前の耐久力の高さから、多くのポケモンと対面で戦える攻防ともに優秀なアタッカーとして活躍できます。 ポリゴン2の対策 タイプ一致で弱点を突く ポリゴン2は耐久力が非常に高いため、弱点であるかくとう技をタイプ一致で打てるポケモンで対策しましょう。 特にかくとうタイプの中で攻撃種族値が高い「ルカリオ」と「ローブシン」がおすすめです。 「はたきおとす」や「トリック」などを活用するのがおすすめです。

次の

ポケモンソードシールド【カメックスのオススメ育成論】激流のからやぶり型

カメックス 育成 論 剣 盾

性格 ずぶとい H,B,C,D,S 全て個体値31とする。 A抜け推奨 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 努力値 244 0 252 4 4 4 実数値 185 — 167 106 126 99 ボディプレスの打点を確保するためB特化、HP奇数調整余りC,D,Sに各4振り。 型のコンセプト カメックスに『てっぺき』と『ボディプレス』を採用することで攻防一体を目指した型。 鉄壁ボディプレス型を採用する利点 『てっぺき』と『ボディプレス』を採用することで自身の防御を上昇させつつ物理打点を確保することができる。 特殊アタッカーでありながら物理打点が確保可能なため、一般的な鉄壁ボディプレスアーマーガアやナットレイにはない独特の範囲で打点を確保することが可能。 技構成と与ダメージ ねっとう 威力:80 ダイストリーム 威力:130 タイプ一致メインウェポンのため確定。 ボディプレスを採用する上で防御に努力値を割く必要があるため、特攻に努力値を割けない。 そのため特殊打点に火傷による定数ダメージを稼ぎやすい『ねっとう』を採用。 火傷による機能停止は鉄壁との相性も良いため他の水技より優先度は高い。 ボディプレス 威力:80 ダイナックル 威力:90 本論の核となる技のため確定。 水タイプでありながら環境に多いカビゴンやラプラスに対して弱点を付くことが可能。 基本的にカビゴンやラプラスは素早さに大きく努力値を割くことはないため、鉄壁を先に展開した場合に上から高火力弱点技を押し付けることが可能。 その他、バンギラス等にも基本的には上から格闘打点を確保できるためカメックス自体と相性が良い技と言える。 てっぺき 威力- ダイウォール 威力- 本論の核となる技のため確定。 防御上昇とボディプレスの威力上昇の両立が可能。 水タイプ特有の受けやすい耐性と相性が良い技と言える。 あくび 威力- ダイウォール 威力- 起点回避のため採用。 耐久に努力値を大きく割いているため、初動の火力が低く起点になりやすい。 そのため不利対面を取った場合や積み合い合戦になった際に流しとして使用する。 鉄壁と相性が良く相手に竜の舞や剣の舞を積ませる隙を作らない利点がある。 食べ残しとの相性も良く変化技の中では優先度は高い。 選択技候補 ねむる カゴのみを採用した場合に再生技として採用。 鉄壁を積んだ後に再生手段として使用する。 眠るを採用した場合やや起点になりやすい点には注意が必要。 ミラーコート 鉄壁を積むという性質上、特殊方面からのダメージを受けやすいため採用の余地有り。 主な役割対象 カビゴン バンギラス ドリュウズ ウオノラゴン ホルード ガオガエン タイプ:ヌル その他、物理アタッカー全般。 YouTube 実践動画.

次の