シンバイオ 株価。 シンバイオ製薬株式会社 SymBio Pharmaceuticals

シンバイオ製薬(シンバイオ)【4582】株の基本情報|株探(かぶたん)

シンバイオ 株価

・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 ・ 信用残時系列データは、週1回の発表で、金曜日時点のデータを翌週火曜日に更新します 祝日などにより変動することがあります。 ・ 年初来高値・安値は、1月1日から3月31日までは昨年来高値・安値(前年1月1日からの最高値・最安値)を表示しています。 ・ 用語の意味については「」「」をご覧ください。 ・ 時系列データは東京証券取引所 ・ 大阪取引所 ・ 名古屋証券取引所 ・ 野村総合研究所 ・ モーニングスター ・ リフィニティブ・ジャパンからの提供を受けています。 【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

シンバイオ製薬(シンバイオ)【4582】株の基本情報|株探(かぶたん)

シンバイオ 株価

シンバイオ製薬が急伸し、一時10円高の197円を付けている。 8日の取引開始前、現在実施中の、再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパしゅ(DLBCL)の承認取得を目的とした抗悪性しゅよう剤「トレアキシン」(一般名:ベンダムスチン塩酸塩)の第3相臨床試験で、症例登録が完了したと発表。 開発の進展期待が高まる格好となった。 今回の試験では、リツキシマブを併用して「トレアキシン」を投与した際の有効性および安全性を検証することを目的に実施。 18年1月の最初の患者登録後に症例集積を進め、PMDA(医薬品医療機器総合機構)との協議を経て目標症例数を変更し、症例登録を完了した。 今後は、登録症例のフォローアップ期間が終了した後、有効性および安全性を統計解析し、再発・難治性DLBCLを追加適応症として、2020年上半期に承認申請を行うことを目指すとしている。 午前9時39分時点の株価は、前週末比6円高の193円。 提供:モーニングスター社• ・本情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としているものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。 ・掲載されている内容に関しては、万全を期しておりますが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 著作権等の知的財産権その他一切の権利はモーニングスター株式会社または外部の情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 ・「日経平均株価」に関する著作権並びに「日経」及び「日経平均株価」の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 また、「日経平均株価」は20分以上遅れた値を表示しています。 ・為替情報はSBIリクイディティ・マーケット株式会社から提供されています。

次の

シンバイオ製薬(株)【4582】:時系列の株価推移

シンバイオ 株価

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。

次の