ネスカフェ バリスタ 説明 書。 ネスカフェ バリスタのエラー・故障の対応方法 ランプ点滅(シャワーマーク・工具マーク)・水漏れなど

「ネスカフェ バリスタ」のお手入れは簡単?掃除や洗浄方法を徹底解説!

ネスカフェ バリスタ 説明 書

ネスカフェ・バリスタの使い方 コーヒーを飲むことで「リラックス」したり「脳を活性化」させたりなど、さまざまな効果が期待できます。 せっかくなら「おいしいコーヒー」が飲みたいものですが、わざわざコーヒーショップに買いにいくのもたいへんですし、何よりお金がかかります。 また、飲みたい時間に必ず開店しているわけでもありません。 しかし、コーヒーメーカーで入れるとなると手間がかかるし、カフェオレなどのアレンジコーヒーは飲めません。 そこで、おすすめしたいのが、家庭内で本格的なコーヒーを楽しめるネスカフェのコーヒーマシンです。 ネスカフェのコーヒーマシンは、詰め替え式やカプセル式があり、どちらもコーヒーと水をセットし、ボタンを押すだけでコーヒーショップ並みの味が楽しめます。 ここでは、詰め替え式のマシンを使ったことがない方向けに、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」シリーズの魅力や使い方をご紹介しましょう。 バリスタシリーズとは? まずは、ネスカフェのバリスタシリーズについてご紹介します。 バリスタとは、本来イタリアのバール(日本のカフェのようなもの)で、コーヒーを作る人のことです。 ただ作るだけではなく、知識や技術も求められるコーヒーのスペシャリストで、技能検定などもあります。 まさに、コーヒー版のソムリエともいえるでしょう。 バリスタシリーズは、そんなコーヒーのスペシャリスト名を冠しただけあり、自宅にいながら本格的な味わいが楽しめるコーヒーマシンなのです。 現在、バリスタシリーズとしては以下の3つのタイプが発売されています。 それぞれ特徴は異なりますが、ボタンを押すだけで、きめ細かなクレマ(泡)たっぷりの本格コーヒーが楽しめます。 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty] 発売50周年記念モデル。 大きくなったボタンで操作しやすさアップ!追加でクリーニングボタンがついて、簡単にメンテナンスできるようになりました。 >><< ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ] Bluetooth搭載のモデル。 専用アプリで自分好みのコーヒーにカスタマイズができます。 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタシンプル 名前の通りレバーを引くだけでコーヒーを淹れることができる最もシンプルなマシン。 レバーを1回引くとブラックコーヒー、2回引くとカフェラテが楽します。 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタデュオ バリスタシリーズ最新モデル。 コーヒーとクリーマーの2種類のタンクを搭載し、カプチーノやカフェラテといったミルクメニューを作る際の手間を大幅になくしました。 >> << 詰め替え式のコーヒーマシンの利点とは? バリスタシリーズは、詰め替え式のコーヒーマシンです。 ですから、給水さえすればすぐにコーヒーを入れることができます。 しかも、「ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 105g」を使った場合、コーヒータンクに1パックセットするだけで、55杯も抽出できます。 これなら、1日5杯飲んだとしても11日間持ちますね。 値段も「エコ&システムパック定期お届け便」なら、1パック740円(税込)。 1杯あたり約14円と、とてもリーズナブル。 高い「ネスカフェ プレジデント エコ&システムパック 60g」などを使っても1杯あたり約27円ですから、1日5杯飲んでも約135円と、缶コーヒー1本分くらいのコストです。 つまり、低コストで本格コーヒーが楽しめるのが、詰め替え式コーヒーマシンの利点なのです。 ドリップ式とカプセル式のメリット・デメリット よく、詰め替え式コーヒーマシンの比較対象となる、ドリップ式のコーヒーメーカーとカプセル式のコーヒーメーカー。 それぞれのメリット・デメリットを知り、詰め替え式コーヒーマシンを含め、どのタイプが自分に向いているのか確認してみましょう。 ドリップ式コーヒーメーカー ドリップ式のコーヒーメーカーは、作るときにコーヒー豆を挽いて入れることができます。 もちろん、詰め替え式やカプセル式の鮮度も高いですが、「挽き立てが好き」という方もいるでしょう。 これは、コーヒー好きを自認する方には、大きなメリットです。 デメリットは、毎回コーヒーフィルターをセットし、洗浄しなければいけないことです。 また、コーヒー豆を挽く手間もあります。 もし、挽き立てにこだわらず、豆を挽いたコーヒー粉を使う場合、鮮度を保つために冷凍庫に保存するなどの注意が必要です。 粉の保存が悪ければ風味の消えたコーヒーを飲むことにもなりかねません。 カプセル式コーヒーメーカーの特徴 カプセル式のコーヒーメーカーの場合、コーヒー豆を真空パックしたカプセルを使いますから、鮮度もいいですし保存も楽です。 また、毎回フィルターなどの準備はいらないのもメリットです。 デメリットとしては、コストが挙げられます。 カプセル式コーヒーの値段は、1杯50円から100円くらいですから、詰め替え式に比べて倍以上かかります。 これは1杯あたりの単価ですから、1ヵ月のトータルコストになるとかなりのものです。 しかし、コーヒーショップで買うよりは安くなりますので、あくまでも詰め替え式と比較した場合のデメリットです。 バリスタシリーズの使い方 ここでは、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」を例に、バリスタシリーズの基本的な使い方を簡単にご紹介しましょう。 内容物の確認とセット まずは内容物の確認です。 給水タンクやコーヒータンク、計量器がセットされた本体と、ドリップトレイ、ドリップグリッド、説明書があることを確認しましょう。 そして、ドリップトレイ、ドリップグリッドを本体にセットします。 給水タンクを洗浄し給水する 購入した直後は、一度給水タンクを軽く洗浄しましょう。 傷のつかないスポンジで洗うか、軽く水洗いする程度でOKです。 洗浄が終われば、タンクに給水して本体にセットします。 本体のすすぎを行う 電源コードをコンセントに挿し、電源をONにします。 そして、ドリップトレイにカップを載せ、「カプチーノ」ボタンを押してください。 ノズルから高温のお湯が出ますので、注意しましょう。 お湯が止まれば、すすぎは完了です。 すすいだお湯は捨ててください。 なお、このすすぎは2日以上使わなかったときに行ったほうが衛生的です。 コーヒーパウダーをセットする コーヒーパウダーをコーヒータンクにセットします。 トップカバーを開けコーヒータンクを引き抜きます。 次に、コーヒータンクのキャップを外したら、「エコ&システムパック」シリーズのコーヒーカートリッジを用意し、フィルムをはがして、コーヒーパウダーを入れます。 すべて入れたらキャップを締め、タンクを本体に取り付けます。 作業は、誤ってボタンを押してしまわないよう、電源を切った状態で行いましょう。 5種類のメニューから好きなコーヒーを選ぶ すべての準備が整ったら、コーヒーカップを置き、再び電源を入れます。 「カプチーノ」「カフェラテ」「エスプレッソタイプコーヒー」「ブラックコーヒー」「マグサイズブラックコーヒー」の5つのボタンが点灯しますので、お好きなメニューのコーヒーを選びましょう。 このとき、カプチーノとカフェラテは、事前に「ネスレ ブライト」をカップに入れておく必要があります。 ボタンを押せば抽出が始まります。 バリスタシリーズのメンテナンス バリスタシリーズは、入れる度に洗浄する必要はありませんが、衛生的でおいしいコーヒーを飲むためにはメンテナンスを行いましょう。 洗浄が必要なパーツとタイミングは以下のとおりです。 ・給水タンク(使用日) 本体から外し、柔らかいブラシなどで内部を洗いましょう。 ・コーヒー抽出部(使用日) コーヒー抽出部のカバーを外し、「コーヒー抽出部のカバー」「フィルター」「攪拌部」「攪拌部カバー」を取り出します。 各パーツは、水またはぬるま湯ですすぎ洗いしてください。 ・ドリップトレイ(使用日) ドリップトレイとドリップグリッドは、本体から取り外し、水またはぬるま湯ですすぎ洗いしてください。 ・コーヒー計量器・計量器底板(週1回) 本体からコーヒータンクを取り外し、タンクの裏側にある「計量器底板」を取り外します。 そして、計量器底板と計量器本体についたコーヒーパウダーを、乾いた布かはけで拭き取ります。 ・コーヒー計量器・計量器底板・計量器プレート(コーヒーパウダー充填時) 本体からコーヒータンクを取り外し、タンクから「コーヒー計量器」と「計量器底板」「計量器プレート」を取り外します。 汚れが軽ければ乾いた布で、汚れが取れない場合はぬるま湯でつけ置きします。 再び使用する際は、必ず一昼夜寝かせるなどして、完全に乾燥させてください。 バリスタフィフティー(fifty)は無料!バリスタデュオは月額550円でレンタル可能! 人気のバリスタもネスレ公式サイトなら「バリスタフィフティーが無料レンタル」、最新モデルの「バリスタデュオが月額550円でレンタル」することができます。 バリスタフィフティー無料レンタル方法 バリスタフィフテフィーで使うコーヒー(エコ&システムパック)などの商品を「マシン無料レンタルコーヒーカートリッジお届け便」という定期便で購入するとバリスタフィフティーが無料で使うことができます。 定期便と言っても3回利用すればいつでも解約できるのでマシンを購入するよりはるかにお得だと言えます。 さらにマシン本体が無料なだけではなく、コーヒー自体も通常価格より最大29%オフで安く買えます。 マシンの修理も無料で、費用としてかかるのはコーヒー代だけ! から2か月毎、3か月毎のどちらかのコースで申し込みます。 マシンはレッドまたは、ホワイトから選択できます。 あとは頼みたいコーヒーを選んで申し込み確定するだけで、定期便への申し込みは完了です。 >><< バリスタデュオ月額550円レンタル バリスタデュオは最新モデルで機能も便利性も高いので価格は16,445円(税込)とバリスタシリーズの中では価格は高いものになります。 そんなバリスタデュオですが、ネスレ公式サイトにてバリスタデュオで使うコーヒー(エコ&システムパック)を2か月毎または、3か月毎で定期購入することでレンタルすることができます。 レンタルするには月額550円の支払いが必要になりますが故障や破損したときなどのサポートがついているため安心して使うことができます。 また、コーヒーを定期購入することで専用のエコ&システムパックは通常価格より最大39%オフとお得に手に入れることができます。 にアクセスし「バリスタデュオ詳しくはこちら」をクリック。 2か月毎または、3か月毎どちらかのコースを選びます。 好きなコーヒーを選んで、注文内容を確認し、注文確定をしたらレンタルの申し込みは完了です。 >> << 低コストで手軽に本格コーヒーを楽しむならバリスタ! いかがでしたか?ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタシリーズを使えば、簡単に本格コーヒーを楽しめることがわかっていただけたかと思います。 面倒なメンテナンスなども最低限。 コストも1杯20円前後ですから、毎日たくさんコーヒーを飲む方に、おすすめのコーヒーマシンではないでしょうか。

次の

「ネスカフェ バリスタ」のお手入れは簡単?掃除や洗浄方法を徹底解説!

ネスカフェ バリスタ 説明 書

美味しいコーヒーを手軽に飲めるの人気モデルのひとつ「ネスカフェ バリスタ i[アイ]」。 毎日使っているうちに内部に湯垢が溜まってきてしまいます。 できるだけ長く良好な状態で使うためには、定期的なメンテナンスが大切。 今回は湯垢洗浄を行うために必要なものや、やり方について詳しく解説します。 バリスタに湯垢洗浄が必要な理由と頻度の目安 バリスタを使用していると、水道水に含まれるミネラル成分が機械の内部にどうしても蓄積されていきます。 そのまま放っておくとコーヒーを抽出する流れが悪くなったり、温度が低くなったりと様々なトラブルの原因に・・・。 分解して内部を洗浄することは困難なため、湯垢洗浄剤を使ったメンテナンスが必要です。 日本の水道水は硬度80ppm程度の軟水ですので、ネスレ日本は「コーヒー約750杯毎」の湯垢洗浄を推奨しています。 1日に2~3杯飲む方でしたら、1年に1回くらいで大丈夫です。 もし家族で使用されていて、1日10杯くらい飲むご家庭の場合は、約2ヶ月半毎にメンテナンスを行うとよいでしょう。 バリスタ専用の湯垢洗浄剤ではなく市販のクエン酸は使える!? バリスタ専用の湯垢洗浄剤がネスレ日本から販売されています。 中に入っている白い粉末の成分は「クエン酸」です。 水道水に含まれるミネラル成分は酸に弱いため、クエン酸はバリスタの洗浄に最適。 口に入っても無害なので、安心して使用できます。 専用の 湯垢洗浄剤の成分はクエン酸だけですので、もちろん市販のクエン酸を使って代用することも可能です。 ドラッグストアやスーパーなどで販売されているもので大丈夫ですが、 口に入っても安全な旨が明記されているもので水に溶けやすいものを選んでください。 バリスタの洗浄にはクエン酸を40g使用しますので、計量スプーン・はかりなども必要です。 湯垢洗浄のやり方を順番に解説 湯垢洗浄のやり方を順番にわかりやすく解説していきます。 1.まず初めに 500gの水を用意し、湯垢洗浄剤を1袋全部入れて溶かします 市販のクエン酸を使う場合は40g。 溶けにくいのでしっかりと混ぜましょう。 この時、 お湯は使用しないでください。 (説明書にも注意書きがあります) 2.ドリップトレイを取り外します。 3.抽出口の下に、 容量300ml以上の容器を置きます。 スペース内に置けるのであれば容器の種類は何でも構いません。 4.背面の給水タンクを本体から取り外します。 中に水が残っている場合は捨ててください。 5.1で溶かしておいた湯垢洗浄水を給水タンクの中に入れます。 6.入れ終わったら、給水タンクを元に戻します。 7.コンセントを差し、 電源はオフにしたままの状態で「エスプレッソタイプコーヒーボタン」と「電源ボタン」を2つ同時に7秒間長押しします。 すべてのメニューボタンが点滅を始めたら指を離してください。 8.指を離すと、「エスプレッソタイプコーヒーボタン」と「電源ボタン」が緑色に点灯します。 9.「エスプレッソタイプコーヒーボタン」を押すと湯垢洗浄が始まります。 10.高圧ジェットノズルから勢いよく熱いお湯が吹き出してきます。 突然始まるのでやけどをしないように気をつけてください。 その後に、抽出口からお湯が出てきます。 11. 抽出が止まったら5分ほどそのまま待ちます。 容器に溜まったお湯は捨ててください。 5分経ったら、 もう一度「エスプレッソタイプコーヒーボタン」を押して洗浄します。 12.2回目の洗浄が終わったら、再び5分待ちます。 容器に溜まったお湯と、給水タンクに残っている湯垢洗浄水を捨ててください。 一見給水タンクが空になっているように見えても、湯垢洗浄水が若干残っています。 必ずよく洗うようにしましょう。 13.もう一度抽出口の下に容器を置き、 給水タンクに700mlの飲料水を入れてください。 バリスタの内部に残った湯垢洗浄水をきれいに洗い流すため、すすぎの作業を行います。 再度「エスプレッソタイプコーヒーボタン」を押してお湯を抽出し、 この作業を2回繰り返してください。 15.容器に溜まったお湯を捨てた後、念のため給水タンクの水も新しいものに変えてください。 最後に電源をオフすれば湯垢洗浄は終了です。 お疲れ様でした。 まとめ の湯垢洗浄のやり方について解説してみました。 お湯の出が悪くなった、お湯の温度が低くなったなどの症状が出たら湯垢洗浄を行ってみてください。 専用の洗浄剤でも市販のクエン酸でも問題ありませんが、 大切なポイントは湯垢洗浄剤が沈殿してしまわないようにしっかり混ぜることです。 きれいになったバリスタで淹れるコーヒーは、いつもより美味しく感じられます。 ぜひ定期的に湯垢洗浄剤を使ってメンテナンスを行ってみてください。

次の

ネスカフェバリスタで濃さや湯量を調整するには?自分好みのコーヒーを淹れるコツ

ネスカフェ バリスタ 説明 書

ネスカフェのバリスタはボタン一つで温かいコーヒーを飲むことができる人気商品です。 オフィスだけでなく自宅にバリスタを置く人も増えてきましたよね。 しかし、そんなバリスタのコーヒーが「ぬるい」と感じるとの口コミを見かけました。 実際のところ、バリスタで淹れたてのコーヒーの温度はどれくらいなのでしょうか?今回は温度計を使って実際に調べてみました! また、ぬるいと感じる時の対処法と合わせてご紹介しますので、バリスタのコーヒーがぬるいと困っている人はぜひチェックしてみてください。 バリスタの抽出温度ってどれくらいなの? まずはバリスタのコーヒー抽出温度を見てみましょう。 温度について調べてみると、取扱説明書に次のような記載がありました。 ブラックコーヒー62. むしろ、 温かさはちょうど飲み頃でコーヒーの香りと味をしっかりと楽しめます。 これを撮影したのは2月中旬で、大寒波によってとても冷え込んだ日でした。 暖房はつけていたものの、部屋の空気が冷たかったので想定される範囲よりも、さらに温度が下がったのだと思います。 特に冷たいミルクを入れて作るカフェラテやカプチーノはさらに完成温度が低く、「58. しかし、バリスタの説明書にも「使用環境温度などの条件により異なります。 」と書かれているように、季節によって温度がけっこう前後するようです。 もともと熱々のコーヒーを飲んでいる人からすると「ぬるい」と思う場合もあるかもしれません。 また、バリスタに使われているコーヒーはソリュブルコーヒー(インスタント)なので、もともとコーヒーを抽出するための高温のお湯は必要ありません。 本来ドリップコーヒーは沸騰したお湯をコーヒーにかけて抽出をします。 ただし、これだと温度が高すぎて、香りも感じにくく舌も味覚をはっきりと感じないのだとか。 バリスタは淹れてすぐ香りとうまみを感じられるように、沸騰したお湯よりもベストな温度でコーヒーを抽出しているんですね! 冬にバリスタのコーヒーがぬるいと感じる時の対処法 とは言っても、コーヒー好きの人の中にはもっと熱々のコーヒーが飲みたい!という人もいるかと思います。 また、冬場はどうしても外の気温が低いのですぐにコーヒーが冷めてしまいますよね。 そんな人はぜひ次の方法で、熱々のコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。 カップ温めモードを使う バリスタにはマグカップにお湯を注いで温める、「カップ温めモード」が搭載されています。 いつもよりコーヒーがぬるいと感じる一番の原因は、マグカップが冷えていること。 そのため、 コーヒーを淹れる前にカップをあらかじめ温めておくと、コーヒーがすぐに冷めてしまうのを防ぐことができますよ。 バリスタのカップ温めモードのやり方は次の通りです。 「バリスタi」、「バリスタTAMA」…「カプチーノモード」とブラックコーヒーの「マグサイズ」を同時押し。 「PM9631」「PM6930」…「カプチーノモード」「カフェラテモード」を同時押し。 このように機種によってやり方に違いがあるので、必ず取扱説明書を確認してください。 実際にバリスタiを使って、「カップ温めモード」をやってみました。 1.マグカップをバリスタにセットする。 2.バリスタの「カプチーノモード」とブラックコーヒーの「マグサイズ」を同時押しします。 3.マグカップに40mlのお湯が注がれます。 30秒くらいこのままお湯をいれておき、改めてコーヒーを抽出してみました。 「カップ温めモード」を使った結果、コーヒーの温度は「69. お湯を注いで30秒から1分も放置すれば十分にマグカップが温まります。 マグカップ全体が温まったコーヒーは、手にするだけで気持ちがホッとしますね。 牛乳(ミルク)は電子レンジで温める カフェラテやカプチーノを作るときは、必ず使うミルクを電子レンジで温めておきましょう。 今回は500Wで30秒ほど温めました。 カプチーノやカフェラテを抽出した後に電子レンジを使うと、せっかくの泡がつぶれてしまうので、先に牛乳だけを温めるのがおすすめです。 温度は前回の「56. ネスレブライトを使う 牛乳の代わりにブライトを使う方法もおすすめです。 ブライトは粉末状なのでコーヒーの温度が牛乳とくらべて下がりにくくなります。 ブライトを入れるだけでも、たっぷりの泡が作ることができますよ。 味もミルクのほかに甘いカフェラテやショコラテなど、いろいろなタイプが販売されているので、ぜひコーヒーと合わせて常備しておきたいアイテムです。 バリスタで淹れたコーヒーを電子レンジで温める バリスタはインスタントコーヒーを使っているので、コーヒーを淹れたあとに電子レンジで加熱しても風味が大きく変わりません。 そのため、熱々のコーヒーをゆっくり飲みたい人は電子レンジで温めましょう。 実際にコーヒーを500Wの電子レンジで30秒温めたところ、温度は「79. ただし温めすぎるとコーヒーが沸騰して、マグカップからあふれてしまうこともあります。 そのため必ず電子レンジのそばを離れないで、様子を見ながらコーヒーを加熱しましょう。 それでもバリスタがぬるい時は故障の可能性も! また、マグカップを温めてもぬるいと感じる時は、バリスタ自体に不具合が起きている可能性もあります。 その場合は以下に連絡をして、抽出温度を点検してもらいましょう。 ネスカフェ バリスタ サポートデスク フリーダイヤル:0120-366-800 お湯の抽出温度の確認や、正常にバリスタが動作しているかをくわしく点検してもらえるので、心配な方はまず電話してみましょう。 とは言っても、コーヒーの温度は個人で好みが違いますのでぬるいと感じる人もいるようです。 その場合はカップ温めモードを使ったり、電子レンジで淹れたコーヒーを温めたりして、お好みの温度に調整してみてください!また、それでもコーヒーがぬるいと感じる時は、ネスカフェでバリスタを点検してもらいましょう。 関連おすすめ記事.

次の