廃車する前に。 廃車 (自動車)

一時抹消と廃車の違いは?

廃車する前に

廃車にするしかないのか、• 廃車なら税金や保険はいくら戻るのか、• 廃車するのに費用はかかるのか、• 整備されて中古車販売されるのか、• 未整備のまま輸出されるのか、• 中古部品として売られるのか、• 鉄くずになるのか、 等々を想定するかしないか、それだけで車価値が値段が全然違ってきます。 そんな車の運命は行き先はアナタ次第、アナタが決められます! 廃車にする業者探しの前に、愛車だった車の価値を調べてください、見直してください、考えてください! そんな廃車価値を調べる方法をお伝えする前に、もしもの廃車ではこれら可能性大となります。 廃車知識が無ければ往復ビンタされる現実 どんな車の売買や廃車であっても、車知識に乏しければ相手に負けてしまいます、イイようにされてしまいます。 車売却はビジネスなので車知識の有る無しがお金の差になって返ってくる、そうお考え下さい。 TVコマーシャルの「 高価買取」「 買取台数が日本一」を信じてはいけません。 中古車買取店で言われる、これらを信じてはダメです。 「お車が古すぎて価値がありません」• 「お車を引き受けても廃車費用で赤字になってしまいます」• 「登録抹消&完全廃棄するので3万円頂ければお受けいたします」 とても多くに人達が信じてしまう中古車買取店の上記定番セリフでも、現実はこうなんです。 自動車税• 自動車重量税、• 自賠責保険などの還付金• リサイクル預託金• 鉄クズとしての価値• 中古部品としての価値 こんな価値ある車なのに、廃車業者に渡すだけなら還付金をもらえるどころか 「廃車手続き費用3万円、4万円」+「 引き取り費用」を要求してくるかもしれません。 従って、簡単な廃車や廃車王はアウトとなる、その可能性大となります。 ちなみに 中古部品には多くの種類があるので、中古部品価格合計は10万円や20万円などでは済みません。 各ボディーパーツ(ドア、トランク、ボンネット、バンパーなど)• 小部品としてライト類、ミラー、ハンドル装置、フロント&リヤガラスなど• 駆動関係ではエンジン、トランスミッション、燃料タンク、マフラー• もし10年 落ち程度の車でも、まずは 上記価値を考えてみてください! もしそれが旧式スカイラインGTなら、モー大変な価値、それ は間違いありません! 次はまさかのガリバーで3万円のお話です。 ガリバー廃車買取で3万円提示ならどうする? もしガリバーで買取3万円と言われたらどうしますか? 3万円でなく5万円でも同じです。 そんな低い買取金額なら買取店としてアウト、そう判断して間違いありません。 どうしてそう言えるのか? 車は鉄くずにしても2万円~3万円の価値があるからです。 さらに廃車時期によって還付される自動車税、重量税、自賠責保険を考えれば5万円や6万円もあります。 実はガリバー廃車買取には、もう1つのリスクがあるんです。 ガリバー廃車買取の真実とは? ガリバーには廃車パックサービスがあります。 廃車パックは、何をどうしてくれるのでしょうか? 内容はこれらです。 車の事前査定• 24時間の電話受付• 税金の還付手続き代行• 動かない車も引き取る• 廃車完全サポート• 1台買取るごとにワクチン寄付(ボランティア)• 基本料金に全て含まれる さすが最大手のガリバーがやる仕事はスゴイ、そう言いたいところですが違います。 現実は廃車買取でお金をもらえるかと思っても、逆に手数料発生などもあり評判は少し?だからです。 廃車の価値について、もう少し書かせてください。 無価値の廃車は存在しない理由 記事後半にも明記しますが、車が動かなくても、車検切れでも、事故車でも価値があります。 価値があるとは値段がつくことです。 税金関係の還付はもちろん、修理して国内販売、輸出する、修理不可能な車は分解して中古部品として販売できる。 それも難しければ、鉄くずで5万円でしょうか? 下記で、少し複雑な税金還付金を説明します。 必要に応じ還付金の試算をしてください。 自動車税の還付 自動車税は4月1日時点の車所有者に請求される、4月1日起算の税金です。 そして還付申請できる車は乗用車限定となります。 それら条件の基、4月1日までの残存期間分がアナタに返却されます。 重量税の還付 重量税は新車なら3年分を前払い、中古車なら車検時に2年分を前払いしています。 重量税も自動車税と同じに、次の支払迄の残存期間分が還付されます。 ただし、 エコカー制度で重量税免税された車は対象外となります。 自賠責保険の還付 自賠責保険の解約返戻金は、保険残り期間の月割りで還付されます。 新車なら3年36カ月で加入、中古車なら2年24カ月加入なので、残存期間分が還付されます。 従って、 還付される自動車税+重量税+自賠責保険+鉄くず代金=4万円以上、そうではありませんか? だ・か・ら・ ガリバー買取3万円はあり得ません。 廃車前に車価値を知る方法がある 廃車と考えてる車でも、立場の違う買取業者に査定してもらってください! 廃車予定の車を複数業者に査定してもらえば、各業者で違う 「車用途や販路」それらが買取価格の差となります。 つまり 買取業者が違えば買取価格に大きな差がある、それです。 買取業者の違いで、これら販路と可能性があります。 車整備されて中古車店で販売される• 未整備のまま輸出される• 部品として売られる• 鉄くずになる そんな販路は業者毎に確認するしか方法がありません。 例えばこれらです。 大手中古車店、• ガリバー、• イエローハット、• ネットの廃車業者• 一括査定買取• ネットの中古輸出専門会社 そんな 各買取業者の査定士には得意分野を持つ人が多くいます。 何が得意な分野かと言えば、大型トラック、外車、一般中古車、事故車、古く動かなくなった車(廃車含む)、輸出でどんな車でも買取る等々。 どうして得意分野があるかと言えば、こうなります。 一般的な中古車用オートオークション(USSなど)以外にも仕入れた車を高く売る販路を持たなくてはならない、• もし他業者と違う販路を持たなければ高く売れない、 だからです。 従って、 各 得意分野なりの買取価格がシッカリ存在している、高く売れる可能性大、そうお考え下さい。 次にどこでどの得意分野の査定士を見つけるかお伝えします。 数社を廻り売却優先順位を付ける ネットや電話で買取可能業者が廃車査定&買取を引き受けるとかどうか確認してください。 確認内容はこうです。 廃車を買い取ってもらえるかどうか• 必要ならスマホで外装、内装、ボンネット中身を写真に撮り、相手に送信• その写真内容でお金をもらえるどうか、• 税金等の還付は可能かどうか• 車確認&査定に来てくれるかどうか• 出張手数料は無料かどうか• もし引き渡さなくても料金発生しないかどうか 上記の問い合わせに対して 「好意的=査定する=買取たい」を強く表現した数社を呼べば半分は成功です。 そんな業者は呼んでも、アナタから出向いても構いません。 複数査定が可能になる業者を考えた! 廃車を考えていた車に価値があると分かれば、少しでも高く引き取ってもらいたい、そう誰でも考えます。 そうであっても1社ずつの査定、1社ずつの交渉と見積もりなら時間も手間もかかり過ぎて大変しかありません。 だったらタダでも引き取って欲しい、そんな気持ちになるのも仕方ありません。 でも&しかし、そうすれば5万円や10万円ゲットするどころか、逆に出費になる&赤字になるかもしれません。 アナタの労働対価が時給換算で1,800円だとしたら、廃車買取交渉に費やす数十時間は何万円どこではありません、ペイしません。 そうであれば 「廃車でも引き受ける」、そう確認できた業者の中から 一括査定を頼むかしかありません。 理由はこれらです。 一括査定なら複数査定士(複数社)を同時に呼べる、• 複数査定士の中には廃車得意とする人が含まれている可能性大、• 想定より高く買い取ってもらえる可能性アップ、 年間に数百台も査定している人を3人呼べば、大型トラックでも外車でも廃車でも何でも査定しているからです。 さらに廃車査定で申し込んであれば、廃車査定経験者が来る確率大となります。 もしその中に中古車輸出会社を顧客に持つ査定士が含まれたいたらどうなるでしょうか? どんな車にも価値があると考える輸出専門業者 日本の大地震で津波被害にあったり、車内が泥で埋まっているような車でも10万円や15万円で購入する買取業者をTV番組で見ていました。 そんなTVインテビューに答えていたのは中古車の輸出専門業者でした。 我々はあまり意識しませんが日本は国土も狭く、高速や一般道含め車使用環境OKなので良い中古車しかありません。 加えて、日本ほど厳格な車検制度がある国は珍しい、と言うか日本の車検制度が一番厳しい、だから信頼できる、そうなります。 日本で中古車購入する海外バイヤーもそれを熟知している、だからこそ日本で日本製中古車を買い付ける、その論理です。 だから日本のどんな中古車であっても、世界100ヵ国以上に輸出されているのが現実です。 TVでは災害にあった車、ハンドルまで砂(海水)で埋もれている車、それらでも問題なく買い取ってくれる輸出業者でした。 他の例では、 廃車タクシー第二の車生が分かりやすいと考えお伝えします。 タクシーが廃車になる走行距離は70万キロ前後からです。 つまり日本車性能は高い、車はメンテさえ続ければ何十万キロでも問題なく走る、それです。 従って、車メーカーを持たない貧しい(想像部分)国々で、燃費が良く整備された日本からの中古車が大人気な訳です。 昔、仕事でドイツのタクシーによく乗る機会がありましたが、あるタクシー(ベンツEワゴン、ベージュ色)の走行距離を聞いたらこの返事でした。 「今はまだ50万キロしか走ってないよ」• 「メンテだけでもっと長く走れるよ」 そうなんです! 日本人だけが「 10万キロも走った」、そう考えるんです。 それが国土の大きい欧米なら20万キロ、30万キロは普通どころか子供の走行距離程度でしかありません。 アナタの車は何万キロ走っていましたか? きっと50万キロは走っていません! だから価値があります、売れます! 車買取・廃車でガリバーはおすすめ?:まとめ 自分では廃車だと思い込んでいても、そのまま廃車にしてはダメなお話でした。 アナタが税金還付だけでも知っていれば、業者も足元は見てきません。 加えて、 同時に複数買取業者に査定してもらえれば、各業者間での競争意識、タダでは帰れない意識が手伝って高値買取の可能性があるでしょう。 一括査定に限りませんが、どんな買取業者でもアナタは 「 比較してみる」それしかありません。 仕事と同じに、時間と手間と少の我慢をしないと比較できません、成果を得られません、高く売れません! ちなみに、今回どうしてガリバー名を使ったかと言えば、2年前に都内ガリバーをインテビューした際、担当査定士がとても完璧な返答をしてくれた、だからお礼を込めて名指ししました 笑。 アナタの車が良い査定士達と巡り合うことを願います。 本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。 「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

次の

廃車にする前に取る手段!その車売却できるかも

廃車する前に

ガソリンを取り扱うには資格が必要 まずはじめに、ガソリンの取り扱いには危険が伴います。 そのため、ガソリンを取り扱うには危険物取引車の資格が必要です。 引火・爆発・火事の危険性を考えて、資格を持っていない方は取り扱わないようにしましょう。 満タンのガソリンを抜きたい場合は、業者に依頼するようにしてしましょう。 業者によっては無料で引き受けてくれることもあるので一度相談してみるのが良いでしょう。 ガソリンの残量で廃車買取金額は変わるの? まだ廃車がお済みでない方はこの項目をチェックしてくださいね。 廃車買取に出す時、少しでも査定額は高く出して欲しいもの。 残っているガソリン量によって買取金額は変わってくるのでしょうか? 答えは、NOです。 残念ながらガソリンの量が査定額を左右することはありません。 満タンでも空の状態でも廃車の買取価格には関係ないのです。 しかし・・・レッカー代が浮くかも? 廃車買取業者によってはレッカー代がかかることもあります。 その場合、持ち込みをすることで間接的にお得にできる可能性があります。 しかし、 レッカー代無料の廃車買取業者に依頼すれば、そもそもお金がかかることもありません。 廃車買取をしている業者の中には、解体してパーツごとに分けて流通させるところもあります。 そのような業者はガソリンを完全に抜いてから処分します。 なので、あえて満タンにして出すと損をしてしまいます。 レッカー代などに費用がかかる場合、持ち込むできる程度のガソリンが残っていたら充分です。 ちなみに、エンプティランプがついても、20~30キロ程度の距離は走れます。 ギリギリまで使用したい場合、持ち込みする時の参考にされてください。 結局、廃車にするときガソリンはどうしたらよい? 廃車にする時のガソリンの扱い方について、廃車買取業者の立場からの視点も交えて解説します。 廃車買取の業者からしたら、ガソリンは入っていてもいなくても構いません。 廃車処理を行う際は、ガソリンが入っていれば燃料タンクに穴を開け、完全に抜き取ってから作業をします。 そのため、ガソリンが満タンに残っていても問題はありません。 わずかでもガソリンが入ったまま廃車処理をすると、小さな火花や静電気で引火して大きな事故が起こる危険性があります。 その危険を防ぐために、工場では必ず廃車処理前にガソリンを抜く作業が行われます。 ガソリンが入っていない場合も、燃料タンクの底に溜まったガソリンや不純物を取り除く作業があるため、手間としてはそう変わらないのです。 売り手側の立場なら・・・? 売り手側の立場にたてば、先ほどもお伝えしましたがレッカー代を節約できる可能性があります。 自身で処理工場へ乗り入れる(持ち込む)ことができます。 そのため、廃車費用の中からレッカー代を節約できますよね。 (そもそもレッカー代無料の廃車買取業者もいるので、レッカー代が有料の場合はメリットと言えるでしょう。 ) また、買取業者やディーラーに下取りとして古い車を持ち込む場合も、ガソリンを満タンにする必要はありません。 ただし中には 「できる限りガソリンの少ない状態にして持ち込みしてください。 」という業者もいます。 こういった業者は、新しい車にガソリンを移し替えるサービスをしていません。 ガソリンを満タンにして持ち込まれても対処しようがないためです。 とはいえ、ガソリンを使い切ってしまうと業者に持ち込むことはできません。 レッカー代が有料となるケースもあることを考えると、少しはガソリンを残して自力で車を持ち込みたいものです。 おすすめはエンプティランプを参考にする方法です。 ガソリン給油のタイミングを教えてくれるエンプティランプは、付いてもすぐに車が止まることはありません。 車種や燃費により前後しますが、だいたい20~30kmくらいは走行可能です。 車の持ち込みをされるかたは参考にしてください。

次の

廃車にしたら自動車保険の中断証明書を発行してもらおう!

廃車する前に

お電話で廃車をご依頼されるお客様は 車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。 廃車する際の中断証明書とは?発行の手続きや期間 中断証明書とは、自動車の任意保険契約を中断したことを証明する証書のことです。 任意で加入する自動車保険はさまざまな保険会社で取り扱っていますが、どこの保険会社でも、保険を解約せずに中断することができます。 なぜ解約せずに中断するのかといえば、「そのほうがお得だから」の一言に尽きます。 例えば現在の保険契約のノンフリート等級が17だったとき、これを解約してしまうと積み上げてきた等級の割引がなくなってしまいますよね。 自動車保険は全社共通で新規加入時には6または7等級 複数台割引使用時 から始まります。 無事故であれば毎年1等級ずつ上がり、最大で20等級まで積み上げていくことができます。 もし6等級で加入したのであれば、20等級まで最短でも14年の年月を要するわけです。 途中で事故を起こした場合には等級が1~3下がりますので、20等級になるまでさらに年数を要します。 無事故で20等級になると、自動車保険の保険料は6割ほど割引されます。 途中で事故を起こしてしまった場合でも、4割程度割引されます。 この等級を解約によってなくしてしまうのはとても惜しいですよね。 廃車にするときは、その前に保険会社に連絡し「中断したい」旨を伝え、廃車後に手続きを行いましょう。 中断について ただし、いくら中断したくても等級が7等級未満の場合には中断できません。 先ほども少し触れましたが、自動車保険は必ず6または7等級から始まります。 7等級以上の契約でなければ、中断するメリットがないため7等級未満の保険契約は中断できません。 次に、中断する日までに車が廃車になっていることが条件となります。 廃車にする前に中断することはできません 譲渡による中断の場合には中断する日までに譲渡されていること。 また、契約を中断した後、中断状態は永久に続くわけではありません。 保険会社によって期間は異なりますが、最大でも中断の有効期間は10年間となっています。 中断の手続き 中断証明書を発行する際には、中断する自動車保険の証券、中断証明書の発行依頼書、契約車両の廃車や譲渡が確認できる書類、印鑑、本人確認書類が必要です。 廃車を証明できる書類には一時抹消登録証明書や登録事項等証明書が利用できます。 ) 自動車保険の証券を紛失してしまっている場合には、加入している保険会社へ相談しましょう。 再発行せずに手続きしてもらえます。 また、中断証明書の発行依頼書は保険会社によって様式が異なります。 窓口で受け取り、必要事項に記入し提出しましょう。 印鑑や本人確認書類は念のため手続き時に持って行ったほうがいいでしょう。 保険会社によっては必要ない場合もあるかもしれませんが、本人確認書類のコピーを取りたい、依頼書に押印してほしいといわれることがあります。 それぞれ運転免許証と認印があれば大丈夫です。 中断証明書を利用して新しく車の保険を契約するには? こうして発行してもらった中断証明書は、期間内であれば新しい自動車保険の契約時に等級だけ引き継いで利用することができます。 ただし中断証明書を利用するためにはいくつかの条件を満たさなければいけません。 詳しくみていきましょう。 中断証明書を利用するための条件 中断証明書を利用して新しく保険を契約するためには、大前提として証明書の有効期間内である必要があります。 次に新しく車を購入してから1ヵ月~1年以内でなければいけません。 この期間は保険会社によって異なりますので、中断する際にあらかじめ聞いておくといいでしょう。 新しく車を購入したとき、上記のことから自動車保険への加入が遅れてしまうとせっかくの中断証明書が利用できないことがあります。 購入が決まったらすぐに保険会社へ連絡しておくと安心です。 また、中断の前後で記名被保険者が同一 もしくは同居親族や配偶者 でなければいけません。 自動車保険の被保険者とは、車を主に利用する人のことをいいます。 契約者が父親で記名被保険者が息子、というように使い分けている方もいるでしょう。 この点には十分注意してください。 最後に、中断の前後で車の用途・車種区分が同一という条件もあります。 乗用車の契約を中断したのであれば、再契約時も乗用車でなければいけません。 用途と車種区分が同じかどうか、不安な場合には事前に再契約する保険会社に問い合わせてみましょう。 中断からの再開手順 中断した保険を再開するときには、中断証明書と加入する車の車検証、自賠責保険証、印鑑、免許証等の本人確認書類が必要です。 これらを持って、保険代理店や保険会社の窓口で再開手続きを行いましょう。 中断証明書は中断した保険会社以外でも利用できます。 例えばA社で発行した中断証明書を持ってB社の自動車保険に加入することも可能です。 中断から再開するときには、代理店や保険会社の窓口に直接赴く方法以外にも、ネットからの申し込みもできます。 ネットから自動車保険の申し込みができるダイレクト自動車保険の会社では、中断からの再開もネット上で手続きが完了するものがあります。 ネットからの再開申し込みは保険会社によって対応が変わるので注意してください。 「自社の中断証明書に限る」会社と「自社・他社問わない」会社がありますので、申し込みの前にきちんと確認しておきましょう。 廃車の際に保険を解約ではなく「中断」するメリット 自動車保険を解約ではなく中断するのは、このように少し手間と時間がかかります。 しかしそれでも解約ではなく中断を選ぶのは、中断に大きなメリットがあるからです。 自動車保険の等級を守る せっかく大事に積み上げてきた保険の等級も、解約してしまえばまた最初の状態に戻ってしまいます。 特に等級が10以上になっている方は、解約してしまうと大きな損失となります。 無事故で20等級になると、自動車保険の保険料は6割ほど安くなります。 等級が高い方は、中断して等級を守りましょう。 保険会社を変えても引き継ぎができる 中断証明書は中断した保険会社以外でも利用できます。 「次の保険会社をどこにするか決めていないから解約しかできない」わけではありません。 中断している間に魅力的な保険ができたら、そちらに乗り換えて再開できるのです。 中断証明書は家族でも引き継ぐことが可能 中断証明書は同居している家族が利用することもできます。 つまり、自分に車を買う予定がなくても、家族に車を買う予定があれば中断しておいたほうがお得ということです。 10年以内に車を買う予定がないから解約したのに、3年後に同居している息子が車を買うことになってしまった。 こんなとき、「あの保険を中断していればなぁ」と後悔してしまうでしょう。 中断の有効期間は最長10年とかなり長いです。 この間に心づもりや家庭環境が変化することもありますから、念のために中断しておいて損はないはずです。 等級が上がれば上がるほど保険料は割引になります。 中断証明書の発行には手数料もかかりませんし、中断してもデメリットはありません。 車を廃車にするときには、保険は中断が基本です。 廃車の際に発行した中断証明書をなくしてしまった!再発行は可能? 中断証明書は有効期間が長いため、再開するまでの間に紛失してしまう方も少なくありません。 そんなときには保険会社に依頼して中断証明書を再発行してもらいましょう。 中断証明書の再発行 中断証明書の再発行は、中断を行った保険会社でしかできません。 もし中断した保険会社と別の保険会社で契約を再開する場合には、もともとの保険会社で再発行をしてから再開手続きを行う必要があります。 中断証明書の有効期間内であれば、いつでも再発行は可能です。 ただし、中断契約時の住所や車の登録番号がなければ再発行できないので注意しましょう。 また、再発行にはある程度の時間を要します。 長ければ再発行までに2週間ほどの時間を要することもありますので、中断証明書を紛失してしまった場合には早めに再発行手続きを行いましょう。 中断証明書の再発行で注意しておきたいのが、「再発行しても有効期限は変わらない」という点です。 あくまでも最初の発行時点から10年間が有効期限となりますので、期限を延長するための再発行はできません。 再発行の必要がないこともある 契約を中断した保険会社で契約を再開する場合には、中断証明書を再発行する必要がないこともあります。 保険会社でこちらが中断をしたという情報が残っていれば、再発行せずそのまま契約再開の手続きを行ってくれるでしょう。 まとめ 車を廃車にしたときには、忘れず自動車保険の中断を行いましょう。 中断をすることでこれまで積み上げてきた等級を守ることができます。 しかも中断によって保存した等級は、自分だけではなく同居の家族へと引き継ぐことも可能です。 これから子どもが成人する方、配偶者に車が必要になるかもしれないという方は、中断しておいて損はありません。 中断証明書の有効期限は10年間と長いため、途中で証明書を紛失してしまう方もいるかもしれませんが、そんなときはすぐに保険会社に連絡し、中断証明書を再発行してもらいましょう。 自動車保険を中断するためには廃車証明書が必要となります。 廃車買取業者に廃車依頼をしたときには、廃車証明書を忘れず受け取ってください。 自動車保険の中断が少し面倒だな、と感じる方は、廃車に関する手続きでも丁寧なフォローをしてくれる廃車買取 に相談してみてはいかがでしょうか。

次の