ゴミ屋敷 掃除 料金。 ゴミ屋敷清掃を料金と口コミで比較!

ゴミ屋敷・ごみ部屋清掃・片付けの料金の目安と事例

ゴミ屋敷 掃除 料金

この記事の目次• ゴミ屋敷片付け業者の費用の相場は? ここでは、ゴミ屋敷の片付けの費用相場をご紹介します。 部屋のごみの状況によって料金は変わってきます。 例えば、 ワンルームマンションサイズで天井までゴミが積まれた状態は、同じ部屋のサイズでも一部屋の床一面のゴミの場合よりも人手が必要になり、片付けにも時間がかかりますので、ワンルームでも費用は80,000円〜100,000円になります。 また、家一軒が全部ゴミが埋まっているような状態では、 スタッフ5名程度で1日中片付けをして最低300,000円の費用がかかりますので覚えておきましょう。 ゴミ屋敷片付け業者の費用の内訳は? そもそも、ゴミ屋敷の片付け費用の内訳はどのようになっているのでしょうか? ゴミ屋敷の片付け費用は以下の3つで構成されています。 人件費• ゴミ処理費用 それでは一つ一つ詳しく解説していきましょう。 人件費 ゴミ屋敷の片付け費用の内訳1つ目は 人件費です。 人件費の目安は 1Rで1名、1DKで2名〜3名となっています。 当たり前ですが、人数が多くなればなるほど人件費が高くなり、結果的にゴミ屋敷の片付け費用も高くなります。 そのため例えば、業者に依頼する前に少し自力で片付けをしておき、業者側の人手を減らせば料金を安くすることができるかもしれません。 ゴミ屋敷の片付け費用には、人件費が大きく関わっていることを覚えておきましょう。 車代 ゴミ屋敷の片付け費用の内訳2つ目は 車代です。 ゴミ屋敷の片付けには、トラックなどの車は必需品であり、 どれだけの大きさのトラックが何台必要なのかによって料金が変わってきます。 例えば、ゴミ屋敷の近くに車を停める場所がなく、有料の駐車場を借りなければいけない場合、駐車場料金が加算されることもあります。 駐車場代については依頼前に確認しておくと良いでしょう。 ゴミ屋敷の片付け費用には、車代が大きく関わっていることを覚えておきましょう。 ゴミ処理費用 ゴミ屋敷の片付け費用の内訳3つ目は ゴミ処理費用です。 ゴミ屋敷の片付けで回収されたゴミは業者によって捨てられますが、 ゴミ処理にはお金がかかります。 また、業者が「一般廃棄物収集運搬許可証」という家庭から出たゴミを処分する資格を持っていなければ、許可証を持っている業者に委託をしてゴミを処分することになり、かかる料金が変わってきます。 「一般廃棄物収集運搬許可証」は自治体から家庭ごみの処理を委託されたことを証明する許可証です。 ゴミ屋敷の片付け費用には、ゴミ処理費用が大きく関わっていることも覚えておきましょう。 ゴミ屋敷の片付けを業者に頼むメリットとデメリット ここでは、ゴミ屋敷の片付けを業者に頼む際のメリットとデメリットについてご紹介します。 時間を節約することができる ゴミ屋敷の片付けを業者に頼む時のメリットは、 時間を節約することができることです。 業者に頼めば、あとは依頼者は何もしないで見ていればOK。 自力で片付けるには場合によっては数日かかることもありますが、 業者に依頼してしまえば、時間を大幅に節約することができます。 ゴミ屋敷の片付け業者は片付けのプロですので、一般人が片付けるよりも素早く効率的にゴミを仕分けして片付けてくれます。 時間を節約できることは、たとえ費用がかかったとしても、ゴミ屋敷の片付けを業者に頼むことの最大のメリットだと言えるでしょう。 費用が高額になることも 一方で、ゴミ屋敷の片付けを業者に頼む時のデメリットもあります。 それは 自力で片付けるよりも費用が高額になることです。 自力でゴミ屋敷を片付ける場合は、必要な掃除用具などを揃え、ゴミを出すだけですのでかかる費用は多くても数万円。 しかし、片付けを業者に頼むと場合によっては 一軒家で30万円ほどかかってしまうこともあります。 もちろん、ゴミ屋敷の片付け業者に依頼すれば、素早く正確にゴミを片付けてくれますが、高額は費用がかかる可能性があることも覚えておきましょう。 ゴミ屋敷業者に片付けを頼む時の費用に関する注意点は? では最後に、ゴミ屋敷業者に片付けを頼む時の費用に関する注意点をご紹介します。 訪問見積もりをしてくれる? ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するときは、 訪問見積もりを行なってくれるかを確認しましょう。 訪問見積もりをしてもらわないと、正確な見積もりを知ることができず、あとあと費用トラブルに発展してしまうからです。 多くの片付け業者は、無料で訪問見積もりを行なっています。 ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するときは、 必ず事前に訪問見積もりをしてもらうようにしましょう。 明瞭会計か? ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するときは、 明朗会計であるかを注意して見るようにしましょう。 何にどれだけ費用がかかるのか、分からないところをクリアにしておかないと、後々金銭トラブルに発展してしまいます。 料金が不明瞭なまま作業に入ってしまうと、請求された金額を支払わなければなりません。 訪問見積もりをしてもらった場合に、なぜその料金になるのか、料金に関して不明点はないのか、きちんと納得してから作業に入ってもらうようにしましょう。 追加料金はかからない? ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するときは、 追加料金がかかっていないことを確認するようにしましょう。 見積もり金額が安くて依頼をしたとしても、後から追加料金がかかってしまったらトラブルに発展してしまうためです。 追加料金の有無は、見積書の備考欄を見れば分かります。 備考欄に追加料金がかからない旨がきちんと記載されていれば、追加料金がかかることはありません。 事前に追加料金がかからない旨をきちんと確認しておくようにしましょう。 まとめ 今回はゴミ屋敷を片付ける時の費用の相場ついてご紹介しました。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

汚部屋やゴミ屋敷の掃除はプロに!依頼の流れや業者の選び方から費用相場まで大公開! │ 不用品回収・ゴミ屋敷・遺品整理のためのキレイなび

ゴミ屋敷 掃除 料金

ネット料金相場 1R、1K 3~9万円 1DK~1LDK 5~20万円 2DK~2LDK 9~30万円 3DK~3LDK 15~50万円 4LDK 22万円~ 「ゴミの量によっては、料金が変わります」との注意書きもあります。 どのぐらいのゴミの量を想定した価格なのか、ちょっと気になるところです。 ネットの料金相場を検証してみた 実際の片付け費用とネットの料金相場が、ちゃんと合っているか検証してみます。 A業者、B業者のホームページで実際の片付け料金を調べ、表にしてみました(公表されているものを機械的に表にしただけなので、その業者の全体像を示すものではありません。 料金相場のバンドを超えたものを 赤字にしてあります。 ネット料金相場 1R、1K 9~ 59万円 3~9万円 1DK~1LDK 8~ 65万円 5~20万円 2DK~2LDK 28万円 9~30万円 3DK~3LDK 53~55万円 15~50万円 4LDK~ 12~ 228万円 22万円~ B業者さんは、ほとんどのケースで料金相場のバンドを超えています。 高い金額の実績を公表するのは、業者としては勇気のいることですが、堂々と書いてありました。 実例ページの写真と説明を見ると、ゴミの量がすごく多かったり、汚れがひどかったりしました。 やむを得ない金額かもしれないし、そうではないかもしれません。 たとえば、次の写真のような状態だと、料金相場のバンドに収めるのは無理です。 ネット料金相場 1R、1K 3~11万円 3~9万円 1DK~1LDK 5~22万円 5~20万円 2DK~2LDK 9~35万円 9~30万円 3DK~3LDK 12~45万円 15~50万円 4LDK~ 20万円~ 22万円~ ちょっとビックリしたのですが、結果はほぼ同じでした。 ゴミが50cm以上溜まると相当暮らしにくいので、料金相場として公表するには、50cmという基準はまずまず妥当な感じがします。 それ以上ゴミが溜まっている場合は特例にさせてください、ということですね。 料金相場のまとめとして、ゴミの堆積が100cm、150cmの場合を追加してみました。 【ゴミの量を具体的にした料金相場】 ゴミ150cm 1R、1K 3~11万円 12~16万円 20万円~ 1DK~1LDK 5~22万円 22~40万円 50万円~ 2DK~2LDK 9~35万円 35~65万円 90万円~ 3DK~3LDK 12~45万円 45~90万円 120万円~ 4LDK~ 20万円~ 55万円~ 150万円~ かなりリアルな料金相場になったと思います。 自分の家の場合はいくらなのか、もっと具体的に知りたい場合は、迷わず無料見積もりを取ってみてください。 結果的に断ることになっても、全然大丈夫です。 ゴミの量以外でも、ゴミ屋敷片付け・掃除の費用は変わる ゴミの質や資源の量なども、料金に影響します。 ゴミの質 ・昨今はゴミの分別ルールが細かく、大変厳しくなっています。 細かなゴミが多いと分別に時間がかかり、料金に跳ね返る可能性があります。 ・糞尿、金庫などの処理困難物、中身入りの飲料・食品などが多いと、料金は高くなります。 料金とサービスの質は、ある程度は比例します。 プライベート空間に入れるにふさわしい業者であることを第一条件にするべきだと、私は思います。 取っておくもの、処分するものを明確にしておく 業者が見積もりに来る前に、取っておくもの、処分するものを、ある程度は決めておいてください。 決まっていないと、業者は選別作業に時間がかかりそうだなどと、マージンをみて高めの見積もりを出してくる可能性があります。 可能なら業者と一緒に片付ける 「私も一緒に片付けるから安くして」と言ってみるのもアリだと思います。 業者と一緒に片付ければ、あなたの片付けエンジンがかかるし、片付け方もわかるし、料金も安くなるかもしれないし、おススメです。

次の

ゴミ屋敷の掃除なら

ゴミ屋敷 掃除 料金

ゴミ部屋・ゴミ屋敷クリーニングの利用者は? ゴミ屋敷清掃業者によると、依頼してくる人のうち最も多い職業は「 看護師」なんだそうです。 他にも、介護職やケアマネージャー、医師といった職業も多いとのことで、他の人を一生懸命お世話する仕事についているひとほど、自分のことに手が回らないのだとか。 (参考:) また、病気で体が悪くなってしまってゴミを片付ける体力がなくなって、家族や知人の手を借りるのも悪いと思って1年、2年と放置するうちにすっかりゴミ屋敷になってしまった、というケースもよくあるそうです。 いずれにせよ、ゴミ屋敷になってしまう原因は、人に優しすぎたり真面目すぎだからなのかもしれません。 一度環境をリセットしてしまえば、再び綺麗な生活が送れるようになれますので、ここで一度プロの手を借りて徹底的に片付けてみませんか。 ちなみに、「ゴミ屋敷清掃」を頼んだ人の過半数は女性だというデータもあります。 もしかすると、男性は自分の部屋や家がゴミ部屋化してもそのまま放置しがちなのかもしれませんけど。 いずれにせよ、女性なのにゴミ部屋(汚部屋)・ゴミ屋敷にしてしまって恥ずかしい…と思う必要性はまったくないということですから安心してください。 こんなことになったらプロの手を借りてゴミ屋敷・汚部屋から脱出しましょう!• 長年の汚部屋に知人・恋人がくることになってしまった• 仕事が忙しすぎて部屋の片付けができない• ついに近隣から臭いの苦情が来てしまった• 高齢な両親の実家がゴミ屋敷化してしまっていた ゴミ屋敷・汚部屋の掃除の相場・料金体系について 人に聞くわけにも行かず、いくらくらいかかるのか分かりづらいゴミ屋敷・ゴミ部屋の清掃にかかるお金についてまとめてみました。 まずは、複数の業者を比較してわかったゴミ屋敷清掃の料金体系や相場を紹介します。 なお業者を探す際の注意点として、見積もり後に値段が変わるような業者は極力避ける必要があります。 相場は1DKで50,000円~、ただしゴミの量によって大きく変動 ゴミ屋敷清掃の相場を調べてみると、だいたい基本料金については各社似たような金額になっています。 部屋の大きさと作業人数によって決まる料金表を掲載しているのが一般的です。 ここに、ゴミ屋敷清掃で有名な【ゴミ屋敷バスターズ「七福神」】の料金表を掲載します。 部屋の高さの半分くらいまでゴミが埋まっているため追加で人員やトラックの手配が必要になるような場合や、原状復帰するために風呂やトイレ、フローリングのクリーニングも頼みたいといった場合には別途費用がかかるので、あくまでも目安と思ったほうがいいです。 基本料金に「出張料金」「車両費」「特急・深夜料金」がかかることも ゴミ屋敷の清掃料金は、部屋を片付けるための作業費である「基本料金」だけでなく、出張料金や(ゴミを運搬するためのトラックやワゴンなどの)車両費、休日・深夜料金などが加算されるのが一般的です。 業者のウェブサイトには基本料金だけが記載されていて一見安く見えても、ゴミ屋敷清掃後に何倍もの金額が請求されてこまったなんてケースもあります。 ビフォー・アフターの写真から見る料金の目安 七福神のホームページでは、実際の作業のビフォー・アフターの写真とともにに金額も公開されています。 例えば、こちらのケースなんかは1LDKではありますが「340,000円+税」だっととのことです。 写真を見る限り、部屋の半分の高さまでゴミが積み上がっており、 トラックまるまる1台分のゴミが出たそうです。 近所にばれないような配慮をしてくれるか• 女性スタッフにお願いすることができるか• 料金が相場より高すぎないか• 貴重品や個人情報が見つかっても信頼できるか• ハウスクリーニングもお願いできるか 料金だけで選んで、気配りの足らない業者や信頼できない怪しい業者に頼んでしまって後悔することは避けてくださいね。 近所にばれないように配慮してくれるか ゴミ屋敷の清掃時に一番気になるのは、近所の目。 これからもお付き合いしていく近所の人に「あの人の部屋、ゴミ屋敷だったんだ」と思われたくないものです。 そのため、単に作業が早いだけでなく、ゴミの搬出の際にはダンボールに入れることで引っ越しを装ったり、スタッフがあえて普段着を着用することで清掃作業に気づかせないといった配慮をしてくれる業者だと安心ですよね。 上階や下階の住人が気にならない戸建てであれば、深夜早朝にひっそりと清掃作業を終えてもらうのも一つの手です。 女性スタッフが在籍していれば恥ずかしくない ゴミ屋敷・汚部屋で悩んでいる女性にとって、女性スタッフがいるかは大事な問題です。 清掃スタッフであっても男性に部屋の中を見せたくない…、女性ならではの用品が散らかっていて恥ずかしい…、なんて思う人も多いはず。 利用者の過半数が女性であることもあり、女性スタッフが在籍するゴミ屋敷清掃業者も多いので是非チェックしましょう。 貴重品や個人情報が見つかったときに信頼できるか ゴミ屋敷化してしまっている部屋からは、自分も覚えていない貴重品や、人には見られたくない個人情報満載の書類などが見つかる可能性があります。 そのため、信頼できる業者でないと安心して部屋の掃除を任せることができませんよね。 料金が相場とかけはなれていないか ゴミ屋敷清掃をしている業者のほとんどは、見積もりをしてもらう必要があります。 その段階で相場とあまりにもかけはなれている場合は、(安すぎても、高すぎても)信頼できる業者ではないかもしれません。 また、安すぎる業者の場合には、ゴミ屋敷からでたゴミを正式な処分方法ではなくて、不法投棄するような会社の可能性があります。 ハウスクリーニングも一緒にお願いできるとよりGood! 自分が住んでいる家や部屋の清掃の目的は、不用品やゴミを捨ててもらうだけでなく「もう一度すめるようにする」のがゴールですよね。 長い間ゴミを溜め込んでしまうと、床に汚れがこびりついてしまっていたり、トイレやお風呂もカビてしまっていたりすることも多いはずです。 ゴミをすべて処分してもらったあとには、専用の洗剤や機材による徹底的なハウスクリーニングもお願いできると嬉しいですね。 おすすめのゴミ屋敷清掃業者ベスト3 これらのチェックポイントをもとに、数多くある業者の中から厳選したおすすめのゴミ屋敷・汚部屋清掃業者を紹介していきますね。 1 ゴミ屋敷バスター七福神 チェックポイントにすべて対応した優良業者は、ゴミ屋敷清掃に特化したサービスを展開している「ゴミ屋敷バスター七福神」です。 おすすめの理由1 「見積もり後の追加料金なし!車両費や処分費など不要(込み)の明朗会計」 七福神の最大の特徴が、見積もり時にすべての料金が決定し、あとから追加料金が請求されることがないという点です。 他の業者でありがちな、ごみの量が予想より多かったために「処分費」「車両費」があとから追加で請求されるといったことはないので安心です。 ちなみに、家電リサイクル法対象の家電の処分費用だけは別途かかるとのことです。 おすすめの理由2 「近所にばれないように普段着での作業」 問い合わせや見積もり時にお願いをすることで「普段着」での清掃作業をしてくれるのも七福神の大きなポイントです。 おすすめの理由3 「豊富な実績と広いエリア展開で安心」 七福神は、本社の和歌山の他に、東京・大阪・名古屋の3都市に支店をもっているため、関東・関西・東海地域のほとんど全域をカバーしています。 地元密着の業者も良いですが、全国展開している大手ならではの安心感があります。 2 まごのて ゴミ屋敷清掃のプロとしてメディア出演も多数の「まごのて」は、もともとは特殊清掃に強みを持つ清掃業界のプロです。 東京を拠点としているため、東京・神奈川・千葉・埼玉であれば翌日対応を受け付けてくれることもあるようです。 おすすめの理由1:特殊清掃のノウハウをつかったオゾン除菌・消臭でクリーニング可 ゴミ屋敷の片付けのあとにハウスクリーニングを頼むと、オゾン除菌・消臭(有料)による徹底した空間除菌をお願いすることが可能です。 特殊清掃で培った技術をもとに、きれいな環境で再出発をすることが可能なのは「まごのて」ならではの強みですね。 おすすめの理由2:女性スタッフ限定の「なでしこお掃除隊」コースあり 部屋に入る清掃スタッフを女性スタッフに限定した「なでしこお掃除隊」というコースが用意されているので、一人暮らしの女性の汚部屋清掃で「男性スタッフは恥ずかしいから立ち入ってほしくない」というときの強い味方です。 「まごのて」は、特殊な機材を使った消臭や除菌などの高い技術が強みではあるのですが、料金がやや高いのが難点かもしれないですね。 3 くらしのマーケット 大手の「七福神」や「まごのて」が展開していない北海道、東北、北陸、中国・四国、九州地方でゴミ屋敷清掃を頼む場合には、地元の業者さんに自分で頼む必要があります。 そんなときには、日本全国のハウスクリーニング業者や清掃業者が多数登録している「くらしのマーケット」で探すのがおすすめです。 ただし、「くらしのマーケット」自体は清掃業者ではなくマッチングサービスのため、掲載されている業者の中から信頼できる業者を自分でさがす必要があります。 ここでは、くらしのマーケットでゴミ屋敷清掃業者を探すときのコツを紹介します。 選び方1:「ゴミ屋敷清掃」の口コミがある業者を選ぶ ゴミ屋敷清掃は、不用品回収業者や便利屋さんが登録しているカテゴリです。 そのため、ゴミ屋敷清掃対応として登録していても、実際には未経験だったりすることもありますので、実際に「ゴミ屋敷清掃」の口コミがついている業者を選ぶようにしましょう。 選び方2:「2t 車」に対応していること 実は清掃業者を選ぶときに大事なのがトラックの大きさです。 トラックの大きさが「回収できるゴミの量」とイコールになるためです。 ワンルームマンションの清掃であれば軽トラックなどでも十分かもしれませんが、2LDK以上のマンションや一戸建ての場合には2t車程度がないと十分ではありません。 安いからと言って「軽トラック」しかもっていないような業者を選んで、二往復・三往復させてしまってかえって割高になった…なんてことにならないようにしましょう。 選び方3:女性スタッフ在籍はやや少数派 残念ながら、ゴミ屋敷清掃をてがけるような便利屋さんや不用品回収業者は男性が多い業界。 くらしのマーケットに登録している業者のなかで「女性スタッフ在籍」とうたっている会社は少数派です。 女性がいるかどうかが不明な場合は、プロフィール写真に女性が写っているか、夫婦で事業を行っているかなどをもとに判断しつつ、見積もり後のやりとりの中で女性スタッフに来てもらうことが可能か、さりげなく聞いてみるのがいいでしょう。 ゴミ屋敷・汚部屋クリーニングに関する質問 片付け料金の分割はできる? 基本的には、ゴミ屋敷や汚部屋清掃の料金の支払いは「一括払い」が原則となっています。 そのため、分割での支払いをしたい場合には、クレジットカードで12回払いや24回払いでの支払いをすることになります。 即日でゴミ屋敷の清掃をしてもらえる? 部屋の広さやゴミの量によって片付けに必要な人員やトラックの大きさが大きく異なり、掃除料金も大きく変動します。 そのため、どの業者も実際の片付け作業の前に「見積もり」をとった上で作業をするため、即日での作業を引き受けてくれる業者はほとんどありません。 どうしても、という場合には「くらしのマーケット」に登録している個人の業者に相談してみましょう。

次の