折り紙 くす玉 花。 折り紙 花 くす玉

折り紙でくす玉作り。作り方とアイデア実例まとめ

折り紙 くす玉 花

折り紙ローズボールとは 以前にご紹介したShin Han-GyoさんのローズボックスのパーツをUyen Nguyenさんがアレンジしてくす玉に仕立てた作品がこのローズボールです。 わかりにくいのでローズボールと呼んでしまってますが、正式名称は「Rose Auditorium」となっていまして、このAuditoriumの意味がわからず。 調べてみたら 1. (教会・劇場などの)会衆席、聴衆[観客]席 2. 米 (学校の)講堂;公会堂,ホール ということで、ますますわかりません(汗)。 バラの花たちが集まった作品っていう意味だろうとは思うのですが、まあ、そんなこんなのバラのくす玉でございます。 そもそもがローズボックスのアレンジなので、原作のUyen Nguyenさんが公開していると途中まで折り方は一緒だろうということで、私自身は最後のくす玉用アレンジの部分のみ動画を参考にして、そのほかの部分は折り図を見ながら折っていきました。 で、ですね。 かなり時間のかかる作品なので、試し折りなどはせずに一回できっちり決めようと思ったのですが……、失敗しました。 5センチ角の折り紙で折ったのですが、どうやら普通の折り紙では少し薄すぎるようなのです。 気をつけて組んではみても、出来上がりがどうにもいびつになってしまいます。 うーむ、うーむ、うーむ、と悩んだ末に、折り紙よりも少しだけ厚手のカラーコピー用紙で再挑戦することに。 A4カラーコピー用紙から正方形をとり、それを4等分したものを使用しました。 動画では6枚組の作品が紹介されていましたが、せっかく作るんだからということで、再度30枚組に挑戦(……こうして、折り紙に費やす時間ばかりが増えて行くのでありました)。 30個っ! かなり時間がかかります。 ただ、このバラはきっちり折り線さえつければきれいな形になってくれる、とってもストレスの少ないバラなので、テレビを見ながら、ぽっつりぽっつりと折って行きました。 べったりとつけるのではなく、楊枝の先でちょんちょんとつける程度です。 とりあえずいつものように玄関先の靴箱の上に飾ってみたのですが、パステルカラーな雰囲気が、見事に周囲とミスマッチを起こしております(笑) いつか、もっと落ち着いた色合いのローズボールが作れたらな、とは思っているのですが、その気力がわき起こるのは当分先になりそうです。 Name Rose Auditorium Designer Shin Han-Gyo Uyen Nguyen(arrange) Video Diagram.

次の

【折り紙】ローズボール(バラのくす玉)

折り紙 くす玉 花

折り紙で出来た花は、可愛いだけでなく、様々なインテリアや作品のアレンジにも使えるものが多いです。 しかし、いざ折り紙で花を作ろうと思っても「難しくてできない…」となっては意味がないですよね。 ここでは、折り紙初心者や不器用な方にも簡単につくることが出来る折り紙の花のうち、バラの作り方についてまとめてみました。 折り紙の色を変えるだけで、雰囲気が変わるので、是非様々な色の折り紙で作ってみましょう! 折り紙:花(バラ)の簡単な折り方• 折り紙の白い面を上にします。 十字になるように、真ん中で半分に折り目をつけます。 角の先を、折り目の中央に合うように4カ所とも折っていきます。 手順3と同じように、中央に合わせるように4か所とも2回程度折ります。 一番上の角を段差ができるように4か所とも外側へ折り返します。 手順2~4までで出来た中央の角を、同じように外側へ折り返します。 一番外側の角の先を折って、形を整えたら完成です! 折り紙を使った花の折り方・作り方初級編1つ目は、簡単にできる平面のバラの花です。 折り紙初心者や不器用な方には、ワンパターンの折り方をくり返して作るタイプのバラの花は作りやすくておすすめです。 先ほどご紹介した、一番簡単な折り方・作り方で花の作り方に慣れた方はこちらにもチャレンジしてみてください! 平面のバラの花の作り方• 対角線に折り目がつくように、三角に折り目を付けます。 折り目に合わせるように三角に折ります。 手順3で折った部分に重なるように、折り目に合わせて折る。 手順2~3を2回くり返します。 全てを折って四角形になったら、一番上をめくって内側に折り込みます。 一番上の部分を軽く広げて、三角に折っていきます。 4つの角を中に入れたら、完成です! 折り紙を使った花の折り方・作り方初級編2つ目は、平面チューリップです。 折り紙で作ることができる花はバラだけではありません。 ここでご紹介する平面チューリップは簡単な手順で作れます!様々な色の折り紙で作るとボリュームがアップするため、動画で作り方を覚えたら、カラフルな折り紙でたくさん作ってみましょう! また、平面チューリップは葉と一緒に飾ると、さらに可愛らしさがアップします。 箱やボトルの中に折り紙で作ったチューリップの花と一緒に入れて、インテリアとして楽しむのも良いですね! 平面チューリップの作り方(花の部分)• 折り紙の中央に折り目が付くように、四角に折ります。 左右2つの角を折り目に合わせて折ります。 折っていない側の端に、約1~2センチ程度ごとに3つ印を付けます。 一番高い位置にある点まで、折り目部分から切り込みを入れます。 切り込み部分から外側へ向かって2つとも折り目を付けます。 折り目に合わせるように折ってから、折った部分に重なるように反対側から折ります。 もう片方も手順6と同様に折ります。 上に折り上げます。 折りあげた部分の外側を半分に折ります• 下部分の角を内側に折ると、花の部分の完成です! 平面チューリップの作り方(葉の部分)• 対角線に折り目が付くように、三角に折ります。 折り目に合わせるように三角に折ります。 同じ部分をもう1回折ります。 折っていない上側の部分を折り目に合わせて折ります。 折り目から、半分に折ってチューリップの葉の部分の完成です! また、この桜の花を作る時にはハサミを使う手順がありますので、小さな子供と一緒に作る時は、子供がハサミでケガをしないように注意しましょう! 桜の花の作り方• 折り紙の色の部分が内側になるように、半分に折ります。 下部分の角を辺に合わせるようにして折り目を付けます。 反対側から辺に合わせるように折り目を付けます。 もう片方の下部分の角を折り目の交差した部分に合わせるように折ります。 折った部分を外側へ半分折ります。 手順5で折った部分の内側に合わせるように、もう片方の角を折ります。 中央から半分に折ります。 カーブになるように切ります。 1枚の花びらになるようにたたんでから、下部分を内側へ折ります。 軽く広げると、リアルな桜の花の完成です! 折り紙を使った花の折り方・作り方初級編4つ目は、あさがおの花です。 折り紙の花のなかでも、メジャーなあさがおですが、作り方によってはさらにリアルなあさがおができるのです!ここでは、本物そっくりの折り紙のあさがおの作り方についてご紹介していきます! あさがおの花の作り方• 対角線に折り目が付くように、三角に折ります。 折り目の中心に角の先端を合わせるように4か所とも折り目を付けます。 4つの角の辺を少しだけ内側に折ります。 折り目の中心に合わせて折ってから、半分に折り目を付けます。 折り目に沿って四角になるように折りたたみます。 中央の折り目に合わせるように、左右の角を折ります。 上部分を広げて、角を折り曲げて形を整えたら完成! 折り紙を使った花の折り方・作り方中級編1つ目は、和風で可愛い桃の花です。 この桃の花は色面と白い面が、完成時にきれいに表れるようになっています。 小さな折り紙で作るとより可愛らしさがアップしますよ!後半の手順が難しくなっていますので、初級編で折り紙の花作りに慣れてきた方は是非チャレンジしてみてください。 和風で可愛い桃の花の作り方• 半分に折ります。 下部分から上に折りあげて折り目を付けます。 上部分から下へ半分だけ折り目を付けます。 反対側の角を折り目に合わせるように折り、半分だけ外側へ折ります。 もう片方の角を半分に折ります。 紙を裏返して、半分に折ります。 辺の部分を直線に切って開きます。 下部分を折り目に合わせて、4方向から折り目を付けます。 折り目が五角形になったら、その部分に合わせるようにたたんで4方向から折り目を付けます。 折り目に合わせて、中央に五角形が現われるように包み込んで折っていきます。 4つの角の先端部分を反対側へ折って、完成です! 折り紙を使った花の折り方・作り方中級編2つ目は、インテリアにもぴったりなユリの花です。 本物のユリの花のような立体感のある仕上がりになる作品であり、カールの付け方や折り紙の色によって、雰囲気が変わってくるという面白さもあるため「立体的な花が作ってみたい!」という方は、是非チャレンジしてみてくださいね! インテリアにもぴったりなユリの花の作り方• 対角線に折り目を付けます。 紙を裏返して、紙の中央に折り目が付くように半分に折ります。 対角線の折り目をつまんで、四角形になるようにたたみます。 折り目に合わせて左右から折ります。 反対側も同様に折ります。 折った部分の中に指を入れて、広げるように折ります。 上部分を折り目に合わせて折ります。 下部分を上に折り上げ、折り目を付けます。 4か所の上部分を広げ、内側へ折り込みます。 端を上に広げ、中央に合わせるように折ります。 鉛筆などに先端を巻きつけて、カールさせたら完成です! 折り紙を使った花の折り方・作り方中級編4つ目は、立体的なひまわりです。 夏の花の代表であるひまわりですが、ここでは、折り紙を使った立体的なひまわりの作り方をご紹介します!中級編~上級編は、折り目の付け方が大切になってきますので、折り方や広げる部分は出来るだけゆっくり、ていねいに行うのがポイントですよ! 立体的なひまわりの花の作り方• 黄色の折り紙(大)・茶色の折り紙(小)を用意します。 茶色・黄色の両方に、対角線に折り目が付くように折り目を入れます。 茶色の折り紙にノリを付け、黄色の折り紙の中央に貼り付けます。 色の面を上にして、折り目の中心に合わせるように、4か所の角を折ります。 裏返したら、折り目に沿って三角に2回折ります。 三角に折った角の中に指を入れて、折ります。 裏表両方とも、中心に合わせて左右から折ります。 下部分を中心に合わせて折り目を付けます。 角の中に指を入れて、折り目に沿って折ります。 4か所とも、上部分を中心に合わせて折ります。 上部分を広げながら、下へ折ります。 角を軽くつまみながら、ゆっくり引っ張っていきます。 形を整えたら、完成です! 折り紙を使った花の折り方・作り方上級編1つ目は、折り紙1枚でできるダリアの花です。 花のなかでも花びらが多く、花全体が大きくてボリュームの高い花の1つであるダリアですが、ここではそんなダリアの花を折り紙1枚で作ることができる作り方をご紹介します!花びらの枚数が増えるにつれて、手順が難しくなってきます。 上級編になると、折り方が難しくなり、手順も複雑になってきますので動画を見ながらチャレンジしてみましょう!折り方に迷ったら、動画を停止させて見るようにしましょう。 折り紙1枚でできるダリアの花の作り方• 対角線に折り目が付くように三角に折ります。 三等分に折ります。 半分に谷折りをして折り目を付けます。 裏返して、4か所とも斜めに折目を付けります。 4か所の角を先端が折り目に合うように折ります。 4か所とも斜めに折って、中央に四角形の折り目が付くように折ります。 折り目に合わせて、中央に寄せながら折りたたみます。 出っ張っている部分を横に倒していきます。 四角形になったら、上部分を折り目に合わせて階段になるように折ります。 角を少し折ったら、完成です! 折り紙を使った花の折り方・作り方上級編2つ目は、立体チューリップです。 平面のチューリップは初級編にてご紹介しましたが、上級編では手順がさらに細かくなる立体のチューリップの作り方・折り方をご紹介します。 葉の作り方も載せていますので、竹ひごで茎を作って組み立てれば、本物そっくりの花に仕上がります! まるで本物!立体チューリップの作り方(花の部分)• 対角線に折り目が付くように、三角に折ります。 紙の中心に十字に折り目が付くように、半分に折ります。 折り目の中心に先端が合うように、4カ所の角を折ります。 折り目に合わせて、半分に折ります。 もう1回半分に折ってから、裏表両方の中に指を入れて折ります。 中心の折り目に先端を合わせるように裏表両方とも折ります。 両側から広げて、裏表両方の上部分の角を折り目に合わせるように折ります。 折った部分の先を外側に折ります。 先端をハサミで切り取り、反対側から指を中に入れて広げます。 広げた部分の先端をつまようじに巻きつけてカールさせたら完成です! まるで本物!立体チューリップの作り方(葉の部分)• 紙の中心に折り目が付くように半分に折ります。 折り目に合わせるように、上下部分を折ります。 中央の折り目に合わせるように、もう1度左右から折ります。 折り紙を使った花の折り方・作り方上級編3つ目は、ハナミズキです。 歌のタイトルになっていることで有名なハナミズキの花ですが、実は折り紙でも作ることができるのです!立体的で本物そっくりに仕上がりますが、複雑な手順も含まれているため、初級編や中級編の作り方に慣れてからチャレンジした方が良いかもしれません。 ちょっと難しい!立体ハナミズキの作り方• 三角に2回折り、下部分に指を入れながら四角になるように折りたたみます。 中心の折り目に合わせるように左右から折り目を付けます。 左右の角を内側に折り、上部分から指を入れて折りたたみます。 下部分を上に折り上げます。 一度全部もとに戻してから、折り目に沿って五角形になるように折りたたみます。 4か所とも、2の角を内側に折っていきます。 上部分を軽くつまんで、ゆっくり広げたら、完成です!.

次の

お花 折り紙 立体 くす玉

折り紙 くす玉 花

折り紙で立体のくす玉を作りました。 で、ず~っと作るのを躊躇してたんだけど、ようやく作る決心をして、作ったというわけ。 5cm のものなら60枚• カッターナイフ• カッティングシート• ボンド• 楊枝 3本くらい• チラシ• 刺しゅう糸 45cm• 糸通し 折り紙、かなりの枚数が必要です(笑) ちなみに、カッターナイフとカッティングシートと定規は、 7. 5cm の折り紙が60枚用意できるのならば、必要ないですよ。 立体のお花のくす玉の作り方 1、まずは、 7. 5cm の折り紙を60枚、用意してくださいね。 これは、このブログで以前紹介したと同じですので、こちらを参考にしてくださいね。 私は、テレビを見ながら半日かけて作りました。 ながら作業でもできるくらい簡単なので、 あまり根を詰めすぎないで、無理をしないで作ってください。 6、糸を通したら、輪になるように端っこを結んでおきましょう。 7、では、お花の側面の立体になっているところ2ヶ所に、楊枝を使って、写真のようにボンドを塗ってください。 8、ボンドを塗ったところに、他の花をくっつけます。 これを合わせると、くす玉がとても綺麗な仕上がりになりますよ! 9、あとは、同じ様に、7で説明したように2箇所同士を張り合わせて、6個のお花の半球を作ります。 11、くす玉の半球と半球を張り合わせる前に、刺しゅう糸を糸通しに通して、写真のように糸があるのとは別の半球の真ん中の穴に通して、テッペンから糸を出してください。

次の