ムーミン マグ 2019。 2019 冬限定 クラウンスノーロード(Crown snow

アラビア ムーミン コレクターズミニマグ Collector's Moomin minimugs 2019

ムーミン マグ 2019

4年ごとに変わるテーマカラーは2006~2009年が濃紺、2010~2013年は水色、2014~2017年はグレー モノトーンに差し色。 2018年のはブルーグレーのベースカラーに白抜きで雪とムーミントロールが描かれるという今までにないパターンが大人気でした。 さて、今年2019年はどうなったかというと……ご覧のとおり、白地に細かな線画でトーベ・ヤンソンの原画が丁寧に再現され、ピンクとブルー、控えめなオレンジが差し色になっています。 テイストとしては、2018年を踏襲するのではなく、2017年に戻った感じ。 とはいえ、二番煎じではなく、ムーミンマグの人気パターンの再来!とも言えそう。 繊細な原画に絶妙なピンクは、大人気だった伝説のやも連想させます。 では、今年の「クラウンスノーロード Crown snow-load 」に使われているのがどんな場面なのか見ていきましょう。 今回もまた、小説『ムーミン谷の冬』の挿絵がいくつか組み合わせられています。 冬眠から目覚めてしまったムーミントロールが思いきって外の世界に一歩踏み出し、真っ白な樹氷を見上げる場面。 この、木に積もった雪がクラウンスノーロード Crown snow-load 、樹冠積雪という現象です。 雪は風に飛ばされたり、木の持つ熱で溶けたり、雪が重すぎれば枝が折れたり、滑り落ちたりして、このような形になるには一定の条件が必要。 フィンランドの冬を象徴するようなひとつの姿を、トーベ・ヤンソンが巧みに描いた絵がマグの中央に配置されています。 反対側には、ミムラねえさんとぬくぬくと眠っていたところを、おっちょこちょいな子りすに起こされてしまったリトルミイ。 子りすが洞穴を覗く挿絵には実はミイの姿はなく、ちょこんと座るミイは『ムーミン谷の冬』のもっと後の場面から描き加えられました 春が近づいて海の氷が割れ始め、氷上にいたミイを助けようとしたムーミントロールが海に落ちてしまったのに、ミイは氷の上に座って見物しているという。 ムーミントロールの後ろにいるのは、小さなはい虫。 原画ではふたり並んで、ヘムレンさんが寒中水泳している様子を眺めているキャラクターです。 サロメちゃんかもしれないし、大勢のはい虫のうちのひとりかもしれません。 ピンク色で表現された地面のような箇所には、岩の上に設置された航路標識があり、そこが大地ではなく凍りついた海であることがわかります。 空にかかっているのは、雪景色を明るく照らす満月ですが、冬の控えめな太陽のようにも見えますね。 2018年は表裏が同じ絵の反転でしたが、2019年は片側にムーミントロール、反対側にリトルミイ、そしてふたつの絵をつなぐかのように、雪の上に残された足跡が点々とマグ全体を横切っています。 Skiing Competition 2010 Winter games 2011 Winter Forest 2012 Under the tree 2013 2010年の、薄いブルーを基調にコミックスの絵をメインにしたマグが4つ続きます。 2010年と2011年のに使われているコミックス『やっかいな冬』は、冬眠をやめたムーミン一家がスポーツ協会のブリスクさん指導のもとウィンタースポーツに挑戦するお話。 ミムラとスノークメイデンはきびきびしたブリスクに熱をあげ、ムーミントロールはしかめっつら。 2012年のと2013年のはまた少し絵柄の趣が変わって、フィンランド外務省からの依頼でトーベが描きおろした「サンタクロースの手紙」のトナカイの絵、コミックス執筆を姉のトーベから引き継いだラルス・ヤンソンによる『Moomin and Aunt Jane』など、あまりなじみのない絵が使われ、アニメのイメージに近いような親しみやすい雰囲気でした。 Skiing with Mr. Brisk 2014 Hibernation 2015 Snowhorse 2016 Spring winter 2017 2014年からの4年間はグレー モノトーン+差し色 のグループ。 2014年のにはコミックス『やっかいな冬』が再登場。 ただし、白をベースにグレーの細かい線で冬の風景が描写され、以前のマグと比べると大人っぽく感じられます。 その大人な雰囲気に、小説『ムーミン谷の冬』の絵を乗せ、ウィンターマグの魅力を再認識させてくれたのが2015年、2016年、2017年。 マグに登場するのは、ぐっすりと眠って起きてくれないムーミンママとムーミンパパの横にひとり佇むムーミントロール、シャンデリアの上のご先祖さま、トゥーティッキが作った雪のうまとムーミントロール、犬のめそめそに話しかけるスキーの得意な冬のヘムレンさん。 そして、ソリに見立てた銀のおぼんで滑るリトルミイと、ミイにぶつかられて雪をかぶってしまったムーミントロール、春の太陽を背にムーミン谷へと戻ってくるスナフキンです。 2019年を振り返ると、定番マグに仲間入りしたのは。 世界的な注目を集めたのは、埼玉県飯能市にオープンしたムーミンバレーパーク限定のでした。 これはパーク限定ですからスコープでの取り扱いはありませんが、よく似た雰囲気のサマーマグは真夏以外も使いやすいナイスな一品でした。 実は我が家では11月現在、まだサマーマグ「イブニングスイム」と「ムーミンバレーパーク限定マグ」をセットで使っています。 2019年「クラウンスノーロード Crown snow-load 」は一昨年2017年のと組み合わせて使う予定。 とっくにウィンターマグに入れ替えの時期ではあるのですが、最近のシーズンマグは季節感が強すぎないので、朝はサマーマグ、夜はウィンターマグなんて使い方も楽しめそうです。 繊細で優しい色づかいの「クラウンスノーロード Crown snow-load 」は、季節のお菓子やスノーボールクッキー、ジンジャーブレッドなどと合わせて、冬のリラックスタイムにぴったり。 グロッギ ホットワイン 用にもよさそうですね。 text:萩原まみ ライター.

次の

2019年夏限定アラビアムーミンマグカップ「イヴニングスウイン」(Evening swim/Iltapulahdus)4月15日発売!

ムーミン マグ 2019

ムーミンは、フィンランド誕生の作品で、日本でもアニメがきっかけとなり広く知られるようになったキャラクターだ。 キャラクターグッズとしてもムーミンのシリーズは非常に多くのグッズがあるが、中でも人気が高いのが アラビア社のムーミンマグである。 ムーミンマグのシリーズは1950年に販売開始、一度中断されたものの1990年から再び製造販売を再開し、現在に至るまで作られ続けている。 限定品や廃盤品などもあり、コレクターも多く存在している。 そこで、アラビアのムーミンマグは買取価格はいくらほどなのか、高価買取のシリーズはあるのか、など ムーミンマグの買取相場や査定情報をまとめた。 ムーミンが好きな人やムーミンマグを持っている人もぜひ、最後まで読んでほしい。 アラビア ARABIA とは アラビア社は名前からアラビアがイメージされるが、フィンランドにある名窯である。 シンプルな陶器から華やかなデザインのものまで実に豊かなオリジナリティを持った製品を1873年から製造し続けている。 フィンランドといえば、ムーミンの作者が誕生した地でもあり、深くムーミンとの絆があることがうかがえる。 アラビアは、フィンランドのヘルシンキで1873年に設立、1916年に第一次大戦の後フィンランドが独立することからフィンランド資本によって買収され、フィンランド企業となる。 その後、 現在まで順調に成長し続けている陶器製品企業である。 140年もの歴史を持つアラビアは、フィンランドデザインの陶磁器として知名度の高いブランド食器となり、価格帯も比較的手に入れやすいことからフィンランド国内でも必ずそろえるブランド食器にまでどの家庭にも浸透している。 ムーミンマグはアラビアと同じくフィンランドで誕生したことから、シリーズ化されるようにまでなり、 フィンランドだけではなく世界中にムーミンマグコレクターが存在するようになった。 ムーミンマグとは アラビア社が手掛ける ムーミンマグはどちらもフィンランド生まれであり、1950年代に初めてアラビアがムーミンマグを作成したが、 現在流通しているものは1990年代以降のシリーズが多い。 これまでに実に80種類以上ものムーミンマグがあり、毎年3~5種類新たなシリーズが販売される通常品や、季節ごとのデザインを彩った限定品、特別記念限定品なども人気が高くシリーズコレクターも多く存在する。 販売価格も通常品は日本では 2,000~3,000円とリーズナブルな価格となっているが、 廃盤になったものも人気が高くプレミア価格が付き取引されていることもある。 ムーミンマグの価値とプレミア付き商品 アラビアのムーミンマグは世界中にコレクターがいる。 特に希少性の高いもの、食器としての買取においても高額が期待できるムーミンマグがある。 ムーミンマグは発売開始は1900年代で、古いものは確かに価値が高いとされているが、わずか数年の短い期間のものでも 希少価値が高いものが存在する。 ここでは廃盤品となった1990年に発売された初期のムーミンマグと高額買取されるムーミンマグについて紹介しよう。 1990年代初期のムーミンマグカップ ムーミンマグは1990年代に一番最初のものが発売され歴史も長く1990年代当初のムーミンマグは 現在とは異なるデザインとなっており、希少価値が高いものとなる。 1990年に最初に発売されたムーミンマグは以下の4種である。 ・ムーミンマグダークグリーン・・・1993年販売終了• ・ムーミンマグダークローズ・・・1993年販売終了• ・ムーミンマグダークブルー・・・1996年販売終了• ・ムーミンマグダークイエロー・・・1996年販売終了 買取店での買取価格を調べたが、公表している買取店を見つけることはできなかった。 しかし、 ヤフオクでの 落札価格を発見できたので参考までに掲載しておく。 ・ムーミンマグダークグリーン・・・最安落札価格 16,667円/最高額 29,000円• ・ムーミンマグダークローズ・・・最安落札価格 18,500円/最高額 50,000円• ・ムーミンマグダークブルー・・・最安落札価格 16,000円/最高額 31,000円• ・ムーミンマグダークイエロー・・・出品、落札1件で 30,000円で落札 元々の販売価格が2,000円~3,000円だったものが 倍以上の価格で落札されているということは買取店での買取価格も高いのではないか、と予測される。 ファザースペシャルマグ ファザースペシャルマグはアラブアのムーミンマグの中でもプレミア付きとされているもので2004年に 400個だけ 限定販売されたムーミンマグで、カップの底には シリアルナンバーが記載されている。 非常に希少性の高いムーミンマグであり、買取店の情報やヤフオクでも見ることができなかったため、買取価格は不明だが、もし買取に出されたとしたら、 1個数十万円となる可能性が高い。 限定販売のアラビア ムーミンマグの買取価格は高い ムーミンマグはシリーズ化されているため、数えきれないほど販売されている。 毎年販売されるため簡単に手に入れることができるものもあるが、廃盤となっているものの中でも限定品は非常に希少性が高いため、 定価の3倍以上の価値がついているものも珍しくない。 近年販売されたムーミンマグでも限定となると定価の数倍となっていることもあるため、ムーミンマグの買取を考えているならば、食器を専門とした 食器買取店に見積もり査定を依頼したほうがよいだろう。 2000年ミレニアム記念限定マグ 2000年記念のミレニアムムーミンマグは希少性の高いマグとしても有名であり、ヤフオクでは 58,000円で落札されている。 この希少性は年々高くなると予想できるため、食器買取店に査定してもらうと、かなりの高額買取が期待できるだろう。 2005年夢見るムーミン 夢見るムーミンはムーミンの生誕60周年を祝して 2005個限定で発売されたマグカップである。 このマグは希少性が極めて高く、ヤフオクでは 205,000円で落札されている。 この限定品は 10,000ユーロ(日本円換算約141万円)で取引されたこともあるほど、プレミアム品なのである。 もし自宅に眠っており、買取を検討するならば、非常に高い価格での買取が期待できる逸品だ。 ヤフオクで落札価格が高かったもの 買取店での買取相場額の公表が少ないため、ヤフオクでの相場をここで記載しておこう。 終了120日分で、1,434件の出品、平均落札価格は 10,564円、最高額は 205,000円となっている。 以下のアラビア ムーミンマグはヤフオクにおいて、落札価格が高いものである。 ・ムーミン アラビア マグ 冬 限定 クリスマス 2004年・・・落札価格 42,000円• ・Christmas greetings 97-02・・・落札価格 40,000円• ・バレーパーク 限定・・・落札価格 37,800円• ・65周年 ナイトセーリング マグ カップ・・・落札価格 24,000円• ・チルドレンマグカップ ボーイ フィンランド購入・・・落札価格 20,000円 この中でもバレーパークの出品数は多くあったが、それでも10,000円以上の落札価格となっており、 20,000円~34,000円の価格帯で落札されていた。 限定品ムーミンマグ2019について 2016年に販売された夏バージョンも今では10,000円以上の価格で販売されている。 2018年は飛行おに、トフスランとビフスランが販売され、今年2019年の夏バージョンもフィンランドではすでに4月15日から販売開始されている。 日本でも 2019年夏限定デザインのイブニングスイムは販売開始となっている。 さらに、2019年は、ムーミンの最新アニメ ムーミン谷のなかまたちが日本をはじめフィンランド、イギリスで上映されることが決定し、アラビアによるムーミン谷のなかまたちをコンセプトにしたアートムーミンマグカップ4製品が6月14日に発売開始となる。 これも 特別限定となるため、後々プレミアが付くのではないだろうか。 アラビア ムーミンマグシリーズはヤフオクの落札価格を見ると、限定品や廃盤品は高い価格で取引されることがわかった。 ただし、あくまでもマグカップは食器であるため、買取店に買取を依頼する場合には査定額を慎重に検討するとともに、買取価格を少しでも上げることも考えておきたい。 アラビア ムーミンマグの買取価格をアップするコツ 食器の場合には、通常は、価格はさほど高くないものが多い。 それは新品かどうか、使用品かどうかが大きく左右するからである。 しかし、限定品や廃盤品の場合には、買取価格は高くなる傾向がある。 さらに買取価格をアップするコツを紹介するので、アラビア ムーミンマグの買取を検討している際には参考にしてほしい。 未使用かどうか 新品でかつ未使用なのか中古なのかによって、食器の買取価格は異なってくる。 使ったかどうかなんてわからないと思うかもしれないが、新品で未使用品の食器の場合には、 食器の裏などに貼ってあるシールやラベルがついているかどうかが、買取価格を左右する大事なポイントになっている。 正規品かどうか アラビアをはじめブランド食器は 偽物が非常に多く出回っている。 もし自分の持っているアラビア社のムーミンマグが本物かどうかわからない、という不安があったら一度 正規品を販売しているお店に相談に行くとよいだろう。 購入した際に、正規取扱店で購入している場合には問題はないと思うが、不安を感じるならば、買取店に査定を依頼すれば、これも偽物かどうかの判別をしてもらえるチャンスとなるだろう。 複数の買取店に査定を依頼する 買取価格を公表している食器買取店はほぼないため、 アラビアのムーミンマグの買取の対応をしている買取店を何社かピックアップし、買取価格の査定を依頼しよう。 1つの買取店では、しっかりとした 適正価格がわからないため、何社かに見積もりを出すことで適正価格を知ることができるだろう。 見積もりを依頼する際には、購入時期、購入先、使用状況、デザイン名、状態を知らせることで、仮の査定額を提示してくれることが多い。 付属品の有無 ムーミンマグはコレクターも多いが、コレクターはマグカップだけではなく、 箱などの付属品にもこだわりを持つことが多い。 買取店でもこの点は重要視しているため、付属品が揃っていれば買取価格もアップすることが多い。 付属品があるならば、かならず見積もり査定の際には提出するようにしよう。 廃盤品は買取は待つ ムーミンマグの場合には限定品となると、非常に高い買取価格となることが多い。 加えて廃盤となれば、さらに高い買取価格となる。 現行品が3,000円程度だが、 2014年以前の廃盤品は現在販売価格も1万円以上となっているため、買取価格も高くなると予測できる。 いつ廃盤になるのか、という予想は難しいが、現行品を持っている場合には、保管をしっかりと行い廃盤になるのを待つのも高額買取のコツの1つである。 アラビア ムーミンマグのおすすめ買取店 食器類の買取は、ブランド食器の知識を豊富に持っている買取店に査定を依頼するのがよいだろう。 そこでいくつか食器買取店を紹介するので、アラビア ムーミンマグの買取だけではなく、ブランド食器を持っている人は買取を検討している際に役立ててほしい。 ライフバケーション ライフバケーションではざっくりとしたムーミンマグの買取価格を公表していたので、記載しておく。 ・ミレニアム2000・・・買取金額 25,000~30,000円• ・リトルミイ・・・買取金額 2,500~3,000円• ・ムーミンパパ・・・買取金額 1,500~2,000円 ライフバケーションは食器買取専門店である。 買取方法は 出張買取、 郵送買取、 店頭買取の3つの方法があり、出張買取は事前に電話か専用フォームにブランド名、シリーズ、状態、個数、使用年数を伝えることで仮査定額が提示される。 その提示額に満足の場合には、実際に出張してもらい、しっかりとした査定を行った上で新たに価格を提示し、買取となる。 出張買取エリアは以下の通りとなる。 横浜市内全域・川崎市内全域・藤沢市・大和市・町田市・綾瀬市・東京都内・世田谷区・渋谷区・目黒区・港区・豊島区・文京区・新宿区・静岡県・静岡市・清水市・焼津市・栃木県・宇都宮市・埼玉県・千葉県・山梨県・茨城県・福島県 郵送の場合にも電話、専用フォームで依頼、相談の後郵送するが、段ボールがない場合には無料梱包キットを送ってくれる仕組みである。 ただし 送料は見積金額が5,000円未満の場合、自己負担となる。 5,000円以上の場合には着払いで送ることができる。 またまとめて食器を送る場合1商品の単価が100円以下の場合、合計金額が5,000円以上でも送料がかかる場合があるため、事前確認が必要だ。 店頭買取は、横浜店、世田谷店、静岡店、宇都宮店、千代田店の5店舗で行っている。 日昇堂(NIKKOUDOU) 北欧の食器の買取を行う 日昇堂は食器買取とともに販売も行う専門店である。 北欧食器だけではなく和食器、ブランド食器の買取も行っているため食器に対する知識は非常に豊富な専門買取店である。 宅配買取、出張買取に対応、さらに 出張買取のエリアも北海道から沖縄まで行うため、全国どこからでも申し込むことができる。 ムーミンマグ以外にもブランド食器が自宅にたくさんある場合にはまとめて依頼するとよいだろう。 宅配買取では、24時間対応問い合わせフォームかフリーダイヤルでの電話相談で問い合わせてから利用するとよいだろう。 自宅に無料宅配梱包キットが送られ、ゆうパックで着払い指定で送ることができるため送料も無料になっている。 査定は1品からできるが、キャンセルの場合には返送料が有料となる。 まとめ アラビア ムーミンマグの買取相場や査定情報をまとめた。 買取専門店での買取価格は明らかにされていないが、ヤフオクでの落札価格を見ると、 廃盤品、限定品は落札価格が高いことから、買取専門店でも買取価格は高くなるのではないかと予測できる。 食器の場合には新品であるか、未使用品であるかが買取価格を大きく左右する。 そのため、毎年発売されるムーミンマグを購入した場合には、 新品状態で保管しておくことがよいだろう。 アラビアのムーミンマグは、使用するために購入するというだけでなく、ムーミングッズのコレクター、マグカップのコレクター、食器のコレクターなどコレクターアイテムとしても価値の高いものである。 そういった コレクターが多く存在するアイテムは買取価格も高くなる傾向があるため、保管状態には気を配り、自宅に眠っているものがあれば上手に買取に出してみることをおすすめする。

次の

【2019夏】ムーミンアラビアマグ〜Evening Swim〜日本販売はいつ?

ムーミン マグ 2019

2019年冬季限定コレクションマグのテーマは「クラウンスノーロード」(Crown Snow-load)。 「クラウンスノーロード」とは木の上や建物の上にたくさんの雪が分厚く積もっている状態を指します。 冬眠の最中に目覚め一面の銀世界を探検するムーミンと起きたばかりのリトルミイが描かれています。 ムーミンは、モミの木が樹氷の重さでこうべを垂れるほどの雪に覆われたムーミン谷に驚嘆しています。 予めご了承くださいませ。 (直火にはご使用いただけません。 ) 「陶磁器製品 バックスタンプについて」 バックスタンプのデザインは製造時期により商品画像と異なる場合がございます。 また、カップとソーサーでも同一でない場合がございます。 予めご了承くださいませ。 北欧を代表する窯として愛され続けているフィンランドの陶磁器ブランド「アラビア(ARABIA)」は、デザイン性、芸術性に優れながら使い勝手に配慮した実用的な陶磁器の製作を続けています。 カイ・フランク、ビルイエル・カイピアイネン、ヘイッキ・オルボラなど、世界屈指のデザイナー達が個々の感性を自由に表現した作品は、常に世間を魅了しています。 際立ってシンプルなものから、華やかなロマン溢れる作品まで、オリジナリティー豊かな製品を幅多く揃えているのもアラビアならではの特徴です。 商品詳細 商品番号 641180100655 商品説明 2019年冬季限定コレクションマグのテーマは「クラウンスノーロード」(Crown Snow-load)。 「クラウンスノーロード」とは木の上や建物の上にたくさんの雪が分厚く積もっている状態を指します。 冬眠の最中に目覚め一面の銀世界を探検するムーミンと起きたばかりのリトルミイが描かれています。 ムーミンは、モミの木が樹氷の重さでこうべを垂れるほどの雪に覆われたムーミン谷に驚嘆しています。 予めご了承くださいませ。 (直火にはご使用いただけません。 ) 注意事項• ・商品の価格は実店舗と異なる場合がございます。 ・販売価格は予告なく変更される場合がございます。 予めご了承くださいませ。 商品名 アラビア(ARABIA) ムーミン 2019 ウインター マグ クリスマス クラウンスノーロード Crown Snow-load 1028338 ブランド名 アラビア(フィンランド) シリーズ名 ムーミン オプション• ラッピング•

次の