ウェブ マネー 残高 確認。 Steam WebMoneyの決済/購入・チャージ(課金)方法!ウェブマネー支払いの注意点も解説!

Google Play の残高への追加と残高の確認

ウェブ マネー 残高 確認

WebMoney(ウェブマネー)は、コンビニエンスストアやドラッグストアなどで購入できる、プリペイド式の電子マネーです。 オンラインショピングのほか、動画・音楽・電子書籍などのデジタルコンテンツのダウンロードなど、WebMoneyに加盟しているさまざまなWebサイトのサービスの支払いに利用できます。 そこで、WebMoneyの種類について詳しく解説します。 WebMoney(ウェブマネー)は6種類 WebMoneyの種類は、大きく分けて、次の6つのタイプです。 ・シートタイプ ・WebMoneyギフトカード ・WebMoneyプリペイドカード ・au WALLETプリペイドカード ・特定加盟店専用タイプ ・ウェブマネーウォレット なお、購入できるWebMoneyの額面は、3,000円・5,000円・10,000円などの金額固定のものと、1,500円~50,000円まで1円単位で好きな額を指定できるバリアブルがあります。 購入場所により、取り扱っているWebMoneyの額面が異なります。 また、WebMoneyは種類によって、それぞれ特徴が異なるので、用途に合うタイプを選びましょう。 シートタイプのWebMoney シートタイプのWebMoneyは、別名「チケット」や「バウチャー」などとも呼ばれます。 シートタイプは、コンビニエンスストアなどに設置してある専用端末や、レジで申し込んで購入します。 シートタイプのWebMoneyを販売している店舗は、以下の通りです。 ・セブン-イレブン ・ローソン ・ファミリーマート ・ミニストップ ・セイコーマート ・ハマナスクラブ ・PayNetCafe取扱ネットカフェ 購入手続きがすむと、英数字16桁のプリペイド番号が記載された紙製のシートが発行されます。 プリペイド番号はオンラインサービスの利用代金の支払い時に必要なので、シートを大切に保管してください。 WebMoneyギフトカード WebMoneyギフトカードは、取り扱いのある販売店舗で購入できます。 店内に設置してあるギフトカードの中から好きなものを選び、レジで代金を支払います。 シートタイプのように端末を操作する必要はありません。 WebMoneyギフトカードを販売しているのは、主に次の店舗です。 ・セブン-イレブン ・ローソン ・ファミリーマート ・ミニストップ ・ヤマザキデイリーストア ・イトーヨーカドー ・ツルハドラッグ ・GEO ・HMV など 上記のほかにもWebMoneyギフトカードを販売している店舗があるので、お近くの販売店を探してください。 なお、WebMoneyギフトカードはレジで 有効化(アクティベート)されないと使用できないので注意しましょう。 オンラインサービス代金の支払いに利用するプリペイド番号は、カード裏面の銀色部分をコインでけずると表示されます。 WebMoneyプリペイドカード WebMoneyプリペイドカードは、オンラインサービスのほか、リアルな店舗で使用できる、プリペイド式のカードです。 WebMoneyプリペイドカードには5年の 有効期限があるので注意しましょう。 WebMoneyプリペイドカードを入手するには、お手持ちのスマートフォンなどに「WebMoneyウォレットアプリ」と呼ばれる専用アプリをダウンロードして、そこから申し込み手続きをします。 後日カードが送付されたら、残高をチャージすることで、支払いが可能になります。 なお、カードの残高は、セブン銀行ATM、auショップ、ローソン、自遊空間などでチャージすることが可能です。 また、専用アプリのダウンロードは無料です。 Google PlayストアおよびApp Storeでダウンロードできます。 WebMoneyプリペイドカードは、オンラインサービスの利用代金の決済にはカードに記載されているプリペイド番号を使用しますが、リアルな店舗では、クレジットカードやデビットカードの使い方とほぼ同じです。 WebMoneyおよびMastercard加盟店で使用できます。 WebMoneyプリペイドカードには、「WebMoneyプリペイドカード(本人限定カード)」と「WebMoneyプリペイドカードLite(無記名)」の2種類があり、それぞれ次のような違いがあります。 【WebMoneyプリペイドカードの特徴】 ・カード受け取りの際に本人確認が必要 ・未成年者が申し込む場合は親権者の同意が必要 ・カードを更新できる ・Mastercardの利用上限が残高の範囲内 ・インターネットバンキング・三菱UFJ銀行チャージができる ・セブン銀行ATMで現金の払い出しが可能 【WebMoneyプリペイドカードLiteの特徴】 ・カード受け取りの際に本人確認が不要 ・Mastercardの利用上限が月10万円まで ・クレジットカード・WebMoneyプリペイド番号引継によるチャージができる WebMoneyプリペイドカードの発行手数料および年会費は、どちらのタイプも無料です。 au WALLETプリペイドカード au WALLETプリペイドカードは、WebMoneyおよびMastercard加盟店での支払いに利用できるプリペイド式のカードです。 auショプやau WALLETサイトで申し込むと、カードを発行してもらえます。 発行手数料や年会費は無料です。 ただし、申し込みが可能な対象者が決まっているので注意しましょう。 特定加盟店専用タイプのWebMoney 特定加盟店専用タイプのWebMoneyは、利用可能なWebサイトが限定されています。 種類と購入できる場所は以下の通りです。 【シートタイプ】 ・funcash WM(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマート・ハマナスクラブ) ・Crysta専用WebMoney(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ) ・Crsyta専用WebMoney forファイナルファンタジーXIV(セブン-イレブン・ローソン・ミニストップ) ・WebMoney for mora(ファミリーマート) ・TSUTAYA オンラインゲーム専用WebMoney(ファミリーマート) 【ギフトカードタイプ】 ・Steamプリペイドカード(セブン-イレブン・ローソン・ミニストップ・GEO・マツモトキヨシ・イオン・ビックカメラ など) 上記のWebMoneyは、ハンゲ、スクウェア・エニックス、mora、TSUTAYA オンラインゲーム、Steamなど、それぞれ対応するWebサイトでのみ使用できます。 ウェブマネーウォレット ウェブマネーウォレットは、WebMoneyの残高確認やチャージができるなど、オンライン上で管理できるツールです。 ただし、サービスリニューアルにともない、現在は新規作成および残高チャージは受け付けていません。 2020年8月31日正午までは使用できますが、それ以降は、WebMoneyウォレットアプリへ、完全にサービスが移行します。 また、それまでのウェブマネーウォレットの残高は、WebMoneyプリペイドカードLiteへ移行すれば、継続して使用が可能です。 ウェブマネーウォレットをお持ちの方で、移行手続きが完了していない場合は、早めに済ませましょう。 まとめ WebMoneyにはさまざまな種類がありますが、一部を除き、ほとんどのタイプを誰でも手軽に購入できるので、とても便利です。 よく利用するWebサイトやリアルな店舗などをふまえて、用途やライフスタイルに合うタイプのWebMoneyを選びましょう。 WebMoneyをよりお得に入手したい方には、ギフト券の売買サイトであるGiftissue(ギフティッシュ)の利用がおすすめです。

次の

Google Play の残高への追加と残高の確認

ウェブ マネー 残高 確認

そこで、WebMoneyの残高照会方法を覚えておきましょう! 1. WebMoneyとは? 「」とは、16ケタのプリペイド番号(英数字)を入手して、公式サイトでチャージすることで・・。 電子マネーとして利用できる「電子マネーサービス」のことです。 利用したことがない方には、ちょっと難しいですよね・・。 もう一度詳しく説明すると・・。 実際の通貨で購入した「16ケタの番号」を公式サイトで入力することで、「WebMoney」としてオンライン上の通貨となり、Webコンテンツや通販商品などの購入に利用することができます。 WebMoney最大の特徴として、クレジットカードのように事前に個人情報を入力したり、審査を受けたりする必要がなく、クレジットカードを持てない学生でもオンライン利用することが可能だということです。 WebMoneyの「16ケタの番号」はコンビニなどでも販売されているので、手軽に購入できるようになっています。 他にも、店内に設置されているネットワーク端末(ローソンの「」、ファミリーマートの「」など)を利用して購入手続きをしましょう。 端末で指定した金額の「WebMoneyレシート」を発行して、レジで現金を支払ってWebMoneyとなる「16ケタの番号」を受け取る方法があります。 WebMoneyのプリペイド番号として1度にチャージ可能な上限金額は「10,000ポイント」です。 これは、現金に換算すると「10,000円」相当です。 そして、もちろん。 WebMoneyはインターネットからの購入も可能です! WebMoneyの公式スマホアプリ「」を利用すると、クレジットカード・インターネットバンキングからWebMoneyを購入することも可能です。 ちょっと珍しい支払い方法として、「」での支払いも可能です。 auかんたん決済で支払う場合には「(インターネット上でWebMoneyをチャージできる無料オンライン財布)」を使って、WebMoneyを購入することが可能です。 そんなときには、「」でプリペイド番号(チャージ金額)の残高確認が可能です。 ちなみに、番号には銀スクラッチのセキュリティ加工が施されており、所有者のみが確認できるようになっています。 公式アプリを使えば、簡単に残高照会が可能なので。 ぜひアプリをダウンロードしておきましょう。 画面の下部に「〇〇〇POINT」とWebMoneyの種類が表示されます。 WebMoneyカードを複数枚登録している場合、スクロールして利用するWebMoneyカードを選択しましょう。 WebMoneyカードケースの利用方法 公式アプリ「WebMoneyカードケース」を使用する場合。 インストール後に「携帯電話の番号」・「パスコード」をアプリに事前登録する準備が必要です。 この「仮想カード」を使うことで、わざわざWebMoneyカードを持ち運ばなくても良くなりますね。 (バーチャルカードは、WebMoney加盟店でのみ利用可能です。 ) バーチャルカード以外に登録できるカードは、プラスチック製の磁気ストライプ型カードです。 「」「」となっています。 「WebMoneyストアーカード」は全国のauショップで販売されているカードです。 登録が完了すると、画面中央にWebMoneyのロゴが入った白いカードが表示されて、カード上にバーチャルカードを示す「 VC」のマークが表示されます。 また、カード下には 「ポイント残高 チャージ金残高 」・「管理番号」・「有効期限」が表示されます。 「無期限」と表示されます。 チャージ可能な方法としては、「プリペイド番号」・「コンビニ収納代行(セブンイレブン)」・「auショップでのチャージ」・「三菱UFJ銀行からのチャージ」の4つがあります。 (インターネットバンキング・クレジットカード払いはできません。 WebMoneyの支払い画面では、「プリペイド番号で支払う」・「ウェブマネーウォレットで支払う」・「アプリで支払う」などいくつかの方法が表示されます。 ここで、「アプリで支払う」をタップします。 2・カードを選んで指示通りに手続きを行えば、決済が完了します。 2・登録したいWebMoneyカード裏面のプリペイド番号を、スマホのカメラで撮影すれば自動で登録されます。 詳しい内容に関しては、公式サイト「」を良く確認してみましょう。 WebMoneyカードケースをスマホに入れておけば、いつでも簡単に「残高照会・チャージ・支払い」が可能です。 複数のWebMoneyカードを1枚に合算したい場合 同じ機能を持つWebMoneyカードを複数所有している場合、1枚に残高を合算することができます。 内容を確認して、OKならば「まとめる」ボタンをクリックしましょう。 まとめ WebMoneyの魅力は、面倒な個人情報の登録や審査などを必要とせず、コンビニで簡単に購入できるところです。

次の

電子マネーWebMoney(ウェブマネー)

ウェブ マネー 残高 確認

ウェブマネー(webmoney)はプリペイドタイプの電子マネー プリペイドタイプなので子供でも購入できます。 そして、購入するときに身分証などの個人情報を提示せずに買えるので、セキュリティー的にも安心です。 WebMoney管理番号とプリペイド番号 ウェブマネーには2種類の番号があります。 プリペイド番号・管理番号の違い 番号の名称 何に使う? ケタ数 プリペイド番号 商品の購入 16ケタ 管理番号 決済の問い合わせ 16ケタ 2種類の番号がウェブマネーを購入した際のシート・またはカードに記載されています。 商品・サービスの決済に使用するのがプリペイド番号、WebMoneyについて問い合わせるときには、管理番号:「20」からはじまる16桁の数字を使います。 ウェブマネーに有効期限は設定されていないため、長期間使わずに保管することもできます。 ウェブマネーはコンビニで購入できる マルチコピー機でウェブマネーを購入する マルチコピー機にてウェブマネーを購入するときには、このような手順となります。 ウェブマネーの購入(マルチコピー機) 1 メニュー画面の「プリペイドサービス」をタッチ 2 ご希望のジャンルでは「ウェブマネー」をタッチ 3 ご希望の商品を・・でも「ウェブマネー」をタッチ 4 商品の内容を確認し・・では「OK」をタッチ 5 次の内容を確認し・・では「同意する」とタッチ 6 ご希望のPOINT・・では希望のポイントをタッチ 7 購入枚数の数字を操作して「OK」をタッチ 8 お申し込み頂いた・・内容を確認し「OK」をタッチ 9 印刷された「プリペイドサービス代金払込票」をレジへ 10 レジで支払い、ウェブマネーのシートを受け取る 支払いをした後には、店員からウェブマネーの購入が確認できるシートを受け取ります。 このシートに英数字16桁が記載されています。 プリペイド番号で支払う場合• ウォレットID• パスワード• セキュアパスワード この3つを入力します。 そして「お支払いを行う」ボタンを押します。 その後、「お支払い完了の確認」から「ご利用サイトに戻る」ボタンを押して購入前のサイトへ戻ります。 残高不足であるときは、ウォレットに登録しているクレジットカードで入金したり、新たなカードからチャージできます。 ウェブマネーが使える場所:サービス ネットで仮想的な通貨として取引しているウェブマネーは、様々なサービスで利用できます。 オンラインゲーム 、ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア、、ドラゴンクエスト 戦国IXA、ファンタシースターオンライン2、ロードス島戦記オンライン、銀河英雄伝説タクティクス、マビノギ SNS・ブログ 、ヤプログ!、mixi、、趣味人倶楽部、SQUARE ENIX MEMBERS アバター、ジュゲム!、pixiv、エキサイトフレンズ、ディズニーゲームズ、アメーバ 動画・放送 J SPORTSオンデマンド、JLCダウンロードショップ、レコチョク、バンダイナムコID、東映アニメオンデマンド、パチパチ動画、Stickam JAPAN! 、ShowTime【ショウタイム】、ニコニコ動画 音楽配信 monstar. ショッピング PASELI、メディバンファクトリー、G2A. COM、横浜DeNAベイスターズオフィシャルwebショップ、川崎大師銘茶老舗、未来玩具デジモ、MKMKshop、ポンパレ、enRoute Store ツール・ソフト HUMANBALANCE、おしゃべりカレック先生、バリュードメイン、ZENNO. ウェブマネーでネットのサービスがより簡単・便利になります。 未成年でも利用できる ネットで商品を購入する際にはクレジットカードで決済をすると、カードのポイントをためるためにも有効となりますが、カードを所持できない未成年の場合にはネットでのショッピングが難しい状態となります。 このような小・中・高校生など、カードの審査が難しくなる18歳未満の子供でも、ネットにてお金の代わりに利用できるのがウェブマネーとなります。

次の