とうもろこし 茹で 方 クックパッド。 クックパッドニュース:[キミの季節を待ってたよ]「とうもろこし」は焼く?茹でる?みんなの食べ方を編集部が調査!

とうもろこしご飯(炊き込みご飯)のレシピ/作り方:白ごはん.com

とうもろこし 茹で 方 クックパッド

家が旅館をやっていたこともあり、冷蔵庫を開ければなんでも食材が入っていたので、お腹が空いたときはその食材で勝手に作っていました。 料理に関しては特に誰かに教えてもらった記憶はないので、きっと母が料理しているのを見たり、聞いたりしているうちに自然に身についていったのだと思います。 大人になってからはレシピ本を参考にしたり、居酒屋やレストランなどで食べたものをマネして作ることもありました。 お弁当作りを始めたのは、早くに事故で妻を亡くし、子供達の運動会や部活の大会、上の子が高校に通う様になってからは毎日と、必要に迫られ必然的に。 初めのころは、とりあえずは玉子焼きは手作り、あとは冷凍食品を使っていましたね。 「パパのお弁当は世界一」という映画があり、それを娘と一緒に見て、参考にしながら作りました。。 それから少しずつレシピを増やしていきました。 甘い玉子焼きが好きで砂糖を入れるのですが、砂糖と塩の容器を間違えてしまったのかもしれません。 それからは間違えないように、塩の入れ物に「しお」って書くようにしました。 そのきっかけは、居酒屋やレストランで食事をしているときや、テレビの旅番組を見ているときなどさまざま。 そのほか、子どもたちが食べたいと言ったものを、家にある材料でアレンジしてできないかなぁと想像してレシピを考えます。 分量や調味料は適当なので、あとで投稿レシピ用に材料の分量を書くのが大変です。 自分の料理を配信することで、さまざまな反応をいただけるので、それがレシピを考える際の参考にもなっています。 朝の時間の過ぎ方は早く、いくらあっても足りません。 メニューもワンパターンになりがちなので、そうならないためにもいくつかメニューを持っておくことをおすすめします。 例えば…お弁当の定番 100均だし巻き玉子で、レンチン玉子焼き by クックまいななパパ 100均の、レンジで簡単だし巻き玉子を使って、玉子焼きを作ってみました。 記載してある注意書き無視の作り方です。 玉子焼きは、フライパンと向き合って作ると時間がかかるので、もっぱらこれを利用しています。 本来はだし巻き玉子用の容器ですが、我が家では砂糖を入れた玉子焼きとして使ってます。 加熱し過ぎると玉子が変色するので、レンチンしたらすぐに冷やすのがポイントです。 和えるだけで簡単 レンジで簡単!お弁当に、ツナサラスパ! by クックまいななパパ 冷凍パスタをレンチンし、ツナ缶とあえるだけ!忙しい朝に、お弁当の一品に、レンジで簡単!ツナサラスパです。 パスタを茹でて、小分けにして冷凍しておくと、ツナだけでなく、ナポリタンにもできるのですごく便利です。 忙しい朝に、もう1品欲しい時に、役立ちます。 レンジで作るオムライス レンジで簡単!2段重ねのオムライス弁当 by クックまいななパパ レンジで簡単!薄焼き玉子が2段になった、チキンライスのオムライス弁当です。 薄焼き玉子も100均グッズでレンジで簡単調理! これもレンチンだけで簡単に作れます。 ポイントは、100均の薄焼き玉子を作るグッズを使うこと。 卵1個で2枚出来るので、お弁当では薄焼き玉子を2段にしてます。 鶏肉をソーセージにして、アレンジしても美味しく仕上がります。 お弁当箱にご飯を詰めて、冷凍おかずを解凍して詰める。 詰めるだけでも、容器ごと入れられる物、おかずカップに移す物、マヨネーズやソース、ケチャップなどが必要なもの、いろいろ考えることも多く、時間がかかり大変です。 だから、初めは冷凍食品を詰めるところから始めて慣れていきましょう。 それから「玉子焼き」などを作ったりしていけばいいと思います。 前もって自分で作った物を小分けにして冷凍しておいて、それを解凍して詰めるのでもOKです。 嫌になってしまっては続かないので、できる範囲で少しずつレベルアップして、頑張っていけばいいと思います。 オリジナルの様に、美味しく完成! パスタに豚焼肉、ボリューム満点です。 コンビニの豚焼肉弁当を参考にして考えたレシピです。 完成度も高く、ハマるおいしさで子どもたちにも好評。 圧力鍋にトライ タレが絶品、焼き豚!圧力鍋で超やわらか! by クックまいななパパ 圧力鍋でやわらかな焼き豚!お正月に! 冷蔵、冷凍保存で、食べたい時に利用できます。 (ラーメン、チャーシュー丼、炒飯など) 我が家に欠かせないおかずです。 いつもたくさん作って小分けにして冷凍しています。 インスタントラーメンにこれを入れるだけで本格的なラーメンになりますよ。 刻んでチャーハンに入れてもいいし、中華スープにしてもいいし、そのままご飯にのせてチャーシュー丼にしてもいいです。 ポイントは、みじん切りにした玉ねぎ。 トロトロになって、このタレだけでご飯が食べられます。 本格的なミネストローネが楽しめる 余ったソーセージで!具沢山ミネストローネ by クックまいななパパ 具沢山でおかずになるミネストローネです。 賞味期限が近いソーセージ等を大量消費出来ます。 これだけでご飯が進みますよ! 具だくさんでおいしく、栄養もバッチリ。 なんと言っても余った材料を消費できるのもお気入りポイントです。 娘はこれにパスタを合わせて食べるのが大好きで、今ではその食べ方が我が家の定番になってます。 もちろん、自分だけでなく、子どもたちが喜んでくれるようなものを作る、そして肉、魚、野菜などバランス良く作るのが理想ですが、毎日3食プラスお弁当となると、なかなか難しい。 ある物で、手早く、おいしく、余らせないというのが一番ですかね。 そのために、おかずは基本大皿で、個別に好きなだけ取るようにして、余らせない工夫をしています。 多く作ったときは、次の日にアレンジしたり、小分けで冷凍してお弁当に入れるなどできるだけ余らせないようにしています。 今回ご紹介した「クックまいななパパ」さんのキッチンはこちら 毎日お弁当を作り続けている「クックまいななパパ」さん。 クックパッドへの投稿を始めたきっかけは、それまで目分量で作っていたレシピをきちんとわかりやすく記し、娘さんたちに自分の料理レシピを残してあげたいと思ったのがきっかけだといいます。 そのレシピはすでに1000近くあり、お弁当おかずだけでなく、主食・主菜・お菓子などあらゆるジャンルを網羅しています。 これからの暑い時期は火を使わない「レンジで簡単系」のレシピがおすすめですよ!ぜひチェックしてみてくださいね。 クックまいななパパのキッチン 2人の娘の父です。 料理大好きです。 いつもは、目分量でやっていたのを、レシピを公開するために数値化! 冷蔵庫の材料とかを見て、脳内レシピを考え、大体こんなもんかと、始めにレシピを書き、その後で...

次の

話題入ありがとう「とうもろこしの茹で方」

とうもろこし 茹で 方 クックパッド

とうもろこしご飯の下処理 はじめに2合の米は、炊飯器の内釜などに入れて研ぎます。 研いだら水を何度か入れ替えて水気を切り、 2合の目盛りに合わせて水を入れ、30分から1時間そのまま置いて浸水させます。 ここではどんな炊飯器でも美味しくふっくら炊けるよう事前に浸水する工程をとっています(浸水したら『普通コース』で炊きます)。 まず、とうもろこしは皮をむいて根元を切り落とし、実をむきやすくするために半分に切ります。 続いて、まな板の上にとうもろこしを縦に置きます。 手で安定させて、芯のまわりの実を包丁で切り落とします(とうもろこしを回転させながら)。 【補足として】ちょっと上級者のやり方になるのですが、上の方法よりも一つ一つの粒がきれいに残るむき取り方もあります。 半分か3等分くらいに切ったとうもろこしを左手に持って、かつらむきの要領で、ぐるりと実をむき取ります。 塩を溶かし終えてから、 とうもろこしの実と芯を上に広げて炊飯します。 ごはんが炊き上がれば、芯を取り出して底からさっくりと混ぜ合わせて完成です。

次の

話題入ありがとう「とうもろこしの茹で方」

とうもろこし 茹で 方 クックパッド

家が旅館をやっていたこともあり、冷蔵庫を開ければなんでも食材が入っていたので、お腹が空いたときはその食材で勝手に作っていました。 料理に関しては特に誰かに教えてもらった記憶はないので、きっと母が料理しているのを見たり、聞いたりしているうちに自然に身についていったのだと思います。 大人になってからはレシピ本を参考にしたり、居酒屋やレストランなどで食べたものをマネして作ることもありました。 お弁当作りを始めたのは、早くに事故で妻を亡くし、子供達の運動会や部活の大会、上の子が高校に通う様になってからは毎日と、必要に迫られ必然的に。 初めのころは、とりあえずは玉子焼きは手作り、あとは冷凍食品を使っていましたね。 「パパのお弁当は世界一」という映画があり、それを娘と一緒に見て、参考にしながら作りました。。 それから少しずつレシピを増やしていきました。 甘い玉子焼きが好きで砂糖を入れるのですが、砂糖と塩の容器を間違えてしまったのかもしれません。 それからは間違えないように、塩の入れ物に「しお」って書くようにしました。 そのきっかけは、居酒屋やレストランで食事をしているときや、テレビの旅番組を見ているときなどさまざま。 そのほか、子どもたちが食べたいと言ったものを、家にある材料でアレンジしてできないかなぁと想像してレシピを考えます。 分量や調味料は適当なので、あとで投稿レシピ用に材料の分量を書くのが大変です。 自分の料理を配信することで、さまざまな反応をいただけるので、それがレシピを考える際の参考にもなっています。 朝の時間の過ぎ方は早く、いくらあっても足りません。 メニューもワンパターンになりがちなので、そうならないためにもいくつかメニューを持っておくことをおすすめします。 例えば…お弁当の定番 100均だし巻き玉子で、レンチン玉子焼き by クックまいななパパ 100均の、レンジで簡単だし巻き玉子を使って、玉子焼きを作ってみました。 記載してある注意書き無視の作り方です。 玉子焼きは、フライパンと向き合って作ると時間がかかるので、もっぱらこれを利用しています。 本来はだし巻き玉子用の容器ですが、我が家では砂糖を入れた玉子焼きとして使ってます。 加熱し過ぎると玉子が変色するので、レンチンしたらすぐに冷やすのがポイントです。 和えるだけで簡単 レンジで簡単!お弁当に、ツナサラスパ! by クックまいななパパ 冷凍パスタをレンチンし、ツナ缶とあえるだけ!忙しい朝に、お弁当の一品に、レンジで簡単!ツナサラスパです。 パスタを茹でて、小分けにして冷凍しておくと、ツナだけでなく、ナポリタンにもできるのですごく便利です。 忙しい朝に、もう1品欲しい時に、役立ちます。 レンジで作るオムライス レンジで簡単!2段重ねのオムライス弁当 by クックまいななパパ レンジで簡単!薄焼き玉子が2段になった、チキンライスのオムライス弁当です。 薄焼き玉子も100均グッズでレンジで簡単調理! これもレンチンだけで簡単に作れます。 ポイントは、100均の薄焼き玉子を作るグッズを使うこと。 卵1個で2枚出来るので、お弁当では薄焼き玉子を2段にしてます。 鶏肉をソーセージにして、アレンジしても美味しく仕上がります。 お弁当箱にご飯を詰めて、冷凍おかずを解凍して詰める。 詰めるだけでも、容器ごと入れられる物、おかずカップに移す物、マヨネーズやソース、ケチャップなどが必要なもの、いろいろ考えることも多く、時間がかかり大変です。 だから、初めは冷凍食品を詰めるところから始めて慣れていきましょう。 それから「玉子焼き」などを作ったりしていけばいいと思います。 前もって自分で作った物を小分けにして冷凍しておいて、それを解凍して詰めるのでもOKです。 嫌になってしまっては続かないので、できる範囲で少しずつレベルアップして、頑張っていけばいいと思います。 オリジナルの様に、美味しく完成! パスタに豚焼肉、ボリューム満点です。 コンビニの豚焼肉弁当を参考にして考えたレシピです。 完成度も高く、ハマるおいしさで子どもたちにも好評。 圧力鍋にトライ タレが絶品、焼き豚!圧力鍋で超やわらか! by クックまいななパパ 圧力鍋でやわらかな焼き豚!お正月に! 冷蔵、冷凍保存で、食べたい時に利用できます。 (ラーメン、チャーシュー丼、炒飯など) 我が家に欠かせないおかずです。 いつもたくさん作って小分けにして冷凍しています。 インスタントラーメンにこれを入れるだけで本格的なラーメンになりますよ。 刻んでチャーハンに入れてもいいし、中華スープにしてもいいし、そのままご飯にのせてチャーシュー丼にしてもいいです。 ポイントは、みじん切りにした玉ねぎ。 トロトロになって、このタレだけでご飯が食べられます。 本格的なミネストローネが楽しめる 余ったソーセージで!具沢山ミネストローネ by クックまいななパパ 具沢山でおかずになるミネストローネです。 賞味期限が近いソーセージ等を大量消費出来ます。 これだけでご飯が進みますよ! 具だくさんでおいしく、栄養もバッチリ。 なんと言っても余った材料を消費できるのもお気入りポイントです。 娘はこれにパスタを合わせて食べるのが大好きで、今ではその食べ方が我が家の定番になってます。 もちろん、自分だけでなく、子どもたちが喜んでくれるようなものを作る、そして肉、魚、野菜などバランス良く作るのが理想ですが、毎日3食プラスお弁当となると、なかなか難しい。 ある物で、手早く、おいしく、余らせないというのが一番ですかね。 そのために、おかずは基本大皿で、個別に好きなだけ取るようにして、余らせない工夫をしています。 多く作ったときは、次の日にアレンジしたり、小分けで冷凍してお弁当に入れるなどできるだけ余らせないようにしています。 今回ご紹介した「クックまいななパパ」さんのキッチンはこちら 毎日お弁当を作り続けている「クックまいななパパ」さん。 クックパッドへの投稿を始めたきっかけは、それまで目分量で作っていたレシピをきちんとわかりやすく記し、娘さんたちに自分の料理レシピを残してあげたいと思ったのがきっかけだといいます。 そのレシピはすでに1000近くあり、お弁当おかずだけでなく、主食・主菜・お菓子などあらゆるジャンルを網羅しています。 これからの暑い時期は火を使わない「レンジで簡単系」のレシピがおすすめですよ!ぜひチェックしてみてくださいね。 クックまいななパパのキッチン 2人の娘の父です。 料理大好きです。 いつもは、目分量でやっていたのを、レシピを公開するために数値化! 冷蔵庫の材料とかを見て、脳内レシピを考え、大体こんなもんかと、始めにレシピを書き、その後で...

次の