千 と 千尋 の 神隠し ハク の 名前。 「千と千尋の神隠し」を徹底考察!! その1 ー読み解くカギは「あべこべ」ー

【ジブリ都市伝説】千と千尋の神隠しのハクの八つ裂きの真相は?名前や性別?

千 と 千尋 の 神隠し ハク の 名前

急いでいたはずがトンネルを見つけるやいなや、無邪気に入っていき母親は「車にあったサンドイッチを持ってこればよかった」と発言さえしています。 これは 「千尋達は事故に遭い、瀕死状態の中臨死体験として異世界の夢を見ている」という説を考えればこの違和感は解消されます。 トンネルは臨死体験をした人達が天に向かうトンネルであり、日暮れから現れた大きな川が「三途の河」です。 戻ろうとした時には川になってしまい「この世」には渡れなくなってしまったのです。 」といったもの。 実はその先のラストシーンを見たとファンの間では囁かれています。 両親が食べた食事は 「神様のおもてなしの料理」であり、 「迷い込んだ人間を罠にかけるもの」とも考えられます。 豚になったのは、 「豚のように欲望のままに食べ物を貪り尽くし、罠にかかった結果「喰らい尽くされる側」となったと考察されています。 宮崎駿監督は、バブル時代「喰らい尽くされる側」の人たち 豚そのものになってしまった人)が多く存在していて、今でもそのことに気がつかずに「不景気だ、餌が足りない」と言い続けているとコメントしています。 貪欲であり欲に忠実な愚かな人間の象徴をあらわしているのが豚なのです。 早い話、後先をしっかり考えて行動しろとも取れますよね。 宮崎駿監督は 「カオナシは誰の心にも存在する」とコメントしています。 カオナシは思春期の心の象徴であり、 不安や恐れといった思春期のもやもやとした感情がデフォルメしてあらわれた存在だと言われています。 千尋は最初はカオナシを拒んでいましたが、のちにカオナシを鎮め、招き入れることでひとつ成長するのです。 のちに宮崎駿監督による後付けされた冗談であると明かしています。 ですが並んだところを見ると目元やなで肩具合が似ており、「確かに似てる!」と思わずに入られません。 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」がモチーフとなっているといわれています。 銀河鉄道では、死者を天上へと運ぶ汽車であり乗客や車掌は黒く描かれています。 また周囲には何もない闇の中に線路が続いており車窓から草花や星々が見え、時折プラットホームだけの駅が現れるといった類似点が千と千尋にも見受けられます。 銀河鉄道の夜がモチーフとなっているのであれば、 千尋達が乗った乗客や車掌も死者ということになります。 宮崎駿監督はこの美しい風景を「千尋にこの世界にもきれいなところはあると知ってもらいたかったから描いた」とコメントしています。 世界の汚い面に翻弄されたとしても、少し外に出てみれば綺麗な世界があると我々にも伝えたかったのではないでしょうか。 宮崎駿監督は 「これだけ経験を経てきた千尋は両親がいないことがわかる。 なぜわかるか、でもわかるのが人生ですよ。 」とコメントしています。 湯屋で多くを学んできた千尋は、生還するためにこれまでに培ってきた智恵を使ったのではないでしょうか。 例えるなら、仕事のノウハウがある人とない人ではその結果はまちがいなく違います。 日本はすべて風俗産業みたいな社会になっているじゃないですか」 宮崎駿監督日本版プレミア誌上コメント 宮崎駿監督はそうコメントしています。 大人の社会にまだ子供である千尋がぶつかっていき心身ともに成長する物語として描きたかったのではないでしょうか。 「千」とつけられた名は源氏名といわれると納得してしまいますね。 本来は「萩野千尋」ですが、契約書に書いた名前は「萩」の「火」の部分が「犬」になっているのです。 そのおかげで本来契約は成立しておらず、千尋は元の世界に戻れるようになったともいわれています。 千と千尋の神隠しのその後はどうなる? ハクは千尋を元の世界へ返すことができます。 別れ際「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、ほんとの名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」とセリフを残します。 幻のラストシーンのようにハクが龍神として新しい小川に戻ってくれるのが一番幸せなおわりではありますが、ファンの間では「すべてのことはルールに従わなければならない」ため「八つ裂きにされる運命」を受け入れているのでは?と推測されています。 ハクの手が最後まで名残惜しく残るシーンは宮崎駿監督が「二人の永遠の別れを表現している」という記述が残されているようです。 千と千尋の神隠し都市伝説裏設定まとめ まだまだ探せば多くの都市伝説や裏設定がありそうですよね! 何度見ても新しい発見がある千と千尋の神隠し。 裏設定や都市伝説を知った上で視聴するとまた違った観点で楽しめるのでおすすめです。

次の

【ジブリ都市伝説】千と千尋の神隠しのハクの八つ裂きの真相は?名前や性別?

千 と 千尋 の 神隠し ハク の 名前

ハクの本名や以外なルーツが話題に 「 千と千尋の神隠し」は数々の強烈なキャラクターや驚くべき展開で観る人たちを大いに楽しませる作品だと思います。 いきなり両親が豚に姿を変えたり、恐ろしく顔の大きな魔女「湯婆婆」があらわれたり(姉の銭婆もしかり)… また、不気味な声を出すカオナシや釜爺、坊のサブ役でありながら印象に残るキャラクター性は私たちを不思議ワールドの虜にしてしまいます。 そんな個性キャラの中で、ひと際異彩を放つハク。 物語後半に彼の本名が明らかにされます。 先にネタバレですが、ハクの正体…それは「 コハク川」であり、本名は「 ニギハヤミ・コハクヌシ」。 銭婆を訪れた千尋が白竜に乗って湯婆婆のもとへと帰る途中、千尋の胸の中で昔のある記憶が蘇ります。 コハク川は千尋が幼い頃、近くにあった川。 その川に落ちた千尋を救ったのが、コハク川の主…つまり「ハク」だったという訳です。 このハクの本名である「ニギハヤミ・コハクヌシ」のニギハヤミ。 これは、日本神話には欠かせない神「 ニギハヤヒ」がルーツではないかと言われています。 ニギハヤヒは特に川の神様だと限定されている訳でもなく、不透明な扱いではあるものの、そんな捉えようのないところが「千と千尋の神隠し」におけるハクの存在と重なる気がします。 「千と千尋の神隠し」に登場する腐れ神にも秘密が… 「千と千尋の神隠し」のハクの本名。 それは先述したように「ニギハヤミ・コハクヌシ」、つまり正体は川だったのです。 川というと、本作品にもう1つ登場していましたね。 千が銭湯で働き出して間もない頃、ものすごい臭気を漂わせながらやってきたあの「 腐れ神」。 Sponsored Link 千とリンが一緒になって腐れ神をお風呂に入れるシーンはとてもコミカルで印象に残っています。 その腐れ神がお風呂に浸かっている間、千はあるものが腐れ神に付いているのを見つけます。 それは自転車のグリップ。 千とリンの他、銭湯スタッフが協力してそのグリップを抜きにかかります。 何とかして自転車の部品を引きずり出すと、それと一緒に大量のごみが腐れ神から吐き出されます。 この腐れ神、実は彼も「 川の神」だったという事実が発覚… そう、ハクと同じく腐れ神の正体も「川」だったのです。 もしも 川に溜まったゴミが蓄積して、あのような恐ろしい異臭と外見を持つ「腐れ神」になってしまったのなら… もう1人の川の主であるハクこと「コハク川」は、きっと美しい川のまま埋め立てられたのだと推測されます。 「千と千尋の神隠し」は川と少女のラブストーリー スタジオジブリの「千と千尋の神隠し」。 これは不思議な世界の中で繰り広げられるファンタジーアニメであると同時に、荻野千尋と本名「ニギハヤミ・コハクヌシ」こと、ハクの恋物語とも言えますね。 物語のラスト、ハクが千尋をもとの世界へと送るシーンはとてもジーンときました。 ジブリ作品にも男女の恋愛関係はありますが、「 川と少女が惹かれ合う」なんてかなり奇抜な構成だと思います。 まとめ 美少年ハクの本名は「 ニギハヤミ・コハクヌシ」という、何とも不思議な名前でした。 しかし、川の主だった「ハク」というミステリアスな存在が本作品をさらに面白く、そして物語を奥深いものにしたのでしょう。 ジブリ作品の特徴。 それは、何度観ても新しい気付きを得られること。 今度は是非「ハクの目線」で鑑賞してみてください。

次の

ハクの本名は「ニギハヤヒ」…【千と千尋の神隠し】に隠された秘密

千 と 千尋 の 神隠し ハク の 名前

この記事で分かること• ハクは湯婆婆の弟子だけど「ウザい」存在? まず、 千と千尋の神隠しで通説となっている彼の設定について見ていきましょう。 「千と千尋の神隠し」の設定上、ハクは温泉施設「油屋」の主人かつ、経営者である 湯婆婆の弟子ということになっています。 千尋と同じく、ひょんなきっかけから湯婆婆たちの世界にあらわれ、強力な魔法使いでもある 湯婆婆の弟子入りを果たしました。 この決断に周囲は反対しますが、それとは裏腹に湯婆婆の下についた彼。 その結果、湯婆婆の手先のような存在として油屋に所属することになった。 というのが、映画上での大まかな設定ですね。 湯婆婆の側近とも言える存在だったことから、油屋の従業員の中では比較的上の立場にいるようです。 ただ皆から尊敬されながらも、態度は冷たく冷淡。 千尋の姉貴分であるリンからは「 ハクみたいな奴が2人もいたら、たまったものではない」と愚痴を言われる始末… ハクは「川の神様」だったが、その正体をなかなか思い出せなかった 「千と千尋の神隠し」の世界にやってきた人間は、 自分が誰なのか正体をしっかり覚えておかないと元の世界に帰れなくなってしまうと千尋はハクから忠告されます。 そのハクも自分はどこからやってきたのか、その正体がもう思い出せず苦労しているとも言っていましたよね。 Sponsored Link しかし物語の終盤になって、ようやくハクは 自身の正体を自覚するのです。 そう、彼の正体とは「 川の神様」。 ハクは千尋が住む家の近くにあった「琥珀川」 コハクガワ の神様で、「 ニギハヤミコハクヌシ」という名前を持っていたと、作品の最後の方でやっとハッキリしますよね。 それなのに、千と千尋の神隠しの世界に迷い込んだことで名前を湯婆婆に取られることに。 そして「ハク」という名前だけ残されて、この世界で生き続けていたということになります。 それが絶体絶命の時期を千尋に助けられたことにより、ハクはようやく 自分の名前と正体を悟ったのです。 不思議なことに千尋が物語の世界に入ってきた時、ハクは彼女のことを覚えていた反面、彼女はハクに全く心当たりがありませんでした。 しかしストーリーの後半では、ようやく千尋もハクのことを思い出し彼の正体について口を開くのです。 と言うのも、千尋はハクが神様となっている 川に落ちた経験があったからです。 それに気づいた川の神・ハクが千尋を救い出し、無事に両親の元まで送り届けたということになっています。 日本には800万もの神様が存在するとされ、木や川など至るところに神様がいると信じられています。 要するに、ハクの正体は「 日本に存在する川の神様だった」ということ。 千と千尋の神隠しでは、ハクは常に千尋の味方となって助け役でしたが、終盤になって彼女に助けられる…こんなストーリーだったら、大抵の人は感動しちゃいますよね。 ハクのもう一つの正体…それは「白竜」 そうかと思えば、ハクは「 白い竜」に姿を変えることも出来ます。 この姿は千と千尋の神隠しの中盤から確認することができ、物語の中でも大事な部分を担っていますね。 実はこの白い竜も、 ハクの正体だったという見方があるのです。 千と千尋の神隠しの中で、ハクとは別に川の神様が登場するシーンを思い出してみてください。 最初はゴミや泥にまみれた汚い姿で油屋をパニックに陥れますが、汚れを落としたあとは神様らしく神々しい姿になってご機嫌よろしく油屋を後にします。 ハクもこの神と同様、川の神様ですよね。 つまり度々登場する白竜とは、神様が時空を超えて移動するときに「 その存在を世に示すための姿」と考えることが出来るそう。 だとすれば「 白竜=ハクの正体」と捉えて良いのかもしれません。 ただ「千と千尋の神隠し」を観ていると、彼は自分の正体を知る前ですら白竜の姿で銭婆の魔法の契約印を盗まされたり、それによって銭婆から制裁を受けたりと… 神様ながらも不遜な扱いを受けていてかわいそうですよね。 普段は少年の姿をしつつも、様々な側面が垣間見えるハク。 もう二度と元の世界に戻れないと思いきや、無事に正体を思い出せて何よりでしょう。 彼の正体を知った上で「千と千尋の神隠し」を視聴すれば、また違った楽しみが味わえそうです。

次の