三井 住友 銀行 株価。 投資信託 : 三井住友銀行

8316

三井 住友 銀行 株価

銀行株は低PBR、高配当利回り 株式投資の初心者向け教科書風に言えば、低PBR、低PER、高配当利回り銘柄は「割安株」として、投資対象の銘柄選択にするには絶好な銘柄選択ということになる。 そして投資家自身が企業サービスを利用したり、絶対に倒産しないような有名企業((注)世の中に絶対ということは無いのだが)となれば、都市銀行、地方銀行、セブン銀行などのネット銀行、日本郵政グループ(日本郵政、ゆうちょ銀行)など身近に感じる企業の株を買うことは教科書通りになる。 下記の表はメガバンク3行(東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)と地銀最大手りそな銀行、三井住友信託銀行の運営会社を2016年12月30日、大納会の終値ベースでPER10倍以下、PBR0. 6倍が平均になる、投資指標はどれもが割安だ。 2016年11月9日以降、大統領選挙に当選したトランプ氏がドットフランク法に否定的だったこと、トランプ政権の顔ぶれがゴールドマンサックス出身者を3人も入りウォール街は大歓迎、銀行・金融株がご祝儀相場で上昇した。 PER PBR 配当 株価 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 11. 86 0. 65 18 720. 2 8316 三井住友フィナンシャルグループ 8. 75 0. 68 150 4460 8411 みずほフィナンシャルグループ 8. 74 0. 64 7. 5 209. 8 8308 りそなホールディングス 8. 2 0. 81 19 599. 5 8309 三井住友トラストホールディングス 9. 33 0. 物色の流れは国際銀行、メガバンクを買い、特にリーマンショック後にモルガンスタンレーを傘下にして、ユニオンバンクを傘下にした三菱UFJフィナンシャル・グループがもっとも恩恵があると証券会社も「銀行株を持たざるリスク」と買い煽ったレポートが続出した。 熱狂する株式市場で大手銀行系証券会社から、「」と冷静な判断を下すレポートが発行された。 メガバンク株価は12月12日~16日に高値をつけ、2016年大納会までの2週間は今までと流れが変わった。 しかし野村證券が三菱UFJを銀行セクターのトップピック銘柄にしたのが12月13日頃だったし、12月28日には国内大手証券がりそなHDの投資評価を格下げしていることが判明した。 参考 参考 銀行株の複合チャートは の 日本経済新聞2017年1月1日付け朝刊で、毎年恒例の「経営者が選ぶ有望銘柄」が記載されている。 主要企業経営者20人に聞いたアンケートで1位はトヨタ自動車、2位は信越化学、3位伊藤忠商事、銀行株は7位に三菱UFJフィナンシャル・グループが入ったが三井住友FG、みずほFGはランキングに選ばれなかった。 上場企業の経営者達は「2017年有望銘柄」に銀行株はそれほど魅力に感じていないということが結果として表れている格好となった。

次の

三井住友フィナンシャルグループ (8316) : アナリストの予想株価・プロ予想 [SMFG]

三井 住友 銀行 株価

486 SMBC株に乗り換えた途端に下落。 乗換え時点 先週 の平均取得単価3400円、 翌日には3210円まで低下。 その後に買い 増しして、現在の平均取得単価は3195円。 12日の終値は3151円。 月曜日は、3200円程度 個人的にはチャラ まで上げて欲しい 希望です 以下の要因 前日比 から可能性は有りと思料。 1,米国の10年国債金利の上昇。 2,米国の金融株の上昇。 3,円安が進んだ。 4,原油価格の上昇。 5,米国株は小幅ながら上昇。 但し以下の不安要因あり、下落の可能性も充分。 1,米国、日本共に先物価格が低下。 2,日銀のETF買いの見送り。 3,コロナの悪材料が出てきた場合。

次の

三井住友フィナンシャルグループ (8316) : 株価/予想・目標株価 [SMFG]

三井 住友 銀行 株価

486 SMBC株に乗り換えた途端に下落。 乗換え時点 先週 の平均取得単価3400円、 翌日には3210円まで低下。 その後に買い 増しして、現在の平均取得単価は3195円。 12日の終値は3151円。 月曜日は、3200円程度 個人的にはチャラ まで上げて欲しい 希望です 以下の要因 前日比 から可能性は有りと思料。 1,米国の10年国債金利の上昇。 2,米国の金融株の上昇。 3,円安が進んだ。 4,原油価格の上昇。 5,米国株は小幅ながら上昇。 但し以下の不安要因あり、下落の可能性も充分。 1,米国、日本共に先物価格が低下。 2,日銀のETF買いの見送り。 3,コロナの悪材料が出てきた場合。

次の