子供 爪 剥がれる 原因。 【医師が監修】足の爪が取れた!?「痛くない」場合に考えられる原因とは?

爪が剥がれる原因と再生するまでに注意したいこと :ネイリスト 北原千歳 [マイベストプロ愛知]

子供 爪 剥がれる 原因

爪は皮膚が硬化したもので、乾燥など日常生活上の原因によって爪が割れることや、でこぼこした状態になることがありますが、病気が原因で起こる場合もあります。 白く濁り始めて、表面がでこぼこするようになった。 周りにも同じ症状の人がいる• 急に爪の付け根の皮膚に膨らみができて、放っていたら爪の表面に縦方向の溝ができた• 最近になって爪が凹型のように反り返るようになった こういった場合に考えられる原因とは一体何なのでしょうか。 爪にでこぼこが生じる病気 爪がでこぼこする病気としては、主に以下のようなものがあります。 爪 白癬 はくせん 白癬とは、一般的にと呼ばれている病気のことで、白癬菌というカビ(真菌)に感染することで起こります。 多くは皮膚に感染しますが、爪に感染することもあります。 また、足の爪に感染することが多いですが、手の爪に感染することもあります。 爪に感染すると爪が白く濁るほか、爪が分厚くなります。 進行するとボロボロになり、欠けてでこぼこした状態になることもあります。 指粘液 嚢腫 のうしゅ 指とは、指にゼリー状の粘液が詰まった膨らみが生じる良性の病気です。 指の甲側に膨らみが生じることが多く、通常膨らみは無症状ですが、大きくなると痛みが現れる場合があります。 また、爪の付け根部分に膨らみが生じた場合、その膨らみの圧迫によって爪に縦に走る溝が生じたり、爪の根本あたりが陥没して爪がでこぼこした状態になることがあります。 波板状爪 波板状爪とは、爪の表面に次々と横溝ができて波打ったようにでこぼこした状態になる状態を指します。 爪の根本の皮膚( 後爪郭 こうそくかく )を習慣的に押すことが原因とされ、特に親指に生じることが多いといわれています。 匙状爪 さじじょうづめ 爪が反り返った状態を匙状爪といい、別名「」とも呼ばれています。 指の先端の掌側(指の腹)に日常的に力が加わることが原因とされ、親指・人差し指・中指に生じることが多いといわれています。 などを起こしている場合、爪が正常のときと比べて弱くなることから、匙状爪になりやすい傾向があります。 受診の目安とポイント 常に爪がでこぼこしている、爪のでこぼこに加えて爪が白くなった、爪周りの皮膚に赤い皮疹がある、爪の付け根部分に膨らみがあるなどの場合には、病院を受診することを考えましょう。 受診に適した診療科は皮膚科です。 診察時には、症状が出はじめた時期、きっかけはあるか(銭湯やプールに行ったなど)、同じ症状をもつ人が周りにいるか、普段どのように指先を使うことが多いかどうかなどを医師に伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 指先の乾燥や化学物質による刺激など、日常生活上の原因によって爪がでこぼこすることもあります。 指先の乾燥 爪の下にある皮膚( 爪床 そうしょう 部)から爪に絶え間なく水分が補給されています。 しかし、指先が乾燥すると皮膚の水分量が減少し、それに伴って爪への補給量も減少します。 爪の水分量が不足すると爪が脆くなるために、外からの力などによって爪の表面が剥がれる、でこぼこするといった爪の変化が生じることがあります。 指先の乾燥を感じたら 指先の乾燥を感じたら、爪を含め指先の保湿を積極的に行いましょう。 保湿の方法としては、保湿クリームを塗る、爪用のマッサージオイルを使用して爪を優しくマッサージするなどにより、効果が期待できます。 また、爪に除光液を多用しない、石鹸を過度に使用して手を洗わないなど、乾燥予防も同時に実施していきましょう。 水仕事が多い 過度な水仕事でも、乾燥による爪の水分量の減少や、洗剤などに含まれている化学物質の刺激などによって、爪が脆くなりやすく、爪が割れたり表面が剥がれたり変形することがあります。 水仕事の際に気をつけたいポイント 水仕事のときには、ゴム手袋を使用するとよいでしょう。 また、水を使用したあとは乾燥した状態になっています。 水仕事のあと、手洗いのあと、お風呂のあとなど、水を使用したあとには保湿クリームを塗るようにするとよいでしょう。 よくならないときには 上で挙げた対策をとっても改善がみられない場合には、何らかの病気が原因になっているかもしれません。 一度、病院で診察してもらいましょう。 対策をとるのが難しい場合にも病院を受診し、医師に相談するのがよいでしょう。

次の

二枚爪の5つの原因と爪の切り方・対策方法

子供 爪 剥がれる 原因

私の子供も生まれてしばらくは爪が反っていたんですが、1歳になる頃には普通の状態になっていましたよ! とはいえ、子供の体の一部ですから心配ですよね。 乳幼児のうちは、健康診断や予防接種などで病院に行く機会が多いと思います。 その時に聞いてみると良いでしょう。 甘皮の傷 皮膚と爪の隙間には、 甘皮という薄い皮があります。 その甘皮が、 細菌や異物の侵入を防いでくれているのです。 子供は、砂場や粘土で遊ぶのが大好きですよね。 そういった遊びの中で甘皮を傷めてしまうことがよくあります。 そうすると、 爪母(そうぼ)が炎症を起こしてしまうのです。 爪母とは、爪の付けの皮膚の下にある 爪を作り出すとても大切な部分です。 その炎症が原因で、爪がでこぼこになって生えてきてしまいます。 それぞれについて説明します。 乾癬 かんせん• 爪の表面に点状の点がある(点状陥没)• その周りに白い角質がついている• 爪が剥がれる(爪剥離症) これらが当てはまる場合は乾癬かもしれません。 子供の場合、約80%に点状陥没がみられます。 爪を削ったりいじったりすると悪化しますので触らないようにしましょう。 原因は不明で、治療も困難とされています。 心当たりがあれば、早急に受診しましょう。 爪白癬 つめはくせん いわゆる爪の水虫です。 白癬菌が爪の間に入り込むことによって発症します。 爪白癬の場合、皮膚にできる水虫と違って痒みはありません。 爪の色が白色や黄色に濁る• 爪が厚くなる• 爪がボロボロになる• 爪の先端から縦に線が入る• 足や指に前から水虫がある これらのことに心当たりがある場合、爪白癬の可能性が高いでしょう。 爪白癬は、爪の奥に入り込んでいるので市販の塗り薬などではまず治りません。 円形脱毛症 円形脱毛症患者の4分の1は、15歳以下の子供と言われています。 そうだったんですね。 それを防ぐような対処法はありませんか? 原因別に、対処法が異なりますのでそれぞれについて挙げていきます。 成長過程 成長過程であれば、そのうち自然に治っていきます。 一応予防接種や健康診断の際に診てもらいましょう。 甘皮の傷 子供に粘土や砂で遊ぶのをやめさせるわけにもいきません。 遊んだ後は、 必ず手洗いをして清潔にしましょう! 出来るだけ炎症を起こさないようにするのがベストです。 関連記事・・・ 爪咬み 爪咬みは、精神面が関係していることが多いです。 無理にやめさせるのは禁物。 爪咬みが激しい場合は、できるだけ子供に構ってあげましょう。 運動したり話したり、お出かけしている間はきっと爪咬みはしないはず。 少しずつ爪咬みをしない時間を増やしていきましょう。 皮膚科の専門医に相談して、保湿クリームなど処方薬をもらうと良いでしょう。 アトピーの子供の場合、 皮膚がとてもデリケートなので市販薬などは避けた方が無難です。 栄養不足 子供は基本的に好きなものしか食べません。 そのため、栄養不足が心配というお母さんも多いでしょう。 かといって無理矢理食べさせるのでは逆効果。 ストレスを感じてますます意固地になることも。 細かく刻んだり、柔らかく煮込んだり、好きなものに混ぜたり・・・ 色々と工夫して、少しでも爪に必要な栄養素を摂取するようにしてみましょう。 あまりに食べなかったり偏食が激しい場合、かかりつけの小児科を受診してみると良いでしょう。

次の

爪が剥がれる4つの原因と処置方法を徹底解説!

子供 爪 剥がれる 原因

二枚爪の主な原因 二枚爪ができる原因として、内部要因と外部要因の両方が考えられます。 それぞれ主なものを4つご紹介しますので、自分の生活や行動で特に当てはまるものはどれか、確認しましょう。 複数の要因が合わさっていることもあります。 2-1. 【外部要因】乾燥 健康な爪は10~15%程度の水分を含んでいると言われていますが、して水分が不足することにより、爪がもろくなり、二枚爪になることがあります。 単純に保湿不足という場合もありますが、日常での水仕事による乾燥や、食器洗いや掃除などで使用する洗剤の影響により爪が乾燥しやすくなっている場合もあるようです。 また、やマニキュアを落とす際に使用するリムーバーにより、乾燥しやすくなることもあると言われています。 2-2. 【外部要因】爪への衝撃 指先の力を使う仕事が多い方や、爪に負担をかけるような爪切りの使い方をしてしまっている方は、爪に衝撃が加わることが多くなり、二枚爪になってしまうことがあります。 2-3. 【内部要因】栄養不足 爪は、ケラチンという繊維状のたんぱく質が主成分と言われています。 そのため、食事から得られるたんぱく質が不足すると、健康な爪を作ることが難しくなり、二枚爪ができやすくなると考えられています。 2-4. 【内部要因】血行が悪い 血行が悪いと、指先にまで栄養が届きにくくなり、爪がもろくなることがあります。 爪は、爪の根元にある爪母(そうぼ)という部分でつくられ、徐々に上に伸びていくと言われていますが、栄養がきちんと届かないことで健康的な爪が生えにくくなってしまうことがあるようです 3. 二枚爪ができた時の爪の整え方 二枚爪になってしまったら、これ以上ひどくならないためにも、慎重に爪を扱いましょう。 爪の整え方について、やすりを使う方法と爪切りを使う方法をご紹介します。 3-1. やすりを使用する方法 二枚爪になった時は、爪にかかる負担をできるだけ抑えたいので、やすり(ファイル)で削ることをおすすめします。 爪切りの裏面についているやすりは、面が粗く爪への負担が大きくなりやすいので、できるだけ爪の長さを整えるためのやすりを使いましょう。 「エメリーボード」という名称で販売されているものもあります。 やすりは横から見た時に45度になるようにあてると、きれいに削ることができます。 【肌らぶ編集部おすすめ参考商品】 なめらかな仕上がりが期待できるアイテムです。 爪切りを使用する場合 爪切りが絶対にNGというわけではないので、やすりに抵抗がある方は、以下の点を意識して使用してください。 ただ、極端に爪が薄い場合や爪が欠けやすい場合は、面倒でもやすりを使うことをおすすめします。 爪は、水分を含むことで硬さが変化すると言われているため、爪を切る前に手を数分間ぬるま湯につけたり、入浴後に爪を切ったりするとよいでしょう。 広い面積を一度に切ろうとすると、爪に圧がかかりやすくなってしまうので、ハサミのような感覚で少しずつ切ることをおすすめします。 切れ味が悪い、握りにくい、使っているうちに切れにくくなってきた場合などは、思い切って新しいものに替えてみてください。 二枚爪の4つの対策 二枚爪対策として、具体的にどのようなことに気をつければ良いかをご紹介します。 一度に全てを意識するのは難しいと思いますので、まずは特にできていないと思ったものから始めて、徐々に増やしていきましょう。 4-1. 爪の保湿 手が乾燥しているなと感じたら、定期的にハンドを塗るようにしましょう。 手の甲には塗っているけど指先までは意識していないという方は、きちんと爪の周りの皮膚まで揉み込むように塗ってみてください。 また、爪にうるおいを与える「(キューティクルオイル)」も合わせて使うことをおすすめします。 ネイルを頻繁に変えすぎない 爪にかかる負担を減らすために、ネイルを頻繁に変えすぎないことも大切です。 特に自分でをしているという方は、頻繁に変えすぎないようにしましょう。 できるだけ長持ちできるよう心がける、または、たまには何もしない日を作って爪を休ませてあげるなど、できるだけリムーバーを使う回数を減らすよう意識しましょう。 何もしないのは嫌だという方は、ネイルを落とした後にをしてから、新たに塗るようにしましょう。 保湿しながら爪をほんのり色づけるタイプのネイルもあります。 4-3. バランスの良い食事を心がけたうえで、たんぱく質を多めに摂る 無理なダイエットをしている方や、外食やコンビニ弁当ばかり続いているという方は特に、栄養バランスを考えた食事をするように意識しましょう。 そして、爪の主成分であるたんぱく質を意識して摂りましょう。 たんぱく質だけたくさん摂っても、バランスが悪くなるため、まずは3食しっかりと食べることが大切です。 指先の血行を良くする体操をする 指先が冷えているなと感じたら、意識して動かしてあげましょう。 簡単なやり方を2つご紹介します。 少し強めに握る、開くようにすることがポイントです。 同時に足も同じようにすると全身の冷え対策も期待できます。 全ての爪に対して行いましょう。 最後に 二枚爪の原因をお伝えしましたが、いかがでしたか? 日頃の何気ない行動や、ちょっとした生活の乱れなどで二枚爪はできることがあります。 少しずつ意識することが大切ですので、日頃の生活を見直してみてくださいね。

次の