クリス グレン。 クリスグレンさんがやりたかった城番組?第1回は彦根城❣️世界180ヶ国へ配信NHKWORLD「...

ダレン・クリス

クリス グレン

くりす ぐれん クリス・グレン 生年月日 1968-02-28 (52歳) 出生地 国籍 身長 188cm 職業 、、、、インバウンド観光アドバイザー ジャンル 活動期間 - 現在 事務所 パスト・プレゼント・フューチャー 公式サイト テンプレートを表示 クリス・グレン( Chris Glenn, - )は、出身の・である。 名古屋のラジオDJ。 ラジオDJキャリア約30年。 現在は、名古屋のFMラジオ局ZIP-FM「RADIO ORBIT」(毎週日曜9時~13時)を担当。 日本の魅力を語る外国人として、TBSテレビ「アメージパング」、毎日放送「知っとこ」などテレビ出演も多数。 甲冑師に弟子入りして制作したMy甲冑を着用し、国内外に向け 日本の歴史、文化の魅力を伝えるためにイベントやテレビなどに出演するなど勢力的に活動をしている。 趣味は、戦国時代の歴史研究、甲冑武具の研究、城めぐりなど。 今までに訪れた城、城址は400箇所以上。 名古屋城にいたっては、500回以上訪れている。 近年は「外国人視点」で、自治体や観光施設向けのコンサルティング、インバウンド観光ツアーの開発なども行う。 2015年より、関ヶ原観光大使。 2016年より、名古屋観光文化交流特命大使。 著書に「豪州人歴史愛好家、名城を行く」(宝島社)、「城バイリンガルガイド」(小学館)、「The Battle of Sekigahara」(英語版)がある。 概歴 [編集 ]• 1985年 - ロータリー交換留学生として、1年間、・に在住• 1986年 - オーストラリアのラジオ局5MUでプロDJデビュー。 その後、ヘッドハンティングされ、5DNに移籍する。 1992年 - 再来日• 1993年 - 名古屋のFM局・で開局から10年半DJを務める。 1999年 - 有限会社パスト・プレゼント・フューチャー(PPF)を設立し、ラジオ・テレビ番組の企画制作も行なう。 2004年4月 - 名古屋のFM局・RADIO-i()へと活動の場を移す。 2010年9月の閉局までDJを担当。 2011年4月 - 7年ぶりにZIP-FMに復帰。 「RADIO ORBIT」(Sun 9:00〜13:00)を担当。 人物 [編集 ]• 特徴的な低い声とバイリンガルDJ、ユーモアあふれるフレンドリーなキャラクターが最大の魅力である。 現在は自らが講師となり、名古屋でラジオDJ/パーソナリティの養成も行っている。 キャッチフレーズ、挨拶で「どーもどーもどーも! 」という。 ZIP-FM時代、クリスの番組にゲスト出演したスウェーデン出身の女性デュオがこのフレーズを気に入り「Domo Domo Domo」という曲として発売したという逸話もある。 8歳の頃の夢は、ラジオDJかになる事であった。 DJになるという夢と同時に、ヘリコプターパイロットになるという夢も叶えのFAA、オーストラリアのCASA、日本のJCABの3カ国の免許を取得している。 日本の歴史にも造詣が深く、甲冑師に弟子入りし、自ら甲冑を作るというこだわりぶり。 日本甲冑武具研究保存会 東海支部のメンバーでもある。 2005年3月には、母国オーストラリアと第二の故郷、日本の友好親善、愛知県とオーストラリア・ビクトリア州の友好都市提携25周年、名古屋市とオーストラリア・シドニー市の姉妹都市提携25周年を記念し、自らが企画したプロジェクト「日豪フレンドシップフライト2005」を実施。 このプロジェクトでは、オーストラリアのメルボルンから名古屋までの 12000km を小型ヘリコプターでフライトするという偉業を成し遂げた。 2006年11月、日豪交流年のオフィシャルイベントとして「サムライ・フェスティバル」をオーストラリア・メルボルンで実施。 メルボルン市内での武者行列や、小学校を訪問しての出陣式・火縄銃の演武を行い、日本のサムライ文化を母国で紹介した。 2014年11月、を英語でまとめた著書「Battle Of sekigahara」を全世界に向けて出版した。 2015年2月、宝島社より「豪州人歴史愛好家、名城を行く」を出版した。 2017年2月、小学館より「城バイリンガルガイド」を出版した。 (監修 三浦正幸、英文 クリス・グレン)• 2017年12月2日、NHK 92岐阜の案内人として出演した。 ラジオ [編集 ] 現在担当の番組 [編集 ]• 「」() 過去の担当番組 [編集 ]• 5MU、5DN、102FM、X102FMでのレギュラーなど、オーストラリアでの経験多数• 東京の有線ラジオ局「KTYO」レギュラー• 「ZIP CONTEMPORARY NIGHT」()• 「ZIP MEGA HIT RADIO」(ZIP-FM)• 「FRIDAY DANCE PARTY」(ZIP-FM)• 「ZIP DAYLIGHT MOTION(ZIP-FM)• 「ZIP DANCE HITS 20」(ZIP-FM)• 「Z-POP HIT MACHINE COUNTDOWN 30」(ZIP-FM)• 「MEGA HIT FRIDAY」(ZIP-FM)• 「Flying Circus」(ZIP-FM )• 「Southern Flight」()• 「KISS HIT REVIVAL」()• 「COUNTDOWN KOBE」(Kiss-FM KOBE)• 「PM-i」(RADIO-i)• 「RADIO-i ACROSS THE MUSIC」(RADIO-i)• 「RADIO-i CHRIS CROSS SUNDAY」(RADIO-i)• journeys in japan(NHK国際放送)• (TBS)• (毎日放送)• エコの作法(BS朝日)• P-KAN 歴史のある風景() - ナレーション• (東海テレビ)• グルメナビ() - ナレーション• 名古屋ウィークリー() -• (CBC) - レポーター• まいタウン(CBC) - ナレーション・レポーター• (メ〜テレ)• (日本テレビ)• 〜関ヶ原ナイト〜()• (2010年6月 - 2011年3月、) - 火曜レギュラー• (CBC)• 戦いの城 特別編 山城へ行こう! (2016年4月10日、)• (2017年12月2日 NHK) その他、出演多数。 連載 [編集 ]• ()コラム「どーもどーもどーも」(2006〜 )• 中日新聞 コラム「クリス・グレンの名城レッツゴー!」(2015〜 ) CMナレーション [編集 ]• マツダ「」• CK one CK be• リステリン• 白馬47• 鈴蘭高原スキー場• カーブティック・アジア• グリーンテック• 「スチールドラゴン」• 欧倫ホーム(2006年8月 - ) その他、多数 外部リンク [編集 ]•

次の

ダレン・クリス

クリス グレン

くりす ぐれん クリス・グレン 生年月日 1968-02-28 (52歳) 出生地 国籍 身長 188cm 職業 、、、、インバウンド観光アドバイザー ジャンル 活動期間 - 現在 事務所 パスト・プレゼント・フューチャー 公式サイト テンプレートを表示 クリス・グレン( Chris Glenn, - )は、出身の・である。 名古屋のラジオDJ。 ラジオDJキャリア約30年。 現在は、名古屋のFMラジオ局ZIP-FM「RADIO ORBIT」(毎週日曜9時~13時)を担当。 日本の魅力を語る外国人として、TBSテレビ「アメージパング」、毎日放送「知っとこ」などテレビ出演も多数。 甲冑師に弟子入りして制作したMy甲冑を着用し、国内外に向け 日本の歴史、文化の魅力を伝えるためにイベントやテレビなどに出演するなど勢力的に活動をしている。 趣味は、戦国時代の歴史研究、甲冑武具の研究、城めぐりなど。 今までに訪れた城、城址は400箇所以上。 名古屋城にいたっては、500回以上訪れている。 近年は「外国人視点」で、自治体や観光施設向けのコンサルティング、インバウンド観光ツアーの開発なども行う。 2015年より、関ヶ原観光大使。 2016年より、名古屋観光文化交流特命大使。 著書に「豪州人歴史愛好家、名城を行く」(宝島社)、「城バイリンガルガイド」(小学館)、「The Battle of Sekigahara」(英語版)がある。 概歴 [編集 ]• 1985年 - ロータリー交換留学生として、1年間、・に在住• 1986年 - オーストラリアのラジオ局5MUでプロDJデビュー。 その後、ヘッドハンティングされ、5DNに移籍する。 1992年 - 再来日• 1993年 - 名古屋のFM局・で開局から10年半DJを務める。 1999年 - 有限会社パスト・プレゼント・フューチャー(PPF)を設立し、ラジオ・テレビ番組の企画制作も行なう。 2004年4月 - 名古屋のFM局・RADIO-i()へと活動の場を移す。 2010年9月の閉局までDJを担当。 2011年4月 - 7年ぶりにZIP-FMに復帰。 「RADIO ORBIT」(Sun 9:00〜13:00)を担当。 人物 [編集 ]• 特徴的な低い声とバイリンガルDJ、ユーモアあふれるフレンドリーなキャラクターが最大の魅力である。 現在は自らが講師となり、名古屋でラジオDJ/パーソナリティの養成も行っている。 キャッチフレーズ、挨拶で「どーもどーもどーも! 」という。 ZIP-FM時代、クリスの番組にゲスト出演したスウェーデン出身の女性デュオがこのフレーズを気に入り「Domo Domo Domo」という曲として発売したという逸話もある。 8歳の頃の夢は、ラジオDJかになる事であった。 DJになるという夢と同時に、ヘリコプターパイロットになるという夢も叶えのFAA、オーストラリアのCASA、日本のJCABの3カ国の免許を取得している。 日本の歴史にも造詣が深く、甲冑師に弟子入りし、自ら甲冑を作るというこだわりぶり。 日本甲冑武具研究保存会 東海支部のメンバーでもある。 2005年3月には、母国オーストラリアと第二の故郷、日本の友好親善、愛知県とオーストラリア・ビクトリア州の友好都市提携25周年、名古屋市とオーストラリア・シドニー市の姉妹都市提携25周年を記念し、自らが企画したプロジェクト「日豪フレンドシップフライト2005」を実施。 このプロジェクトでは、オーストラリアのメルボルンから名古屋までの 12000km を小型ヘリコプターでフライトするという偉業を成し遂げた。 2006年11月、日豪交流年のオフィシャルイベントとして「サムライ・フェスティバル」をオーストラリア・メルボルンで実施。 メルボルン市内での武者行列や、小学校を訪問しての出陣式・火縄銃の演武を行い、日本のサムライ文化を母国で紹介した。 2014年11月、を英語でまとめた著書「Battle Of sekigahara」を全世界に向けて出版した。 2015年2月、宝島社より「豪州人歴史愛好家、名城を行く」を出版した。 2017年2月、小学館より「城バイリンガルガイド」を出版した。 (監修 三浦正幸、英文 クリス・グレン)• 2017年12月2日、NHK 92岐阜の案内人として出演した。 ラジオ [編集 ] 現在担当の番組 [編集 ]• 「」() 過去の担当番組 [編集 ]• 5MU、5DN、102FM、X102FMでのレギュラーなど、オーストラリアでの経験多数• 東京の有線ラジオ局「KTYO」レギュラー• 「ZIP CONTEMPORARY NIGHT」()• 「ZIP MEGA HIT RADIO」(ZIP-FM)• 「FRIDAY DANCE PARTY」(ZIP-FM)• 「ZIP DAYLIGHT MOTION(ZIP-FM)• 「ZIP DANCE HITS 20」(ZIP-FM)• 「Z-POP HIT MACHINE COUNTDOWN 30」(ZIP-FM)• 「MEGA HIT FRIDAY」(ZIP-FM)• 「Flying Circus」(ZIP-FM )• 「Southern Flight」()• 「KISS HIT REVIVAL」()• 「COUNTDOWN KOBE」(Kiss-FM KOBE)• 「PM-i」(RADIO-i)• 「RADIO-i ACROSS THE MUSIC」(RADIO-i)• 「RADIO-i CHRIS CROSS SUNDAY」(RADIO-i)• journeys in japan(NHK国際放送)• (TBS)• (毎日放送)• エコの作法(BS朝日)• P-KAN 歴史のある風景() - ナレーション• (東海テレビ)• グルメナビ() - ナレーション• 名古屋ウィークリー() -• (CBC) - レポーター• まいタウン(CBC) - ナレーション・レポーター• (メ〜テレ)• (日本テレビ)• 〜関ヶ原ナイト〜()• (2010年6月 - 2011年3月、) - 火曜レギュラー• (CBC)• 戦いの城 特別編 山城へ行こう! (2016年4月10日、)• (2017年12月2日 NHK) その他、出演多数。 連載 [編集 ]• ()コラム「どーもどーもどーも」(2006〜 )• 中日新聞 コラム「クリス・グレンの名城レッツゴー!」(2015〜 ) CMナレーション [編集 ]• マツダ「」• CK one CK be• リステリン• 白馬47• 鈴蘭高原スキー場• カーブティック・アジア• グリーンテック• 「スチールドラゴン」• 欧倫ホーム(2006年8月 - ) その他、多数 外部リンク [編集 ]•

次の

クリス・グレン

クリス グレン

クリス・グレン プロフィール ラジオDJ、タレント。 1968年生まれ、オーストラリア・アデレード出身。 16歳のとき、交換留学生として初来日。 1992年に再来日を果たし、1993年より名古屋市在住。 名古屋のFMラジオ局でラジオDJとして活躍するほか、タレント、ナレーター、バイリンガル司会者としても活躍中。 来日23年の間にめぐった城・城跡は400か所にも及ぶ城マニア。 甲冑師に弟子入りしての甲冑制作、戦国史の研究、古武道修行などで日本の歴史・文化を学び、日本の魅力を国内外に発信中。 「外国人から見た日本」をテーマにした講演や歴史めぐりツアーも好評を博している。 著書に『The Battle of Sekigahara: The Greatest 担当されておられるZIP FMは、エリア外で聴いたことはなかったのですが、 NHKワールドの「Journeys in japan」で姫路城(故郷です)を取材されて おり、大変素晴らしいレポートだったことから、購入してみました。 語りかけるような口調で、各城が紹介されており、たとえば(個人的には 姫路城と同じくらい大好きな)松本城では「江戸間」と「京間」が混在する 作りの謎を2つの説を併記しながら解いていきます。 また、どのお城も丁寧に 調べられておられて、びっくりするようなエピソードもふんだんに取り上げ られていました。 読んでいてとても楽しく、飽きない作りになっているのが いいですね。 まるで人気のラジオ番組を聴いているかのようです。 「大阪城巨石一覧」など、データを揃えられた項目もありますし、「外国人 から見た戦国時代」など、筆者ならではの視線もとても楽しいです。 読んでいると、まだいったことのない城にも行ってみたくなりました。 おすすめします。

次の