アイフォンからパソコン 写真。 パソコンの写真をiPhoneに送るカンタンな方法

iPhoneの”写真”だけをパソコンにコピー・移動させる方法(itunesなし・圧縮なし)

アイフォンからパソコン 写真

iPhoneの写真をパソコンに取り込み・保存する2つの方法! iPhoneの写真をパソコンに取り込んで保存する方法は、 2つ存在します。 写真をインポートする• 直接ファイルを移す では、それぞれ説明していきます。 …と、その前に。 共通するところまで進めていきます。 まずはじめに、iPhoneとパソコンを、 USBケーブルで繋ぎます。 充電に使ってるあれですね。 接続したら、パソコン内にある「コンピュータ」画面を開きます。 この画面に移動する方法は、 OSのバージョンによって違いますので、 一概には言えません。 基本的にVistaやWindows7は、 左下にあるスタートボタンからコンピューターへ。 とにかくコンピューターへ行ければOKです。 スポンサーリンク 1. 写真をインポートする まずは一般的に勧められている方法について。 ここから先はWindows8の方法ですが、 基本的には他のOSでも、あまり変わりません。 よくみると「〇〇のiPhone」って項目が出てきます。 ここで右クリックをして 「画像とビデオのインポート」をクリックします。 その後、「インポートする項目を確認、整理、グループ化する」を選択。 次へをクリックします。 ちなみに、フォルダを指定した場所にしたい場合は、 「その他のオプション」をクリックすることで、 自由に自分の好きなフォルダに画像をインポートすることが出来ます。 保存したい写真にチェックマークをすると、 取り込むことが出来ます。 ちなみに、これは豆知識で他のことでも使えるのですが、 全て選択を2回クリックすれば、全て選択を外すことが出来ます。 選択し終えたらインポートをクリックして、 取り込みます。 保存先はライブラリ内にある 「ピクチャ」のところに保存されます。 スポンサーリンク 2. 直接ファイルを移す 続いて、直接ファイルを移す方法。 すると、よくわからないファイル群のところにたどり着くかと思います。 この中からお目当てのファイルを探すのですが、 それって難しいですよね? なので僕の場合は、更新日時を使って、並べ替えてます。 もし、無ければ「その他」から更新日時を選んで、 追加すると並べ替えることができます。 お目当ての写真はコピーアンドペーストでも出来ますし、 クリックしたままドラッグアンドドロップもできます。 まとめ 以上で、iPhoneの写真を移す方法についての説明は終了です。 意外と簡単でしたよね。 iPhoneで写真を撮る機会が多い人は、 ぜひ、試してみてくださいね^^ では、今日はこの辺で! 以下の記事もどうでしょうか?•

次の

Bluetooth(AirDrop)を使いiPhone⇔パソコン間で画像を転送する方法

アイフォンからパソコン 写真

iPhone写真取り込みできない iPhoneのロックを解除 iPhone写真をパソコンに取り込む前に、特に、iPhoneをパソコンと同期していない場合に、パスコードを入力してiPhoneのロックを解除してください。 そして、ご利用のパソコンを信頼できるデバイスとして設定して下さい。 USBケーブルを確認 お使いのUSBが機能していて、埃がないこと、損傷がないことを確認して下さい。 サードパーティのケーブルを利用する場合、デバイスを充電しかできなくて、ファイルの転送はできない可能性があるので、他のUSBケーブルをお試しください。 アップデートを更新 写真管理ソフトウェア及びiTunesをアップデートしてください。 それに、お使いのiPhoneをアップデートしてみてください。 其後、もう一度iPhoneからパソコンに写真、画像を入れて下さい。 iPhoneを別のパソコンで試す お使いのiPhoneを別のパソコンに接続して、写真を成功に取り込むできるかどうかをチェックしてください。 依然として解決できないと、iPhoneには不具合があり、修理を出す必要があります。 iPhoneの別のパソコンに接続することで、コンピュータ、ドライバの互換性に関係があるかどうかを診断できます。 FoneTransをおすすめ Aiseesoft はiPhone、iPad、iPod touchなどのiOSデバイスから写真、画像、連絡先、SMSメッセージ、動画、音楽など多くのデータをパソコンに取り込み、転送することができるサードパーティソフトウェアです。

次の

iPhoneの写真をパソコンに取り込めない・移行後に表示されない対処法を解説!

アイフォンからパソコン 写真

Windows10のパソコンをお持ちのひとで、iPhoneの写真をパソコンに取り込むことを使用と思ったことはありませんか?iPhoneで写真を撮り続けていると、フォトアプリなどに大量に写真を保存することになっていきますので、容量がいっぱいになってきます。 そこで、iPhoneの写真をパソコンに取り込むこと方法を行うことでiPhone内に保存していた写真を移すことができます。 写真に限らず、 容量の大きい動画や音楽などもWindows10に移動することが可能です。 ですからiPhoneの容量を節約できます。 このように、iPhoneの写真をパソコンに取り込むには事前準備と予備知識が必要になってきます。 iPhoneの写真は「DCIM」というフォルダに保存されています。 ライトニングケーブルでパソコンとつないでこのDCIMフォルダを探していきましょう。 iPhoneの写真をパソコンにインポートするには準備することがあります。 インポートをWindows10に行うにはWindows10とiPhoneを転送するケーブルが無いとiPhoneの写真をパソコンに取り込むことはできません。 まずは転送するものが必要です。 そこで、ライトニングケーブルを用意しましょう。 ライトニングケーブルとはパソコンなどへデータ転送するために欠かせないケーブルです。 iPhoneの写真をパソコンに取り込むにはライトニングケーブルを準備しておきましょう。 それでは、 iPhoneの写真をパソコンに取り込む方法を紹介します。 今回はWindows10に標準搭載しているフォトアプリでのインポート方法をご紹介させていただきますので一緒に行っていきましょう。

次の