ロンリー僕は孤独なのかい。 第35話 今夜もロンリー、孤独なトゥナイト

第35話 今夜もロンリー、孤独なトゥナイト

ロンリー僕は孤独なのかい

ですね ビートルズのアルバム『Sgt. ポール・マッカートニーの姿も見られるが、ほかのビートルズのメンバーは肖像権の問題で盛り込めなかったという。 出典: 6枚組スーパー・デラックス・エディションはCD4枚とブルーレイ&DVDで18,000円(税別)~50周年記念エディションの内容 アルバム発売50周年を記念した2017年に、 1CD、2CD、2LP、6枚組スーパー・デラックス・エディションの計4形態のアニバーサリーエディションが5月26日に全世界同時リリースされることが発表された。 ビートルズのオリジナル・アルバムが特別仕様で再発売されるのは今回が初めてである。 どの形態でもディスク1には共通して ジャイルズ・マーティンによる新たなステレオ・ミックスを収録している。 2LPは2CDと同内容である。 6枚組スーパー・デラックス・エディションはCD4枚とブルーレイ&DVDで構成されている。 ディスク2と3にはセッションでの未発表テイクを録音日順に並べて収録している。 ディスク4にはアルバム収録曲と「ペニー・レイン」「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のモノラル・ミックス、「シーズ・リーヴィング・ホーム」「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」の初期ミックスを収録。 ブルーレイ&DVDにはアルバム収録曲と「ペニー・レイン」「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の5. 1サラウンドのオーディオ・ミックスとハイレゾ音源、映像特典として「ペニー・レイン」「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のプロモーションビデオ、1992年に放映されたドキュメンタリー・フィルム『ザ・メイキング・オブ・サージェント・ペパーズ』を収録している。 出典: 僕の気持ちに近そうなコメントを 抜粋してみました! 「録音作業をアートまで高めたのがこの人達のすごさ。 ステレオだからって左右のバランスなど些細な事、ドラムも歌もホーンもあっちに居たりこっちに居たり、バランスだって臨機応変。 リイシューとあれば細部にまで学びの場が増えるというものだ。 新たなトリートと原典との聴き比べも楽しみ。 特に1曲目の「Sgt. さらに、その後に来るハーモニーは完全にG. Sマニア中坊のハートを鷲掴みにした!今でもこの曲こそがメロディック・メタルの元祖だと僕は信じている!」 高見沢俊彦(THE ALFEE) 「サージェントペパーズを初めて聴いたのは中学2年生の夏だった。 観衆のざわめきで始ったと思えば、エレクトリック・ハープシコードの不思議な音色にインド音楽。 動物の声も沢山聞こえて理解不能なレコードだった。 でもそれを理解したくて何度も聴いた。 病みつきって言葉がピッタリだ。 そして、その理解不能な魅力はリリースから50年経っても全く色褪せない。 レコードの帯にも書いてあったけど、これぞロックの金字塔だ。 きっと100年経っても色褪せないだろう」 加藤ひさし The Collectors 「このアルバムを手に取ったのは、まだビ—トルズが何なのかよくわからなかった中学生の頃。 べスト・ヒットUSAを毎週欠かさず見ては、いっぱしの洋楽通になったような気になっていた僕が、このアルバムを聞いてとんでもなくぶっ飛んだ!それ以来、ヒット曲よりアーティストが作る尖ったコンセプトアルバムが気になるようになってしまったという思い出の一枚です 増田セバスチャン(アートディレクター) 「二度とThe Beatlesのライブを体験出来ない私たちにとって、5. 1サウンドオーディオでミックスされた音源は、The Beatlesを追体験するための絶好のアイテム。 最新の技術で名盤を堪能出来る私は幸せ者です」 chay シンガーソングライター 出典:.

次の

[B!] ロンリーレモンの孤独な日記

ロンリー僕は孤独なのかい

夏の終わりの切なさ、けだるさを感じさせるバンドサウンドに、ボーカル岡崎の詞的な歌詞がたまらなく中毒性がある本作。 軽やかに楽しく、ときに鬱屈とし、そのいずれもバンドのポップセンスで持っていく様は2016年のロードトリップ・サウンドといえる。 イラスト牛尾友美、デザイン井上貴裕(BARIDERA、SHUT YOUR MOUTH)による アートワークもロンリーが身に纏う刹那性を表現している。 世の中ではロックは枯れているらしい。 しかしそんな事は知ったこっちゃない。 まだまだ夢見ることをやめれない僕たちはキレイに咲いている場所を知っている。 そこにあまり見た事もないような形だけどそれはそれはとても素敵な花がまた咲いた。 ちょっと変な形してて茎や根っこもなんだか不健康そう。 でもその花びらはとても鮮やかな青だ。 せわしない毎日にいつの間にか自分も大人にならされている事に気付かされたが、その青さは自分もずっとそうありたいと思わせてくれるしやはりまだまだ繋がっている。 心のぽっかりをすっと呼び覚ます狂おしい青。 やっぱり一人ではない。 もう3年も前になるのですね。 僕はロンリーと難波ベアーズで対バンしました。 その日はロンリーも含め、どのバンドも本当に素晴らしく、打ち上げが終わるまで良い音楽と笑顔に溢れていたのでした。 翌日僕らは車に乗って東京に戻る時、ロンリーのアルバムを何度もリピートして昨夜の余韻に浸り、「クソッ!昨日は最高だったなぁ…」なんて呟いたりしていたのでした。 ディスクユニオンのフリーペーパーの「今年のベスト5」という企画に、僕は当然のようにロンリーのアルバムを、あの日の思い出と共にランクインさせたのでした。 あれから3年…ロンリーのセカンドが到着し、どんなに激しく演奏しても透明感に溢れた音、どんなに叫んでも純粋でイノセンスに溢れた声と歌詞に、またしてもヤラれてしまったのでした。 あの夏の記憶を更新するような対バンをまたしたいなぁ…なんて思いながら、僕はもう一度再生ボタンを押したのでした。 さあ!次は皆さんがロンリーを経験する番ですよ。 是非! セカンドアルバム。 リリースおめでとうございます! 酒井大明 Ohayo Mountain Road YAMIYOは朴訥として明るかったファーストオブ終わりよりも陰影が深くて、 それはたぶん、側にある言葉と押韻というシンプルなルールでパンチラインのように情景と思索とをサラッと打ち込む岡崎さんのリリシストのしての才能の発露だし、世の中良くない方向に向かってる気もするし、個人的に状況が良くなったり悪くなったりとか、そういえば牛尾さんのジャケットの絵の空も曇天に見えるし、それでものんびりしていて、でもしっかり他者が影を落としていて、だから色っぽくて、なんて素敵な音楽だと思った。 ロンリーの音楽はいつもあっけらかんと終わるからロンリーになる。 ロンリーになってからが大人だし、そこからまた人生が始まる。 この甘くて苦くて塩辛くて酸っぱくないアルバムが、 世に放たれることをとても嬉しく思います。 ありがとう。 杉本喜則 HOPKEN 楽屋に入ったら、そこには初対面の慎太郎くんがいたんですが、彼が着ていたTシャツがあまりにもシワシワだったので、失礼ながら初対面だったけど「Tシャツ、シワシワですね」と言ってしまいました。 そしたら、彼は「部屋でTシャツが、山積みになっていて、そこから引っこ抜いたんですよね」と身振り手振りを交えながら答えてくれました。 そして、それがゆうに1. 5mは超えていた感じで、その話を聞きながら「Tシャツで出来た蟻塚」を想像してしまいました。 その後に、生まれて初めて観たロンリーのライブは、もうシビれるほどに最高だったんですが、実は数曲ごとに「Tシャツで出来た蟻塚」の想像もしてしまっていました。 それにしても、メンバーのみんなと過ごしたダラ〜っとした時間は、めちゃくちゃ楽しかったですね。 以上、『YAMIYO』を聴いて一気に記憶がフラッシュバックした時のイメージです。 人生がこんな記憶の積み重ねだったらなぁ。 夏の終わりに最高の作品と出会ってしまいました。 ありがとうございます。 薄氷を踏み抜かないように、ごまかしていた。 友達にも。 意味のない人ごみに頓挫する残骸を毎日目撃していて、あんなに信じてたはずの初期衝動も時間に持ってかれる。 単純に並べただけでは分からない感情が零れ落ちるソウル。 ロンリーはソウル・ミュージックだって思った。 確かにそこにあった眩しさと鈍さを、ロンリーしか知らない、出来ないやり方で、思いきり投げつけてくれる。 ヤング・マーブル・ジャイアンツと同じなんだよね。 ロンリーみたいなバンドがこれから先も出てこないってことにおいて。 10曲目の「スケボー」が一番好きです。 また一つ、退屈を打ち抜いてくれる作品がリリースされることを心から嬉しく思います。 本当に。 カベヤシュウト(odd eyes).

次の

オンリーロンリーグローリー歌詞解釈 孤独と光についての歌

ロンリー僕は孤独なのかい

A ベストアンサー Lonely I'm Mr. Lonely で始まる歌なら、Bobby VintonのMr. Lonelyかと思います。 著作権をクリアしたサイトが見つからなかったので、歌詞は乗せられないのですが、捜してみて下さいね。 内容は、戦地に赴いた兵士の、孤独な気持ちを歌ったものです。 「孤独だ。 僕は孤独な男(ミスターロンリー)だ。 」 で始まり、大切に思ってくれる人もいない・・・電話する相手がいればなぁ・・・僕は孤独な兵士だ・・・望んでもいないのに家を遠くはなれ・・・といった内容が続いています。 ちなみに、2番は Letters Never a letter(手紙、手紙は一通もこない) で始まり、祖国にいる人に忘れられているのでは・・・という寂しい気持ちが歌われています。 私は最初聞いたとき、失恋の歌?と思い、歌詞を知って、もっと深刻な歌だと知りました。 goo. html WMP11を使うのが、やはり一番手っ取り早いと思いますが・・・ WMAにしてもMP3にしても、WMP11を使うことによって、あたかもそのまま使えるように扱えますが、オーディオCD(音楽CD)の作成を選択すると、WMP11のほうで自動的にWMAやMP3を音楽CD用の形式に変換し、多くのCDプレイヤーで再生することの出来る音楽CDを作成してくれています。 ですので、MP3などのファイルを使っての音楽CD作成中には、「変換中です・・・」みたいなメッセージが出てくると思います。 前回の質問で紹介したURLや#2さん紹介のHP、またはWMP11のヘルプで「オーディオCDを作成する」などのトピックをご覧になって作成すれば、多くのCDプレイヤーで扱えるものを作ることが出来るでしょう。 音楽CDには、ある規格のPCMというデータが記録されています。 これをそのまま(圧縮なしに)音楽ファイルとして取り込む場合、wavというコンテナファイル(入れ物と思ってもらっていいと思います)に収めて取り込みます。 wavというファイルにPCMが入っている、という感じでしょうか。 変換ソフトや取り込みながら変換してくれるソフト(MP3やWMAなどで取り込むソフト は、これ大本として圧縮変換してファイルサイズを小さくしてくれているようなものです。 WMAやMP3をwavに変換することは出来ます(音楽CDと同じファイルの中身)。 が、これをそのままwavとしてCDに記録しても、音楽CDとしては扱えず、多くのCDプレイヤーでは再生できません。 ファイルの形式、書込む形式が違うからです。 音楽CDの中身と同じものが収められたwavファイルを使って、音楽CDを作るのはファイル変換だけでなく、ほかにもすること(昔だとCUEシートを作るとか・・・)あり、大変です。 WMPやiTunes、PCに付属しているライティングソフトなどで音楽CD作成のモードを選択すると、ファイルの変換を含め、面倒な作業を自動的の行ってくれて、便利で楽チンです。 goo. html WMP11を使うのが、やはり一番手っ取り早いと思いますが・・・ WMAにしてもMP3にしても、WMP11を使うことによって、あたかもそのまま使えるように扱えますが、オーディオCD(音楽CD)の作成を選択すると、WMP11のほうで自動的にWMAやMP3を音楽CD用の形式に変換し、多くのCDプレイヤーで再生することの出来る音楽CDを作成してくれています。 ですので、MP3などのファイルを使っての音楽CD作成中には、「変換中です...

次の