ワイモバイル 不満。 ワイモバイルの評判が悪い理由はコレ!契約方法で詐欺被害か得をするかの境界線

【Y!mobile】ソフトバンクと料金プラン比較!料金に不満があるなら乗り換えがオススメ

ワイモバイル 不満

「基本料金無料」の罠 ワイモバイルのタダ学割は基本料金が無料です!そう言われたら『2980円 スマホプランSの場合 の料金がかからないんだ。 しかし、そこには罠が潜んでいるんです。 このブログでは何度か触れていますが、ワイモバイルの料金体型にはユーザーに優しくないポイントがあります。 そのポイントとは、 ワイモバイルのあらゆる割引は本体代金の分割金から割引できないということです。 ワイモバイルの機種の中から選ぶならnova liteが最安です。 「タダ学割」をフルで活かすならSIM タダ学割をフルで適用させてお得に使うなら、ワイモバイルSIMを契約する方法があります。 ワイモバイルSIMならSIMのみの契約なので、本体代金の分割金がなく、基本料金が最大4ヶ月無料となれば、結果として実際に払う月額料金も0円にすることができます。 ワイモバイルSIMとのセットで割引になるSIMフリースマホの中には、100円で購入できるものもありますよ。 実際に使うお子さんの要望と、お父さん・お母さんのお財布と相談してどうするかですね。 あとはどうしてもiPhoneがいいというなら、中古のiPhoneSE SIMフリーモデル を購入し、ワイモバイルSIMを申し込み、契約特典として15000円のキャッシュバックを受け取る方法もありますよ。 ピンキリですが中古のiPhoneSE SIMフリーモデル は中古品を取り扱うお店で29800円くらいから販売されているようです。 さんで見てみてください。 ヤフオクなら中古のiPhoneSE SIMフリーモデル が23000円くらいからありますね。 ヤフオクの方が心理的なハードルは高いかもしれませんが、その分安上がりです。 仮に中古のiPhoneSEを30000円で購入したとして、キャッシュバックが15000円なので実質的な負担は15000円。 この条件で考えるワイモバイルのiPhoneSEを契約する場合と、SIMのみを契約する場合の差額は16500円となります。 人によっては16500円の差額なら新品がいいと言うだろうし、状態のいい中古なら16500円安い方がいいと言うでしょう。 ぜひ家族会議を開いて議論してください。 まとめ• タダ学割でも本体代金の分割金は払わないといけない• 再大4ヶ月無料で使いたいならワイモバイルSIMを契約すべし ということでした。 ワイモバイルは本体代金の分割金がタダにならない問題も想定してタダ学割を発表したのでしょうか。 ワイモバイルがお得な学割を始めたから契約しようとショップに出向き、そこでこの話を聞いたお客さんはさぞがっかりすると思います。 お客さんの期待を裏切るようなキャンペーン内容は改善してほしいものですね。

次の

【Y!mobile】ソフトバンクと料金プラン比較!料金に不満があるなら乗り換えがオススメ

ワイモバイル 不満

ワイモバイルへの6大不満• モバイルWi-Fiルーターへの不満• タブレット契約に対する不満• 最新機種がないことへの不満• 電話が繋がるのに時間がかかることへの不満• データ通信容量が少ないことへの不満• 月額料金が途中から高くなることへの不満 上記6つを「ワイモバイルへの6大不満」と名付けてみました 笑 どのような内容かは詳しく説明していきますが、現在は解決されている不満が多いです。 モバイルWi-Fiルーターへの不満 ワイモバイルが過去に一番不評となっているのが、モバイルWi-Fiルーターです。 モバイルWi-Fiルーターにはスマホと同じように、高速データ通信容量の上限が設定されているのですが、それが上限なしで使えるキャンペーンを実施していました。 しかし、実際に契約するとすぐに「3日間で1GB」の上限が設定され、すさまじい非難を受けていました。 未だにこのときの話が不満として残っているようです。 今では改善されてますし、さらに言うと ワイモバイルスマホの契約者には関係のない話となります。 タブレット契約に対する不満 店舗でスマホを契約すると、だいたいタブレットをオプション品として勧められます。 「1,000円から使えるよ」という感じで勧められるので契約してしまう方も割と多いのですが、 タブレットはスマホと違って3年契約となっていました。 この3年契約が曲者で、スマホは2年なので解約しようと思ったときに「あれ?」となる方が多いようです。 実際に私も「タブレットが不満」という話を契約している方から聞いたことがあります。 なお2019年10月1日 火 以降は、2年・3年縛りが廃止されたため、少し話が変わってきています。 タブレットの3年縛りはなくなりましたが、不要なタブレットは契約しない方がいいです。 特に「お得ですよ!」というトークに弱い方は、店舗でのタブレットのお誘いに気を付けてください。 私はワイモバイルを契約する場合は、 余計なお誘いの無いオンラインストアをオススメしています。 最新機種がないことへの不満 ワイモバイルのスマホは最新機種がありません。 Xperia、Galaxyなどはありませんし、iPhoneなどはiPhone 7や6sなどの1世代前のモデルとなります。 しかし最近のスマホは性能が十分に上がってきているので、 最新機種でなくても、普段使いとしては十分な性能を持っています。 「最新機種でなくてもいいから安くしたい」と考えている方がワイモバイルを選ぶと思いますので、あまり気にしなくてもいい気がします。 どうしても最新機種を選びたいのであれば、キャリアを選んだ方がいいです。 電話が繋がるのに時間がかかることへの不満 ワイモバイルカスタマーセンターへの電話の不満も結構多いです。 電話をすると混んでいることが多く、私自身も電話をかけてみたときには5分くらい待たされました。 しかし、 料金安いので仕方ないかなという気はします。 混む時間帯はあらかじめ予想されていて、公式サイトで確認することもできます。 混む時間帯をチェックして、できるだけ空いている時間に電話をかけましょう。 データ通信容量が少ないことへの不満 「データ通信容量が少ない」という意見もわりと見かけます。 しかし2019年10月1日 火 以降は、データ容量が大幅に増えました。 なんと最安プランのスマホベーシックプランSですら、4GBも使えます。 これで足りないのであれば、他のキャリアやMVNOを使った方がよいと思います。 月額料金が途中から高くなることへの不満 ワイモバイルは途中から月額料金が高くなります。 実際には契約をした時に適用された割引が、途中で切れるので高くなるように感じるのですが、途中から料金が高くなってしまうのは事実です。 なお契約した時期によって適用されるプラン・割引が異なるので、人によって料金が高くなるタイミングも異なります。 2019年10月1日以降に契約した場合は、スマホベーシックプラン+新規割となり、8ヶ月目以降の料金が高くなるように感じます。 どちらも途中から料金が高くなるように感じますが、ただ割引が無くなるだけです。 正直、割引が無くなった後の料金でも十分すぎるほど安いと思います。 キャンペーン・割引を使わないと損 ワイモバイルは実施されているキャンペーン・割引が多い ワイモバイルでは様々なキャンペーンや割引が実施されています。 中にはオンラインストア限定のキャンペーン・割引もあり、ワイモバイルショップよりもお得になることとも多いです。 よりお得に乗り換えたいのであれば、キャンペーンや割引のチェックをおすすめします。 なおキャンペーン・割引はたくさんあるので、詳しく知りたい方は以下のまとめページをご覧ください。

次の

[2020年]ワイモバイルの口コミ・評判は悪い?実際の口コミから本当の評価を検証|スマちょ。

ワイモバイル 不満

ワイモバイルへの6大不満• モバイルWi-Fiルーターへの不満• タブレット契約に対する不満• 最新機種がないことへの不満• 電話が繋がるのに時間がかかることへの不満• データ通信容量が少ないことへの不満• 月額料金が途中から高くなることへの不満 上記6つを「ワイモバイルへの6大不満」と名付けてみました 笑 どのような内容かは詳しく説明していきますが、現在は解決されている不満が多いです。 モバイルWi-Fiルーターへの不満 ワイモバイルが過去に一番不評となっているのが、モバイルWi-Fiルーターです。 モバイルWi-Fiルーターにはスマホと同じように、高速データ通信容量の上限が設定されているのですが、それが上限なしで使えるキャンペーンを実施していました。 しかし、実際に契約するとすぐに「3日間で1GB」の上限が設定され、すさまじい非難を受けていました。 未だにこのときの話が不満として残っているようです。 今では改善されてますし、さらに言うと ワイモバイルスマホの契約者には関係のない話となります。 タブレット契約に対する不満 店舗でスマホを契約すると、だいたいタブレットをオプション品として勧められます。 「1,000円から使えるよ」という感じで勧められるので契約してしまう方も割と多いのですが、 タブレットはスマホと違って3年契約となっていました。 この3年契約が曲者で、スマホは2年なので解約しようと思ったときに「あれ?」となる方が多いようです。 実際に私も「タブレットが不満」という話を契約している方から聞いたことがあります。 なお2019年10月1日 火 以降は、2年・3年縛りが廃止されたため、少し話が変わってきています。 タブレットの3年縛りはなくなりましたが、不要なタブレットは契約しない方がいいです。 特に「お得ですよ!」というトークに弱い方は、店舗でのタブレットのお誘いに気を付けてください。 私はワイモバイルを契約する場合は、 余計なお誘いの無いオンラインストアをオススメしています。 最新機種がないことへの不満 ワイモバイルのスマホは最新機種がありません。 Xperia、Galaxyなどはありませんし、iPhoneなどはiPhone 7や6sなどの1世代前のモデルとなります。 しかし最近のスマホは性能が十分に上がってきているので、 最新機種でなくても、普段使いとしては十分な性能を持っています。 「最新機種でなくてもいいから安くしたい」と考えている方がワイモバイルを選ぶと思いますので、あまり気にしなくてもいい気がします。 どうしても最新機種を選びたいのであれば、キャリアを選んだ方がいいです。 電話が繋がるのに時間がかかることへの不満 ワイモバイルカスタマーセンターへの電話の不満も結構多いです。 電話をすると混んでいることが多く、私自身も電話をかけてみたときには5分くらい待たされました。 しかし、 料金安いので仕方ないかなという気はします。 混む時間帯はあらかじめ予想されていて、公式サイトで確認することもできます。 混む時間帯をチェックして、できるだけ空いている時間に電話をかけましょう。 データ通信容量が少ないことへの不満 「データ通信容量が少ない」という意見もわりと見かけます。 しかし2019年10月1日 火 以降は、データ容量が大幅に増えました。 なんと最安プランのスマホベーシックプランSですら、4GBも使えます。 これで足りないのであれば、他のキャリアやMVNOを使った方がよいと思います。 月額料金が途中から高くなることへの不満 ワイモバイルは途中から月額料金が高くなります。 実際には契約をした時に適用された割引が、途中で切れるので高くなるように感じるのですが、途中から料金が高くなってしまうのは事実です。 なお契約した時期によって適用されるプラン・割引が異なるので、人によって料金が高くなるタイミングも異なります。 2019年10月1日以降に契約した場合は、スマホベーシックプラン+新規割となり、8ヶ月目以降の料金が高くなるように感じます。 どちらも途中から料金が高くなるように感じますが、ただ割引が無くなるだけです。 正直、割引が無くなった後の料金でも十分すぎるほど安いと思います。 キャンペーン・割引を使わないと損 ワイモバイルは実施されているキャンペーン・割引が多い ワイモバイルでは様々なキャンペーンや割引が実施されています。 中にはオンラインストア限定のキャンペーン・割引もあり、ワイモバイルショップよりもお得になることとも多いです。 よりお得に乗り換えたいのであれば、キャンペーンや割引のチェックをおすすめします。 なおキャンペーン・割引はたくさんあるので、詳しく知りたい方は以下のまとめページをご覧ください。

次の