王子が私をあきらめない ネタバレ 48。 王子が私をあきらめない!43話/7巻のネタバレ!最新話は温泉宿の夜

【あらすじ】『地縛少年花子くん』48話(10巻)【感想】

王子が私をあきらめない ネタバレ 48

今回は『』に連載されている 『』48 話【エソラゴト8 】について書きます! (ネタバレ注意です!) 前回、三葉はこの偽物の世界でなら人間になれると告げました。 それに対し、偽物の世界で幸せになれるわけないと光。 僕が偽物だからがっかりしたんだ?と。 三葉のいる世界なら嬉しいと思ったと光。 しかし、偽物の幸せなんていらないと。 こんなふざけた世界にいるから変な事を思いつくんだと告げ、道具を出しました。 俺が無理やり引きずってでもここから出してやると。 来ないで!と力を出した三葉。 境界にいた時よりも力が強くなっているようです! 吹き飛ばされた光に、弱いじゃんと三葉。 光は偽物の世界で偽物の三葉になって、偽物の友達を作って、偽物の人生を送るのかと。 そんなの違うと。 お前の願いなら本当の世界で俺が叶えてやると告げました。 何もわかっていないと泣き出した三葉。 なんの力もないくせに。 怪異が人間になるなんて不可能だって言えと。 暴れる三葉に、じゃあ俺も死んでずっと一緒にいてやろうかと光。 (それは違う。 あかんで光) ハッとする三葉。 光はそのまま三葉とともに壊れた校舎から落下しました!? 一緒に普通の人間を目指すかと余裕の光。 三葉は力を使って?着地しました。 頭おかしんじゃないの!?と三葉。 源くんがうるさいからここで生きるのはやめにすると告げました。 その言葉に、お前は俺が連れ出してやると光。 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントを利用してお得に購入• 読む!• 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。

次の

桜の花の紅茶王子 47話・48話 12巻

王子が私をあきらめない ネタバレ 48

もくじ• 王子が私をあきらめない! のあらすじまとめ 一文字初雪は、IQ500、王家の血筋、石油王などたくさんの称号を持つ学園の王子。 一方、吉田小梅は庶民代表。 まるで接点のない2人だが、王子が突然庶民に恋をした。 各話ネタバレ 51話 52話 53話 54話 王子が私をあきらめない! のネタバレ一覧 45話のネタバレ やっと小梅は初雪に想いを伝えることができた。 しかし、初雪はまた3学期に学校で会おうと言い残して、ヘリコプターに乗ってすぐにその場を去ってしまうのだった。 残された小梅はビックリしてしまう。 そんな小梅の不安と裏腹に、学校の周りの女子は、相変わらず素敵な初雪にうっとりしているのだった。 冬休みが終わり、新学期に学校に行っても初雪はいつもと変わらない態度をしていた。 初雪はまるで告白が何もなかったかのように振舞っている。 それを見て、もんもんがつのってくる小梅である。 それをみていた生徒たちは、初雪に良いことがあったんだなと想像する。 そんな姿を小梅 女 は止めて欲しいが、止まらない。 どうも初雪はバラの花ビラがわいてくる様子が嬉しいことであると。 自分を守ってくれる四天王に2人が両思いになったことを伝えたい、と言い出す初雪。 全世界に記者会見をして喜びを伝えたいと思っているらしい。 小梅は伝えたら自分が消されそうな気がして懸念する。 どうしても自分から言いたい人がいるから内緒にして欲しい、と伝える。 バラの花びらが小梅の髪の毛に散り、それを取ろうとした初雪と接近し、唇が近づく。 そんな時、扉が開いて、一文字家の顧問弁護士のひとり、牧村芹生 男 がやってくる。 ノックもせずに入ってきたので、初雪と小梅はビックリする。 牧村は初雪より10歳年上で幼いころから知っている兄のような存在だという。 小梅は芹沢と初雪に何か話したいことがあるだろうと、気を利かせて生徒会室を後にする。 小梅は牧村が若い弁護士だったので、改めて自分とは住む世界が違うなと感じていた。 四天王の剣崎 男 は小梅を敵視していることもあり、舞い散るバラと破壊された礼拝堂に初雪に何があったかと、ヤキモキしている。 同じく四天王の蓮之介は、冷静に初雪に聞こうと提案する。 小梅は椿先輩 男 を探し出し、初雪と両思いになったことを伝える。 椿先輩は小梅に告白をした事もあり、小梅を幸せにできるのは初雪よりも自分だと思っているのだ。 そういうこともあったので、小梅はどうしても感謝の気持ちを伝えて、自分から伝えたかった。 椿は肩をたたき応援するよ、と爽やかに祝福してくれた。 すぐには吹っ切れないと思うが応援すると言ったのだ。 その姿を遠くから見ていた不知火兄弟の兄が椿を慰める。 不知火は、椿が小梅に告白したことも知っていた。 その上での祝福であり、報告だったのだ。 小梅のセーターが大きいことを不審に思った剣崎は小梅を問い詰める。 絵具で汚してしまったとき、初雪が貸してくれたことを伝える小梅。 剣崎はてっきり小梅が小雪のと中をSNSを使って匂わせようとしているんじゃないかと訝しんだが、初雪のやさしさに感動している。 そんな剣崎の反応を見て、心配になる小梅。 初雪と両思いになったと剣崎に知られたら命がなくなるのではないかと、本気で怯える。 楽しいことを考えようと努力する小梅。 明日はバレンタインデーのため、初雪にチョコレートを渡そうと決心していた。 バレンタインデー当日、校門で手荷物検査をする剣崎。 学園内へのチョコレートの持ち込みを処罰する、と意気込んでいる。 小梅は知らなかったのだが、初等部の頃、初雪宛に世界中からチョコレートが殺到したため、混乱を招かないようバレンタインデーが禁止になったのだった。 小梅はチョコレートを校内に持ち込むため、裏口にまわって柵を乗り越え、なんとかチョコを持ったまま登校することに成功する。 後は渡すだけ、と思っていた小梅だが、小雪に近づこうとするたびに剣崎が現れ邪魔をする。 お昼を一緒に食べればその時に渡せると思い初雪を誘いに行くが、またしても剣崎に邪魔され、剣崎を一緒にお昼を食べる羽目に。 ことごとくうまく行かない小梅。 2月24日、一年で最も尊い1日がまもなくやってくる、と大袈裟な様子の初雪に小梅は自分の誕生日のことだと思い至る。 小梅が生まれた2月24日午前6時56分には、盛大に祝砲を16発撃ちたい、と言い出す初雪に小梅は、鋭いツッコミで却下した。 盛大に祝いたいと食い下がる初雪に対し小梅は一言おめでとうと言ってもらって、帰りにケーキでも食べられれば十分嬉しいと伝えるも、ならば世界最高峰のパティシエを手配する、と言い出す始末。 小梅はツッコむのに疲れて、初雪に一般高校生の感覚を求めた私が間違っていた、とため息をつく。 そんな姿を見て考え込む初雪は、一晩猶予をくれと小梅に言った。 それを聞いて小梅は嫌な予感がした。 そんな中、初雪先輩は大きなため息をついた。 小梅に少し怒られたのだ。 小梅の誕生日は、パーティーも祝砲も全て禁止、と言われてしまったのだ。 更に誕生日プレゼントも禁止らしい。 だが初雪先輩は、諦めなかった。 大切な人へ、ささやかでもプレゼントをしたいと言うことは一般的なことだ、と小梅に訴えた。 初雪先輩からしたらダイアモンド鉱石はささやかなプレゼントらしい。 小梅にまた、そんなのはささやかなプレゼントじゃない、と怒られた。 初雪先輩は、とにかく小梅に喜んで欲しい、その方がずっと価値がある、と言った。 その言葉を聞いた小梅は、手作りのバースデーケーキが食べたいです。 とリクエストした。 その言葉を聞いた初雪先輩は、いい食材を集め、全身全霊をケーキ作りに捧げる。 と宣言してきた。 以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。 しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。 こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。 サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 最大900ポイント 待てば2冊が読める これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。 また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

次の

王子が私をあきらめない!【48話】最新話のネタバレと感想!王子は庶民を勉強する

王子が私をあきらめない ネタバレ 48

もくじ• 王子が私をあきらめない! 【第48話】最新話のネタバレ 王子と庶民の感覚のズレ 初雪に呼び出されている小梅。 2月24日、一年で最も尊い1日がまもなくやってくる、と大袈裟な様子の初雪に、小梅は自分の誕生日のことだと思い至る。 小梅が生まれた2月24日午前6時56分には、盛大に祝砲を16発撃ちたい、と言い出す初雪に小梅は、鋭いツッコミで却下した。 盛大に祝いたい、と食い下がる初雪に対し小梅は、一言おめでとうと言ってもらって、帰りにケーキでも食べられれば十分嬉しい、と伝えるも、ならば世界最高峰のパティシエを手配する、と言い出す始末。 小梅はツッコむのに疲れて、初雪に一般高校生の感覚を求めた私が間違っていた、とため息をつく。 そんな姿を見て考え込む初雪は、一晩猶予をくれ、と小梅に言った。 それを聞いて小梅は嫌な予感がした。 やんちゃ王子、初雪降臨 次の日。 はよ、小梅、と爽やかに挨拶する初雪。 言葉遣いがフランクになっており、カバンを肩に担ぐ初雪の姿に小梅は言葉が出ない。 そんな小梅の様子に、そんなお前も可愛いけどな、と言い出す初雪。 小梅は心の中で、誰!?と困惑していた。 椿に話を聞くと、昨日の帰りに一般男子高校生の基準を聞きにきたという。 桃太郎も、ハマっている学園ドラマを貸したという。 剣崎は涙を流しながら、この泥棒猫、と小梅に食ってかかった。 初雪から気品を盗んだ、と初雪の様子に悔しくて暴れ回っていた。 学園のみんなはさぞかし混乱して悲しんでいるだろうと心配する剣崎だったが、そんな心配とは裏腹に休み時間に腕まくりをしてバスケをする初雪を見て女子たちは黄色い声援を送っていた。 そんな姿にまだ戸惑いを隠せない小梅だったが、そんな小梅に気づき初雪は、顎クイからの照れんなよバーカ、というセリフを繰り出した。 自分のことをオレと言ったり、小梅のことを呼び捨てにする初雪に小梅は、自分が求めている初雪はこれなのか?と思い悩んでしまう。 初の庶民デート 放課後に誘われる小梅。 四天王も様子を伺うため、壁に隠れながら見つめている。 店員に、番号でお呼びしますのでお待ちください、と言われている初雪を見て、なんだあの無礼な店員は、と怒りが隠せない剣崎。 そういうシステムだ、となだめられている。 ファーストフードで口に合いますか、と心配する小梅に初雪は、小梅と食うならなんでもうまいよ、と満面の笑みで返す。 そんな初雪に赤面しながら、まるで普通の高校生の放課後デートだ、と感じる小梅。 もし出会いが王冠学園じゃなくて、王子と庶民としてでもなかったらこんな風だったのかな、と考えてしまう。 彼氏といるのに考え事?と軽くあしらってくる初雪に小梅はとうとう耐えきれず、ごめんなさい、やっぱりなしで、と大声で謝った。 いつもの先輩に戻ってください、大変だったでしょう、という小梅。 こういうオレはそんなに嫌だった?と、寂しそうにたずねる初雪だったが、小梅は、嫌じゃない、すごいと思っている、と伝える。 そして、どれだけ一晩で研究したんだろうと思う、そんな先輩だから好きになった、私が好きなのはそのままの初雪先輩だ、と真摯に伝えた。 その小梅の発言に、ため息をつく初雪。 本当はひどく疲れる演技だった、と告白する。 演じているのは自分自身だが、小梅が頬を赤らめるたびに心がもやもやした、僕は僕自身に嫉妬した、と小梅に伝える。 小梅は、頬を赤らめていたんだとしたらそれは相手が初雪だからだ、と照れながら伝える。 そんな小梅に、僕もこれほど乱されるのは君だけだ、と言い、手の甲にキスをした。 芹生と話をする初雪。 庶民ごっこはやめたのかと問いかける芹生に僕という人間そのものを見てくれる相手がいれば、当主の立場や後ろ盾を失うことがあっても僕は幸福でいられる、と話す。 そんな初雪の様子に、芹生は怪しい笑みを浮かべる。 初雪が幸せなら見守るつもりだったが、早急に手を打つ必要がありそうだ、と呟いた。 次回に続く。 王子が私をあきらめない! の過去のあらすじまとめはこちらになります。

次の