アレルギー 性 結膜炎 目薬 市販。 アレルギー性結膜炎で抗生剤入り目薬を処方された方

結膜炎におすすめの市販の目薬一覧

アレルギー 性 結膜炎 目薬 市販

アレルギー性結膜炎の症状 アレルギー性結膜炎とは、その名の通りアレルギー反応によって引き起こされた結膜炎のことです。 目のかゆみや充血、目やに、涙目、目の異物感といった症状が現れ、ときに鼻水やくしゃみといったアレルギー性鼻炎の症状を伴うことがあります。 重症化すると、春季カタルや巨大乳頭結膜炎に発展することがあるので注意が必要です。 巨大乳頭結膜炎とは 巨大乳頭結膜炎とは、目に生じる重度なアレルギー性病変です。 上瞼の裏側に白いブツブツしたできものがたくさんでき、進行するとでこぼこのある大きな塊のような皮疹を形成します。 多くはコンタクトレンズによるアレルギーであり、適切な洗浄が行われていない場合や使用期限を大幅に過ぎたレンズを使用している場合に、瞼の裏にできた細かい皮疹に細菌感染が起こることが原因であるといわれています。 強い充血と痛みを伴い、放置すると角膜が傷つけられ、失明に至ることもある恐ろしい病変です。 春季カタルは目やにが特徴 春季カタルは、男児に多く発症するアレルギー性眼疾患であり、特にアトピー性皮膚炎の小児に多く発症する傾向があります。 上瞼の裏側に小さな白いブツブツができ、重症化すると大きなでこぼこのある皮疹を形成します。 これは石垣上巨大乳頭と呼ばれ、凹凸が大きく、角膜を傷つけることもあります。 目の強いかゆみや痛み、充血、目ヤニが多く現れ、目を開けることが困難になることも少なくありません。 春季カタルは一年を通して発症する可能性がありますが、特に春に多く見られることから、「春季カタル」と呼ばれています。 アレルギー性結膜炎の治療で処方される目薬とは アレルギー性結膜炎の治療は、抗アレルギー薬あるいはステロイドの点眼による薬物治療が一般的です。 主な薬剤として下記のものが挙げられます。 メディエーター遊離抑制薬 アレルギーの諸症状は、アレルゲンが体内に入り込むと肥満細胞と呼ばれる免疫細胞の一種からヒスタミンやロイコトリエンと呼ばれる物質が放出されることで引き起こされます。 このヒスタミンやロイコトリエンはメディエーターと呼ばれ、メディエーター遊離抑制薬はこれらの物質が放出されるのを抑制する作用があります。 ヒスタミンH1受容体拮抗薬 アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが作用するH1受容体をブロックすることで、肥満細胞から放出されたヒスタミンの働きを抑制する効果をもつタイプの薬です。 副作用として強い眠気がありますが、最近では眠気がでにくいタイプのものもあり、生活スタイルによって選択することが可能です。 ステロイド薬 ステロイドは副腎皮質から分泌されるホルモンであり、一般的なアレルギー疾患に広く用いられている薬です。 免疫の働きを抑制する効果があり、アレルゲンへの過剰な免疫反応であるアレルギーの諸症状を改善する効果があります。 しかし、アレルギーでの免疫反応以外にも広く免疫を抑制するため、細菌感染を起こしやすくなり、アレルギーによる眼病変に細菌感染を併発している場合には使用は控えた方がよいとされています。 市販薬の目薬でも効果あるの? 市販の目薬でも、抗アレルギー成分や抗ヒスタミン成分が含まれたものがあり、これらは軽度なアレルギー症状であれば効果が期待できます。 ただし、市販の目薬にはキシリトールのように「目がスーッとする」成分が含まれているものがあります。 目に傷ができているときやコンタクトレンズを着用している人は痛みを感じることがあるので注意しましょう。 また、結膜炎はアレルギー以外にも細菌感染などで起こることがあり、その場合は医師から処方される抗生物質入りの目薬が必要になります。 結膜炎症状が現れた時には、アレルギーによるものと自己判断せず、病院を受診して原因を特定してもらいましょう。 アレルギー性結膜炎はうつる? アレルギー結膜炎はアレルゲンに対する自己免疫反応による症状なので、他の人にうつることはありません。 しかし、結膜が傷ついてそこに細菌やウイルス感染を起こした状態の場合には、それが他の人にうつる可能性がありますので強い充血や目ヤニがあるときにはタオルの共用などは避けた方が無難でしょう。 薬以外にも原因(アレルゲン)を遠ざけることが重要! アレルギー性結膜炎の原因であるアレルゲンは、「通年性アレルギー性結膜炎」か「季節性アレルギー性結膜炎」かによって異なります。 通年性アレルギー性結膜炎の場合は、ハウスダスト、ダニ、ペットのフケや毛など年間を通じて身の回りにあるもの、季節性アレルギー性結膜炎の場合は、スギ、カモガヤ、ブタクサなどの花粉がそれぞれ原因と考えられています。 アレルギー性結膜炎の症状を緩和するには薬物治療だけでなく、そもそもの原因であるアレルゲンを特定し、それを避けることも非常に有効なセルフケアとされています。 おわりに:病院で原因物質を特定することが症状の改善につながる アレルギー性結膜炎は市販薬でも症状改善が期待できますが、アレルギー以外の結膜炎の場合は別の治療が必要になることがあります。 目のかゆみや充血など、アレルギー性結膜炎の可能性がある症状でお悩みの方は、まずは病院で検査を受けましょう。 アレルギー性結膜炎の場合、原因物質を特定することこそが症状改善の第一歩になります。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

次の

9.市販薬で効き目のあるものは

アレルギー 性 結膜炎 目薬 市販

12-1. スギ花粉対策は、まずゴーグルとマスクを 花粉症の季節には、外出時にゴーグルやマスクをつけることをおすすめします。 せめてメガネをかけるだけでも、目の表面に飛び込んでくる花粉を減らすことができます。 表面のけば立った衣類は花粉をからませるので、この時期には、なるべく外側がツルツルしたものを着て外出しましょう。 帰宅時には、家のなかに花粉を持ち込まないために、衣服や髪をよく払ってから部屋に入り、洗顔、うがい、鼻をかみましょう。 ついでに人工涙液での洗眼を忘れずに。 花粉情報をきき、飛散の多いときの外出は控えたほうがよいでしょう。 12-2. ハウスダストの予防は掃除から ハウスダストを完全に部屋からなくすのは難しいのですが、掃除を欠かさないこと、カーテン、絨毯、ソファー、ぬいぐるみなど、ほこりがつきそうな物や家具を、身のまわりに置かない心がけは大切です。 室内の掃除は排気循環式の掃除機を用い、1m2あたり20秒の時間をかけ、週に2回は掃除すること。 べッドのマット、ふとん、枕にダニを通さないカバーをかけるなどの工夫も役に立ちます。 12-3. プールに入ってもいいですか アレルギー性結膜炎があっても、目が開けられれば、プールに入ることは可能です。 目が赤くても、お友達にうつるわけではありません。 ただし、プールの消毒液は大変刺激が強いので、ゴーグルをつけて入ることをおすすめします。 ゴーグルをつけても途中で目に水が入ることはあるので、プールからあがったら顔を洗って、目は防腐剤の入っていない人工涙液で洗い流しましょう。 水道水で目を洗ってもよいのですが、特に重症な場合は、水道水に入っているカルキも、目の表面の粘膜には多少の悪影響があるからです。 12-4. コンタクトレンズの上から目薬をつけてもいいの かゆみや目やにがひどいときには、コンタクトレンズは使えません。 まぶたの裏の粘膜とコンタクトレンズがこすれて、炎症がひどくなるからです。 かゆみが治まってくれば、レンズを入れる前とはずした後に、抗アレルギー点眼薬を使います。 コンタクトレンズを使っているときは、レンズの上から防腐剤無添加の人工涙液をなるべく多めに点眼し、汚れが残らないようにしましょう。 日ごろコンタクトレンズを使っている人も、アレルギー性結膜炎がひどい時期には、思い切ってメガネにしましょう。 そのほうが点眼薬もつけやすいし、メガネをかけるだけで、飛び込んでくるアレルゲンの量も減るのですから。 【関連記事もご覧ください】•

次の

現役薬剤師が選ぶ市販の花粉症用目薬と、使う時の注意点

アレルギー 性 結膜炎 目薬 市販

サンテアルフリー新目薬 参天製薬が発売している「 サンテアルフリー新目薬」は、アレルギー専用の目薬です。 抗アレルギー剤のクログリク酸ナトリウムと抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミンマイレン酸塩がは配合されています。 この2つの成分により、花粉やハウスダストなどによる 目の痒みや充血を抑えることが可能です。 メントールも配合されているので、冷たくスッキリとしたさし心地が目のかゆみを緩和してくれます。 また、サンテアルフリー新目薬については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 ロートアルガードクールEX ロート製薬が発売しているアルガードシリーズの「 ロートアルガードクールEX」は、花粉やハウスダストなどのつらいアレルギー症状を抑える防腐剤フリーの目薬です。 薬剤を効果的で集中的に患部に届ける技術を使用しており、通常の目薬と比べると効き目が長く続きます。 花粉によるつらい目の症状を鎮めてくれる3つの成分に、陳代謝を促進してくれるビタミンB6も配合しており、アレルギー性結膜炎などの つらい痒みでデリケートになった目にもおすすめです。 また、 ロートアルガードクールEXについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 スポンサードリンク ロート抗菌目薬EX ロート製薬が発売している「 ロート抗菌目薬EX」は、ものもらいや結膜炎の治療用の抗菌目薬です。 細菌の新陳代謝を止めて抗菌するサルファ剤や、抵抗力が落ちた目の血行を促すビタミンEも配合しています。 薬剤が目の表面に長くとどまる処方を採用しており、 より治療効果が期待できる抗菌目薬です。 小さなお子さんにも使用できるのもポイントです。 また、ロート抗菌目薬EXについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 サンテ抗菌新目薬 参天製薬が発売している「 サンテ抗菌新目薬」とは、結膜炎などの細菌性の炎症の改善に役立つしみない優しいさし心地の抗菌目薬です。 粘稠化剤のヒプロメロースを配合したことで目の中の滞留時間を長くでき、抗菌剤であるスルファメトキサゾールの抗菌効果が高いものとなりました。 代謝改善作用をもつタウリンも配合されているので、 細菌感染による炎症で傷ついた結膜組織の修復を促進してくれます。 また、サンテ抗菌新目薬については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 まとめ 結膜炎に効く市販の目薬で、アレルギー性結膜炎に効果的な目薬と細菌が原因の結膜炎に効果的な目薬をそれぞれ2つずつご紹介しました。 結膜炎の原因に合った市販の目薬を上手に活用することで、つらいかゆみや充血などの結膜炎の症状を改善しましょう。

次の