海外 の 反応 ヤクテナ。 海外「志村けんさんの訃報に海外からも深い悲しみの声が」海外の反応

ヤクテナ ~海外の反応・翻訳アンテナ~

海外 の 反応 ヤクテナ

こんにちは。 山本アンドリュー()です。 今回は、大人気作品『ワンパンマン(One Punch-Man)』がハリウッドで実写映画化されることに対する海外の反応をご紹介します。 あらゆる敵をワンパンチの一撃で倒してしまう主人公サイタマ。 元々、ONEが2009年から自身のHP上に公開していた作品が原作です。 リメイク版は、当時ファンだった「アイシールド21」の作者でもある村田雄介がタッグを組み、集英社のウェブコミック配信サイト「となりのヤングジャンプ」に公開されました。 2015年の秋アニメとして1期目が放送されると、その圧倒的な質の作画と独特なストーリーに海外でもファンが急増し、今でも根強い人気があります。 『ワンパンマン』の実写映画化について 2009年7月3日からウェブサイト上で連載され人気に火がつき、2015年10月にアニメ化もされた人気アニメ『ワンパンマン』が、なんとハリウッドで実写映画化されることになりました。 ハリウッド実写版は「スパイダーマン」「ヴェノム」などで知られるソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが製作を務め、脚本は「ヴェノム」を担当したスコット・ローゼンバーグとジェフ・ピンクナーが担当するとのこと。 日本のみならず世界中で大人気の「ワンパンマン」は、2015年にアメリカの「VIZ Media」から英語版が出版されると、第1巻と第2巻が「ニューヨーク・タイムズ」の漫画ベストセラーリストにランクインするほど。 その実写化映画と来たら、ファンはさぞや大喜びかと思えば、それとは裏腹。 実写化反対!との声が多く聞かれました。 これまでもハリウッドでは、「ドラゴンボール」「デスノート」など数々の日本の人気漫画、アニメが実写化映画されましたがあまり成功した例はなく。。。 なぜこの場に及んで『ワンパンマン』を実写化に?!と思っている人が多々。 キャステングなどはまだ未定とのこと。 これからの動きが気になりますね!.

次の

『ワンパンマン』のハリウッド化に対する海外の反応「やめて下さい。」

海外 の 反応 ヤクテナ

日本のアニメと韓国のアニメ、それぞれの代表作を比較しています。 やはり日本のアニメには世界からの定評があるようです。 海外の反応をお届けします。 日本はアニメ、韓国はKボッブ、中国はパクリ。 笑 偏見やばいね。 中国はアジアで最初にアニメを始めた国だけど、歴史的な理由でアニメ産業が低迷したんだ。 中国のアニメ見たことある? 日本:圧倒的アニメ。 韓国:圧倒的無料漫画 韓国人だけど、正直いって日本のがいい 笑 ゴクウ、サイタマ、ブリーチみたいないい感じのスーパーヒーローがいるから、日本のアニメがいい。 日本のアニメは質のいいプロダクションを作るべく何百年もの努力があった…たぶん。 韓国のアニメに悪いところはないけど、日本のアニメが勝つね。 日本のアニメがいちばん。 日本 もちろん日本のアニメだ 君の名は。 社会的にアニメが尊重されるようになれば、韓国にもポテンシャルはあると思う。 韓国人はアニメを子供のためのものだと思ってるし企業もアニメを軽んじてるから、みんな無料漫画や日本のアニメに走る。 JポップがKポップと同じレベルに達するのも長い道のりだね。 日本のアニメに勝るものはない。 アニメが本物じゃ無くて、Kポップが本物でよりレベルが高いって言ってる人たち。 整形した作り物の人形のKポップとは違って、アニメは人間が創造した人間や官女用のイメージの組み合わせなんだってことだけ言わせて。 どうみても日本だ。 あと、ラーバってアニメ? いや、カートゥーンだよね。 笑 大きめのCGアニメともいえる。 ラーバは素晴らしいアニメだけど、漫画だともっともっといい。 日本はアニメで最高。 日本のアニメ。 韓国じゃない。 日本のアニメ。 韓国じゃない。 次回は日本のアニメvs中国のアニメしてほしい。 日本のアニメはレベルが違うけど、韓国のアニメは中国よりまし。 日本がアニメーションして、韓国が台本とあらすじを担当したらもっとよさそう。

次の

【韓国の反応】高畑勲監督作品「火垂るの墓」を見た韓国人の反応「韓国は永遠にアニメで日本を越えられない」

海外 の 反応 ヤクテナ

こんにちは。 山本アンドリュー()です。 今回は、大人気作品『ワンパンマン(One Punch-Man)』がハリウッドで実写映画化されることに対する海外の反応をご紹介します。 あらゆる敵をワンパンチの一撃で倒してしまう主人公サイタマ。 元々、ONEが2009年から自身のHP上に公開していた作品が原作です。 リメイク版は、当時ファンだった「アイシールド21」の作者でもある村田雄介がタッグを組み、集英社のウェブコミック配信サイト「となりのヤングジャンプ」に公開されました。 2015年の秋アニメとして1期目が放送されると、その圧倒的な質の作画と独特なストーリーに海外でもファンが急増し、今でも根強い人気があります。 『ワンパンマン』の実写映画化について 2009年7月3日からウェブサイト上で連載され人気に火がつき、2015年10月にアニメ化もされた人気アニメ『ワンパンマン』が、なんとハリウッドで実写映画化されることになりました。 ハリウッド実写版は「スパイダーマン」「ヴェノム」などで知られるソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが製作を務め、脚本は「ヴェノム」を担当したスコット・ローゼンバーグとジェフ・ピンクナーが担当するとのこと。 日本のみならず世界中で大人気の「ワンパンマン」は、2015年にアメリカの「VIZ Media」から英語版が出版されると、第1巻と第2巻が「ニューヨーク・タイムズ」の漫画ベストセラーリストにランクインするほど。 その実写化映画と来たら、ファンはさぞや大喜びかと思えば、それとは裏腹。 実写化反対!との声が多く聞かれました。 これまでもハリウッドでは、「ドラゴンボール」「デスノート」など数々の日本の人気漫画、アニメが実写化映画されましたがあまり成功した例はなく。。。 なぜこの場に及んで『ワンパンマン』を実写化に?!と思っている人が多々。 キャステングなどはまだ未定とのこと。 これからの動きが気になりますね!.

次の