てっぺん はげ。 てっぺんハゲの特徴を画像・写真で解説!どこからがハゲになる?

悩める高校生・中学生に朗報!10代の薄毛・つむじハゲは治る!

てっぺん はげ

ハゲの中でもダントツに見た目がかっこ悪い「てっぺんハゲ」ですが、自分でもなかなか確認しづらく、初期の段階では気付きにくいことが多いものです。 生え際の薄毛は何とか隠せたりするものですが、てっぺんハゲの場合は症状が進行してしまうと隠すことができないので悩んでしまう人が多いのではないでしょうか? 典型的なてっぺんハゲの症状の人をご紹介すると「フットボールアワーの岩尾さん」が良い例ですね。 顔は抜きにして、お世辞にもカッコいいとは言えませんし、なんだかかわいそうな感じがします。 てっぺんハゲの進行を止めようといろいろと対策をしている人もいると思いますが、本当にその対策方法に効果があるのか不安…という風に感じている人もいるのではないかと思います。 そこでこちらの記事では、そんなてっぺんハゲの原因を読み解き、適切な対策方法をご説明していきます。 てっぺんハゲは症状の進行が速いものなので、気づいたらすぐに実践していきましょう。 記事の目次• そもそもてっぺんハゲは治るのか? てっぺんハゲは治るのか…? ご自身でいろいろと対策をしてきているほど、そう感じてしまうのではないでしょうか? 結論から言うと、てっぺんハゲは「治すことができます」 もちろんすぐに治すというわけにはいきませんが、根気よく対策していけばほぼ100%に近い結果で元のフサフサの状態にすることができるんです。 そこでてっぺんハゲの対策方法をご説明していく前に、原因をご説明していきます。 てっぺんハゲの原因を知ることで、あなたが取るべき薄毛対策の方法を知ることができるのです。 なんだかてっぺん 頭頂部 がハゲてきた…原因ってなに? それではてっぺんハゲの原因についてご紹介していきます。 てっぺんハゲの原因には細かくいうと様々なのものがあるのですが、大きく分けると2つのものに分けられます。 その2つの原因について詳しくご説明していきますね。 てっぺんハゲの原因は男性型脱毛症 AGA てっぺんハゲをはじめ、薄毛やハゲの原因の中でも最も多い割合を占めているのがこのAGAという進行型の脱毛症です。 テストステロンは男性なら誰しもがもつもので、主に体毛に作用して働くホルモン物質です。 DHTが毛乳頭にある細胞内のホルモン受容体に届けられることで毛母細胞の活動が悪くなってしまい、毛髪の成長サイクルが退行期という毛が抜け落ちていく状態になってしまうことが直接の原因となるのです。 本来であれば2~7年の成長周期がある毛髪が、このDHTによって数か月から1年という短い周期になってしまい、産毛みたいなハリ・コシのない短い髪の毛が増えてしまうことで薄毛やハゲになっていきます。 さらに症状が進行すると退行期で毛髪が抜けた毛穴は休止期、成長期という順番で髪の毛の発毛・成長を繰り返していくのですが、休止期のまま次の成長期に変わることなく、毛穴自体が委縮してしまって髪の毛が生えてこないという状態になってしまうのです。 もし遺伝が大きく絡んで症状を引き起こしているのであれば、てっぺんハゲになってしまった時点で通常の方法で進行を食い止めるのは非常に困難でしょう。 ハゲ家系は将来てっぺんハゲになる? 不安に感じてしまうこともしれませんが、家族に薄毛やハゲの人がいる場合はハゲなるとは断定できませんが、高い割合でハゲると言えるでしょう。 これはハゲやすい遺伝情報というのが、「優性遺伝」と呼ばれていて、50~80%という確率でハゲてしまうからです。 両親のうち、どちらかがハゲ家系の場合は50%くらいの確率でハゲると言われていて、両親どちらもハゲ家系の場合は80%くらいの確率でハゲてしまいます。 今は大丈夫でも、もし両親の家系に薄毛やハゲの人がいる場合は将来高い確率でハゲる可能性があるので気を付ける必要があります。 てっぺんハゲの原因には血行不良によるものもある てっぺんハゲのほとんどがAGAによるものですが、間接的に薄毛やハゲを引き起こしてしまう原因があります。 その中でも割合の大きいものが、この「血行不良」です。 毛髪の成長・発毛というのは、血液の流れに乗って運ばれた栄養素が毛根部に届けられることで健康的な髪の毛を育てていくのですが、その血液の流れが悪くなるとで十分な栄養を届けることができなくなり、薄毛・ハゲを進行させてしまうことがあるのです。 この頭皮の血行を悪くしてしまう要因としてはいろいろとありますが、その中でも多いのが「食生活」「睡眠不足」「ストレス」が特に多いものと言えます。 また先ほどご説明したAGAとこの血行不良が合わさって症状を引き起こす場合もあるので、より症状が加速してしまう原因となります。 こんな人も要注意!てっぺんハゲを引き起こす要因 てっぺんハゲを引き起こしてしまう原因のうち、特定の行動によって間接的に症状を進行させてしまうものがあります。 以下にその要因となるものをまとめましたので確認してみましょう。 睡眠不足• 食習慣の乱れ• ストレス• 運動不足 これらのような生活習慣が直接的ではなくても、二次的な要因となっててっぺんハゲを引き起こしてしまう可能性があるので、注意しましょう。 別の記事でその他の原因についてご紹介している記事があるので、そちらの記事も併せてチェックしてみてください。 本格的にてっぺんハゲを治すならコレ!おすすめの対策・改善方法 てっぺんハゲを気にしている人であればすでに様々な対策方法を実践しているかもしれませんが、先ほどもご説明した通り、男性の薄毛・ハゲの原因はそのほとんどがAGAによる遺伝やホルモンが関係してくるものになります。 その場合、食事や生活習慣を見直しても改善する可能性としてはほどんどなく、無駄骨になってしまうことも多いのです。 そこでこちらでご紹介するのは、より効果の高い対策・改善方法になるので、ぜひ参考にしてみてください。 ですが市販で販売されている育毛剤という点においては、正直あまり効果を期待しない方が良いでしょう。 それは「日本皮膚学会」が出している男性型脱毛症診療ガイドラインの中にある、症状の改善効果のある成分をランク付けしたものがあるのですが、市販の育毛剤に含まれている有効成分は「使用を検討してもよいが,確実な効果を出す根拠がない」というものなんです。 つまり「使用は許可されているけれど、絶対に薄毛やハゲに対して改善する見込みがない」ということです。 それではどの育毛剤を選んだらいいか…。 私が推奨している育毛剤については、メーカー独自の成分配合によって発毛・育毛・抜け毛予防の実績を出していて、薄毛・ハゲ治療を専門に行なうクリニックでも採用されているものがあります。 いくつか種類があるので、その育毛剤については別の記事でご紹介していきますね。 てっぺんハゲの改善法その2:専門のクリニックでカウンセリングをしてもらう ちょっとハードルが高いように感じますが、このような専門のクリニックでは無料でカウンセリングを行なっているところが多いんです。 しかも専門のカウンセラーや医師が患者の悩みや疑問にしっかりと答えてくれて、必要な治療や対策をわかりやすく説明してくれます。 もちろんその治療に必要な費用についてもしっかりと相談することができますし、費用が決まっているのであれば先に伝えておくことで費用内に抑えて治療方法を提案してくれたりもします。 またセルフケアで対策していくにしても、一度専門家のアドバイスをもらってから対策をしていくこともできるので、その分効果も高くなるでしょう。 クリニックでの治療を進めるのであれば、個人個人に合った治療方法で進めていくので非常に効果が高く、そのほとんどが薄毛・ハゲを改善することができています。 もし気になるようであれば、一度足を運んでみてはどうでしょうか? 別の記事でクリニックの選び方についてご紹介している記事があるので、そちらも併せてご覧ください。 てっぺんハゲの改善法その3:頭皮マッサージで血行促進 先にご説明してしまうと症状が進行してしまっている場合、頭皮マッサージだけでは確実な効果はありません。 ですが育毛剤やクリニックの治療に併せて一緒に取り入れることでその効果を高めてくれます。 たとえばクリニックでの治療の場合、基本的に内服薬や外用薬が処方されるのですが、この効果を高めるために頭皮マッサージで血液の流れを良くしてあげることで発毛・育毛に必要な有効成分が頭皮に届きやすくなるのです。 また育毛剤も同様で、ただ育毛剤を使っただけではなかなか浸透しにくいのですが、頭皮マッサージを行なうことで馴染みやすくなったり毛穴が開いて浸透しやすくなります。 以下にそのマッサージ方法をご紹介していきますね。 てっぺんハゲに効果的なマッサージ方法その1• 両耳の上に親指以外の指を当てて、円を描くように揉みほぐしていく• そのまま円を描きながらゆっくりと頭頂部まで移動していく• 頭頂部まで行ったら両耳がつながるラインと眉間から真上に伸ばしたラインが交差するポイントを探す• 交差ポイントに両手に人差し指と中指を当てて、ゆっくりと押していく• 5秒くらいかけて押していき、徐々に力を抜いていく• 1~5の行程を3セット行なう てっぺんハゲに効果的なマッサージ方法その2• 両手の親指以外の指を前頭部の生え際中央に当てます• そのまま内側に円を描くようにしていき揉みほぐしていきます• 円を描きながらゆっくり生え際をたどって下に移動していきます• 指がもみあげの部分まで行ったら手のひらをこめかみに当てます• 手のひらで円を描くようにして頭皮を揉みほぐしていきましょう• 最後に生え際を指でゆっくりと押していき、痛くならない程度にやっていきます マッサージの際に注意すべきポイント マッサージをする際にはいくつか注意すべきポイントがあります。 爪を立てないで指の腹で行なう• 痛いと感じない程度の力加減で行なう 爪を立てず、気持ちいいと感じるくらいの力加減で行なって、頭皮の血行を良くしましょう。 チェックリストで簡単に診断!あなたのてっぺんハゲはAGAが原因? ここではあなたのてっぺんハゲがAGAによるものなのかチェックすることができます。 また症状が出ていないとしても、将来的に症状を引き起こす可能性があるか確認することもできるので、ぜひ試してみましょう。 チェックその1:あなたの家系 両親・兄弟・祖父母 に薄毛の人がいる• チェックその2:以前に比べて抜け毛が増えている気がする• チェックその3:ハリ・コシのない産毛みたいな短くて細い毛が増えてきたり、ボリューム感がなくなってきた• チェックその4:思春期を終えてから髪が薄くなってきた• チェックその5:薄毛が治るどころか、少しづつ進行している• チェックその6:頭頂部だけでなく、生え際も後退してきている いかがでしたか? 以上のチェック項目の内、1つでも該当するものがあればAGAによる薄毛・ハゲの可能性があります。 症状が出ていないとしても今後薄毛の進行が起きるリスクがかなり高いので、注意しましょう。 すでに症状が出ている場合は先述した対策方法を参考に、改善してく必要があります。 また次の項目でてっぺんハゲをはじめ、薄毛予防の方法をご紹介していくのでぜひ試してみてください。 てっぺんハゲの予防に取り入れたい5つの方法 ここまでてっぺんハゲの本格的な対策・改善方法についてご説明してきましたが、ここからは自宅でも簡単にできるセルフケアをご紹介していきます。 とは言っても、先ほどもご説明した通り遺伝やホルモンの影響を大きく受けるてっぺんハゲに対しては、症状が進行しているとあまり効果がありません。 ですので、あくまで「予防」として効果的なものとして症状がまだ進行していない人に向けた内容とお考えておいてください。 予防その1:育毛剤 まずは先ほどの対策方法でもご紹介した「育毛剤」です。 医薬部外品に分類されている育毛剤は、セルフケアの中でも最も効果が期待できるものです。 とは言っても先ほどもご説明した通り、市販の育毛剤ではあまり効果の期待できない有効成分を使用しているため、正直意味がないでしょう。 薄毛・ハゲの専門医が推奨しているような育毛剤を使用することで抜け毛予防にも効果が期待でき、なおかつ症状の進行を止めることもできるので、ぜひ試してみてはどうでしょうか? てっぺんハゲの予防その2:睡眠 普段からたっぷりと睡眠を取っていますか? または毎日決まった時間に就寝・起床をしていますか? 実は睡眠というは毛髪の成長・発毛に大きな影響を与えているのです。 睡眠中には毛髪の成長に必要な「成長ホルモン」が多く分泌され、発毛・育毛に欠かせないものとなっています。 特に22~2時の時間帯というのは「睡眠のゴールデンタイム」とも呼ばれ、その時間はもっとも成長ホルモンが分泌されるのです。 ですので日ごろから夜更かしをしている人は注意が必要です。 また、毎日決まった時間に就寝・起床をしないという人も注意が必要になります。 バラバラの時間に就寝・起床を繰り返していると生活リズムが取れず、自律神経が崩れてしまいホルモンバランスを乱すことになるので。 そのせいでAGAの原因となる男性ホルモンの活動が活発になってしまい、薄毛やハゲを進行させてしまうことがあるので、できるだけ早い時間に就寝することを心がけ、毎日同じ時間帯に就寝・起床する習慣を身に付けましょう。 てっぺんハゲの予防その3:食生活の改善 仕事などで忙しいと何かとコンビニ弁当や外食で食事を済ませてしまうことが多くなってしまいませんか? 不要な添加物や偏った栄養素、高カロリーな食事は血液の流れを悪くするだけでなく、髪の毛の成長に必要な栄養素の不足を招いてしまいます。 できるだけ栄養バランスの整った食事を心がけるのはもちろん、髪の毛の成長に必要な栄養素を意識した食生活を意識しましょう。 以下に毛髪の成長に必要な栄養素と、その栄養素を多く含む食材をまとめたのでご覧ください。 たんぱく質• 牛乳や乳製品• 大豆や大豆製品 ビタミンA• レバー• ウナギ• 緑黄色野菜• 乳製品• 卵類 ビタミンB2• レバー• うなぎ• 大豆や大豆製品• 牛乳や乳製品 ビタミンB6• かつお• まぐろ• レバー• バナナ ビタミンC• 柑橘類• ピーマン• ゴーヤ• ブロッコリー ビタミンE• ナッツ類• ウナギ• たらこ• かぼちゃ• アボカド 亜鉛• ウナギ• 海藻類• 肉類 以上のような食品と栄養素を意識した食事を心がけていきましょう。 もし食べ物だけで栄養素を取るのがつらい場合は、サプリメントで足りない分の栄養素を補うのも効果的です。 てっぺんハゲの予防その4:運動をする 確証があるわけではないのですが、抜け毛を進行させる原因となるジヒドロテストステロン DHT は運動をしたときに出る汗と一緒に体外に排出することができるそうです。 その効果はあまり高くないという意見もあったのですが、やらないよりはマシですね。 また運動不足気味になると血液の循環も悪くなり、毛髪の成長・発毛に必要な栄養素を頭皮に届けにくい状態になるので定期的に運動を取り入れるようにしましょう。 特に有酸素運動を行なうのがおすすめです。 ジョギングやウォーキングなどが思いつくと思いますが、長い距離を走ったりするのではなく、時間を意識しましょう。 最低でも30分程度の有酸素運動をすることで、その効果を最大限に発揮することができます。 てっぺんハゲの予防その5:ストレスの発散 現在の社会においては、このストレスとの向き合い方がとても重要なものになっていますが、もはやストレスのない生活というのは不可能に近いと言えます。 そんなストレスが薄毛・ハゲに及ぼす影響というのは大きく、人は過剰なストレスを感じると血管を収縮してしまい、血液の流れを悪くしてしまうのです。 そのため頭皮に必要な栄養が十分に行き渡らず、毛髪が抜け落ちてしまう要因になりかねません。 ですので、趣味の時間を設けたり運動をしたりするなどしてストレスを溜め込まないように心がける必要があります。 自分なりのストレス発散方法を見つけ、快適な生活を送ることが結果的にてっぺんハゲを予防することにつながります。 こんな対策はNG!てっぺんハゲを進行させる原因となるものとは? これまで様々な対策方法や予防方法をご紹介してきましたが、ここからご紹介するのは絶対にやってはいけないNG対策方法です。 この方法を行なうことで逆に症状を進行させてしまったり、悪化させてしまう恐れがあります。 もし思い当たるものがあるのであれば、すぐにやめましょう。 ブラシや手で頭皮を叩く よくマッサージの一環としてブラシや手で頭皮を叩くという方法を耳にしますが、これはやめるべき行為です。 頭皮を叩いていると多少なりとも痛みを感じると思いますが、この痛みというのが問題で、いわば危険信号のようなものです。 頭皮には皮下組織に髪の毛を生み出すための毛包や毛細血管、毛母細胞などが集まっています。 頭皮を叩くことでこれらの組織を破壊してしまったり、傷つけてしまう恐れがあり、最悪のケースとして毛髪の成長だけでなく発毛自体ができなくなることがあるのです。 1日に何回もシャンプーをする 育毛シャンプーなどを購入して、てっぺんハゲを改善したいからといって何度もシャンプーをする人も中にはいます。 実はこれも絶対にやってはいけません。 シャンプー自体には頭皮を清潔に保ち、健康な状態にすることができるのですが、やりすぎは逆効果です。 洗いすぎることで頭皮を守るものが何もなくなり、乾燥した状態になります。 乾燥した状態になると皮下組織にある水分を含む様々な成分が蒸発しやすくなってしまい、健康な毛髪を育てることができません。 さらに乾燥した頭皮を放置していると、足りない水分を補おうと毛穴から過剰に皮脂を分泌してしまい、毛穴詰まりを起こして抜け毛を起こす要因となります。 シャンプーは1日に1回だけにして、シャンプー後は頭皮に潤いを与えるためにも育毛剤などを使って栄養補給をしてあげましょう。 頭頂部の薄毛は早め対策が大事!気づいたら即行動しよう! いかがでしたか? 普段頭頂部というのはなかなか確認することもないですし、薄毛が進行しているのにも気付きにくい部分です。 もしかすると気付いたときにはある程度症状が進行している…なんてことも考えられます。 そのため、対策をするのに早いということはないのです。 少しでも効果のあるものを早めに行なうことで、症状の進行を食い止めたり予防することができるので「手遅れになってしまった!」なんてことがないようにしましょう。

次の

悩める高校生・中学生に朗報!10代の薄毛・つむじハゲは治る!

てっぺん はげ

てっぺんハゲに似合う髪型は? てっぺんハゲ=つむじはげ。 これは間違いない。 似合う髪型って限られてくるんですよね。 当然ながらショートもショート。 ベリーショートが基本になってきます。 えっ、なぜかって? それは髪の毛って長くすればするほどハゲが目立つ。 これはほんとそう。 例にしてあげるけど、バーコードハゲの人。 そうそう、髪の毛があるように見せて…。 実はないっ。 ていうおっちゃん達がよくやっている髪型。 想像はできるはず。 隠そうとしても隠れないからね。 長さもそれなりにあるんです。 耳上の髪の毛を反対側まで持っていってハゲ隠し。 実にカッコ悪い。 ハゲたら短く切ってしまえ。 これは基本中の基本です。 頭皮となじみやすい坊主頭。 これは短くすればするほどてっぺんハゲが目立たない。 バリカンのアタッチメント この左のヤツ。 美容室でやっても理容室でやっても差はないです。 だってバリカンを地肌に沿って慎重に当てていくだけだから。 カットの中では1番簡単。 ただ坊主に抵抗がある人は長めからスタートしてもいいでしょう。 12ミリぐらいから。 頭の形も大事ですが髪の毛の方がもっと大事です。 「カタチ悪いしなぁ。 「髪の毛少ないのバレるし。 「デコ広いの丸出し。 「いきなりも怖いなぁ。 「会社で何言われるやろか?」 いろんな思いあるでしょ? 一歩踏み出す勇気さえあれば大丈夫。 意外と坊主は受け入れやすいんですよ。 むしろハゲを無理に隠す方がダサいんです。 シャンプーが超簡単になる。 泡立ち最高。 タオルドライで時間短縮。 朝からセットいらず。 雨、風なんてへっちゃら。 寝癖がつきにくい。 ヒゲとの相性が抜群。 髪型が乱れない。 清潔感がある。 触り心地が最高。 スタイリング剤がいらない。 セルフカットでカット代が浮く。 髪型で悩む必要がなくなる。 どうです?このメリット最高ですよ。 カミソリを扱えるのは理容室。 ちなみに美容師免許ではカミソリは扱えません。 スキンヘッドにするなら散髪屋さん理容室で。 最低1週間に1回ペースで行くのが理想。 それ以上なってくると髪の毛があるとこ無いとこはっきりと別れてしまうんです。 剃ると言うことに抵抗なければスキンヘッドもあり。 これは職業柄OKなとこ、NGなとこ出てくるでしょう。 髪の毛がないので全身ボディシャンプーでもいけますね。 頭用のシャンプーいらず。 デメリットは散髪代がかかること。 週1回でも4週あれば月に4回。 意外とお金かかります。 マイバリカン持っていれば 坊主>スキンヘッド。 になるかな。 現役おっさん美容師がすすめるかっこいいヘアスタイル。 ここはあえて坊主とスキンヘッドは外します。 短すぎてちょっと無理っていう人向けの髪型をすすめます。 ソフトモヒカン。 これは王道のヘアスタイル。 つむじのハゲを隠せることもあります。 薄さによって完全に隠せない場合もあり。 まずサイドとバックは刈り上げが基本です。 特にバックはかなり上まで刈ってしまいましょう。 つむじてっぺんハゲが目立ちにくくなるから。 この高さをミスってしまうとハゲ丸出しということになります。 刈り上げは地肌がみえるぐらいベスト。 具体的に3ミリ以下。 薄々に刈ってしまえばてっぺんハゲとなじみやすい。 先日もこんな会話があったんです。 意外と簡単そうですね。 やってみます。 お客さん てっぺんハゲの隠し方の基本は• 髪の毛を濡らす。 髪の毛を つむじに向けて乾かす。 ジェルかワックスは絶対につける。 はい、たったこれだけでつむじの薄さを隠しやすいんです。 難しく考える必要はありません。 元の基本となるヘアスタイルは美容師が作っていますから。 あとは自分でやるだけ。 2番の乾かすのを失敗しないように。 方向付けができていればセット剤がキープしてくれます。 大事なデートや行事ごとなどで丸1日カッコ良さを持続させましょう。 自分を例にしてみます。 ドライヤー前の状態。 これを乾かしてジェル仕上げで下の画像。 違いわかります? ぺったんこだったつむじがドライヤーの風ひとつで根元を起こす。 ジェル仕上げで横から見ても後ろから見てもカタチがキレイに見えるんです。 もしできなければ何回も練習すれば上手くいく時が必ず来ます。 あきらめずに頑張りましょう。 2ブロック+ベリーショート。 このスタイルはサイドが2ブロックであとはベリーショートスタイルです。 またまたアラフォーおっさんの登場です。 今度は正面から申し訳ない。 すごい顔してますね。 犯罪写真みたいになっています。 口になんかついてます。 ご了承下さい。 サイドの髪の毛は中を刈ってしまいます。 これ何にもつけてないBefore。 からのドライヤーのみの根元起こした状態です。 スタイリング剤は付いていません。 Beforeがあまりにもヒドいからafterがかなりマシに見えますね。 実際の画像を見たらわかるんですが髪の毛の 根元起こしがいかに重要かがわかると思います。 画像がこれだけですみません。 肝心のバック画像がなくて…。 想像してもらったらわかりますが特につむじはシッカリめに熱当てすればボリュームが出ます。 最後のスタイリング剤だけシッカリとつけてあげる。 しかもハード系。 できたらウルトラハード。 ハゲが進行してきているなら対策をしてね。 やりたい髪型って誰にでもあるはずなんですよね。 「やりたいけど髪の毛に自信がなくて…。 「頭皮ケアの仕方がわからない。 「脱毛の原因を調べる方法ってあるのかな?」 とりあえず原因と対策を知りたいなら下の記事を読んでみてくださいね。

次の

「頭皮マッサージは薄毛に効く」は正しかった! 効果的なツボあります【秋は抜け毛の季節】

てっぺん はげ

男性が禿げる原因は、大きく分けて3つあります。 AGA(男性型脱毛症)• 悪しき生活習慣• 頭皮環境の悪化 「頭皮環境の悪化」や「悪しき生活習慣」で抜け毛が増えることもありますが、男性が はげる原因の約9割は「AGA」です。 一番注意するべき原因は「AGA」 AGAは、いわば「 髪の毛が抜ける病気」のようなもの。 AGAになると、「有効な対策」をしない限り薄毛を改善することはできません。 通常の育毛剤では効果なし• 育毛シャンプーもダメ• 生活習慣を改善しても治らない これまで育毛に取り組んでも大きな効果を得ることができず、今はげに悩んでいる男性は、 すでにAGAが発症している可能性が高いです。 AGAは、男性がハゲる原因の 約9割を占める「男性ホルモン」と「遺伝」が関係する 「脱毛症」です。 何故、AGAが一番危険なのか? AGAは、• 抜け毛 が増える(他の薄毛原因よりもかなり多い)• 進行性 の脱毛症(最終的にはツルツルに見えるまで薄毛が進行)• 髪の寿命が 早く尽きる• 年月が経過すると 治せなくなる• 通常のハゲ対策では 治せない など、ほかの薄毛原因よりもかなり厄介。 AGAの発症は、生活習慣や頭皮環境が原因ではなく 「遺伝子」によって予め決められている要素が大きいため、ほとんどの対策は「 効果がない」のです。 AGAになると・・どうなるの? 1. 髪の毛が充分に成長できなくなる AGAになると、毛髪を作り出す「毛包」が大きく成長できなくなります。 小さな毛包では、髪は太く強く育つことができず、 長く伸びる前に抜けてしまいます。 髪の毛が成長する期間(成長期)は、 ・ 通常なら 3~5年ほどありますが、 ・ AGAになると 半年から1年に短縮されます。 「軟毛」が増えると、髪のボリュームが減り、頭皮が透けて見えます。 薄毛が広範囲に広がる AGAが進行すると、細くて短い毛の割合がどんどん増えて、薄毛が広範囲に広がります。 さらに進行すると 髪の毛が「産毛」のようになり、「毛が生えていない」ように見えます。 この回数に到達すると「髪を作る細胞」の機能が失われ、新たに髪の毛を作ることができなくなります。 AGAになると ヘアサイクルの回転が正常時より何倍も早くなりますので、 それだけ早く髪の寿命が尽きてしまうことに。 髪の寿命が尽きると、どんな薄毛治療でも髪を生やすことができなくなります。 AGAになる原因は? AGAは、• DHT• 遺伝 が原因で発症します。 【原因1】DHT (ジヒドロテストステロン) DHTは、• テストステロン (誰にでも存在する男性ホルモン)• 作られた「DHT」は、髪の毛の成長を 強制的にストップさせ、 毛が抜けるように働きかけます。 【原因2】遺伝 「AGAそのもの」が遺伝するわけではなく、• どれだけ「DHT」が作られやすいか• どれだけ「DHT」の影響を受けやすいか が、 生まれたときから遺伝で決まっています。 これらの「遺伝要素」を受け継いでいる人は、薄毛が進行しやすい「AGA体質」と言えます。 AGA治療の第一人者である東京メモリアルクリニック・平山の佐藤明男先生は、薄毛の原因は遺伝であると言い切っています。 生活習慣が不規則だから? 仕事や私生活など何らかのプレッシャーを抱え、ストレスを感じているから? など理由は諸説取り沙汰されるが、佐藤先生は一言でズバリと言い切った。 「遺伝です」 それを裏付ける身近な例がある、と佐藤先生は言う。 結婚式の記念写真だ。 新郎側と新婦側の親族がそれぞれに分かれて集合撮影を行うと、きれいに髪の毛がある・ないの集団に分かれるときがあるとのこと。 【遺伝要素. 2】 DHTの影響の受けやすさ 作られたDHTの影響をどれだけ受けるかは、「アンドロゲンレセプター」と呼ばれる男性ホルモン受容体の感受性で決まります。 アンドロゲンレセプターの感受性が高い人は、DHTの影響を強く受けてしまうためAGAによる薄毛が進行します。 この アンドロゲンレセプターの感受性は母親から遺伝します。 母親の父(祖父)が禿げていると、母親の子供もハゲてしまう「隔世遺伝」が多いのは、母親が祖父から受け継いだ「感受性が高い遺伝子」が子供に受け継がれるからなのですね。 こんな人はAGAの可能性が高い 若ハゲ 10~20代の若い年齢の頭皮は、「毛の生える力」が強いため、ちょっとやそっとの薄毛原因ではハゲません。 この元気な頭皮が薄くなるのは「強力な脱毛症状」を起こす 「AGA」が原因の可能性がきわめて高いです。 細くて短い抜け毛が多い 抜け落ちた毛が「細くて短い」のは、 髪が充分に成長できずに抜けてしまった証です。 AGAが発症して、ヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。 特定の部位だけが薄い AGAは、薄毛の進行パターンが決まっています。 上の写真の3パターンは 、AGAの典型的な症状です。 後頭部と側頭部の髪の毛がしっかり残っているのも特徴です。 AGAは、早く対策しないと「手遅れ」に AGAの進行はとても早いので、 ちょっと薄いだけだからまだ大丈夫!と思っている人は要注意。 世界的に有名な製薬会社「」の調査では、薄毛部位の髪の毛が 5年間で約30%も減ってしまうことが分かります。 後頭部は力強い髪の毛ですが、つむじ部分は弱々しい毛が目立ちますね。 1つの毛穴から生えている本数も減っていることが分かります。 やがて髪の「寿命」が尽きる・・ AGAが発症している人は、ヘアサイクルの回転が 何倍も加速されていますので、髪の寿命がどんどん短くなっている状態です。 寿命が尽きてしまうと、どんな治療でも髪を生やすことができなくなります。 早く対策するほど生える! ヘアサイクルの残り回数が少なくなるほど「髪を作るチカラ」は弱まりますので、 AGAの「改善率」はどんどん低下します。 AGAになってからの期間が短ければフサフサな状態に戻れますが、何年も経過してしまうとフサフサな状態に戻れない可能性が高くなるということですね。 薄毛を改善するためには、 少しでも早く対策に取り組み、 ヘアサイクルを「正常時」に戻すことがとても重要なのです。 AGAを治したい!やるべき対策は? AGAは強力な男性ホルモン 「DHT」が原因で起こります。 この 「DHT」を作らせないことが、AGA対策で 最も重要なポイントです。 DHTの生成を抑制する方法は、• 病院・クリニックの治療薬• 自宅でAGA対策 の2つです。 それぞれ特徴に違いがありますので、 今の自分ができる最善の方法を選んで実践しましょう。 【AGA対策法. 1】 病院・クリニックの治療薬 プロペシアやファイザーなど、DHTの生成を抑制する作用がある薬を服用する 治療法です。 AGA対策の中で 最も高い効果が期待できる方法なのですが、副作用など、服用する際にいくつかの「 気を付けること」があります。 AGAを治療できる(効果が高い)• まれに副作用がある(精力減退、勃起不全など)• 服用中、服用後1~6ヶ月間は献血出来ない• 完治はしないので服用を中断すると再び薄毛が進行• 薬の管理に注意が必要(女性、特に妊婦が触れないようにする)• 処方は血液検査と医師による対面診断が必要• 個人輸入で購入するのは危険(粗悪品、偽物など) AGAクリニックがおすすめ AGAを専門にしているクリニックは、 医師の専門性が高いので、より適切な治療薬を処方してくれます。 また、 完全個室での診察ですので一般の病院よりも通いやすいところや、 掛かる費用が比較安いところもおすすめの理由です。 無料カウンセリングを実施している医院がありますので、まずは気軽に相談してみるのがいいですね。 【AGA対策法. 2】 自宅でAGA対策 DHT抑制作用がある成分が配合された 「AGA育毛剤」と「育毛サプリメント」を併用する対策法です。 この方法は すぐに始めることができ、誰にも見られず対策できるお手軽さが魅力。 ポイントは、 AGA育毛剤だけでなく育毛サプリメントを一緒に飲むことです。 これにより体の外側と内側からDHTの生成を抑制する「相乗効果」が期待できます。 自宅で誰にも見られず対策できる• 副作用がない• かかる費用が比較的安い• 薬ではないので「治す」ことはできない 選ぶなら「イクオスEXプラス」 当サイトでは、• イクオスEX• チャップアップ の2つをAGAに有効な育毛剤としてオススメしていたのですが・・・ 2019年10月に「イクオスEXプラス」にリニューアルして成分が大幅に強化されたことで、AGA対策に最適の育毛剤はイクオスEXプラス1択に。 成分、価格ともに現存するAGA育毛剤の中では間違いなくトップ。 薄毛対策には、 もはやこれ以外はないというほど優秀な育毛剤です。 AGA対策成分配合の育毛サプリが格安で付いてくるコースが用意されているのでコスパも抜群です。 下に両育毛剤の特徴を掲載していますので、比較してみてくださいね。 男性の薄毛のほとんどがAGAが原因ですが、生活習慣も軽視してはいけません。 悪しき生活習慣は、「 薄毛の進行スピード」や、「 薄毛の改善率や、改善の早さ」に影響します。 睡眠不足 寝ている間に分泌される「成長ホルモン」が髪の成長に関係していますので、睡眠時間が短い生活は、薄毛の原因のひとつとして挙げられます。 寝ている時間に髪が成長し、ダメージも修復してくれますので、睡眠時間が少ないと元気のない弱々しい髪になってしまいます。 睡眠不足で薄毛になる原因• 成長ホルモンの分泌量が減少• 睡眠中は身体の負担の修復を優先し、髪の修復は後回し 対策法• 深い眠り(ノンレム)の周期をできるだけ多く• ゴールデンタイムに寝る 偏った食生活 高脂肪、高コレステロールの食品ばかりを食べる食生活は、血行不良や皮脂の分泌が過剰になる原因になります。 血行不良や余分な皮脂は、頭皮環境の悪化や、髪の成長を妨げる原因と言えます。 偏った食生活で薄毛になる原因まとめ• 脂質の取り過ぎによる血行不良• 脂質の取り過ぎによる皮脂の分泌増加 対策法• 脂質を取りすぎない食事(成人男性の脂質摂取目安:1日55~60g)• ビタミン類、亜鉛を不足させない食事 亜鉛不足 亜鉛は、髪が成長するために重要な役割を担う成分です。 また、 AGAの原因になるDHTの生成を抑える効果も期待できます。 1日の目安は15mgですので、不足しないようにすることが大切。 積極的に食事にとりいれましょう。 射精のしすぎはハゲるって本当? 「スケベはハゲる」という言葉を聞いたことがあると思います。 半ば都市伝説のような言葉ですが、実は間違いではありません。 男性が射精した後に、新たに精子をつくる工程で亜鉛を消費します。 亜鉛には、薄毛の原因になる「男性ホルモン(DHT)」の生成を抑制するはたらきがありますので、不足してしまうとハゲの原因になると考えられます。 タバコ(喫煙) ニコチンの作用で、毛細血管が収縮して血流が悪くなりますので、栄養を毛根までスムーズに届けることができなくなります。 毛母細胞のはたらきを弱くする活性酸素や、髪の成長を妨げるビタミンCの欠乏も薄毛の原因です。 タバコ(喫煙)で薄毛になる原因まとめ• 血行が悪くなる• 活性酸素が発生• ビタミンCを消費する 対策法• 本数を減らす• 煙草を吸えない環境作り• ビタミンを補充 ストレス ストレスを受けると、自律神経のバランスが乱れますので、「血管の収縮」や、「内臓機能の低下」が起こり得ます。 また、ストレスを感じたときに「副腎ホルモン」が分泌されるのですが、この副腎ホルモンが分泌される課程で、身体の中に活性酸素が多く発生し、毛母細胞のはたらきが弱まります。 ストレスで薄毛になる原因まとめ• 自律神経のバランスが乱れて、血管が収縮• 内臓機能が低下して、育毛に役立つ成分の吸収率が低下• 活性酸素が多く発生 対策法• こまめに発散する• 睡眠の質を高める• 考え方を変えてストレスをためないようにする 【ハゲる原因3】 頭皮環境(7つ) 適度な刺激で血行促進 頭皮マッサージを毎日の習慣にすることで、血行を促進して髪に栄養を届けやすくすることができます。 また、頭皮には育毛にいいと言われる「ツボ」がたくさんありますので、マッサージを続けることはハゲの改善に大きく影響すると考えることができます。 当サイト内で、頭皮マッサージの方法や、育毛のツボを紹介していますので、ご覧下さい。 刺激(洗浄力)が強いシャンプー 最近では頭皮にやさしいシャンプーが増えてきましたが、市販のシャンプーの中には、香りやツヤをだすための成分や、泡立ちをよくする成分が含まれていることも多いです。 また高級アルコール系は洗浄力が強いため、皮脂を落としすぎて、逆に皮脂の過剰分泌の原因になります。 刺激(洗浄力)が強いシャンプーで薄毛になる原因まとめ• 刺激が強い成分によって、頭皮が炎症• 洗浄力が強すぎると、皮脂が過剰に分泌 対策法• 香料、着色料、保存料が含まれていないシャンプー• 適度に皮脂を落とすシャンプー 髪を洗いすぎる 頭を洗えば洗うほど頭皮が清潔になる感じがしますが、1日に何回も洗髪すると、皮脂を取りすぎてしまいます。 皮脂には、保湿機能やバリアの役割もあります。 皮脂を取り過ぎて一定量以下になると、身体が不足した皮脂を補うために、皮脂を多く分泌するようになり、皮脂が過剰状態になってしまいます。 髪の洗いすぎで薄毛になる原因まとめ• 皮脂を落としすぎると、皮脂が過剰分泌 対策法• 1日1回夜のみ• 頭皮を傷つけないように指の腹でもみ洗い• 洗髪時に頭の筋肉をほぐす 正しい洗い方で、健康な頭皮を目指しましょう 毎日の洗髪で「正しい洗い方」をすることで、毛が生えやすい頭皮環境になることができます。 間違った洗い方をしている方は、1日でも早く「正しい洗い方」に切り替えましょう。 当サイト内で「正しい髪の洗い方」を紹介していますので、ご覧下さい。 髪を乾かさずに放置(自然乾燥) 洗髪のあとに髪を乾かさずに自然乾燥すると、髪と頭皮の間の湿度が高くなりますので、頭皮の常在菌(マラセチア菌)が繁殖してしまいます。 常在菌が増えすぎると、頭皮や毛穴が炎症を起こしてしまい、抜け毛が増える可能性があります。 自然乾燥はフケや、頭皮のかゆみの原因にもなりますので、ドライヤーをつかってしっかり乾かしましょう。 自然乾燥で薄毛になる原因まとめ• 常在菌が増殖する• 髪の毛が傷つく 対策法• 温風で素早く乾燥 帽子を長時間かぶり続ける 帽子やヘルメットを長時間かぶり続けると頭皮が蒸れてしまいます。 蒸れた頭皮は皮脂の分泌が増えますので、皮脂をエサにしている 常在菌(マラセチア菌)が繁殖してしまいます。 菌が増えすぎると、頭皮や毛穴が炎症を起こして、抜け毛が増える可能性があります。 また、締め付けがきつい帽子は 頭皮が圧迫されて血行が悪くなりますので、長時間かぶらないようにしましょう。 帽子で薄毛になる原因まとめ• 長時間の帽子は、頭皮が蒸れる 対策法• こまめに通気する• ゆったりした帽子を選ぶ 頭皮の老廃物(角栓) 身体の中の老廃物は、頭皮からも排出されます。 頭皮の老廃物と、皮脂が混ざると頭皮の皮膚下で「」になって毛穴が詰まってしまいます。 毛穴詰まりによって、毛根が圧迫されたり、呼吸ができずに酸素が不足する可能性がありますので、薄毛の原因と言えます。 頭皮の老廃物(角栓)で薄毛になる原因まとめ• 毛穴が詰まって毛根の圧迫や、呼吸の妨げ 対策法• 食生活の見直し(脂質を減らす)• 頭皮が蒸れないように心がける 紫外線に長時間髪や頭皮をさらす 紫外線を長時間浴びるのは、お肌に悪いのと同じように頭皮にもよくありません。 紫外線自体はビタミンDを合成するのに必要という一面もあるので、悪いばかりではありませんが、浴びすぎは禁物。 頭皮の乾燥や、老化、活性酸素など、育毛の妨げになる可能性があります。 紫外線で薄毛になる原因まとめ• 頭皮が乾燥する• 頭皮が老化する(光老化)• 頭皮に活性酸素が蓄積される 対策法• 紫外線情報を参考にする• 日陰や帽子を有効活用する ヘアスタイル いつも同じところで分け目を作ると、地肌が見える頭皮は、紫外線やその他の外的刺激を受けやすくなります。 また、髪の毛を無理に引っ張ったり、いつも同じ縛り方をするようなヘアスタイルは、毛根に負担がかかりますので抜け毛の原因となります。 パーマやヘアカラーで使用する液も、頭皮環境を悪化する原因と言えます。 ヘアスタイルで薄毛になる原因まとめ• 分け目をつくる髪型は、紫外線の影響を受けやすい• 髪を引っ張るヘアスタイルは、頭皮に負担をかける• パーマやヘアカラーは頭皮環境が悪化 対策法• 分け目の位置を変えたり、帽子を活用• 髪を引っ張るヘアスタイルをやめる日をつくる• 過度なパーマやヘアカラーは避ける 【重要】 原因の解消は、1日でも早く.

次の