年賀状 目上 一言。 年賀状の一言添え書き。目上の人へ健康を思いやるメッセージ文例!

年賀状の一言メッセージ、添える言葉に悩んだ時は?

年賀状 目上 一言

目上の人へ宛てた年賀状のマナーとは? 年賀状を作成する際に、気を付けたいマナーがいくつかありますのでご紹介しておきます。 作成時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。 特に、目上の方に対して作成するときは 丁寧な言葉を使ったり、相手を敬うという意味の文字があるものを使う必要があるので覚えておきましょう。 二文字の賀詞は使わない• 四文字以上の賀詞を使う• 赤ペンは使用しない• 修正テープや修正ペンは使用しない• 忌み言葉や重複表現は使用しない• 句読点は利用しない 以上のポイントが、年賀状を作成する際に知っておきたいマナーになります。 基本的には、• 間違えたら最初からやり直す• 賀詞に気を付ける• 忌み言葉は避ける• 重複表現(祝う言葉を繰り返し使わない) 以上の内容を覚えておくと良いです。 目上の人へ宛てた年賀状のコメント・文例5選! ではここから、実際の例文を5つ集めてみましたのでコピペして利用しちゃいましょう!• 恭賀新年 旧年中は 謹賀新年 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。 本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。 なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます• 公私にわたりお世話になり 誠にありがとうございました 本年はより一層努力し ご期待に応えるべく精進して参る所存でおります 本年も変わらぬご指導ご鞭撻の程をお願い申し上げます• 謹賀新年 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました 本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます• 謹んで新春のご祝詞を申し上げます 昨年中は格別のご厚情にあずかり 心より御礼申し上げます 御社のますますのご発展を祈念しますとともに本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 ここからは相手を、恩師や先生・元上司などに宛てたような例文をご紹介します。 謹賀新年 よき新春をお迎えのこととお喜び申し上げます 大変ご無沙汰しておりますが 先生におかれましてはお元気で過ごされていることと存じます どうぞご自愛の上 より一層のご活躍のほどを期待しております 本年もよろしくお願い申し上げます• 先生にはごきげんよく 新年をお迎えのことと存じます 今年も新緑の頃に同窓会を企画しております お目にかかれることを心より待ち望んでおります。 ますますのご健康をお祈り申し上げます• 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 ご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか。 自分の近況を添えつつ、丁寧な言葉で回答するように心がけておきましょう。 目上の人へ宛てた年賀状の一言・メッセージ10選! 文例はすらすらかけても、最後に添える一言やメッセージに困っている方も多いはず。 そういった時に活用してみてください!• ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます• 皆様お元気で幸多き年となりますように• この一年のご健康と ますますのご活躍をお祈り申し上げます• 新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます• 寒い日が続きますがどうぞご自愛くださいませ• よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます• 皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます• 昨年は格別の御厚情を賜り心より感謝申し上げます• 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます• 本年もご指導のほど宜しくお願い申し上げます 最後に添える文章に関しては 相手への体調や寒い日への気遣いや、この先1年が良い年になるようにという気遣いを添えると良いでしょう。 ご無沙汰な方に対しては、 文頭に「大変ご無沙汰しております。 」という文面を付け加え再会を願う一言を添えてみましょう。 おススメは 手書きで書くこと。 そうすることで相手に気持ちが伝わりやすいです。 まとめ いかがでしょうか。 目上の人といっても、差出人との関係によりそこまで丁寧にしなくても大丈夫です。 なのであまり畏まることの無い場合もありますので、その場合はもう少し崩した文章で作成してみましょう。 【関連記事】.

次の

年賀状の一言添え書きを目上の人へ書く場合のマナーと文例。注意点も

年賀状 目上 一言

目上の人へ宛てた年賀状のマナーとは? 年賀状を作成する際に、気を付けたいマナーがいくつかありますのでご紹介しておきます。 作成時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。 特に、目上の方に対して作成するときは 丁寧な言葉を使ったり、相手を敬うという意味の文字があるものを使う必要があるので覚えておきましょう。 二文字の賀詞は使わない• 四文字以上の賀詞を使う• 赤ペンは使用しない• 修正テープや修正ペンは使用しない• 忌み言葉や重複表現は使用しない• 句読点は利用しない 以上のポイントが、年賀状を作成する際に知っておきたいマナーになります。 基本的には、• 間違えたら最初からやり直す• 賀詞に気を付ける• 忌み言葉は避ける• 重複表現(祝う言葉を繰り返し使わない) 以上の内容を覚えておくと良いです。 目上の人へ宛てた年賀状のコメント・文例5選! ではここから、実際の例文を5つ集めてみましたのでコピペして利用しちゃいましょう!• 恭賀新年 旧年中は 謹賀新年 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。 本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。 なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます• 公私にわたりお世話になり 誠にありがとうございました 本年はより一層努力し ご期待に応えるべく精進して参る所存でおります 本年も変わらぬご指導ご鞭撻の程をお願い申し上げます• 謹賀新年 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました 本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます• 謹んで新春のご祝詞を申し上げます 昨年中は格別のご厚情にあずかり 心より御礼申し上げます 御社のますますのご発展を祈念しますとともに本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 ここからは相手を、恩師や先生・元上司などに宛てたような例文をご紹介します。 謹賀新年 よき新春をお迎えのこととお喜び申し上げます 大変ご無沙汰しておりますが 先生におかれましてはお元気で過ごされていることと存じます どうぞご自愛の上 より一層のご活躍のほどを期待しております 本年もよろしくお願い申し上げます• 先生にはごきげんよく 新年をお迎えのことと存じます 今年も新緑の頃に同窓会を企画しております お目にかかれることを心より待ち望んでおります。 ますますのご健康をお祈り申し上げます• 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 ご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか。 自分の近況を添えつつ、丁寧な言葉で回答するように心がけておきましょう。 目上の人へ宛てた年賀状の一言・メッセージ10選! 文例はすらすらかけても、最後に添える一言やメッセージに困っている方も多いはず。 そういった時に活用してみてください!• ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます• 皆様お元気で幸多き年となりますように• この一年のご健康と ますますのご活躍をお祈り申し上げます• 新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます• 寒い日が続きますがどうぞご自愛くださいませ• よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます• 皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます• 昨年は格別の御厚情を賜り心より感謝申し上げます• 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます• 本年もご指導のほど宜しくお願い申し上げます 最後に添える文章に関しては 相手への体調や寒い日への気遣いや、この先1年が良い年になるようにという気遣いを添えると良いでしょう。 ご無沙汰な方に対しては、 文頭に「大変ご無沙汰しております。 」という文面を付け加え再会を願う一言を添えてみましょう。 おススメは 手書きで書くこと。 そうすることで相手に気持ちが伝わりやすいです。 まとめ いかがでしょうか。 目上の人といっても、差出人との関係によりそこまで丁寧にしなくても大丈夫です。 なのであまり畏まることの無い場合もありますので、その場合はもう少し崩した文章で作成してみましょう。 【関連記事】.

次の

年賀状の一言メッセージ、添える言葉に悩んだ時は?

年賀状 目上 一言

年賀状の一言添え書きは必要? 年賀状の一言は書くべきかどうかについてですが、特に書かなくても悪いということはありません。 印刷だけでも挨拶がきちんとされていれば別にマナー違反ではありませんからね。 ですが書いた方が良いか、書かない方が良いか、と聞かれるなら書かないよりは書いた方が良いでしょう。 もらった年賀状に添え書きがなかったとしても特に気にしない人もいますが、そっけない、寂しい、と感じる人もいます。 気が知れている友人や後輩であったり、自分のことをよくわかってくれる部下であるなら書かなくてもいいかもしれません。 でもそこまで関係性の深くない相手の場合はどのように受け取るかは正直わからないですよね。 基本的には相手が誰であっても、年賀状には手書きの一言コメントを書いておいた方が無難といえるでしょうね。 特に目上の方には一言メッセージを入れておきましょう。 年賀状の添え書き文例 目上の方に 特に困るのは目上の方へのコメントですよね。 失礼が無いように添え書きしましょう。 親戚や上司、取引先など書く内容が違うので考えるのも大変です。 それぞれ参考にしてくださいね。 年賀状の一言 親戚に 相手へのメッセージと自分の近況報告を組み合わせると親しい印象になりますよ。 日ごろ交流のない、ほとんど会わない親戚へは近況報告よりも無難な一言の方が良いのではないでしょうか。 親戚を気遣う一言メッセージ• お元気でいらっしゃいますか• ご家族の皆様はいかがお過ごしでしょうか• 皆様の幸多き一年となりますよう心からお祈りいたします• ますますのご健勝とご活躍をお祈りいたします• 寒い日が続きますのでくれぐれもご自愛ください 親戚へ自分や家族の近況報告• 家族そろって楽しいお正月を迎えました• こちらは変わらず元気に過ごしております• 秋に転居をして始めて新年を迎えます• ご無沙汰しておりますがいかがお過ごしでしょうか• 平素のご無沙汰をお詫び申し上げます• 平素の疎遠をお詫び申し上げます• 年に一度の便りになっておりますが変わらずお過ごしでしょうか• 良い一年をお過ごしください 年賀状の一言 上司へ あまり交流のない上司へは無難な一言で良いかと思いますが、お世話になっている上司には感謝の気持ちや自分の目標などを書くと喜んでもらえますよ。 スポンサードリンク 上司への無難な一言• 忙しい日が続きますがくれぐれもご自愛ください• 本年も変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします• 今年もご指導のほどよろしくお願いします• ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます• この一年のご健康とますますのご活躍をお祈りいたします 上司への感謝の一言• 昨年はご指導ご鞭撻をありがとうございました• 旧年中のご厚情に心より御礼申し上げます• いつもお世話になり感謝でいっぱいです• 昨年は様々なお心遣いをいただき誠にありがとうございます 自分の決意や報告を一言で• これまでのご指導をさらに活かせるように努める決意です• 後輩の良い手本になれるように成長していきます• 今年こそ苦手なデスクまわりの整理整頓をマスターします• 月の目標金額を達成できるように精進します• 一歩ずつ地道にがんばっていきます 年賀状の一言 取引先 取引先には一言は必要ないと思うかもしれませんが、名前を覚えてもらっている立場であればぜひ書いておきましょう。 取引先との関係によっては堅苦しくない方が良いこともあります。 昨年は格別のお引き立てを賜りまして厚く御礼申し上げます• 旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました• おかげさまで順調に営業しております• 昨年は大変お世話になりました• 特に親戚や上司など目上の方に向けては難しいです。 年賀状の一言を最も簡単に書くコツは、手書きの一言メッセージが書きやすいように年賀ハガキの印刷をすることです。 印刷の文章の一部を手書きで書くことにしましょう。 例えばですが、印刷の文章の最後に 「今年もよろしくお願いします」 「本年度もよろしくお願いします」 などで〆ている年賀状が多いですが、これを印刷をせずに一言メッセージとして使いましょう。 印刷の文章は 「ご多幸をお祈り申し上げます」 などで終わらせておくんです。 「今年もよろしくお願いします」は誰宛てでも通用する一言ですので、迷うことなく書けます。 あっという間に書き終わりますよ。 実際もらうがわとしては、この一言はよく使われていますしね。 ちなみに年賀状マナーとして句読点は使わないこと。 今は気にしない人もいますが一応念のため。 最後に 参考になりましたか? 年賀状の一言メッセージは文例を見ながら書けばそんなに煩わしくはないでしょう。

次の