あいのり コウ 王子。 あいのりコウのインスタと現在は?王子とのその後や本名と歌について

あいのりアフリカンジャーニー・第12話「王子とコウが急接近」ネタバレ感想

あいのり コウ 王子

相手の女性の年齢は気にしないらしく、20歳の頃には45歳の女性と付き合ったこともあるそう。 はり坊と同様、まだまだ謎が多いイケメンさんです。 夕食の際に、しゅうまい以外のメンバーはハンバーガーとポテトを注文したのに対し、しゅうまいがフルーツの山盛りだったことに気づく。 (食欲が無いのか気になった?)王子は、そんなしゅうまいに対し、自分の夕食を半分あげるよと優しく声をかけていた。 実は、しゅうまいには食に対するこだわりがあって「空腹を満たすために食べるのではなく、食べたいものがあるから食べる!」という謎の理論を力説。 これには思わず王子も大爆笑してしまい、他のメンバーから総ツッコミを受ける。 宿泊先のホテルで休んでいた際、うーじーがブランドモノ「IPSA」の化粧水を使っていることに気づく。 美容系の会社で営業マンをやっているだけあって、さすがに物知り。 うーじーが美容に気を使っていることに対し、しゅうまいが自分は油しかでないと自虐するも、王子は「まだ若いから大丈夫」とやさしくフォローする。 4話「金メダルの恋」 すぅすぅの気になる相手の一人として、王子の名が挙がる。 年上で社会経験もあって、ある程度物事がわかっている点が、すぅすぅにとっては魅力的だったそう。 5話「勝ち戦か?負け戦か?」 / 未公開映像を観よう🎬 ケニア🇰🇪編 \ ケニア編ラストは、第5話でうーじーの告白報告を受けた後の男子メンバーたち。 すぅすぅと二人で散策した際には、積極的にすぅすぅをエスコート。 そして、すぅすぅから「そろそろ動く?」と聞かれた際に、頑張るけど年上のアラサーだから色々と考えちゃうと答える。 この時すぅすぅからは、王子は優しくて、自分に気があるのではと感じている、話も合うしスマートな感じがする、と評価されていた。 ヒデの歓迎会の際には、ふとした際に女性メンバーに手が出てしまっていることをヒデに指摘される。 そしてしゅうまいからは、キャラを作っているところがあると指摘されると、うるさい童貞!と反撃する。 7話「ウガンダで一番醜い男」 ウガンダのTV局のリポーターに「大きな胸やお尻がない彼女たちに、君は何を求めるんだ?」と質問される。 そして翌日TVで見てみると「お尻はいらないけど、胸は大きい方がいい」と暴露したシーンが放送され、女性メンバーが大爆笑してしまう。 そしてラブワゴン内でハスキーが腕のムダ毛が気になる発言をすると、できれば処理してほしいとつぶやく。 コウが早速処理している姿をみて、王子は嬉しいとコメント。 実は、高校時代に告白してきた女子の胸元に毛が生えていて、幻滅したことがトラウマになっていた。 10話「ちょっと待って」 特に目立った行動はなし 11話「選ばれない女」 コウが腸チフスに感染し一時離脱していることに寂しさを感じた王子は、コウが好きなことに気づく。 後日、コウが復帰した際には、誰よりも早くコウのそばに駆け寄りハグした。 もちろん過去に放送されたあいのりシリーズも視聴できるうえ、Amazonアカウントをお持ちの方は1ヶ月無料で利用できます。 ・あいのり ラブワゴンが出会った愛~ヒデが旅した1年半~ ・恋愛観察バラエティー あいのり2 バングラデシュ編 ・恋愛観察バラエティー あいのり2 カンボジア編 ・恋愛観察バラエティー あいのり2 Z ・あいのり:Asian Journey ・あいのり:Asian Journey SEASON2 ・あいのり:African Journey Amazonアカウントをお持ちの方は1ヶ月無料で利用でき、無料期間に解約すれば、利用料金は一切かかりません。 配信期間につきましては、公式サイトをご確認ください。

次の

あいのりアフリカンジャーニー12話ネタバレ感想!ルワンダ大虐殺

あいのり コウ 王子

ここでは、Netflixのあいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)の 【第14話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。 さて先週は、女子メンバー全員とJOYくんが倒れ、大変な事になってしまいました。 そんな中、王子はコウへ、ヒデとJOYくんはハスキーを気遣ってあげます。 旅に復帰したハスキーはJOYくんを指名するなど、徐々に気持ちが傾き始めたようです。 ヒデはピンチを迎えていたのでした…。 ご注意下さい。 まずは14話のオープニングのワンシーンから。 ホテルの別部屋で一人寝ているコウ…。 咳が止まらず苦しそうにしています。 うめき声を上げたり、「あ〜気持ち悪い」とうなされていました…。 さて、ルワンダの大地を走るラブワゴン。 まずはメンバー間の恋の矢印を確認しましょう。 コウは病気のため離脱中。 それを待ち続ける美容系男子の王子。 見習い忍者のJOYくんは、ハスキーに思いを寄せていました。 ハスキーにあいのり三カ国目にして初めての呼び出しがかかります。 呼び出したのはJOYくんです! ハスキーは 「めっちゃ寝てたんやけど(笑)」と今までずっと言ってみたかったセリフを言います(笑)。 JOYくんは「マジで?ごめん」と真に受けるのですが、ハスキーは「全然いい」と笑顔で言います。 JOYくんはハスキーの風邪の具合を心配したり、体調を気付かいます。 JOYくんが「普通の手紙書きたかったんだけ、全然書いたことないからさ」と言うと、ハスキーは「そうなんや。 手紙もらったこととかは?」と聞きます。 そして一時間後…。 二人はまだ二人きりで渡った吊橋の話などを話しています。 ハスキーが「ビビリすぎやろ(笑)」と言うと、JOYくんは「いや怖いわ…」と楽しそうです。 ハスキーが「怖いものは?ゴキブリは?」と聞くと、JOYくんは「ゴキブリは怖いっていうかさー、シューで殺すかな」と答えます。 二人は笑顔でいい感じでしゃべっていました。 そして二時間後…。 二人はまだ話をしています。 二人とも二時間経っても変わらずの笑顔で、とても楽しそうな二人に見えます。 しかし…。 その日の深夜。 スタッフに呼ばれたハスキーは、JOYくんからの呼び出しに対してこう答えます。 ハスキーがスタッフに話した内容……。 さっき部屋でいろいろ考えたけど、恋愛の可能性ってなった時に、ヒデとJOYくんやったらどうなるんやろって考えてしまって。 気付いたら、ヒデに一番気持ちはあるかな ハスキーの恋愛対象は、JOYくんではなくヒデのほうだったのです! 連日コウをお見舞いに行く王子 翌日。 ラブワゴンの中はしゅうまいとハスキーを中心に盛り上がっていました。 しゅうまいは、ダンサーのゆいなには相変わらず受けがいい感じです。 そんな中、王子は一番うしろの席で窓にもたれかかって寝ていました。 想いを寄せるコウがいないラブワゴン…。 この日も、次の日も、ラブワゴンの車内で、王子は寝ているか、ボーッと外を眺めるだけなのでした。 ルワンダに入ってから、コウと王子が一緒に旅が出来たのはたったの2日間のみ…。 コウの日記よりこれ以上、スタッフさんにもメンバーにも迷惑かけたくない。 6人は街のマーケットへとくり出します。 金庫番のヒデからお小遣いをもらった王子は、メンバーと離れ、一人コウのためにプレゼントを買うことにします。 そしてコウの部屋へと向かった王子。 コウは「ハチミツのおかげかも」と出来るだけ元気さをアピールしようとします。 王子がプレゼントしたのはパイナップルが付いたヘアゴム。 しかし、コウが試しに少しゴムを伸ばしてみようとすると、バチンッ!とゴムが切れてしまいます。 二人は「ちょっと待って(笑)ウソでしょ!?」と大笑いします(笑)。 王子は「なんか…こんなんしか無いけど」と言うのですが、コウは「最高だねー」と大喜びなのでした…。 それからというもの、王子は毎日コウをお見舞いに行きます。 マーケットで見つけたブレスレットをプレゼントしたり、次の日は食欲のないコウのためにミートスパゲティを作ってあげたり。 その次の日は 「お花を買いました」とプレゼントします。 しかし造花しか買うことが出来ず、それでもコウは「ありがとう」と大喜びです。 その後も、お金が無い日は一本のジュースを二人で分け合ったりします。 回復に向かっていたコウが、再び高熱を出してしまいます。 王子がすぐさま駆けつけると、コウの熱は 38度7分。 王子は 「ゆっくりでいいし…。 無理しないでね」と優しく声をかけます。 またしてもおデコに冷えピタを貼ったコウは「ありがとう」とお礼を言います。 ・ケニアでアメーバ赤痢 ・ウガンダで腸チフス ・ルワンダでアメーバ赤痢の再発 その間、激しい頭痛とおう吐に苦しめられていたコウ…。 アフリカに来て病院に運ばれたのは、すでに5回にものぼります。 コウは 「ごめんなさい、くやしー。 治ったと思ったんだけどな…」と頭を抱えるのでした…。 一方、スタッフに「難しい恋になっちゃったね」と声をかけられる王子。 「限られた時間で、自分が精一杯やれる限りやりたいし…」と話していました。 無人島でキャンプ! 翌日。 ラブワゴンが向かったのは、コンゴとの国境にあるルワンダ最大の湖『キブ湖』。 この美しい湖には、およそ250もの島が点在し、海外セレブの別荘地として人気だそうです。 メンバーはボートに乗って湖を探検することに。 そして六人が上陸したのは、なんと無人島。 ギブ湖周辺には高級ホテルばかりなので、旅の資金を節約するために無人島でキャンプをすることにします。 二組に別れたメンバーたち。 買い物班は30分かけてボートで街へと向かいます。 残ったメンバーはテントを張ります。 食料品を買ってきた買い物班が戻ると、無人島で初めての食事を作ります。 ジャガイモ剥きに悪戦苦闘するメンバーたち。 するとしゅうまいが洗面用具の入ったバッグを持ってきて、中からT字カミソリを取り出すと、それでニンジンを剥き始めます。 不自由な無人島では使えるものは何でも使うのです(笑)。 夕飯のメニューは肉野菜炒め。 なかなか上手に出来上がったようで、メンバーたちは 「めっちゃうめー!最高!」と美味しく召し上がります。 無人島にはもちろんシャワーは無いため、そのままテントへ入り、就寝します。 そして翌朝。 早起きしたしゅうまいと王子は、島の奥にある高台へと向かいます。 海を眺めながら、しゅうまいは「ここいいよ!ほら!」と王子に言います。 王子も「ホントだー。 すげぇ」と驚いています。 そこには、アフリカの大地を照らす、黄金色に輝く朝日が登っていました。 しゅうまいは「神聖な感じがする…」と感動するのでした…。 ついに!コウが旅に復帰! その頃、島を離れた街では。 「よし、行くぞ!」とホテルを出るコウの姿がありました。 この日、ようやく熱も下がったため、メンバーの元へと向かったのです。 ボートの上で、コウは「恥ずかしいな…。 久しぶりだと」と緊張気味の様子です。 その頃島では、メンバーたちは昼食の準備をしていました。 すると、ダンサーのゆいながコウがやって来るボートに気付きます。 王子も海の方に目をやると、その先にはコウの姿があったのです。 コウは真っ先にボートに駆け寄ると、コウの手をとってあげます。 これで、一週間ぶりに、ようやくメンバー7人がそろったのでした…。 すると王子がみんなから離れ、一人で島の奥へと向かいます。 やって来たのは、今朝しゅうまいと一緒に朝日を見た高台です。 すると王子は周りの生えた雑草を刈り始めたのです。 王子がスタッフに話した内容ルワンダでしか見せれない景色とかを一緒に見て 王子はコウと一緒に美しい朝日を見るために、3時間もの間、一人で一生懸命草を刈ります。 そして足が滑らないように足場を固め、野花で飾り付けもします。 美しさにこだわる王子。 明日、この場所にコウを呼び出すために、周りを綺麗にしたのでした…。 ドラム缶風呂&ヒデがゆいなを呼び出し その日の午後。 ドライバーのファブリーズさんがドラム缶を運んで来てくれました。 メンバーたちは、平らな大きな石を拾って来て土台を作り、その上にドラム缶を置きます。 そして次に、バケツリレーで湖から水を運んでドラム缶の中に水を貯めていきます。 そして燃えやすい小枝をたくさん拾って来て、火を付けてドラム缶風呂が完成します。 一番風呂はJOYくん。 「アッツ!アツ、アツ、アツ!」と熱がります(笑)。 しかし、慣れてくると「気持ちイイ〜」といい湯加減のようです。 それでも時々「アッツ、アツ!」と熱かったりちょうどよかったりの湯加減のようでした(笑)。 続いて入ったのはしゅうまい。 お察しの通り、しゅうまいがザブンッ!と入ると、一気にお湯が外へと溢れ、一気に火も消えてしまうのでした…(笑)。 コウの日記より久々にみんなに会えてよかった! みんなと過ごせる時間楽しまなきゃ その日の夕方。 最年長のヒデがゆいなを誘います。 前回の吊り橋で、誰からも指名されなかったヒデは、どうしても聞きたいことがあったようです。 湖畔に腰掛ける二人。 ヒデは 「すごい知りたいと思ってて…。 34歳っていうのは、恋愛対象になるのかな?」と思い切ってゆいなに質問します。 するとゆいなは「うん。 年齢としては34歳は別に…うん」と答えます。 そして会話に困ったヒデは「旅のことで聞きたいこととかあったら…」とゆいなからの質問を待つと、ゆいなから「旅の資金について」とお題が振られます。 ヒデは「基本はジュースとか無しなんだよね」と答えます。 この日のゆいなの日記には…。 ゆいなの日記より正直、この時のヒデはあんまり覚えていない 早く時間たたないかな〜って思ってしまった コウと王子が手つなぎ! 夕食の時間。 日が暮れてからもコウの咳がなかなか止まりません。 そんな中、「ちょっとだけ…」と言って王子がコウを誘います。 王子は明日、コウと一緒に朝日を見に誘うのです。 王子「明日さぁ、朝5時半には起きてて欲しいっていうか」 コウ「どこ行くの?」 王子「えっ、この島だよ」 コウ「あ、なんだ。 起こしに来て」 王子「うん、起こしに行く」 コウ「やった」 王子「スッピンでも連れて行く」 コウ「もうスッピン怖くねーわ。 王子が一番見てるからマジで。 ボサボサのあの…裸眼の…」 王子「いやよかったよ。 かわいい」 コウ「かわいくないよー」 王子「少女のようだった」 そして… 王子「じゃあさー。 一個お願いしていい?」 コウ「いいよ」 王子「三分だけ、手つないでいい?」 コウ「3分手をつなぐの?ウルトラマンなの?いいよ」 コウは「お手てつないで。 なにこの感じ」と恥ずかしそうにします。 王子が「なんかしゃべって」と言うと、コウは「何しゃべろっか」となんとなく緊張している感じもします。 するとその時…突然! 突然の嵐…! 突然、大きな雷が鳴ったのです。 ものすごい音を立てて、数回の雷…。 王子は「行くか。 雨降ってきたから」と言うと、コウも「行きますか」と仕方なく戻ります。 つないだ手は、いつの間にか離れてしまいました…。 そして雷の後は突風がやって来ます。 地元のガイドさんからは 「危ないから湖に近づくな!」と指示が飛びます。 徐々に雨足も強くなり、深夜には豪雨となっていました。 メンバーたちは男女それぞれ狭い簡易テントで過ごします。 テントの上にある隙間から雨が入り、中は水浸しになってしまっていました。 そしてこの嵐が、王子の運命を大きく狂わせてしまうのです…。 あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)第14話の感想 あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)第14話のネタバレはいかがだったでしょうか? ついに王子とコウがラブラブモードに突入しましたね。 すぅすぅとはり坊の時もそうでしたが、もう周りを寄せ付けない感じが出て来ちゃってましたね。 これはもうカップル成立は時間の問題なのではないでしょうか?? 弱っている所にこうやって優しく寄り添ってくれる男性がいると、ついつい甘えたくなっちゃうんですよね。 コウがここまで体調崩さなかったら別の展開になってたのかもしれませんが、もうコウのほうも王子に夢中ですよね、きっと。 ただ来週のお題が 『告白できない』なので、きっと今回の嵐のせいで、頑張って作ったあの朝日を見る場所がグチャグチャになっちゃうんでしょうね…。 コウの体調もそろそろ限界でしょうし…。 最後に、ベッキーさんが気になるツイートをしていました。 もうアフリカンジャーニーの最終回の収録が終わったようです。 早いなぁ…。 『あいのり: African Journey』の最終回収録をしてきた。 衝撃を受けた。 衝ッッッッッ撃だった。 今観てくださってる方は引き続き最終回まで観てください🙏 私の心はいまだに 余韻と混乱です。 つまりは、あいのり最高です。 これぞあいのり。 ヒデと二人きりで喋った後も、ゆいなの笑顔と共に、変な怖そうな曲が流れるのです…。 怖っ…。 いつもありがとうございます。 見逃したあいのりが7日間無料! 今だけ!888円コースが2週間無料のキャンペーン中!.

次の

あいのりアフリカンジャーニー12話ネタバレ感想!ルワンダ大虐殺

あいのり コウ 王子

ここでは、Netflixのあいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)の 【第15話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。 さて先週は、離脱中のコウを王子が毎日のようにお見舞いに行きました。 そして無人島でキャンプをしているところへ、ようやくコウが復帰します。 王子はコウを呼び出すと「3分間だけ」と手をつなぎます。 しかし突然、雷が鳴り、突風と豪雨に見舞われてしまうのでした…。 ご注意下さい。 まずは15話のオープニングのワンシーンから。 今回はなぜかスタッフの八木さんが「メンバー1人1人にピンマイクが振ってあって。 3番がヒデで、7番が新メンバーのゆいなの番号になってます」と話しています。 限界のコウがリタイア! ルワンダの無人島を襲った嵐…。 雷と共に突風が吹き荒れ、夜が更けると、強い雨が降り出しました。 この嵐が過ぎるのを誰よりも願っていたのが、美容系男子の王子だったのです。 王子がスタッフに話した内容ルワンダでしか見せられない景色とかを一緒に見て この国でちゃんと自分の想いも伝えたい ところが、雨は朝まで降り続き、朝日は出ませんでした…。 そして朝7時過ぎ。 ようやく辺りが明るくなってきました。 メンバーたちはテントに雨水が入ってしまい、合羽を来て寝ていました。 もちろんちゃんと睡眠をとることが出来ず、疲労困憊の様子です。 寒さで震えるメンバーもいて、特に病み上がりのコウは、顔色が真っ青でした…。 一旦、湖畔のホテルに避難したメンバーとスタッフたち。 ホテルでシャワーを借り、朝食をとることにします。 みんな屋根付きの場所で「屋根のある家っていいな」と嬉しそうに喋っています。 そんな中、コウは1人黙っていました。 すると「ちょっとしゃべっていいですか?」と改まると、ここでリタイア宣言をしたのです…! 「えっと…。 今こうやってみんなとしゃべるのは、ここで最後です…。 完全復活というのがなかなか出来なくて、体力と気力の限界と。 せっかく恋愛しに来てるのに、全然自分が思うように出来なくて…。 私はここで、自分の旅を終わらせようと思いました」 家族思いで、自分の気持に正直なコウ。 そんな彼女は、誰よりもアフリカという大地に魅了され、何事にも一生懸命取り組んできました。 しかし、二度のアメーバ赤痢や腸チフス…。 ルワンダではほとんどをベッドの上で過ごすことになってしまいました。 旅に復帰しても、またいつ体調を崩してしまうのか…。 その恐怖と戦っていたコウ…。 そして昨夜の嵐。 心も体も限界を迎えてしまったのでした。 コウは初期メンバーの三人に想いを伝えます。 「ハスキーとしゅうまいと王子は、最初から一緒で。 ハスキーは本当に出会った時から、めっちゃテンション合うって思って。 一番苦楽を共にしている気がする。 王子は(笑)、体調悪い時に、毎日お見舞いに来てくれて。 すごい思い出がたくさんあって。 ありがとうございます!いっぱい悩んで、この結論に至りました」 王子は、思いもよらぬコウの当然のリタイアに、頭の中の整理が出来ない様子でした。 コウは「私は離脱しなきゃいけないんで…」と席を立つと、ハスキーと抱き合って涙します。 そして「みなさん。 本当に今までありがとうございました」とお辞儀をし、ホテルを後にします。 後を追いかけたい王子は、一瞬席を立とうとするのですが、すぐに座ってしまいます。 リタイアを決めたコウに何を言ってもダメだと思ったのでしょうか…。 しかし、次の瞬間… 「コウ!」 コウの後を追いかける王子。 メンバーたちは王子の手にチケットがあることに気付きます。 王子がコウに告白! コウを呼び止めた王子。 ここで王子は「もう、コウの中でリタイアするって決めたと思うけど、最後…今日の朝言えなかったこと、ちゃんと話したいなと思って」と、朝日を見ながら伝えたかった想いを伝えます。 「3カ国さ、一緒に旅してきて、1カ国目は全然恋愛とか出来なくて、でも2カ国目入った頃から、ずっとコウの事が気になってて。 で、最後の方いなくなって、ルワンダもほとんど参加出来なくて。 本当になんか、コウがいない間、コウのことばっか考えてて。 お見舞いに行ったちょっとの時間でも、コウに会えるとすげぇ嬉しくて。 何やったら喜んでくれるかなとか、何話せばいいかなとか。 すげぇ考えて。 俺は、この旅3カ国してきて、コウの事が大好きだなって、本当に思ってるし。 コウがリタイアするってさっき言ったけど、俺ホント今日の朝、コウのことが大好きってことを伝えるつもりだったし。 だから今、コウのことが大好きですって、伝えます」 「あと、本当はね、朝渡そうと思って。 こんな形になっちゃったけど、絶対幸せにするから、一緒に日本に帰って欲しいって思ってます。 コウはリタイアするって決めてるから、日本には帰るんだろうけど、決めてから帰って欲しいって思う」 コウは「ええっ(笑)マジ!?」と笑顔になります。 しかし、チケットを手にすると「え〜…」と戸惑うコウ。 するとコウは 「考えたい。 考えます。 ちゃんと」と明日まで時間が欲しいと言います。 そしてスタッフの車へと乗り込むコウ。 しかし、コウの表情が急に変わると、コウは車を下り、再び王子の元へと歩いていきます。 コウの答えは?? コウは王子に自分の想いを伝えます。 「う〜ん…。 う〜ん。 やっぱり一緒には帰れないです。 私も3カ国一緒に来て、やっぱ一番王子の横にいるのが楽ちんだなって思って。 もっと私自身もいろんな顔?があるの。 それをもっと見せたかったし、王子のもっといろんな表情とか、感情とか、見たかった(泣)。 嫌なところとかも含めて、大好きって言えるぐらいに、なりたかった。 でも今は、そこまで出来てない。 この気持で、一緒に私は帰れない。 今までありがとう!」 最後に王子はコウをギュッと抱きしめます。 王子は「辛かったね」と優しく声をかけます。 コウも「ありがとう!ゴメンね…」と言います。 そして最後は「ありがとう!」と握手を交わした二人。 コウはスタッフの車に乗ると、みんなの元を去って行きました…。 コウの日記より王子の気持ちはとても嬉しかった 時間を激しく悔やんだ… あいのりの旅って、信じられないくらいエモーショナルで、 何回泣いたか分からないし 死ぬんじゃないかと思うほど辛かったけど、 めちゃくちゃ成長した気がする メンバーの元へと戻った王子。 涙ながらに、みんなに最後の別れを告げます。 「こんな形になっちゃったけど、コウにちゃんと想いを伝えれたし、後悔はない」 そしてメンバーたちとハグをして別れを惜しむと「乗れ!乗れ!乗れ!乗れ!別れたくなくなるだろう!」とみんなをラブワゴンに乗せます。 そして最後は笑顔で「ありがとう!頑張れよ!」とラブワゴンを見送るのでした…。 ラブワゴンが去った後、「朝日見ながら言いたかったな…」とつぶやく王子。 井上ディレクターも「ごめんね、ちゃんと告白させてあげられなくて。 おつかれさん」と熱くハグをします。 こうして、王子のあいのりの旅は終わったのでした…。 ゆいなが禁断の恋に!? これでルワンダの旅も終了し、ここであいのりスタッフは全員交代となります。 スタッフ含め、今いるメンバー全員で記念写真を撮るのですが、この時。 ありえない一つの恋が動いていたのです…。 ゆいなの日記より王子が自分の気持を伝える姿を見て 私も自分に正直になろう 井上さんに伝えようって覚悟が出来た その夜。 首都キガリに戻り、ゆいなはルワンダ最後のスタッフ面談へと臨んでいました。 ルワンダであいのりしたダンサーのゆいなは、しゅうまいに恋するか?と見られていたのですが、その後、恋の動きはほとんどありませんでした。 井上ディレクターから「1カ国目を終えて、やっぱ恋愛するのって難しい?」と聞かれたゆいなは、「はぁ〜。 難しい…」とため息をつきます。 そしてゆいなから驚くべき言葉が発せられたのです…。 「やーぎーのほうが気になる」 やーぎーというのは、メンバーとの恋愛に発展しないと思われて採用された、通称『八木水の八木AD』25歳。 このルワンダでは1人だけ逃げ遅れ、ハチに襲われるほど鈍くさい人物です…。 しかし、その体型はしゅうまいとよく似たゆいな好みのぽっちゃり体型。 驚いた井上ディレクターは「ホントに!?どの辺がいいなと思った?」と聞くと、ゆいなは 「なんか…母性をくすぐられる(笑)。 実はこの八木さん、いつも片方の靴紐がほどけていたらしく(笑)。 靴紐がほどけてても気にしないそのだらしなさに、ゆいなの母性本能が目覚めてしまったのです。 そして 「八木カメラでついてこられると、もう集中出来ないから。 だからメンバーと話してても、そっち見ちゃう」と話すゆいな。 実は、無人島でヒデとツーショットになった時、そのカメラを回していたのが八木さんだったのです。 ゆいなの目線の先にはいつもヤギさんがいたのでした…。 混乱した井上ディレクターは「どう思う?本気だと思う?」と女性スタッフに聞いてみます。 するとADの櫻田さんは「本気だっていうのは、ゆいなの中であると思います」と言われます。 井上ディレクターは思わず 「放送出来ないな…」とつぶやいてしまいます。 あいのりでは、メンバーとスタッフの恋愛は決してあってはならないのです。 井上ディレクターは、ゆいなに男子メンバーと向き合うように説得を試みます。 「どうするゆいな?何もなかったことにも出来る?」 井上ディレクターは、隠ぺいとも取れる言葉を言います。 さらに「ゆいながこれからちゃんとメンバーに向き合えるんであれば、何もなかったことにする」とまで言います(笑)。 ルールを破るとあいのりの旅は成り立たない…。 それはゆいなも理解はしていました。 最後に井上ディレクターは 「告白は…しないで欲しい」と念を押します。 八木ADと二人きりの時間をプレゼント しかしその夜。 一度は隠ぺいを考えた井上ディレクターでしたが、ゆいなの気持ちを考え、告白はしない約束で、最後に二人の時間をプレゼントすることにしたのです。 一応、念の為、カメラは止めないようです。 八木さんを待つゆいなは「まだ来ない?一回泣きそう」とやっぱり本気のようです…。 そして八木さんがやって来ます。 辺りをキョロキョロとするする八木さん(笑)。 ゆいなが「やーぎーここ!」と言うと、「ああ」と言って、ゆいなの隣に座ります。 ゆいなはちょっと恥ずかしそうに「いい?話して」と聞くと、八木さんは「どうぞ」と答えます。 「直接、感謝の気持ちを伝えようと思って、呼び出しました。 短い間、お世話になりました。 ありがとうございます(泣)さみしい…」 すると八木さんは「あー、人生で初めて言われた」とニヤけます(笑)。 これには泣いていたゆいなも「アハハハハ(笑)」と笑ってしまいます。 緊張がほぐれたゆいなは、ここぞとばかりに想いを伝えます。 「やーぎーめっちゃカッコいい!仕事してる時は。 普段は不潔(笑)。 顔もブスじゃないし、斎藤工に似てる」 ゆいなの想いに気付いた八木さんは、「単純に、どういうところが良かったんかな?」と聞くと、ゆいなはかぶせ気味に「全部」と即答します。 しかし、すっかり斎藤工気分の八木は、「あいのりのコンセプトは恋愛やねんけど、楽しんでない人にはたぶん他の人は好意寄せへんと思うから…」とあいのり論を語り始めます…。 八木さんと語り、たくさん泣いたゆいな…。 ようやく「メンバーと向き合う。 ありがとうございました」と気持ちを切り替えることが出来たようです。 こうしてゆいなは、部屋に戻って行ったのでした…。 一方、恋愛経験ゼロの八木さんはというと…。 「いやぁ〜。 うれしかったっすね(笑)」とデレデレ状態(笑)。 「もし、ゆいなが旅を捨ててでも、付き合いたいって言ったらどうしてた?」と聞かれると、八木さんは「それは…たぶん断ってますね。 あくまでメンバーの1人として見てたので…」と答えます。 果たして、八木さんのこの言葉は本当なのでしょうか…(笑)。 あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)第15話の感想 あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)第15話のネタバレはいかがだったでしょうか? コウがリタイアしちゃいましたねぇ…。 そして王子もフラれてしまい…。 まぁこれは仕方なかったですかね…。 コウもここまで体調を崩しまくるとは思ってなかったでしょうし、かと言って王子にそこまで想いは盛り上がってなかったでしょうし…。 というか、コウはもう恋愛どころではなかったでしょうね…。 あと、悔やまれるとすれば、二人は初期メンバーなので、もっと王子の恋愛がうーじーと同じタイミングで始まっていれば、また違う結末を迎えていたかもしれません。 これもまたどうしようもありませんからね。 二人は縁が無かったということなのでしょう…。 あと、ゆいなはもっとすごい事件を巻き起こすかと思っていたのでちょっと安心しました。 最初は 既婚者の井上ディレクターに恋!?と思っちゃいましたけど、独身のしかも八木ADさんでよかったです(笑)。 でもぽっちゃり好きなのであれば、わざわざあいのりに参加しなくても、日本でいくらでも見つけられそうですけどね。 逆に出会いがないのかもしれませんが…。 さて、あいのりもいよいよ4カ国目へと突入ですね。 おそらくこれが最後の国になると思われます。 新メンバーが二人加入して、果たしてどうなりますでしょうか?? やっぱりヒデとハスキーの恋が気になるところです。 いつもありがとうございます。 見逃したあいのりが7日間無料! 今だけ!888円コースが2週間無料のキャンペーン中!.

次の