虫除け スプレー 期限。 虫除けスプレーの使用期限は?去年のものを子供に使っても大丈夫?

ハッカ油で作る虫除けスプレーの作り方と使い方【網戸にかけて良し】

虫除け スプレー 期限

必ず無水エタノールにハッカ油を混ぜて油を溶かします。 水とハッカ油にしてしま うと混ざりにくくなります。 使用期限は約1週間から10日、長くなると香りが変化してきます。 しっかり虫除けをしたい時はハッカ油の濃度を上げます。 春先に突如現れる赤い虫 タカラダニと呼ばれるのですが潰してしまうと血がついたようになります。 タカラダニで濃度を試したのですがハッカ油は50~60滴で動かなくなり、香りがす る間窓に来る事が少なかったのですが、50滴より少ないとスプレーをしても動き窓 にもどんどん寄ってきてしまいました。 スプレー容器がポリプ ロピレン(PP)やポリエチレン(PE)の場合熱湯消毒をすると変形してしまいます。 その場合無水エタノールに無水エタノールの量の半分弱程の水を入れて、良く混ぜ て容器を洗う時に使うと抗菌や除菌、殺菌に優れた消毒用エタノールが出来上がり ます。 スプレーの所から数回出し、容器の部分は良く振り消毒をします。 消毒の前に一度石鹸や洗剤を使いスプレーの所から数回出し、容器の部分も洗い良 くすすいでから消毒をします。 虫除けスプレーの使い方 精製水を使用したスプレーは肌についても安心です。 外に出かける前にスプレー をして使います。 精製水ではないからといって肌について炎症などがおきる事はあり ません。 香りがなくなったり薄くなったと感じたらスプレーをし、汗をかいてしまうと汗で流れ てしまうので常に汗をかく状態の場合は頻繁にスプレーをするか、市販の虫除けスプレ ーを使います。 ハッカ油を使う時に注意する事は 「原液を肌に直接つけない」 スプレーで効果があるのなら直接つけた方が早く感じ、爽やかな香りから眠気覚ましや 気分もリフレッシュしやすいのではと感じるのですが、効果がきつすぎて体調を崩した り肌荒れの原因になります。 手に原液が手についた時はすぐに洗い流すようにします。 妊婦さんや赤ちゃんは皮膚や粘膜が弱くて敏感な状態であるため、刺激が強すぎてしま うためハッカ油のスプレーは使用してはいけません。 カラスがが寄って来る ゴミ捨て場のゴミやバルコニーにスプレーをして予防します。 忘れてはいけない事はハッカ油はポリスチレン(PS)を溶かしまうので、ポリスチ レン(PS)の使用している場所はないか確認します。 例えば犬の場合では、犬の嗅覚は人間の100万倍と言われハッカの香りは強烈なはず ですが、犬の鼻はいらない臭いを遮断する事が出来ます。 しかし猫の場合は精油を体内で処理できないのでよくありません。 猫を飼っている方は使用しないようにします。 部屋のダニには100%の殺ダニ効果があると報告もされています。 夏が始まる少し前 や梅雨時期から夏前にかけてしっかり掃除をしていても体が痒く感じる時には、布団 やカーペット、畳にハッカ油スプレーをしてみて下さい。 とても爽やかな香りが部屋中に充満し布団やカーペットからの痒さも治まってくるは ずです。 ハッカの香りが1日続くのではないか、臭いが染み付いてしまうのではないかと心配に なるのですが布やカーペット、畳についたハッカの臭いは時間がたつと消えてしまい ます。 ハッカ油はドラックストアやインターネットで購入する事ができます。 最初にどんな ものか試したい時におすすめは健栄製薬株式会社のハッカ油P 20ml 楽天やアマゾン、Yahooショップで購入しやすい価格で販売されています。 ハッカ油とアロマの「ペパーミント」の違い ハッカ油は精油を抽出するにはニホンハッカを使い、ペパーミントは植物のペパー ミントを使います。 効果の違いはほとんどありません。 香りの差はハッカ油はニホンハッカとハッカの近郊の植物で作られ、ペパーミント はペパーミントと他の物をブレンドして作られるており、ペパーミントの方が甘く 感じる事になり作られる成分で香りに差があります。 オーガニックのアロマオイルとハッカ油の価格の差にはニホンハッカからはハッカ 油と他のメントール成分を取る事ができる、ニホンハッカから2種類の物を作れるこ とから購入しやすい価格になります。 塚本麻美のアロマコラム: 「ハッカ油」バーム(軟膏) 虫除け効果があるハッカ油、虫に刺された後にも効果があります。 用意する物はワセリン(10g)とハッカ油(6滴)、容器 ワセリン10gにハッカ油6滴加え良く混ぜ合わせ出来上がりです。 ふた付きの密封容 器で保存します。 ワセリンとハッカ油が混ざりにくく感じた場合は、ワセリンを温 かいお湯に入れて柔らかくしてからハッカ油を加え良く混ぜます。 お風呂のお湯やドライヤー でも溶かす事ができます。 ハッカ油が少ないと感じたらもう少し多くしても大丈夫です。 好みの量を見つけてみ て下さいね。 使用期限は1週間から10日。 不純物が少ないのは 「白色のワセリン」出来れば日本製のワセリンを選びます。 決して ハッカ油の原液を直接塗らないように気をつけます。

次の

虫除けスプレーの使用期限は?去年のものを子供に使っても大丈夫?

虫除け スプレー 期限

このページの目次• アロマで虫よけできる理由 アロマテラピーと言うと、マッサージや香りを嗅ぐことでのリラックス効果を思い浮かべることが多いと思います。 でも、その アロマでどうして虫よけができるの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。 まずは、アロマテラピーって何?ということや虫除け効果の理由を確認しておきましょう。 この文字をご覧いただくとわかるように、アロマで使う精油(エッセンシャルオイル)には、薬理効果が期待できると言われています。 植物が持つ自然のパワーで、私たちを心身ともにサポートする働きがあると言われているんですよ。 精油とは植物の花や葉、茎、根などから抽出された香り成分です。 精油が持つ有益な効果5つ では精油が持つ主な効果をチェックしてみましょう。 こちらでは心身に対して有益に働く5つの効果を紹介します。 精油はこちらで紹介しきれないほどたくさんの効果を持っているんですよ! 精油の効果• 鎮静・鎮痛作用・・・神経系を鎮静し、心身をリラックスさせる効果• ホルモン調節作用・・・ホルモンの分泌を調節する効果。 収れん・保湿作用・・・お肌を引き締めたり、保湿する効果。 殺菌・抗菌作用• 殺虫・虫除け作用 アロマに虫よけ作用があることはご存知でしたか? リラックスしながら虫よけできるなんて、一石二鳥ですね! 虫除けアロマスプレーの基本材料 では早速、材料の紹介をします。 今回は 虫除けスプレー50mlのレシピとなります。 精油の香りは好みが分かれますので、紹介した精油全てを使わなくてもOKです。 特に初めて作る場合は、もっと薄くても構いません。 今回は50ml作りますので身体用と考えて10滴以下としています。 虫よけ効果のある精油• シトロネラ…市販の虫除けスプレーにも多く使用されています。 爽やかな香りです。 レモンユーカリ…こちらも虫除け効果が高いと言われています。 すっきりとしたレモンに似たシトラス系の香りです。 レモングラス…ハーブティーなどでも愛飲されています。 こちらも葉っぱっぽいシトラス系の香りです。 ゼラニウム…フローラル系と表現されることが多いですが、嗅ぐ人によっては葉の青臭さを感じることも。 メーカーによっては華やかなフローラルの香りです。 無水エタノール 薬局などで購入できる 無水エタノール5mlを用意します。 なければ消毒用エタノールや、アルコール濃度の高いウォッカでも代用可能です。 精油は水に溶けませんが、アルコールや植物油などの油には溶ける性質を持っています。 そのため、まずエタノールで精油を溶かしてから水と混ぜ合わせます。 精製水 精製水やペットボトルの水を45ml使用します。 もしご自分が水道水でも構わないと思えるのであれば水道水でもOKです。 ただ、浄水器を通した水は塩素分が抜けており品質が維持できないといわれているので避けましょう。 スプレーボトル容器 出来上がった スプレーを入れる容器50ml用を用意しましょう。 日光による精油の劣化を防ぐために、本来なら容器はガラス製の遮光瓶がおすすめですが、100均などで購入できるプラスチック製のボトルでも大丈夫です。 計量カップなどの計り 水やエタノールを計る 計量カップがあればベストですが、なくても大丈夫です。 エタノールの5mmlは小さじ1で計ることも可能ですし、水はボトルの肩口より少し上まで入れればOKです。 水分量も正確に計りたい方は計量カップを準備しましょう。 虫よけアロマスプレーの作り方 手作りと聴くと難しいイメージがあるかもしれませんが、意外と簡単に作ることができます。 ただし、小さなお子さんと一緒に作業する場合は、精油を入れる工程は保護者の方が行うようにしてください。 また、今回は準備する道具や洗い物を極力減らすために、ビーカーやガラス棒を使いません。 今回紹介する方法は 道具が必要なく、手軽に作ることができるのでおすすめです! 1. スプレーボトルにエタノールを入れる 今回は出来上がりを保存するスプレーボトルで直接作っていきます。 その為、まずスプレーボトルの蓋を開け、エタノールを5ml入れます。 計量カップも小さじもないと言う場合は、ボトルの底から5mm程度を目安に入れてください。 お好みの精油を10滴以下入れる エタノールを入れたボトルにお好みの精油を10滴以下落とします。 注意点は、精油のボトルを振らないことです。 斜めに傾けるとゆっくり1滴ずつ落ちてきます。 たいていの精油の瓶は1滴0. 05mlとなっていますが、精油瓶を振ってしまうと正確な量になりません。 精油の原液がプラスチックに直接触れると、容器を溶かしてしまうこともあります。 なので、 ボトルの側面につかないように、エタノールに精油を落とす気持ちで入れましょう。 スプレーボトルは傾けず真っすぐしていれば大丈夫です。 この工程は大人の方が行いましょう。 スプレーボトルを左右に振って混ぜる エタノールに精油を溶かすために、ここで一度スプレーボトルを左右に振って混ぜておきましょう。 中身がこぼれないように注意してください。 精製水をボトルの半分まで入れる エタノールと精油が混ざれば、そこに精製水を加えていきます。 なぜ半分だけにするかと言うと、一旦半分の状態で蓋をして振り混ぜる方が、ボトルの空き容量がある為よく混ざるからです。 なので半分は適当な目分量で大丈夫です。 また、半分で止めるのを忘れて肩口まで入れてしまっても問題ありません。 半分まで精製水を入れたら一旦蓋をして、 スプレーボトルをシェイクするように振ってよく混ぜましょう。 ボトルの肩口まで水を入れて振り混ぜれば出来上がり! 友人へのお土産にアロマスプレーを作っていきました。 以前、家でスプレーづくりをしてもらった際のみんなの好みを参考に作ったら、おもしろい組みあわせに。 精油を10滴入れている場合、肩口より少ない水量だと精油の濃度が高くなってしまうのできちんと入れてくださいね。 後は蓋をしてしっかりシェイクすれば出来上がりです! シールやマスキングテープに、使った材料と分量、作った日付を記入しておくと後々便利ですよ。 手作りアロマスプレーを作る際の3つの注意点 ご紹介した通り、手作りアロマスプレーは簡単に作ることができます。 材料さえ揃っていて慣れれば製作時間は1~2分程度です。 ただ、精油を使用する場合、守ってほしい注意点があるのでこちらで紹介しますね。 精油を扱う場合の注意点! 精油を使用する場合の注意点は、以下の通りです。 原液に触れないようにする• 妊婦さんに合わないものもあるため、確認する• 3歳未満のお子さんには使用しない• 15歳未満のお子さんには濃度が低めのものを使用する• そのため、 原液を肌につけることはできません。 お子さんに使用する場合は、ベビーカーにスプレーするなどして 直接触れないように注意しましょう。 使用期限は約2週間! 手作りアロマスプレーの使用期限は約2週間程度だと言われています。 私の経験上、精油を使わない他の手作りスプレーや化粧品に比べると、精油を使ったハンドメイド品は、精油の殺菌作用の効果で傷みにくいことは実感しています。 しかし、精油は日の光や酸素で劣化します。 特に虫除けスプレーなどの場合、遮光瓶を使わずに透明のプラスチックボトルを使用することも多いですし、お肌につけるものです。 何より水を使っているのでできる限り早く使い切るようにしましょう。 ちなみに水を使わないアロマ虫除けクリームなどの使用期限は、約4週間程度だと言われています。 手作りアロマスプレーを販売してもいいの? 近年は手作り市なども盛んになってきており、精油を使った虫よけスプレーや化粧水などを販売する人も増えてきました。 しかし、これらは化粧品法や薬事法の関係で、 効果を謳って販売することはできません。 お友達に頼まれた場合など、材料費をもらって代わりに作ることは可能ですが、その際は使用にあたっての注意点や使用期限などをしっかり伝えましょう。 また、手作り市などにどうしても出店したいと言う場合は、材料を準備してその場で作っていただく「手作り体験」形式にすると良いでしょう。 手作りアロマスプレーの虫除け効果の口コミは? 手作りアロマスプレーを使用している人たちの口コミを見てみましょう!• 天然成分なので安心して使うことができる• 市販の虫除けスプレーに使われているディートなどの危険な成分が入っていないので嬉しい• 本当に虫が除けて行ったのでびっくり• 香りにも癒される やはり、虫除け効果は科学成分にはかなわない面もありそうですが、安心して使えるという点や香りによる癒し効果が得られるので人気が高いようですね。 さいごに 自分で作れる虫除けの手作りアロマスプレーを紹介しました。 山林や川などの虫が多い場所に行く場合は市販のものを選んだ方がよさそうですが、日常使いなら手作りアロマスプレーもおすすめです。 この夏は手作りアロマスプレーに是非チャレンジしてみてください!.

次の

【害虫駆除の専門家が教える!】虫除けスプレーのおすすめ人気ランキング17選

虫除け スプレー 期限

スポンサーリンク 虫除けスプレーの使用期限は? 虫除けスプレーは薬品の類なので、薬と同じように長めの使用期限が設けられています。 薬事法における虫除けスプレーの使用期限は 3年。 3年未満で効果がなくなるものに関しては、使用期限を記載することになっているのです。 つまり、使用期限が書かれていない虫除けスプレーは、少なくとも買ってから3年以上の品質保証がされていることになります。 買ってから3年も同じものを使う、ということってほとんどないですよね。 ですから、虫除けスプレー本体に使用期限が書いていないのであれば、3年以上は買ったときと同じような効果が期待できると考えてよいでしょう。 ただし、直射日光の当たる場所や高温になる場所などに保存していた製品は要注意です。 中の成分が変化している可能性もあるので、正しい保存方法で保管したものに限って有効だと考えましょう。 去年の虫除けスプレーは子供の肌に悪い? 古い虫除けスプレーを子供に使うことをおすすめはできません。 効果は製造から3年程度持続しますが、開封するとどうしても酸化してしまいます。 肌の弱い子供や、子供の体調によっては、湿疹や肌荒れを引き起こすことも考えられます。 絶対大丈夫とは言い切れず、絶対使ってはいけないとも言えないので、お子さんの肌の強さを考慮して臨機応変に判断してください。 スポンサーリンク また、虫除けスプレーは衣服やベビーカーの布部分に使用しても効果があります。 古いものがたくさん余っていてもったいないときは、 服やグッズに使用するなどして消費するとよいでしょう。 タオルに虫除けスプレーを吹きかけ、肩にかけるなどの使い方もできます。 去年の虫除けスプレーの効果が薄いと感じる理由は? 開封して1年以上たった虫除けスプレーは効果が感じられない、という声も多く聞かれます。 この理由は、虫除けスプレーの鮮度の問題ではなく、汗をかいていることや使用方法が原因である可能性が高いです。 スプレータイプのもの、肌に優しい低刺激のものなどは、汗をかいたら簡単に落ちてしまいます。 なので、当然虫除け効果もその分薄くなります。 また、汗をかくとスプレーが落ちてしまうだけでなく、汗のにおいに虫が寄ってくるのでより虫にさされやすくなります。 人の体臭に反応して虫が寄ってくるため、虫が嫌うハーブや薬品系の匂いが強いものはその分効果が高くなります。 つまり、古い虫除けスプレーの においにも注意して見ましょう。 古いものはどうしても匂いが飛んでしまうので、それによって虫除け効果が薄くなっている可能性もあります。 さらに、スプレータイプの場合お出かけ前に一度スプレーしただけでは効果が十分ではない可能性も。 何度もこまめにつけ直し、虫除けリングやシールなど他のアイテムとの併用なども視野に入れましょう。 さいごに いかがでしたでしょうか? 虫除けスプレーの使用期限、本体に記載がなければ3年程度の効果が持続します。 しかし、保存状態や使い方などにより効果にばらつきがでることも。 子供のデリケートな肌への影響も考えると、あまりにも古いものは直接肌に付けない方が無難でしょう。

次の