マイペース に できる 仕事。 マイペースを良く言い換えると○○! これがあなたの強みになる!

マイペースな人の性格や特徴・向いている仕事11選|のんびり屋の長所や短所

マイペース に できる 仕事

マイペースの良い言い方 では、「マイペース」という言葉を、ポジティブに表現するとしたら、どう言えば良いのでしょうか。 履歴書などに書く場合、 「マイペース」という言葉をそのまま使っても大丈夫です。 でも、ただ「マイペース」とだけ書いてしまうと、印象が悪くなるかもしれません。 そこで、「マイペースだからこそのメリット」を付け足すようにしましょう。 例えば、 「マイペースなので、周りに惑わされず、地道にコツコツ努力できる」などです。 又、例えば、 「マイペースなので、新しいアイデアを生み出すことが得意」なども良いですね。 会社などでは、マイペースな性格は、残念ながら、良く思われないことがあります。 でも、マイペースゆえのメリットをアピールすれば、良い印象に変わっていくでしょう。 マイペースを長所にみせるエピソード では次に、マイペースな性格を長所に見せるためのエピソード例を紹介します。 まず紹介するのは、 マイペースで動じない性格ゆえのエピソード例です。 例えば、 「問題が起きた時、マイペースゆえの冷静さで的確な判断をした」というものです。 社会人になると、問題が起きた時の冷静な判断力が欠かせません。 「マイペースな性格ゆえの冷静な判断力」は、長所としてのアピールポイントになりますよ! 次に紹介するのは、 「マイペースゆえの地道さで、困難を乗り越えた」というエピソードです。 例えば、 「合格するのが難しい資格を、マイペースゆえの地道な努力で取得した」というものです。 コツコツ努力して1つのことを成し遂げる粘り強さは、確実に重宝されます。 なので、その地道さがわかるエピソードをアピールすれば、好感度が上がるでしょう。 マイペースを短所として履歴書に書くなら では逆に、マイペースを短所として履歴書に書くなら、どのように書いたら良いのでしょうか。 マイペースを短所の欄に記入するのは、全く問題ありません。 でも、それだけだと、どうしても印象が悪くなってしまうことは避けられません。 そこで、 「克服する努力をしている」という一文を添えると良いでしょう。 更に、面接の時に、マイペースという短所を克服した、具体的なエピソード例などを話すと印象が変わりますよ。 短所は、「そのことだけを、ただ書く」というだけでなく、 何か前向きなエッセンスがある と良いですね。 克服しようとしている姿勢や、短所が原因で起きた問題に向き合って得た学びなどをアピールしてみましょう。 まとめ マイペースな性格は、残念ながら、「協調性がない」とみなされることが多いようです。 そのため、「マイペースな性格です」と書くだけでは、印象が悪くなります。 この場合は、マイペースゆえの特徴を生かした、ポジティブなエピソードをアピールしてみましょう。 又は、「マイペースな性格を克服しようとしている」という、前向きな姿勢をアピールしても良いでしょう。

次の

【募集中!】マイペースにできる仕事や小遣い稼ぎ一覧

マイペース に できる 仕事

急かされるのが苦手• 仕事が遅いっていつも言われる• もっと周りを見てよって怒られるただ、自分できるペースで仕事をしたいだけなのに、 こんな僕でも働ける仕事ってあるんですかね? とお悩みを解決するための記事になります。 マイペースだと周りから指摘されて、自分がマイペースなんだなと気がつく人が多いですよね。 職場では注意されることが多いとは思いますが、 決してマイペースなのはダメなことではありません。 なぜ、今の仕事場所で「マイペース」があたかもダメなような発言をされてしまっているのか。 その原因は、仕事の内容にあります。 仕事の内容や環境によってマイペースをしてもいいのか、が決まるからです。 じゃあ、どんな仕事だったらマイペースに仕事してもいいんだろう?? と思ったあなたに、 マイペースに仕事ができる環境をお伝えします。 マイペースな人が働きやすい環境• 直行・直帰ができる• 一人で仕事ができる• フレキシブルタイムがある マイペースな人が働きやすい環境は、自分のペースで動ける仕事。 スケジュール管理も 自分で行うこ とができたり、クリエイティブな仕事だと急かされず自分のペースで仕事をすることができます。 では、具体的にどのような仕事があるのか、紹介していきます。 エンジニア スマホのアプリや、ホームページ制作、交通機関や工場の設備など様々なシステムや、ソフトウェアをプログラム言語で書いていく仕事。 プログラミングを正確にできることを重視するため、速さよりも丁寧さが求められます。 そのため、 自分のペースを守ってやりたいという人に向いています。 技術職なので 力をつければつけるほどやれることも増えてきますし、年収も上がります。 1つの言語を身につけるだけで、年収800万…という求人もあるぐらい夢のある仕事。 とはいえ、人手不足なので未経験でも募集している会社が多いのが現実。 マイペースに働きたいと考えているのであれば、エンジニアも1つの方法として視野に入れてみるのもおすすめです。 ビルメンテナンス ビルに電気や水道などに 異常がないかどうかを点検や修理を行い、ビルを守っていく仕事です。 「排水管が詰まった」「蛍光灯が切れた」など簡単なことであれば、自ら修理することもありますが、 ほとんどが業者に連絡して対応してもらいます。 実力が伴えば一人で行えるようになるので、自分のペースで働くことが出来ます。 宅配ドライバー 1日何件配る個数は決まっていますが、 時間的な制限がないので気楽に働くことができます。 配達場所が家であったり会社であったりなど様々ですが 同じルートのところが多いので、一度道を覚えてしまったら楽。 運ぶ荷物は会社によって資材関係のものや日用品など多岐に渡ります。 イヤホンなど小物を扱っている会社の方が、体力的に楽に仕事ができますよ。 ルート営業 ルート営業は、自社の商品をより多く取り扱ってもらうための活動を行ったり、新しい商品の紹介や売り場の調整をする仕事です。 ルート営業は既に自社と関わりのあるところしか行くことがないのでそこまで 厳しいノルマはありません。 慣れたら自分一人で回れるようになるのでドライブ気分で仕事をすることが出来ます。 休憩中も一人で過ごすことができるので、人間関係のわずわらしさから解放されます。 農業 農業も一人で仕事ができるので、マイペースな人に向いている仕事です。 作物を出荷するために自分でスケジュールを管理して仕事をすることが肝になってくるので、自分のペースで仕事をしたいと思っている人にとってはめちゃくちゃいい環境に感じると思います。 作る作物によっては、半年だけ働けば年収分稼ぐことができるものもあるので、残り究極に言えば半年遊んで暮らせることもできます。 これ以外の向いている仕事を探すには、適正診断を行うことで様々な職業が見つかります。 おすすめの適正診断はこちらにまとめました。 全て無料でできるので、どれかやってみてください。 この項目の中で3つ以上入ったら、 あなたはマイペースな人です。 マイペースな人は職場でどのように見られているの? リーダーシップがある 自分自身が「〇〇したい!」という強い気持ちを持っているのでなかなか、他の人の意見に流されません。 自分の意見に芯がしっかり通っているので、信頼が置ける人と思われていることがあります。 想定外な自体が起きた時も、 自分のペースで問題の本質を捉えて解決に進んでいく心の強さを持っています。 この心の強さから、慕ってくれる人も増えてきて気がついたらリーダーポジションになっていることも。 そのため、マイペースに生きている人を見ると、 直感が鋭い人も多い気がします。 持ち前の直感を働かせて、ピンって来たものに挑戦していく姿は、人生を楽しんでいるような感じがします。 自分のこだわりがある そもそも、マイペースな人がなぜ、周りの人と合わせようとしないのか? それは、自分がもつポリシーに反しているからなんですよね。 「ここは、どうしても外せない…!」というポイントがあるからこそ、そこに時間をかける分、 他の人と比べると時間がかかってしまうのです。 けれども、このこだわりがあることによって 他の人ができない仕事を自ら作り上げているのもまた事実。 聞き役に徹して信頼を得る マイペースな人は、人の気持ちを理解することができる大きな心の器を持っています。 穏やかで寛大なので、 どんな意見も受け止めることができます。 人の話を静かに聞いてくれるので、悩み相談役として職場では買われることも。 マイペースな人の短所 仕事が遅いと思われる こだわりを重視してしまうと、どうしても人より時間がかかってしまいます。 特に、「ゆっくり」「丁寧に」やる人の場合だと、 凝りに凝ってこだわりが完璧に達成できないと次に進むことができません。 そのため、仕事が遅いと周りから思われてしまいます。 時間にルーズ 自分優先で動くことがほとんどなので、 人と約束した時間よりも自分が動きやすい時間を優先してしまいます。 例えば、18:00に集合と言われた時も、自分の都合を優先して18:30に現地入りするなど、人に合わせるよりも自分の都合に合わせて動きます。 そのため、人によっては 「時間にルーズで信用ならない」と思われてしまうかも。 自分が優先なので、飲み会など付き合いが悪い マイペースな人は、自分の時間をとても大切にするので、会社内で飲み会やあまり仲良くない人たちとわいわいするのが苦手な傾向に。 特に、飲み会は「無駄」って思ってしまい、 参加する意味がわからないんですよね。 会社の仲間と仲良くしたからって、特段仕事に影響が出るわけでもないし…、 納得する理由がなければ、参加する意味がない!という決意を持ち自信を持って欠席する勇気を持っています。 人の目を気にせず、自分の意思を貫くので、 周りからは付き合い辛い人だな…と思われてしまいます。 優柔不断で物事を決められない マイペースな人は、 人との争いがあまり好きではなく避けようとするため、優柔不断になりがち。 周囲の雰囲気に合わせて同調してしまうことが多いので、 自分の意見をはっきり持たないことも多いです。 上下に波がある人間関係や仕事よりも、 現状維持に勤めたいと考えているので、対立など不穏な動きにはとても敏感。 「穏便に過ごそう」ということにフォーカスしてしまい、問題の問題の核心に気づきにくいため、 根本の解決をすることが苦手です。 マイペースにできる仕事はたくさんある マイペースにできる仕事はたくさんありますが、ほとんどの仕事はチームワークが必要な仕事なのでマイペースに仕事ができないことがほとんど。 直行・直帰ができる• 一人で仕事ができる• フレキシブルタイムがある この3つのポイントを抑えた仕事を探すことで、自分の理想にあった仕事を探すことができます。

次の

【病弱・虚弱体質の仕事】マイペースな人におすすめの仕事3選

マイペース に できる 仕事

スポンサードリンク 工程、納期、締め切り、ノルマ・営業目標、開発スケジュールにマニュアルなどなど、仕事のペースが決められていると、 マイペースな人にはツライものがありますよね。 なかには上司から急な呼び出しを受けたり、顧客からの電話で深夜に出かけたりしなければならない仕事もあります…。 ですが、世の中には、ある程度まで 自分のペースでできる仕事は存在します。 例えば飲食店の経営者であれば、オープン時間とラストオーダーの時間や提供する料理のメニューや飲み物のリストは自分で決められます。 独立している工芸作家なら、作品をつくるペースは自分で決められます。 今日は昼から休みにしようと思えばそれも可能です。 ちょっとうらやましいですよね。 しかし、もし 自分で完全に仕事のペースを決まられるようになったら……たいていの人はダラダラと仕事をしてしまって時間ばかりすぎ、成果物は少ししか出来上がってこない、ということになりがちです。 マイペースに仕事を続けようと思ったら、マイペースといいつつも 納期や目標に対してはしっかり帳尻を合わせることが大切。 本物のマイペースな人とは、自分のペースをわかった上で、自分で自分のペースをコントロールし、必要な成果を上げられる人です。 そんな本物のマイペースな人のために、上司、同僚、顧客との関係において受け身になることが少なく、 マイペースで取り組める余地の大きい仕事を紹介します。 サラリーマンでマイペースな仕事 まずはマイペースな人に向いているサラリーマン、正社員での仕事です。 研究員 研究者の場合は研究テーマや所属する研究機関などの方針によりますが、一般のサラリーマンと比べれば自分のペースで仕事を進められる機会が多いと考えられます。 ただし日本のアカデミズムの世界には閉鎖的な学会や研究室も少なくないため、 専門分野によってはブラック企業と同じような環境で働くことを強いられます。 ボスの顔色をうかがう日々を過ごし、マイペースで仕事ができる余地はないというケースも珍しくありません。 商品開発職 業界特性や企業方針により異なりますが、営業、生産ライン、管理などと比べれば商品開発部門の担当者には大きな裁量が与えられています。 某有名食品メーカーには、街中をブラブラ散歩したり気に入った店や施設を訪れたりして1日を過ごすブラ勤担当者がいました。 ここまで極端でなくても通常は商品開発の期限を守れば、かなり自由に行動できます。 歩合営業員 一般的に営業担当者は会社から担当顧客・テリトリー、営業ツール(情報端末、営業車など)、売上目標を与えられ、その枠組みの中で仕事をします。 それに対し歩合営業員には、通常会社が割り当てる担当顧客やテリトリーがありません。 ノルマもなくかなり自由に活動できます。 その代わり 営業成績が振るわなければ、 低収入に甘んじることになります。 さらに社員と異なり突然クビを切られる(契約が終了する)恐れもあります。 在庫管理 広大な倉庫で原材料・商品の入出庫や棚卸を行う在庫管理業務の多くは一人で担う仕事です。 上司の指示や他部門の担当者からの依頼に基づき動くという点では裁量性に欠けますが、常に他人と一緒に作業をしなければならない仕事と比べればマイペースで仕事を進められます。 タクシードライバー タクシードライバーは、 法令で定められた営業区域内であれば自由に営業できます。 会社から客待ちの場所や空車を流す道路を細かく指示されることもありません。 自分の才覚でお客さんを拾うことができます。 ただし今はGPSで本社(営業所)が各車の動向をチェックしているため、1日の目標売上高を達成した後は何時間でも昼寝したりパチンコ屋へ入り浸ったりするといったことはできません。 そうした自由は、個人タクシーの許可を得るまで我慢しましょう。 スポンサードリンク マイペースでもできる客商売 飲食店経営 自ら経営する飲食店であれば、 メニューや営業時間を自由に設定できます。 日中しか営業しない超人気ラーメン店や、冬季に長期休暇をとる有名な定食屋もあります。 ただし 評価が確立されていないにもかかわらず営業時間を短く設定すれば、 安定的な売上は望めません。 またメニューを絞りすぎると、客層が固定化されるリスクもあります。 物販店経営 物販店経営者も飲食店と同じように、 営業時間や販売スタイルを自らの好みに応じ決められます。 趣味性の強い店であれば、夜間・休日中心の営業に限定することもできるでしょう。 通販主体の店舗にして、 ほとんど店を開けないという営業戦略も考えられます。 ただし飲食店と同様に、 自分の好みを追及し過ぎるとお客さんが限定されるリスクがあります。 家庭教師 多くの教え子を有名・名門校へ送り出した実績を有する家庭教師であれば、お客さんに困ることはありません。 子供が学校へ通う平日の午前中を除けば、 自分の好みやペースに合わせて授業時間を設定できます。 ただし夏休み期間、冬休み期間、入試直前の1、2月は、休暇を取りにくくなります。 自分でなにかを作る仕事 アフィリエーター・ブロガー ブログや情報記事を書いたり動画をアップしたサイトなどに広告バナーを張り付けて収入を得るアフィリエーターも、儲けを度外視すれば、かなり自由に働けます。 ただし専業でアフィリエイトに取り組む人の場合は、 記事の小まめな更新や新しい記事が必要になるため仕事量は少なくはなりません。 専業アフィリエイターの多くは、日々ブログの記事作成などに追われる日々を過ごしています。 画家・工芸作家・書道家など 画家や工芸作家は基本的に個人事業主なので、何を制作するか、作品の制作ペースなどは自分で決まられます。 ただし、専業で飯が食える人は、画商などいろいろなところに恩義があり多くの注文を受けるため意外と不自由かもしれません。 そうした人は描きたい絵より売れる絵(依頼された絵)を描く機会が増えるからです。 工芸作家も同じくアトリエや作陶場などにこもって作業をする時間が多くなります。 また、大半の人は絵画教室や書道教室、学校の講師などを兼務しているため、自由に創作できる時間は限られます。 芸術家というよりも習い事の講師に近い生活を送っている人が一般的です。 投資家 トレーダー 株式、FX、商品先物、仮想通貨などの金融商品への投資(投機)を生業とするトレーダー(スペキュレーター)は、 自分で投資スタイルを決められます。 必ずしも株式市場の寄付きから引けまで、常に相場動向を注視していなければ投資できない訳ではありません。 1日数回しか相場をチェックしないとか、プログラム(モデル)に運用判断を任せるとかいろいろな投資手法があります。 不動産賃貸業(大家) 不動産賃貸業は決して楽な商売ではありませんが、 投資物件の選定や管理手法は経営者の裁量により決定できます。 自分は規模拡大(資金調達)に専念して物件探しや管理業務は可能な限り業者に委託するとか、逆に自分にできることは何でもやるとか自らの方針の沿った事業運営が可能です。 人間ではなく自然や動物を相手に 一次産業は自然のサイクルには合わせる必要がありますが、その中ではかなり自由に仕事を組むことができます。 実際かなりマイペースな人が多い業種です。 農家 農業は天候という不可抗力に左右されますが、それを除けば 作物や栽培方法などを自分の判断で決められます。 作業体制も個人経営から法人経営までさまざまです。 大規模法人の経営者になれば、田んぼや畑に入る機会が減る一方で農地確保や販路開拓に追われる時間が長くなります。 逆に使用人になればサラリーマンに近い勤務となり生活は安定するものの、裁量の余地は減ります。 酪農家 家畜の世話は24時間体制になりますが、牛や豚も人間と同じように休憩したり睡眠をとったりします。 家畜のライフサイクルに合わせることに慣れれば、あとは 自分のペースで働けます。 ただし毎日家畜の面倒をみなければならないため、家族そろって長期休暇をとり旅行に出かけることは難しいです。 漁師 漁師は対象となる獲物や漁場などにより仕事の内容や進め方は異なりますが、自前の小型船に乗り沿岸部で漁をする人は自分の裁量で仕事の仕方を決められます。 例えば青森県大間のマグロの一本釣り師は、操業期間などのルールを守れば自分の戦略に基づき自由に漁ができます。 マイペースに進められる仕事を選ぶには? 何でもかんでも自分の思い通りに進められる仕事はありません。 しかし、 時間の使い方や 作業手順などに関する裁量性の大きな仕事は存在します。 マイペースな人は、マニュアルなどで仕事の枠組みが厳密に定められている工場の製造ラインや外食チェーン店などではなく、 小規模事業所で働いたり、 専門性やクリエイティビティが求められる仕事を選ぶとよいでしょう。 また、マイペースといいつつ仕事の成果がなかなか上がらない 自称マイペースな人は、本当は誰かにうまくペースを管理してもらって、一定の生産性をキープした方が良いのかもしれません。 自分で自分を律することができてこそマイペースな仕事ぶりが許されることを忘れずに。 しっかり仕事で成果を出していきましょう。

次の