デドバイ 大会。 【2019年】ドバイ・デューティフリー・テニス選手権の結果(ATP500)

2020ドバイマラソン展望:男女ともに3年連続の大会新記録誕生となるか?

デドバイ 大会

プレイヤー情報 過去の対戦成績は、大坂の1勝、ムラデノビッチの0勝。 過去1回の対戦は2018年のドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ハードコート)の1回戦で、大坂がセットカウント2-0(6-2、6-2)で勝利しています。 簡単に試合を振り返ります。 第1ゲーム、大坂のダブルフォルト、サービスエース、フォアハンドの逆クロスへのウィナー、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント 40-15 、ムラデノビッチのリターンエース 大坂にとってアンラッキーなコードボール 、ムラデノビッチのフォアハンドの逆クロスへのリターンエースがあり、デュースへ。 デュース1回目、浅いボールに対して大坂にフォアハンドのミスが出て、ムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂にバックハンドのミスが出て、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第2ゲーム、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント 15-0 、大坂のリターンでの連続ポイント、ムラデノビッチのバックハンドのミスがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。 ムラデノビッチのサービスエース、ムラデノビッチが先に攻撃を仕掛けてのポイントがあり、デュースへ。 デュース1回目、ムラデノビッチのフォアハンドのアプローチショットでのポイント、大坂のフォアハンドのクロスへのアングルショットでのポイント。 デュース2回目、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント、大坂のバックハンドのミスがあり、 ムラデノビッチがキープ。 第3ゲーム、大坂のドロップショットのミスとバックハンドのミス、ムラデノビッチのリターンでのポイントがあり、0-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂にバックハンドのミスが出て、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第4ゲーム、大坂のバックハンドの逆クロスへのリターンエース、フォアハンドの逆クロスへのリターンエース 0-30 、ムラデノビッチのボレーのウィナーとフォアハンドのミスがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。 大坂のリターンミスで30-40となった後、大坂のバックハンドのダウンザラインへのリターンエースが決まり、 大坂が1つブレークを返します。 第5ゲーム、ムラデノビッチのバックハンドのミス、大坂のファーストサーブでのポイント、ダブルフォルト、ファーストサーブでのポイント 40-15 、ムラデノビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ラリー戦での大坂のポイントがあり、 大坂がキープ。 第6ゲーム、ムラデノビッチのバックハンドのミス、大坂のリターンミス、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント、ムラデノビッチのバックハンドのミス 30-30 、ムラデノビッチの連続サービスエースがあり、 ムラデノビッチがキープ。 第7ゲーム、ムラデノビッチのリターンでのポイント、大坂のフォアハンドのクロスへのウィナー、フォアハンドのクロスへのウィナー、バックハンドのクロスへのパッシングショットのウィナー 40-15 、セカンドサーブでのポイントがあり、 大坂がキープ。 第8ゲーム、ムラデノビッチのバックハンドのミス、セカンドサーブでのポイント、ラリー戦で大坂のフォアハンドのクロスへのウィナー 15-30 、ラリー戦からムラデノビッチがネットダッシュを見せてのポイント、セカンドサーブでのポイント 40-30 、ファーストサーブでのポイントがあり、 ムラデノビッチがキープ。 第9ゲーム、大坂の甘いドロップショットに対するムラデノビッチのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、大坂のフォアハンドの連続ミスがあり、0-40とラデノビッチにセットポイント ブレークポイント が来ます。 大坂のボレーのウィナーで15-40となった後、大坂にダブルフォルトが出て、 ムラデノビッチがブレークをして第1セットを先取。 第1ゲーム、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント、大坂のリターンミス、ムラデノビッチのバックハンドのクロスへのアプローチショットでのポイント、サービスエースがあり、 ムラデノビッチがラブゲームでキープ。 第2ゲーム、大坂のフォアハンドのミス、バックハンドのミス 大坂うずくまる 、フォアハンドのミス サーブを打つのが遅かったため大坂にタイムバイオレーションあり 、0-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂のファーストサーブでのポイントで15-40となった後、ラリー戦でムラデノビッチが先に攻撃を仕掛けてのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第3ゲーム、大坂の深いリターンでのポイント、ラリー戦での大坂のポイント、大坂のバックハンドの逆クロスへのリターンエースがあり、0-40と大坂にブレークポイントが来ます。 大坂のフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、 大坂がブレークバックに成功。 第4ゲーム、ムラデノビッチのフォアハンドのクロスへのリターンエース、チャンスボールでの大坂のもったいないフォアハンドのミス 0-30 、ムラデノビッチのフォアハンドのミス、大坂にとってアンラッキーなコードボールでのムラデノビッチのポイントがあり、15-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂にダブルフォルトが出て、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第5ゲーム、大坂にとってラッキーなコードボールでのリターンエース、ムラデノビッチのサーブアンドボレーのウィナー 15-15 、大坂のバックハンドの逆クロスへのリターンエース、大坂が先に攻撃を仕掛けてのスマッシュのウィナーがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。 大坂がバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットでポイントを取り、 大坂がブレークバックに成功。 第6ゲーム、大坂のフォアハンドのミス、ダブルフォルト、バックハンドのミスがあり、0-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂のバックハンドのダウンザラインへのウィナーで15-40となった後、大坂の甘いドロップショットに対してムラデノビッチがフォアハンドのクロスへのウィナーを決め、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第7ゲーム、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのリターンエース、リターンミス 15-15 、深いリターンでのポイント、バックハンドのダウンザラインへのリターンエースがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。 大坂がフォアハンドのクロスへのリターンでポイントを取り、 大坂がブレークバックに成功。 第8ゲーム、大坂のファーストサーブでの連続ポイント 30-0 、ムラデノビッチのリターンでのポイント、大坂のフォアハンドのミスとバックハンドのミスがあり、30-40とムラデノビッチにブレークポイントが来ます。 大坂にバックハンドのミスが出て、 ムラデノビッチがブレークに成功。 第9ゲーム、ムラデノビッチのサービングフォーザマッチ。 大坂のフォアハンドのクロスへのリターンエース、ラリー戦で大坂のバックハンドのミス、大坂のバックハンドのクロスへのショットでのポイント 15-30 、ムラデノビッチのファーストサーブでのポイント、セカンドサーブでのポイント 大坂のリターンミスに近い 、40-30とムラデノビッチにマッチポイントが来ます。 ムラデノビッチのバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、 ムラデノビッチが勝利。 ムラデノビッチのリターンが良かったこともありますが、ブレークをされたサービスゲームのほとんどが大坂の自滅という内容でした。 世界ランキング1位となって周囲の期待度が高まる中、前年の優勝者としてさらにプレッシャーのかかる大会になるかと思いますが、しっかりと調整をして大会に入って欲しいなと思います。 放送予定 WTAプレミア5「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」の試合は、DAZNで配信が予定されています。 DAZN では、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。 日付 ラウンド 配信開始時間 2月17日 日 1回戦 17:00~ 2月18日 月 1回戦 16:00~ 2月19日 火 2回戦 16:00~ 2月20日 水 3回戦 16:00~ 2月21日 木 準々決勝 19:00~ 2月22日 金 準決勝 22:00~ 2月23日 土 決勝 24:00~.

次の

ソーラー・デカスロン中東大会を視察しました

デドバイ 大会

新女王として初の大会の組み合わせが決まった。 女子テニスで1月の全豪で優勝。 アジア勢初の世界1位となった大坂なおみ(21=日清食品)が、同1位として初めて出場するドバイ選手権(17日開幕・UAE)の本戦組み合わせが16日、決まった。 全豪後初の大会出場となる大坂は第1シードで、1回戦は不戦勝。 2回戦からの登場となる。 2回戦は同64位のムラデノビッチ(フランス)-同406位のアルナブハニ(オマーン)の勝者と対戦する。 順当にシード選手が勝ち上がれば3回戦で、同20位のコンタベイト(エストニア)、準々決勝で同7位のスビトリナ(ウクライナ)、準決勝で同3位のハレプ(ルーマニア)、決勝で同2位のクビトバ(チェコ)との対戦となる。 大坂は12日に、サーシャ・バイン氏とのコーチ契約解消を発表。 今大会は日本テニス協会女子代表の吉川真司コーチが指導役を務める。 photo• スポーツ 三原舞依は氷上滑る喜び「頑張らなきゃ」一問一答 []• テニス [7月22日 0:21]• フィギュア [7月21日 22:32]• フィギュア [7月21日 21:20]• ラグビー [7月21日 21:07]• バレーボール [7月21日 20:54]• 東京オリンピック2020 [7月21日 20:51]• バレーボール [7月21日 20:28]• バスケットボール [7月21日 18:44]• フィギュア [7月21日 18:03]• 東京オリンピック2020 [7月21日 18:02]• テニス 試合のないジュニアらにプロと対戦でアピールの場を []• テニス [7月22日 0:21]• テニス [7月17日 19:01]• テニス [7月14日 8:44]• テニス [7月10日 10:46]• テニス [7月6日 9:21]• テニス [7月5日 10:12]• テニス [7月4日 11:05]• テニス [7月3日 0:18]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [7月2日 9:35]• 陸上 高橋尚子が笑顔笑顔の五輪金/思い出のパラパラ写真 []• 陸上 [7月21日 16:27]• 陸上 [7月21日 16:20]• 陸上 [7月20日 19:57]• 陸上 [7月20日 12:56]• 陸上 [7月20日 10:57]• 陸上 [7月19日 11:06]• 陸上 [7月19日 11:06]• 陸上 [7月18日 19:36]• 陸上 [7月18日 19:06]• 陸上 [7月18日 19:00]• フィギュア 三原舞依は氷上滑る喜び「頑張らなきゃ」一問一答 []• フィギュア [7月21日 22:32]• フィギュア [7月21日 21:20]• フィギュア [7月21日 18:03]• フィギュア [7月21日 17:27]• フィギュア [7月21日 16:53]• フィギュア [7月21日 16:44]• フィギュア [7月21日 16:16]• フィギュア [7月21日 15:47]• フィギュア [7月21日 15:45]• フィギュア [7月21日 15:36]• バレー 西田有志「自分追い込んで」独自調整 五輪あと1年 []• バレーボール [7月21日 20:54]• バレーボール [7月21日 20:28]• バレーボール [7月20日 10:57]• バレーボール [7月20日 10:57]• バレーボール [7月15日 20:37]• 東京オリンピック2020 [7月15日 7:12]• 東京オリンピック2020 [7月14日 20:42]• バレーボール [7月13日 19:40]• バレーボール [7月10日 23:18]• バスケットボール [7月8日 8:00]• バスケ B1新潟とNGTコラボ「お互いの特徴生かしたい」 []• バスケットボール [7月21日 18:44]• バスケットボール [7月21日 16:03]• バスケットボール [7月21日 12:22]• バスケットボール [7月21日 11:40]• バスケットボール [7月21日 10:52]• バスケットボール [7月20日 21:43]• バスケットボール [7月20日 18:52]• バスケットボール [7月20日 18:37]• バスケットボール [7月20日 17:59]• バスケットボール [7月20日 13:46]•

次の

【今日の編集部】『デドバイ』勢は見逃せないスマホアプリ [ファミ通App]

デドバイ 大会

男子シングルス [ ] 年 優勝者 準優勝者 決勝結果 1993 6—4, 7—5 1994 6—4, 6—2 1995 6—3, 6—3 1996 6—4, 6—3 1997 7—5, 7—6 1998 7—6, 6—1 1999 6—4, 6—2 2000 7—5, 4—6, 6—3 2001 6—2, 3—1 途中棄権 2002 6—4, 3—6, 6—3 2003 6—1, 7—6 2004 4—6, 6—1, 6—2 2005 6—1, 6—7, 6—3 2006 2—6, 6—4, 6—4 2007 6—4, 6—3 2008 6—7, 6—4, 6—2 2009 7—5, 6—3 2010 7—5, 5—7, 6—3 2011 6—3, 6—3 2012 7—5, 6—4 2013 7—5, 6—3 2014 3—6, 6—4, 6—3 2015 6—3, 7—5 2016 6—4, 7—6 13 2017 6—3, 6—2 2018 6—3, 6—4 2019 6—4, 6—4 2020 6—3, 6—4 男子ダブルス [ ] 年 優勝者 準優勝者 決勝結果 1993 6—2, 6—1 1994 6—7, 6—4, 6—2 1995 6—2, 4—6, 6—3 1996 6—0, 6—1 1997 7—6, 6—3 1998 6—2, 7—5 1999 4—6, 6—1, 6—4 2000 6—2, 7—5 2001 6—4, 6—4 2002 3—6, 6—3, 13—11 2003 6—3, 6—0 2004 6—2, 4—6, 6—4 2005 6—2, 6—4 2006 1—6, 6—2, [10—1] 2007 7—5, 6—7, [10—7] 2008 7—5, 7—6 2009 4—6, 6—3, [10—5] 2010 6—2, 6—3 2011 4—6, 6—3, [10—3] 2012 6—4, 3—6, [10—5] 2013 7—6 6 , 7—6 6 2014 6—4, 6—3 2015 6—4, 6—1 2016 6—2, 3—6, [14—12] 2017 4—6, 6—3, [10—3] 2018 6—2, 7—6 2 2019 7—6 4 , 6—3 2020 6—3, 6—2 女子シングルス [ ] 年 優勝者 準優勝者 決勝結果 2001 6—4, 6—4 2002 6—4, 7—6 2003 4—6, 7—6, 7—5 2004 7—6, 6—3 2005 6—4, 3—6, 6—4 2006 7—5, 6—2 2007 6—4, 7—5 2008 4—6, 6—3, 6—2 2009 6—4, 6—2 2010 6—3, 7—5 2011 6—1, 6—3 2012 7—5, 6—4 2013 6—2, 1—6, 6—1 2014 6—3, 6—0 2015 6—4, 7—6 4 2016 6—0, 6—2 2017 6—4, 6—2 2018 6—4, 6—0 2019 6—3, 1—6, 6—2 2020 3—6, 6—3, 7—6 5 女子ダブルス [ ] 年 優勝者 準優勝者 決勝結果 2001 6—0, 4—6, 6—2 2002 6—3, 6—2 2003 6—3, 7—6 2004 6—0, 1—6, 6—3 2005 6—7, 6—2, 6—1 2006 3—6, 7—6, 6—3 2007 7—6, 6—4 2008 7—5, 6—2 2009 6—3, 6—3 2010 7—6, 6—4 2011 7—6 5 , 6—3 2012 6—4, 3—6, [10—5] 2013 6—4, 2—6, [10—7] 2014 6—2, 5—7, [10—8] 2015 6—3, 6—2 2016 6—4, 6—4 2017 6—2, 4—6, [10—7] 2018 4—6, 6—2, [10—6] 2019 6—4, 6—4 2020 7—5, 3—6, [10—5] 外部リンク [ ]• - による大会紹介ページ (英語)• - による大会紹介ページ (英語)• 1990—2008• 1990—1995• 1990—2008• 1990—2008• 1990—1995• 1990—1996• 1990—2002• 1990—2008• 1990—2008• 1990—2002• 1990—1992• 1991—1997• 1993—1996• 1993—2003• 1993—2008• 1993—2003• 1993—2008• 1997—2008• 1998—2008• 2000—2003• 2001—2002• 2001—2008• 2001• 2002—2008• 2003—2007• 2003—2008• 2004—2007• 2005—2007• 2008• 2008.

次の