プリーツ マスク 作り方 手縫い。 簡単!手縫いで出来る、プリーツマスクの作り方【写真つき】

アベノマスクの簡単リメイク3選!手縫い・ミシンなしでの作り方を動画で紹介!

プリーツ マスク 作り方 手縫い

新型コロナウイルス感染拡大防止策として全世帯に2枚ずつ配布される、通称「アベノマスク」ですが、まだまだ全世帯に届くのは時間がかかりそうです。 手元に届くころにはある程度マスクの品薄状態も解消されていそうな気もしますね。 アベノマスクは小さいという声も多く、マスクの供給が追いつくとますます「届いたアベノマスクをどうしよう」となりそうです。 ところが、このアベノマスクを簡単にリメイクしてオリジナルマスクを作れるんですね! 手縫いだけ、ミシンなしでも大丈夫! ここでは、次の簡単リメイク3選をご紹介していきます。 手縫いでプリーツマスクにリメイク• 手縫いもミシンもなし!ハンカチを折るだけのマスクカバーを作る• リッパー(手芸道具)で、縫い合わせている糸を全部切ります。 マスクゴムは輪のまま取っておきます。 マスクの中に入っていたガーゼを広げて、幅が26㎝になるよう三つ折りにします。 中心に重なりが来るように折ります。 折り目が見える方を外側に折って、端を縫い代1㎝で縫います。 最初と最後は返し縫い、あとは小さな波縫いで縫っていきます。 アイロンで形を整えます。 表に返してアイロンで形を整えます。 中央に2~4㎝のプリーツを折り、アイロンで形を整えます。 サイドを1㎝折り、更に1. 5㎝折って三つ折りにする。 マスクゴムを挟んで縫い合わせます。 最初と最後は返し縫いで、あとはしっかり縫っていきます。 作り方の動画(3分40秒)はこちらです。 手縫いもミシンもなし!ハンカチを折るだけのマスクカバーの作り方 ここでは、縫ったり切ったりする工程はありません。 お気に入りのハンカチでマスクカバーを作ってリメイクします。 ハンカチを広げます。 広げたハンカチを斜めに置き、サイズを確認しながら折っていきます。 ハンカチの上下の折り目にアイロンをかけます。 マスクを置き、サイズを確認してゴムをハンカチの両サイドに通したらサイドを折ります。 サイドの折り目にアイロンをかけます。 マスクをハンカチにセットします。 リメイク方法の動画(2分10秒)はこちらです。 小さいマスクを大きいサイズにする方法となっていますが、普通にリメイクする方法として使えると思いますのでご紹介します。 手縫いのマスクカバーの作り方 ハンカチを利用する方法と似ていますが、こちらの方法はプリーツタイプのマスクカバーを手縫いで作ってリメイクします。 横42㎝、縦20㎝の薄手の布を用意します。 縦長状態に置いたら、横半分に折り目を付けます。 一度広げ、折り目に向かって両サイドを折ってアイロンをかけます。 また開いて、折り目から2. 5㎝のところに印をつけます。 印を摘まんで山型に折ります。 反対側も同様にして、マチ針でとめます。 もう片方の折り目も同じようにしたらアイロンをかけます。 布を裏返して、端を三つ折りにします。 マチ針でとめてアイロンをかけ、反対側も同様にします。 三つ折りにした箇所を縫います。 それを二つ折りにしてマスクを置き、両サイドを縫い合わせます。 布を裏返します。 マスクを中に入れます。 リメイク方法の動画(53秒)はこちらです。 非常に短い動画なのでさらっと見ていただけます。 マスクサイズが縦9. 5cm、横15cmの場合とありますが、アベノマスクでも大丈夫です。 (厚生労働省のホームページにアベノマスクのサイズは縦9. 5cm、横13. 5cmと記載されています。 マスクカバーは使い捨ての不織布マスクのカバーとしても使えるので便利かもしれませんね。

次の

マスクの作り方【立体・プリーツ・平面】ハンドメイドに挑戦しよう

プリーツ マスク 作り方 手縫い

スポンサーリンク マスク作り方でプリーツを手縫いする方法は? ダッフィーのハンカチや生地に医療用ガーゼを4枚重ねてプリーツマスクを作ったよ。 ノーズワイヤーも入れてみた。 使い捨てマスクがある時は重ねて使ったり、無い時は手作りマスク用の使い捨てフィルターが販売されているので重ねて使用すると安心です。 生地に立体感をみせたり、ゆとりをもたせるために布を折って作ります。 マスクの横にひだがありますが、マスクを作るにはひだが大事になってきます。 主には、衣服などに多く見られますがマスクにも使われているのです。 最初は、長方形になっているマスクですが、プリーツをつけていることで広げて装着することができます。 またマスクにも種類があり、平型・プリーツ型・立体型とあります。 ガーゼを用いられているマスクは、プリーツではないのがほとんどですね。 プリーツマスクは、顔にフィットしやすすく多くの使い捨てマスクがプリーツマスクとなっています。 皆さんが多く目にしているマスクのほとんどがプリーツマスクではないのでしょうか? プリーツマスクを手縫いする方法は? まず、用意するものは外側の布と内側の布・ゴムを通す部分の布・ゴム紐・チャコペン・針・糸・アイロンです。 内側の布は、直接肌につける部分なのでガーゼなどの優しい生地が良いでしょう。 プリーツマスクの手縫い方法を簡単に説明するとこちら。 内側のマスクと外側のマスクを上下1cm開けて塗っていく• 縫い目を返して、アイロンで抑える• プリーツにする部分を待ち針で抑え、アイロンであと付けをする• 待ち針で抑えているプリーツ部分を縫っていく• 塗った部分を隠すように、ゴムを隠す部分の布を縫っていく• フィット感は立体の方が好みかなー — でむぱゆんゆん dempamari ポケットの作り方は? マスクの上の部分にポケットにすることで、フィルターをいれることができます。 またガーゼなどもいれたり、少し湿らせたものをいれると乾燥の予防にもなりますね。 先ほどの、プリーツマスクの作り方で内側の布と外側の布を縫っていきましたが、プラスしてもう一枚の布を用意します。 先ほどの作り方同様、外側と内側の布を合わせて塗っていきますが、3枚目となる布は上の部分にのみ縫わないようにします。 そうすることでポケットとなり、フィルターをいれることができます。 もちろん、3枚目の布もプリーツマスクをつけましょう。 花粉対策や、細菌対策となるフィルターは通販などで購入が可能になります。 手作りの良いところは、自分の顔に合ったサイズのマスクを作れるので自分の顔のサイズに合わせて作るのが一番かもしれません。 女の人だと、大人用、マスクだと少し大きめなので自分サイズのものが良いですね。 是非参考にしてみてくださいね。 スポンサーリンク マスク作り方でプリーツを手縫いする方法についてツイッターは? 🗝️どうも、榎本です。 マスク 作りました。 手縫いです。 プリーツマスクです。 当然青系です。 こんなの簡単です。 いえ 一生懸命作りました。 口にあたる部分はガーゼか、ガーゼの布、ガーゼハンカチなど。 30枚くらい作って、両親や姉にあげました。 口の内側にはキッチンペーパーあてる感じです。 マスクって意外と簡単に手作りできるので自粛中の今こそ是非挑戦してみてください! 裁縫が楽しく感じて趣味になるかもしれませんね。 是非参考にしてみてくださいね! 今回の、マスク作り方でプリーツを手縫いする方法は?ポケットの作り方も紹介についての情報があなたの役に立てば幸いです。

次の

緊急公開!簡単レシピ、手縫いで作れる!大人サイズプリーツ入りマスクの作り方

プリーツ マスク 作り方 手縫い

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の