カン 麻雀 意味。 槓

カンについての補足(送りカン)

カン 麻雀 意味

005. ペンチャンとカンチャン ターツとはシュンツ(順番の3枚1組)の1つ前の状態のことです。 ターツには、ペンチャン・カンチャン・リャンメンの3種類があります。 さて、ペンチャンとカンチャン。 どちらも同じ1種類待ちで形も似ているのですが、別の名前が付けられていますね。 これは、ペンチャンとカンチャンには、ちょっとした差があるからなのです。 図1を見てみましょう。 図1 ドラ ここから1枚捨てるのですが、 のペンチャンと、 のカンチャンでは、どちらを捨てる方が良いかわかりますか? 待ちは同じ1種類待ちなので、欲しい牌が来れば同じことです。 しかし、そうでない場合、その後の変化に差があるのです。 のカンチャンは、次に が来ると、リャンメンにできます。 一方、 のペンチャンは、次に が来てもカンチャンにしかなりません。 つまり、ペンチャンよりもカンチャンの方が良い形と言えるのです。 図1の場合も、ペンチャンの を捨てておく方が良いでしょう。 次に、図2からは何を捨てると良いでしょうか。 図2 ドラ ペンチャンが最後の待ちに残ってしまうと、ピンフにもタンヤオにもならず、変化もしづらくなってしまいます。 それならば、ここでペンチャンの を捨ててしまいましょう。 ソーズは しかありませんが、 や が来ればすぐにリャンメン待ちをつくれるのです。 1枚だけでも真ん中(3〜7)の牌を残して、ペンチャンを捨てる方がかえってアガリやすいことが多いのです。

次の

「カンウーピン」って何のこと?麻雀の待ちと待ち牌の言い方

カン 麻雀 意味

麻雀のルールに 副露 フーロ というルールがあります。 一般的には、「 鳴き」と呼ばれていますね。 また、副露には ポン、 チー、 カンの3種類が存在します。 手を早く進めるのに効果的な副露ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。 メリット• 手を早く進められる• 面子を揃えるチャンスが広がる デメリット• 狙いがバレやすい• 守りが弱くなる• リーチ、一発、裏ドラなどが無くなる メリットよりもデメリットの方が多いですね。 しかし、まずアガるという事を考えると、手を早く進められると言うメリットは非常に大きいので、一概に副露がダメだとは言えないのです。 副露をする場面、しない場面、適切な判断を下すには経験が必要です。 まずは、ルールをしっかり覚えましょう! ポン ポンは、手牌の 対子 トイツ を 刻子 コーツ にする副露です。 対子とは同じ牌の2枚の組合わせ、 刻子とは同じ牌の3枚の組合わせのことです。 下記の例では、 の 対子を ポンにより 刻子にしています。 ポンをするには、誰かが ポンの対象となる牌 この例の場合は を捨てたタイミングで「 ポン」と発声し、捨てられた牌を拾います。 刻子となった は他のプレーヤーに見えるように卓の右端に晒します。 ポンをする前 中の 刻子 ポンができる4つの条件• 手牌に 対子がある• 自分が 立直 リーチ をしていない• 対象の牌が捨てられた直後のみ 次の人が ツモをする前に ポンの宣言が必要)• 対象の牌での ロンがない ロンが優先 ロンとは、誰かが捨てた牌でアガリを宣言することです。 他のプレーヤーが ロンをした場合は、それでゲームが終了するので、 ポンをすることは出来ません。 ポンの手順• ポンの対象牌が打牌される• ポンをするプレーヤーは「 ポン」と発声する• 手牌から ポンの対象の牌を晒す• 河から打牌された牌を持ってきて晒す• 打牌をする 牌の晒し方 ポンをしたら、その3枚の牌をみんなが見えるように倒して開きます。 これを晒すなどと言います。 晒した牌は自分から見て右端に置きます。 順子 チーができる6つの条件• 手牌に塔子塔子がある• 自分が 立直 リーチ をしていない• 対象の牌が捨てられた直後のみ 次の人が ツモをする前に チーの宣言が必要)• 対象の牌での ポンがない ポンが優先• 対象の牌での ロンがない ロンが優先• 上家の捨て牌のみ対象 チーの手順• チーの対象牌が打牌される• チーをするプレーヤーは「 チー」と発声する• 手牌から チーの対象の牌を晒す• 河から打牌された牌を持ってきて晒す• 打牌をする 牌の晒し方 チーも、 ポンと同様に牌を晒します。 チーをした牌 上家が捨てた牌 を一番左に横向きにして置きます。 チーは必ず上家からするので、晒し方は常に同じです。 コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 一般的には、自らの捨てた牌を他家の捨て牌からポン、チーすることに制約はありません。 しかし、一部のルールではそのような喰い直し(喰い戻し)を禁止としているルールもあるようですので、お店やお仲間内でのことでしたら一度確認されることをお勧め致します。 お役に立てますと幸いです。 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。 コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 >前に何かの記事を見たときに ポンやチーをしたら ツモで上がれないと書いてありました。 ですが、アプリなどでゲームをしてると鳴いてもツモあがりが出来たのですが、なんでなのかわかりません 役によっては鳴いてもツモあがりが出来るんでしょうか? コメントいただきありがとうございます! 最初に、ポン、チー、カンのことを「鳴き」や「喰う」などと言います。 反対に、鳴いていない(ポン、チー、カンしていない)状態のことを「門前」と言います。 麻雀の役には「門前のみで成立する役」と「鳴いても(ポン、チー、カンをしても)成立する役」2種類あります。 (例えば、三元牌や場風&自風牌を集めると役になる「役牌」という役や、「一気通貫」「対々和」「混一色」など…) 鳴きOKの役であれば、ポンやチーをし聴牌した場合にツモでもロンでもアガることが出来ます! 反対に、門前のみで成立する役をポンやチーで鳴いて揃えても、ツモやロンでアガることは出来ません。 門前の場合は、聴牌時にたとえ役がなくても4面子1雀頭が出来ていれば、「門前清自摸和 メンゼンツモ 」という1翻役があり、ツモでアガることが出来ます。 メンゼンツモは門前のみの役ですので、鳴いた状態では成立しません。 お役に立てましたら幸いです。 今後とも当サイトを宜しくお願い致します。

次の

【麻雀】地和(チーホー)の意味と成立条件、点数、確率、その他よくある疑問など

カン 麻雀 意味

005. ペンチャンとカンチャン ターツとはシュンツ(順番の3枚1組)の1つ前の状態のことです。 ターツには、ペンチャン・カンチャン・リャンメンの3種類があります。 さて、ペンチャンとカンチャン。 どちらも同じ1種類待ちで形も似ているのですが、別の名前が付けられていますね。 これは、ペンチャンとカンチャンには、ちょっとした差があるからなのです。 図1を見てみましょう。 図1 ドラ ここから1枚捨てるのですが、 のペンチャンと、 のカンチャンでは、どちらを捨てる方が良いかわかりますか? 待ちは同じ1種類待ちなので、欲しい牌が来れば同じことです。 しかし、そうでない場合、その後の変化に差があるのです。 のカンチャンは、次に が来ると、リャンメンにできます。 一方、 のペンチャンは、次に が来てもカンチャンにしかなりません。 つまり、ペンチャンよりもカンチャンの方が良い形と言えるのです。 図1の場合も、ペンチャンの を捨てておく方が良いでしょう。 次に、図2からは何を捨てると良いでしょうか。 図2 ドラ ペンチャンが最後の待ちに残ってしまうと、ピンフにもタンヤオにもならず、変化もしづらくなってしまいます。 それならば、ここでペンチャンの を捨ててしまいましょう。 ソーズは しかありませんが、 や が来ればすぐにリャンメン待ちをつくれるのです。 1枚だけでも真ん中(3〜7)の牌を残して、ペンチャンを捨てる方がかえってアガリやすいことが多いのです。

次の