為替 ユーロ。 外国為替市況(日次) : 日本銀行 Bank of Japan

ユーロ対円相場(仲値)一覧表 (2014年)

為替 ユーロ

日本銀行では、2007年1月4日以降、外国為替市況を毎営業日の営業時間終了後にホームページ上で公表しております。 本統計は、外国為替市場参加者からの情報を基に作成しており、訂正が入る可能性がある旨ご留意ください。 なお、当為替情報につきましては、公表の必要性等を適宜検証し、今後、見直しの対象となる可能性があります。 公表データ 直近70営業日分を「」に掲載します。 ドル/円およびユーロ/ドルの9:00時点および17:00時点のスポット・レートは、時系列統計データ検索サイトでは、オファーとビッドの中間値を掲載しております。 ユーロ/円の9:00時点および17:00時点のスポット・レートは、時系列統計データ検索サイトには掲載しておりませんが、各時点におけるドル/円とユーロ/ドルのスポット・レートから算出することが可能です。 表 公表データ 掲載日 データ 2020年 6月26日 2020年 6月25日 2020年 6月24日 2020年 6月23日 2020年 6月22日• 参考計数(東京外為市場における取引状況) 表 参考計数(東京外為市場における取引状況) 掲載日 データ 2020年 1月 6日 2019年 1月 4日 2018年 1月 4日 2017年 1月 4日 2016年 1月 4日 2015年 1月 5日 2014年 1月14日 2013年 1月 4日 2012年 1月 4日 2011年 1月 4日 2010年 1月 4日 2009年 1月 5日 2008年 1月16日 2007年 1月 4日 2006年 1月 4日 2005年 1月 4日 2004年 1月 5日 2003年 1月 6日 時系列データ・注釈等• 見直し・訂正等のお知らせ 見直し等のお知らせ 2019年 5月14日 2016年 1月18日 2012年 3月 1日 2012年 1月25日 2012年 1月16日 2010年 2月24日 訂正のお知らせ 2020年 1月16日 2019年 4月 2日 2018年10月18日 2018年 7月25日 2018年 3月 2日 2017年 2月21日 2017年 2月17日 2017年 2月 2日 2017年 1月13日 2016年11月 7日 2016年10月27日 2016年 7月21日 2014年 4月 9日 2014年 3月26日 2014年 1月14日• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン•

次の

ユーロ/円の為替レートの推移

為替 ユーロ

ピンクのバックは米国の材料でオレンジは金融政策関連、黄は要人発言、緑は企業の決算を表す。 米国以外では、 注目度の高いものの発表はない。 経済指標及び要人発言以外では、 ・ スポットレベルでの6月月末での最後の営業日 月末&四半期末 ・ 中国が祝日で休場 端午節、25日~ ・ 週末 ・金融市場のリスク許容度 ・米ドルの方向性 ・米国の国債市場と長期金利 ・主要な株式市場 米国中心 ・新型コロナウイルス感染第2波懸念 パンデミックリスク ・トランプ大統領の発言 FRB批判、ドル高歓迎、マイナス金利要求、デモ・暴動、中国絡み等 ・ソフトバンクによるTモバイル株売却での米ドル売り・日本円買いの思惑 ・米国の金融政策 マイナス金利導入やYCC導入への思惑も、6月10日に金融政策を発表済み ・英国のEU離脱問題 6月末にEU離脱移行期間延長の締め切り、再度合意なき離脱懸念も噴出 ・主要国の金融施策や経済対策 新型コロナショックへの対応・対策 ・欧州の景気後退懸念 ・原油と金を中心とした商品市場 ・金融当局者や要人による発言 ・米中関係悪化懸念 新型コロナ、香港絡み、貿易合意絡み等 ・米中貿易交渉の進展や先行き ・米国の大統領選挙 ・日本の金融政策 6月16日に金融政策を発表済み ・米国での黒人男性死亡に対する抗議デモ・暴動 ・欧州の金融政策 6月4日に金融政策を発表済み ・人民元 などが重要となる。 一方、 経済指標以外のイベントは、特に予定されていない。 今週の為替相場は、週初から米ドルの方向性が頻繁に変化して、ドル円もユーロドルも大きめに上下している。 ドル円は、一時106円割れ直前まで下落するも107円前半まで反発し、ユーロドルは一時1. 13半ばまで上昇するも1. 120前後まで下落している。 本日は、 主要な株式市場及び 米国の長期金利の動向と 新型コロナウイルス感染第2波懸念、 米ドルの方向性が重要。 その他、 金融市場のリスク許容度や トランプ米大統領の発言、 ソフトバンクによるTモバイル株売却での思惑、 英国のEU離脱問題、 注目度の高い米国の経済指標の発表、 原油と金を中心とした商品市場、 6月月末要因 月末&四半期末 などにも注意したい。

次の

欧州ユーロ(EUR) へ 人民元(CNY) 為替 通貨 今日

為替 ユーロ

7957 120. 3421 120. 7560 118. 0195 124. 0393 124. 5357 129. 4500 129. 7677 131. 9209 132. 7913 132. 4813 133. 0736 133. 1922 130. 7612 131. 9889 129. 6558 128. 4838 130. 2217 128. 2483 130. 5389 129. 5077 128. 8658 128. 3742 125. 2677 125. 6880 125. 4906 122. 8665 122. 0331 121. 4284 118. 2416 118. 2724 119. 5040 120. 2270 121. 3100 119. 9261 118. 7025 117. 2325 116. 5809 年 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 ユーロ 99. 5186 108. 7786 118. 1163 130. 9191 134. 3948 137. 0693 146. 0117 161. 2446 152. 4107 130. 1911 年 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 ユーロ 116. 4410 111. 0678 102. 5996 129. 6388 140. 5111 134. 2944 120. 3318 126. 6321 130. 3897 122. 0585 年 2020 ユーロ 118.

次の