ポケコロ イラスト。 ポケコロガチャ図鑑【イースターの国のアリス】をご紹介♪

『ポケコロ〜ポケット暮らしのコロニアン〜』は危険な着せかえアプリ?!

ポケコロ イラスト

4度目の泥沼なう ポケコロは、700万DLを突破し、リリースから6年経っても未だに活気のある着せかえアプリだ。 幅広い年齢層のプレイヤーがひしめき合い、日々ポケコロ世界を飛び回っている。 私はつい先日、4度目の出戻りを果たした。 半年〜1年のスパンでのめり込み、「いい加減やめよう」とアカウントを消し、なにかをきっかけに再びインストールする…という出戻りを繰り返しているのだ。 なぜ、のめり込むのか。 なぜ、アカウントを消してやめるのか。 その秘密を、ポケコロの恐ろしさを、語りたいと思う。 ポケコロとはなんぞや? 画像出典:ポケコロSS (私のコロニーとコロニアンである) ポケコロは、コロニー(自分の星)に住むコロニアン(その星に住むアバター)の着せかえを楽しむゲームである。 コロニーには木を植えることが出来て、木の実を実らせるには他のプレイヤーの協力(水やり)が必須である。 お互いがお手伝いし合うポケ友を作ったり、全体の掲示板で「水やりお願いします」と協力を募ったり、ポケコロの基本的な交流はこの〝お手伝い〟となる。  画像出典:ポケコロSS (調理方法が魔法のようなレシピもある) 協力を得て実った木の実を収穫するとスタミナ回復が可能な料理を作ることができ、ポケ友同士であればお互いの木の実を収穫することもできる。 レアな木を所持しているプレイヤーの元には、その木の実を欲するプレイヤーからのポケ友申請が殺到するほどで、レアな木(ガチャ木)を持っていればポケコロを有利に楽しむことができるのだ。 ポケコロは、自分のコロニーを運営しながら他プレイヤーのお手伝いをし、日々のクエストをこなすという、基本的には単調な作業ゲーである。 スポンサーリンク ガチャがえげつない ガチャ木は、その名の通りガチャを回して手に入れる木だ。 ガチャ木をゲットするには、コロニーガチャを回す必要がある。 ガチャ木はSR(最高レア度)のアイテムで、そう簡単には出てくれない。  画像出典:ポケコロSS (ポケコロのガチャ一例) ガチャは週に数回、新しいテーマのものが追加されるのだが、コロニー、ファッション、インテリア、ペットアイテム、なぐさめの星アイテムなど…さまざまなカテゴリーが存在する。 それぞれにN・R・SRアイテムがあり、ランダムで排出される。 もちろんダブることもある。 新ガチャの追加はリリース当初は週一ペースだったのだが、いつの間にか週に2〜3回追加が当たり前になっていた。 常に最新のガチャ木を植え、最新のファッションに身を包み、最新アイテムで彩られたコロニーに暮らすためには、途方も無い資金が必要となるのだ。 「果てのない課金」 ポケコロの恐ろしさのひとつである。 幅広いプレイヤーとの交流 幼稚園児もいれば、50代の主婦もいる。 ポケコロ世界には幅広い年齢層のプレイヤーが存在するのである。 女性の占める割合が高くはあるが、男性のプレイヤーももちろんいる。 「男性からの申請はお断り」と書かれているプロフィールをよく目にするので、相変わらず出会い厨は存在しているようだ。  画像出典:ポケコロSS (数字はスレッドの数である) 誰でも書き込める掲示板があり、スレはいつでも大賑わいで、交流しようと思えばいくらでもできる。 同年代の友達を作るもよし、趣味の合う友達を作るもよし、ポケコロ世界での恋人を作るもよし、気に入らない奴を叩いてもよし、他人の掲示板を荒らしてもよし… ダブったアイテムの交換も、プレイヤー同士で交渉して行われる。 プレゼント機能を使って行われる交換は、相手を間違えるとトラブルになる。 レアなアイテムをぶんどられて終わるのだ。 以前は交換所があり、面倒なやりとりなしで交換ができてトラブルもなく便利だったのだが、今回出戻ってみたらなくなっていた。 便利すぎてガチャの回転率が下がったからだと推測する。 「自由な交流」 ポケコロの恐ろしさのひとつである。

次の

ココネの人気アプリでクリエイターとして活躍できるサービス『coconets(ココネッツ)』始動!|ココネ株式会社のプレスリリース

ポケコロ イラスト

ココネ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金 成勲)は、本日2019年12月16日(月)より、同社の提供するiOS、Android向けの人気アプリにて、クリエイターとして活動することができるサービス『coconets(ココネッツ)』を始動し、参加クリエイターの募集を開始しましたことをお知らせいたします。 『coconets』は、「わたしの個性を商品にする」をコンセプトに、世界中のクリエイターがデザインしたデジタルファッションアイテムを集め、ココネが提供するサービス(アプリ)を通じて、お客様にお届けする取り組みです。 参加クリエイターは、『coconets』を通じて、自身が制作したデジタルファッションアイテムをアプリ内で販売し、販売実績に応じて報酬を受け取ることができます。 まずは、ココネの主力アプリ「ポケコロ」のファッションアイテムから開始します。 『coconets』では、いつでも(好きな時に好きなだけ、ご自分のペースで制作)、どこでも(世界中どこからでも参加可能)、誰でも(制作ガイドラインに沿って制作できる方であればどなたでも登録可能)、アイテム1点から制作・登録ができるなど、様々なクリエイターが気軽に参加できる仕組みをご用意しました。 また、人気のクリエイターやアイテムのランキングなども確認でき、アイテム制作の参考となる情報もご提供します。 また今後は、各クリエイターにお客様からの反応をお届けしたり、自身が制作しリリースしたアイテム毎の情報が確認できる機能なども追加予定で、クリエイター毎にココネの専任担当をつけてアイテム制作のサポートを行うなど、楽しく安心した環境で、クリエイターとしてご活躍いただけるサービスを目指して、強化していく予定です。 『coconets』は、参加クリエイターに対して、1500万人を超えるお客様が遊ぶ『ポケコロ』などを舞台に、実際のファッションブランドと同じように、クリエイターごとの個性を打ち出した作品を展開していただけるほか、様々なメリットをご提供いたします。 活動実績を活用しチャンス拡大! 現在フリーランスとして活躍中の方はもちろんのこと、イラストの勉強をされている学生の方々、自宅でお仕事をしたい主婦(主夫)の方など、時間や場所にとらわれず、自分のペースでイラストを描くお仕事をしたい方にはぴったりのサービスです。 『coconets』の詳細とクリエイターの登録申し込みは、以下の公式Webサイトをご確認ください。 様々なバックグラウンドをお持ちのクリエイターの皆さまの参加登録をお待ちしております。 ココネは、『coconets』を通じて、クリエイターの可能性を拡げ、活躍の場を提供するとともに、「ポケコロ」はじめ提供する各アプリサービスに、新しい世界観を取り込み、お客様に新たな楽しみと価値を提供してまいります。 今後の展開にも是非ご期待ください。 <『ポケコロ』とは?> 『ポケコロ』は、キャラクターのお洋服や、お部屋をコーディネートして、自分だけの星をつくるアプリです。 つくったキャラクターを通じて、友達とのコミュニケーションを楽しむことができます。 『ポケコロ』は、自分好みの個性たっぷりのかわいいキャラクターを作成して、好みのファッションに着せ替えたり、気の合う友達とコミュニケーションをとったりと、さまざまな楽しみ方ができます。 たとえ日常でうまくいかないことがあっても、ゆるりとした『ポケコロ』の世界に入れば、ほっこりと癒やされること間違いなし! 同じ趣味の人を探すことができる「掲示板」機能や、辛いことがあったときに励ましあえる「なぐさめの星」機能など、仲間とつながれる機能も盛りだくさんです。 0以上、Android OS 5. <ココネ株式会社について> ココネは、スマートフォン向けキャラクターの着せかえアプリ『ポケコロ』やストーリー型パズルゲーム『猫のニャッホ』など、1,500万人以上の女性から支持されているサービスを提供する、ソーシャルネットワークをベースとしたデジタルコンテンツ企業です。 「飾って楽しむソーシャルサービス」や「飾る要素を持つゲーム」など、「キャラクター(Character)」が存在し、「コーディネート(Coordinating)」要素をもち、「遊ぶ(Play)」ことができるサービスに注力し、このジャンルを「CCP(Character Coordinating Playの略)」と定義して開拓してまいりました。 サービスの企画・開発・デザイン・運営・マーケティングを全て自社で行い、「CCP」ジャンルにおいては、世界的にもトップランクのノウハウと実績を有しています。 2017年4月より幼児園「インターナショナル・モンテッソーリ・ミライ・キンダーガーテン」も開園。 AI時代に向けて、バイリンガルやモンテッソーリ、コンピューターサイエンスを中核とした未来志向の教育を行っています。

次の

ココネの人気アプリでクリエイターとして活躍できるサービス『coconets(ココネッツ)』始動!|ココネ株式会社のプレスリリース

ポケコロ イラスト

4度目の泥沼なう ポケコロは、700万DLを突破し、リリースから6年経っても未だに活気のある着せかえアプリだ。 幅広い年齢層のプレイヤーがひしめき合い、日々ポケコロ世界を飛び回っている。 私はつい先日、4度目の出戻りを果たした。 半年〜1年のスパンでのめり込み、「いい加減やめよう」とアカウントを消し、なにかをきっかけに再びインストールする…という出戻りを繰り返しているのだ。 なぜ、のめり込むのか。 なぜ、アカウントを消してやめるのか。 その秘密を、ポケコロの恐ろしさを、語りたいと思う。 ポケコロとはなんぞや? 画像出典:ポケコロSS (私のコロニーとコロニアンである) ポケコロは、コロニー(自分の星)に住むコロニアン(その星に住むアバター)の着せかえを楽しむゲームである。 コロニーには木を植えることが出来て、木の実を実らせるには他のプレイヤーの協力(水やり)が必須である。 お互いがお手伝いし合うポケ友を作ったり、全体の掲示板で「水やりお願いします」と協力を募ったり、ポケコロの基本的な交流はこの〝お手伝い〟となる。  画像出典:ポケコロSS (調理方法が魔法のようなレシピもある) 協力を得て実った木の実を収穫するとスタミナ回復が可能な料理を作ることができ、ポケ友同士であればお互いの木の実を収穫することもできる。 レアな木を所持しているプレイヤーの元には、その木の実を欲するプレイヤーからのポケ友申請が殺到するほどで、レアな木(ガチャ木)を持っていればポケコロを有利に楽しむことができるのだ。 ポケコロは、自分のコロニーを運営しながら他プレイヤーのお手伝いをし、日々のクエストをこなすという、基本的には単調な作業ゲーである。 スポンサーリンク ガチャがえげつない ガチャ木は、その名の通りガチャを回して手に入れる木だ。 ガチャ木をゲットするには、コロニーガチャを回す必要がある。 ガチャ木はSR(最高レア度)のアイテムで、そう簡単には出てくれない。  画像出典:ポケコロSS (ポケコロのガチャ一例) ガチャは週に数回、新しいテーマのものが追加されるのだが、コロニー、ファッション、インテリア、ペットアイテム、なぐさめの星アイテムなど…さまざまなカテゴリーが存在する。 それぞれにN・R・SRアイテムがあり、ランダムで排出される。 もちろんダブることもある。 新ガチャの追加はリリース当初は週一ペースだったのだが、いつの間にか週に2〜3回追加が当たり前になっていた。 常に最新のガチャ木を植え、最新のファッションに身を包み、最新アイテムで彩られたコロニーに暮らすためには、途方も無い資金が必要となるのだ。 「果てのない課金」 ポケコロの恐ろしさのひとつである。 幅広いプレイヤーとの交流 幼稚園児もいれば、50代の主婦もいる。 ポケコロ世界には幅広い年齢層のプレイヤーが存在するのである。 女性の占める割合が高くはあるが、男性のプレイヤーももちろんいる。 「男性からの申請はお断り」と書かれているプロフィールをよく目にするので、相変わらず出会い厨は存在しているようだ。  画像出典:ポケコロSS (数字はスレッドの数である) 誰でも書き込める掲示板があり、スレはいつでも大賑わいで、交流しようと思えばいくらでもできる。 同年代の友達を作るもよし、趣味の合う友達を作るもよし、ポケコロ世界での恋人を作るもよし、気に入らない奴を叩いてもよし、他人の掲示板を荒らしてもよし… ダブったアイテムの交換も、プレイヤー同士で交渉して行われる。 プレゼント機能を使って行われる交換は、相手を間違えるとトラブルになる。 レアなアイテムをぶんどられて終わるのだ。 以前は交換所があり、面倒なやりとりなしで交換ができてトラブルもなく便利だったのだが、今回出戻ってみたらなくなっていた。 便利すぎてガチャの回転率が下がったからだと推測する。 「自由な交流」 ポケコロの恐ろしさのひとつである。

次の