医学部予備校 おすすめ。 合格実績・学費で評価した医学部予備校・塾ランキング

【医学部受験 選ばれる予備校 最終決定戦】東京/AP新橋

医学部予備校 おすすめ

地方の受験生は地元に医学部予備校が無いため、東京や大阪、名古屋と言った都市部の医学部予備校へ寮・マンション・下宿などを利用して通学することが多いです。 なかでも圧倒的な人気を誇るのが寮を利用しながら東京の医学部予備校に通うことです。 寮は、生活面の管理も行き届いているため、東京の医学部予備校に子供を通わせる保護者の方も安心。 また、勉強に集中できる環境があるからと、東京都内に住む受験生でも寮を利用する人がいるくらいです。 では、東京には寮を提供する医学部予備校が沢山ありますが、どこの寮が良いのでしょうか。 今回は、寮を選ぶ際のポイントを交えながら、最後に東京でおすすめの寮を提供する医学部予備校を紹介していきます。 東京の医学部予備校を探す場合に、学習システムや合格実績を確認することはもちろん重要ですが、寮を利用する人は以下の項目についても確認することが重要です。 施設の環境が悪ければ、日々の受験勉強にも支障をきたすリスクが非常に高くなってしまいます。 毎日、生活する場所になるわけですから、選ぶ際はしっかりと確認していきましょう。 管理人は常駐か まず、寮には24時間常駐する寮母・寮父と呼ばれる管理人が滞在しているかどうかです。 急な病気やトラブルに見舞われても、24時間365日スタッフが常駐しているなら、慣れない東京生活でも安心。 また、日々顔を合わせるため、 ちょっとした受験生の異変にも気づいてくれるため、早めの対応・対策によって解決することも多いです。 日中や平日のみ管理人が滞在する施設だと、緊急時に頼れる人が不在なんて事態も想定されるため、管理人が常駐であるかはしっかりと確認しておきましょう。 食事提供の有無 寮では食事が支給されることが多いですが、医学部予備校の場合は朝から夜まで校舎に籠って勉強することも珍しくありません。 この場合、昼食や夕食はどう対応しているのか、確認しておきましょう。 特に、夕食の場合は、夜遅くまで校舎に残って勉強した場合、帰ってきたら食事時間が過ぎていて食べられなかったということがないように、 門限や 食事時間は調べておく必要があります。 なお、寮にかかる費用の中は食事代も料金に含まれている場合多いので、無駄な支出がないよう医学部予備校の生活に合わせた食事提供を行う施設を選ぶことをおすすめします。 個室の設備状況 寮には個室が入居者それぞれに与えられますが、トイレやお風呂などは 共有設備となっている場合も。 トイレやお風呂が共同の場合は寮費がその分安くなる傾向がありますが、個室完備のほうが快適なのは間違いありません。 また、お風呂などは共有の場合、利用時間なども決まっていることがあるので、夜遅くまで医学部予備校の校舎に残って勉強する受験生の場合は、個室完備のほうがおすすめだと言えます。 寮から医学部予備校までの距離と通学経路 医学部予備校は、ほぼ毎日通うと思っておいた方が良いので、日々の通学ストレスはなるべく抑えておきたいところ。 そこで問題になってくるのは、通学距離と経路です。 校舎から寮までの距離が長くても、電車1本で通学できればそこまで負担はないかもしれません。 しかし、徒歩15分以上や複数回の電車の乗り換えが必要な場合は、通学が苦痛になってしまうこともあります。 特に校舎と寮の距離が微妙に合って自転車で通学しようと思っている受験生は、 雨の日は電車でスムーズに通学できるか確認しておきたいところ。 梅雨時期や天候が悪い時期は、自転車が利用できずに通学が面倒になることもあるからです。 また、女子受験生はなるべく 校舎と寮の距離が近いところをおすすめします。 徒歩5分程度の距離であれば、夜遅くまで勉強した場合も帰宅が安心・安全だからです。 セキュリティ完備 こちらも特に女子受験生が気にしたいポイント。 地方と違いココは東京ですから、オートロックおよび防犯カメラは必須だと考えておきましょう。 また、 女子専用寮があれば、特に防犯対策には力を入れている寮が多いのでおすすめです。 医学部専門予備校が直営で管理する魅力やメリット 東京の医学部予備校で提供されている寮には提携と直営の2種類に大きく分けられます。 提携寮とは、学生会館や学生寮などの施設と医学部予備校が提携しており、優先的に入寮できる施設のことです。 いっぽう、直営寮とは、医学部予備校が運営している専門寮になります。 寮でどちらが良いかと言えば、直営寮です。 直営寮のメリット 東京で勉強する場合、なぜ医学部予備校の直営寮が良いかと言うと、一番のメリットは同居する人たちです。 直営寮は医学部予備校が運営する専門の施設なので、入居者はその予備校に通う生徒しかいないのが特徴。 いっぽう、提携寮の場合は自分が通う医学部予備校の生徒もいれば、他の予備校生、大学生、専門学校生など様々です。 学生なんかは受験勉強をしていないので、バイトや遊びと言った学生生活を謳歌している人も少なくありません。 そんな人たちと共同生活をしてしまうと、誘惑も多く、勉強のモチベーションが下がってしまうリスクが非常に高くなります。 しかし、 直営寮なら同じ医学部合格者を目指す同志でありライバルです。 生活リズムも同じであれば、勉強する姿勢も刺激になるため、より勉強に集中できる環境があります。 また、直営寮の場合は医学部予備校がある校舎の近くに設置されていることが多いので、日々の通学にも便利なメリットもあります。 直営寮を提供する東京の医学部予備校一覧 東京で直営寮を完備する主な医学部予備校をここでは一覧にまとめてみました。 意外と直営の専門寮を完備する医学部予備校は東京に多いので、授業システムや学習環境と合わせて候補を選ぶと良いでしょう。 寮はもちろん直営寮なので、大学生など存在しておらず、野田クルゼに通う生徒と切磋琢磨できる環境が用意されています。 特徴的なのは寮内に自習室が完備されていること。 個室に勉強机が基本的に用意されていますが、なかなか自室では勉強に集中できないという人も多いですよね。 野田クルゼの寮なら、 自習室完備なので、早朝や深夜など空いた時間を寮内の自習室で集中して勉強することが可能です。 校舎は御茶ノ水駅ですが、寮は中野駅になるため毎日の電車通学が必要ですが、 この時間が意外と気分転換になると生徒からは評判です。 野田クルゼの詳細はこちら 【東京医進学院】通学時間0分!校舎一体型の専用寮.

次の

医学部予備校の通信教育を比較|医学部予備校比較ランキング※最適な医学部予備校の選び方

医学部予備校 おすすめ

青山メディカルのカリキュラム・授業について 青山メディカルは、最新の学習スタイルを取り入れた予備校です。 授業システムは、バード大学やスタンフォード大学などで実証された学力向上の手法「アクティブラーニング」を取り入れています。 今までの従来の学習方法よりも深く理解できるようになり、学習効率も高まります。 また、チームごとにディスカッションも行うので、コミュニケーション能力やリーダーシップの向上など、2次試験に役立てるスキルを身に付けられますよ。 しかしアクティブラーニングには、個人の苦手な分野を見過ごしてしまうという弱点があります。 その対策として青山メディカルは、週に2コマ生徒の状況に合わせた「個別授業」を実施。 そうすることで、不得意なところを放置し、周りのペースについていけなくなる危険性を回避しています。 青山メディカルは、学習のプロセスがしっかりしているので「勉強時間のわりに理解力が低い…」と悩んでいる受験生は、1度無料カウンセリングを受けに行ってみるのもアリかもしれませんよ。 医学部専門予備校・青山メディカル受講生の口コミ評判• 青山予備校では、がむしゃらに公式を暗記したり問題をひたすら解いたりするのではなく、公式の成り立ちを理解することから始めます。 最初は授業内容がいまいちわからなかったのですが、いつのまにか見たことがないような問題まで解くことができました。 また、青山予備校は少人数制のため、予備校内の仲間と一致団結して受験勉強を励むことができます。 そのおかげで、受験期に気持ちが落ち込むことは1度もありませんでした。 青山予備校は、受験生一人ひとりを大切にサポートし、合格へ導いてくれる環境です。 最後は、医学部のメンバー5人全員が合格できて、本当に良かったと思います。 最初に青山予備校に訪れたとき、予備校独特のせっぱつまった雰囲気ではなく、カフェのようなおしゃれな空間でとても驚いたことを覚えています。 授業も、その科目について学ぶだけではなく、先生の面白いエピソードや格言を織り交ぜて授業が展開されるので、印象に残る瞬間が多かったです。 また、予備校内にはテキストや参考書が並んでいるだけではなく、ビジネス書や漫画も置いてあり、勉強の息抜きもできました。 漫画も予備校が厳選したものなので、受験勉強に通じるようなタメになる発見も。 勉強だけではなく、息抜きや私生活のことまで考えてくれた青山予備校にはとても感謝しています。 私は昔から英語が苦手で、英語の成績を半分諦めていたくらいです。 しかし、青山予備校の田中先生の授業では、単語の語源や文法事項の背景についても教えてくれたおかげで、しっかりとした基礎力が身につきました。 それだけでなく、おそらく演習量がほかの予備校と比べて多かったので、試験本番でも問題を冷静に分析しながら解くことができたと思います。 私は東京慈恵会医科大学医学部を受けましたが、予備校のアクティブラーニング授業で対策をし、MMIという面接でもその力を発揮でき、無事合格することができました。 青山予備校に入る前は偏差値が30台で、特に苦手だった科目が生物です。 ですが、牧島先生の授業を受けて、生物は暗記ではなく、理解するものだと初めて気付かされました。 先生の授業は面白く、質問の対応も丁寧だったので、まさに理想の先生です。 また、受験期は私と親のあいだには、本音を話しづらいような緊張感が漂っていました。 ですが、予備校の先生が私と親のあいだに入りカウンセリングしてくれたので、ストレスをそこまで感じることなく勉強することができたと感じています。 受験期はたくさん勉強をさせられ、つらいと思ったこともありました。 ですが、志望校に合格できただけではなく、人間的にも成長できたと感じています。 サポート体制について 高卒生を対象にしたコースでは、生徒数を12名に限定しているので、フォロー体制は万全です。 青山メディカルでは、授業を担当している講師が毎週カウンセリングを行います。 学習チェックを厳密にすることで生徒の成長をいち早く察知し、状況に合わせたスケジュールを調整してくれますよ。 また、親に子どもの現状が把握できるよう「アオヨビホットライン」というシステムを完備。 「子どもの現状を知りたいけど、聞きづらい」という親にとっては有難いですね。 さらに青山メディカルは、定期的に「単元チェックテスト」を実施してくれます。 人は時間が経過によって忘れる生き物。 莫大な時間を使って学んだにも関わらず「次の週には忘れていた…」という話も珍しくありません。 その点、青山メディカルなら定期的にテストをしてくれるので、学習した内容が定着しやすいですよ。 寮生活について 青山メディカルは、共立メンテナンス学生会館(ドーミー)と提携で寮を完備しています。 寮生活をするにあたって気になるのは食事内容。 受験生にとって体調管理はとても大切です。 共立メンテナンス学生会館の食事は、レシピを管理栄養士が行い、調理は寮母さんが担当しています。 栄養バランスを考えながら、旬の食材を使って調理してくれるので、健康面で心配をする必要はまったくありません。 生徒の間では「美味しい!」と高評価! 部屋の間取りは4つのタイプから選ぶことができます。 掃除を楽に行えるところや、自分専用のユニットバスがある部屋などさまざまです。 自分の性格に合わせた生活ができるので、ストレスを溜めずにすむかもしれませんね。 学生寮には、一緒に勉強してくれる仲間がたくさんいます。 「勉強は一人でするより、みんなとしたい」という人にはおすすめですよ。

次の

医学部予備校比較ランキング※予備校選びの決定版

医学部予備校 おすすめ

通常、首都圏の大学に地方在住の受験生が集まりますが、その逆はあまり見られません。 しかし、医学部受験の場合は競争倍率が高く、各大学の偏差値が均衡しているため、地域に関係なく全国の大学が出願候補となります。 都市部の受験生は医学部受験に特化した指導が専門予備校などで受けられますが、、地方在住の受験生は専門的な対策がなかなか受けられません。 地方には、医学部専門のコースを設置している予備校・進学塾は少なく、大手予備校も映像授業に特化した校舎がほとんどだからです。 合格実績の高い医学部予備校は、受験生人口が多い都市部に集中する傾向があり、高卒生なら寮などを利用して通うことも可能ですが、その分生活を負担しなくてはなりません。 そこでおすすめしたいのが、遠方在住の方や忙しい社会人を対象に開講している医学部予備校の通信教育です。 通学不要の受託で受講できる通信教育なら、地方在住の現役生も医学部受験に特化した対策が可能です。 忙しい社会人でも、空いた時間を有効活用しながら質の高い指導とムダの無い効率な学習計画のもと勉強できるメリットがあります。 オンラインを利用した直接指導や、定期的なフォローアップなど、通学生と遜色のないフォローアップが受けられるので、通信教育でも十分な対策が可能です。 医学部予備校通信教育のメリット・デメリット アガルートメディカル 特徴 詳細 公式HP 医学部予備校が近くにない受験生の救世主 アガルートメディカルは、司法試験で多くの合格者を輩出しているアガルートアカデミーを医学部入試向けに強化されたオンライン型の医学部予備校です。 ネット環境があれば好きな時間にいつでも授業が受けられます。 授業を担当する講師は医学部予備校でも実績豊富なプロ講師陣なので質が高いことは間違いなし。 また、定期的なカウンセリングもあるので通信講座でも最後まで続けられるのがアガルートメディカルの特徴です。 学費も248,000円というリーズナブルな価格から用意しており、オプションで個別指導をオンライン上で受講することもできます。 医学部予備校が近くになかった受験生や学校生活が忙しい現役生の救世主となり得る画期的な通信講座です。 進学塾ビッグバン 特徴 詳細 公式HP 圧倒的な質と量で高い医学部合格率を実現 進学塾ビッグバンは、大阪・東京で高い合格率を誇る医学部予備校です。 医学部合格率は毎年80%台という高い結果を出している実力派予備校です。 大手予備校で活躍するプロ講師陣から少人数制クラスで丁寧に指導してもらえます。 また、強制自習時間を設けるなど圧倒的な学習量を確保できることでも有名です。 オンライン個別指導「FUTURE」を利用すれば、遠方在住の受験生でも通学生と同じ質の高い医学部対策が可能です。 メディカルアーク 特徴 詳細 公式HP オンライン個別指導で通学と同じ指導環境を実現 メディカルアークでは、オンライン個別指導を開講しており、通学しなくても医学部受験に精通した講師陣からマンツーマンで直接指導してもらえます。 テレビ電話と高精細ウェブカメラを駆使して、通学生と遜色のない指導が受けられるのが魅力です。 神奈川県下No. 1の医学部合格率を誇る実績の高い指導が自宅で体感できます。 医学部受験情報• 医学部予備校の基礎知識• 医学部予備校の種類• 医学部予備校選びのポイント• 医学部受験の評判と口コミ• 医学部予備校の比較• 予備校独占インタビュー• 小・中学生の医学部受験• 医学部予備校詳細• 有名医学部情報• お役立ちコンテンツ•

次の