エクセル リンク 解除。 起動時のリンクのメッセージ、リンクを解除する|Excel|ヘルプの森

エクセル(Excel)でハイパーリンクを設定、削除(解除)する方法

エクセル リンク 解除

Excelで外部参照リンクを解除する方法です。 ビジネスでは Excel ファイルが添付されているメールのやり取りが頻繁に発生します。 特に影響のない Excel ファイルならいいのですが、たまに 外部参照リンクされたファイルが添付されてくることがあります。 そのファイルを開くと、「 このブックには更新できないリンクが 1 つ以上含まれています。 」のメッセージが表示され、驚かれる方も多いのではないでしょうか? このブックには更新できないリンクが 1 つ以上含まれています。 ・リンク元を変更するか、再度値の更新を試す場合は、「リンクの編集」 をクリックしてください。 ・リンクをそのままにするには、[続行] をクリックしてください。 ここでは 外部参照リンクの解除方法 を紹介します。 Sponsored Links 上記のメッセージが出た場合は リンクの編集 を選択します。 下図の画面が出たら リンクの解除 を選択します。 すると「 リンクを解除すると、既存の値への外部参照と数式が変更されて元に戻すことはできません。 このバージョンを保持するには、新しい名前を付けてファイルを保存して再度リンクの解除を実行してください。 今リンクを解除しますか?」のメッセージが表示されます。 解除してよい場合は リンクの解除 を選択しましょう。 リンクを解除 をすると、そのリンク元ブックの値を使用する数式は、すべて現在の値に変換されます。 リンクを解除 をした後では元に戻せないので、必要に応じて転送先ファイルを保存しておくことをおすすめします。 メッセージをキャンセルした後にリンクの解除をするには、「データ」タブの リンクの編集 を選択します。 リンクされたデータがない場合には「リンクの編集」ボタンは利用不可となっています。 リンクの編集画面が表示されたら、上述と同じ方法で リンクの解除 を選択します。 以下のように「 このブックには、ほかのデータ ソースへのリンクが含まれています。 」のメッセージが表示された場合は 更新しない を選択しましょう。 リンク先ファイルの場所がわかっていて、ネットワーク上に存在するのであれば 更新する を選択しても構いません。 しかし、このようなファイルを受け取った時は、たいてい更新できないので 更新しない でいいと思います。 「更新する」を押下するとブックを探しにいくので時間がかかります。 定義された名前がリンクで使用されていた場合、その名前は自動的には削除されません。 必要に応じて名前も削除しましょう。 名前を削除するには「数式」タブで 名前の管理 をクリックします。 名前の管理画面で削除したい名前を選んで 削除 ボタンを押下します。 「OK」ボタンを押下すれば削除されます。 Sponsored Links.

次の

【エクセル2016】メールアドレスをリンクしない・解除する方法

エクセル リンク 解除

重要:• 外部参照リンク元のブックにリンクを解除するときに、元のブックで値を使用するすべての数式は、現在の値に変換されます。 xls] 年利です。 C10:C25 、SUM 数式は計算結果の値に置き換え、どのようなする可能性があります。 また、この操作を 元に戻すことはできません、することも、バックアップとしてリンク先のブックのバージョンを保存します。 外部データ範囲を使用している場合は別のブックからのデータをクエリにパラメーターに使用します。 確認し、これらの種類のリンクのいずれかを削除することです。 リンクを解除する• [ データ] タブの [ 接続] で [ リンクの編集] をクリックします。 注: リンクされたデータが作業中のファイルにない場合、[ リンクの編集] は使用できません。 [ リンク元] ボックスの一覧で、解除するリンクをクリックします。 複数のリンク オブジェクトを選択するには、CTRL キーをキーを押しながら各オブジェクトをクリックします。 すべてのリンクを選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。 [ リンクの解除] をクリックします。 定義されたリンクの名前を削除する リンクに定義された名前が使用されている場合は、自動的に名前は削除されません。 次の手順に従って、同様に、名前を削除することがあります。 [ 数式] タブの [ 定義された名前] グループで、[ 名前の管理] をクリックします。 [ 名前の管理] ダイアログ ボックスで、削除する名前をクリックします。 名前をクリックして選択します。 [ 削除] をクリックします。 [ OK] をクリックします。 補足説明 では、いつでも専門家に質問できます。 では、サポートを受けられます。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

次の

エクセルのリンク(ハイパーリンク)を解除(削除)する方法

エクセル リンク 解除

エクセルでリンク解除する基本手順 まずはリンクを解除する手順を見てみましょう。 セルにあるリンクを解除する方法と定義された名前にあるリンクを解除する方法、リンク箇所の探索方法とリンク編集のショートカットキーについて解説します。 1-1. セルにあるリンクを解除するには? まずはリンクを一つ一つ解除する方法からです。 (1)「データ」タブにある「リンクの編集」をクリックする (2)解除したいリンクを選択して「リンクの解除」ボタンを押す (3)警告メッセージが出るが、もう一度「リンクの解除」ボタンを押す (4)完了 これでセルにあるリンクが解除できます。 念のため解除する前に、本当に外していいリンクなのかを確認しましょう。 1-2. 定義された名前にあるリンクを解除する方法 次に定義された名前にあるリンクを解除する方法です。 (1)「数式」タブにある「名前の管理」をクリックする (2)下に表示される「参照範囲」の値を参考に、外部参照している名前を選択し、削除ボタンを押す (3)「削除してもいいですか?」と聞かれるのでOKボタンを押す (4)完了 これで名前で定義されていた外部リンクも削除することができます。 セルのリンクがないのに「外部参照リンクが含まれています」とメッセージがあった場合には、こちらを試してみましょう。 1-3. セルのリンク箇所の探索方法 そしてセルのリンク箇所の探索方法についてです。 どこで外部リンクがされているか分からないと解除していいかも分かりません。 ですからこの手順でリンクが張られている箇所を確認しましょう。 xlsx]」など角括弧が使われるからです。 検索結果が必ず外部参照リンクセルとは限りませんが、比較的効率よく探せるでしょう。 1-4. リンク編集のショートカットキー 最後にリンク編集のショートカットキーについてです。 1-1. で紹介した「セルにあるリンクを解除」する時にはショートカットキーを使うとすぐに「リンクの編集」を開くことができます。 これで「リンクの編集」が開きます。 試して見てください。 リンク解除ができない!原因と対処法 「リンクの編集」に出てくるリンク元を選択して「リンクの削除」を押しても消えない…。 ここではそんな時の原因と対処法について解説します。 こんな時にはデータの入力規則でリストの参照先が部参照になっている可能性があります。 具体的には次のようになっているということです。 本来は、リストの「元の値」で他のエクセルデータを参照することができません。 しかし同じエクセルデータの別シートをリストの参照先として指定した後、参照先になったシートを別のエクセルデータに移動するとこのようになります。 そして、リンクの編集で解除しても消えないということが起きるのです。 つまり原因は、リストの参照先が外部参照になっていたということです。 では次に、対処法を確認してみましょう。 リストの外部参照を削除するには次のように行います。 ただ一番難しいのが「リストが設定されているセルを探す」ことで、当たりが付けばいいのですが、どこのセルに設定されているか分からない場合には探すのにとても苦労します。 そんな時には一度入力規則をすべて解除してしまうことをお勧めします。 やり方は、画面左上の角を押してセルの全選択状態にした後、(2)以降の手順に従って操作すればよく、セルを一つ一つ確認するよりも早く済むので試してみてください。 ActiveWorkbook If Not IsEmpty wb. LinkSources xlExcelLinks Then For Each link In wb. LinkSources xlExcelLinks wb. BreakLink link, xlLinkTypeExcelLinks Next link End If End Sub (4)「F5」キーを押して実行すれば完了 実行後はリンクが解除されて値のみが残ります。 解除したいリンクがたくさんある場合には、こちらを実行してみましょう。 ただし一つだけ注意してほしいことがあります。 それは、「事前に保存しておくこと」です。 マクロは実行後に「元に戻す」ことができません。 ですから事前に保存しておいて、万が一には保全前の状態に戻せるようにしておきましょう。

次の