フリーレント 賃貸。 よく目にするフリーレントの賃貸物件とは?なぜ家賃1~2ヶ月無料にできるのか【アパマンショップ】

【ホームズ】フリーレント物件ははたしてお得なのか? 借り方と注意点について

フリーレント 賃貸

フリーレントとは、どのような物件のこと? フリーレントとは、入居後の1ヶ月から3ヶ月程度の家賃を無料とする契約形態で、中には6ヶ月間が無料という物件もあるようです。 事務所や店舗の賃貸では比較的古くから見られましたが、居住用物件では2000年頃から徐々に表れ始め、最近では賃貸物件の検索サイトを使えば、かなりの数がヒットするようになっています。 賃貸物件を貸す側から見れば、少しでも早く空室を埋めることのできるメリットがあり、それを借りる側から見れば、高額になりがちな賃貸借契約の初期費用を抑えることのできるメリットがあります。 フリーレント物件が存在する理由 賃貸物件の空室を早く埋めようとするなら、毎月の賃料を下げるほうが手っ取り早いはずです。 しかし、賃料を下げて募集をすれば、既に入居している他の部屋の居住者から「こちらの賃料も下げてくれ」という要求が出ることにつながりかねません。 フリーレントであれば表面上の賃料はそのままで不公平感はありませんから、値下げ要求の心配をする必要もないのです。 また、投資物件の場合には年間賃料を売買代金で割った「利回り」が大きな意味を持ちます。 たとえば1年間の賃料が144万円(月額12万円)の物件を2,880万円で売るときに、表面利回りは5%となります。 ところが、月額の賃料を11万円に下げてしまうと、同じ利回りを確保するためには売買代金を2,640万円に下げなければなりません。 投資物件のオーナーからすれば、フリーレントの期間を長くしてでも、毎月の賃料そのものはなるべく下げたくないところでしょう。 フリーレント物件を借りるときの注意点は? 「家賃は無料、解約も自由」というのでは賃貸経営が成り立ちません。 そのため、フリーレント物件の契約では一定期間内の解約に対して違約金や、フリーレント期間相当分の賃料支払いなどを求める条項が盛り込まれています。 契約の際には、その内容をしっかりと確認しておくことが大切です。 フリーレント物件を借りた後で、急な事情によって契約期間内に退出することになれば、負担がかえって大きくなってしまう場合もあります。 また、賃料を値下げしない代わりに当初の数ヶ月を無料にしているのですから、契約を更新して長期間住み続ければ、通常の物件よりも割高になってしまうというデメリットもあるでしょう。 自分のニーズをよく見極めて、実際に「お得」かどうかを判断することが大切です。 フリーレント期間中の賃料負担はなくても、管理費や共益費が必要な場合もあります。 フリーレント物件を法人で借りる場合には、税務上の取り扱いが面倒になるケースもあるので注意しなければなりません。 中途解約が認められていない場合、あるいは中途解約のときにフリーレント期間の賃料を支払うといった契約内容になっている場合には、契約期間内の平均賃料を算出したうえで、賃料負担がない月も経費(未払金)として計上することになります。 フリーレント期間が終わった後も、毎月の支払い額と経費計上する額とが異なりますから、税務や会計処理についてあらかじめしっかりと確認しておくことが欠かせません。

次の

フリーレント付き賃貸物件特集|物件を探す【ピタットハウス】

フリーレント 賃貸

フリーレントの賃貸物件って何?初期費用はいくら?家賃数か月無料って本当? フリーレントの賃貸物件とは、入居後一定期間は家賃が発生しない物件のこと。 家賃が無料になる期間は1ヶ月~2ヶ月が多いですが、なかには3ヶ月無料の場合もあります。 また法人がオフィスを借りる場合などは、6ヶ月無料になるケースも。 賃貸契約の際、翌月分までの家賃を先に支払うのが一般的ですが、フリーレントの物件ならそれが無料になるため、 初期費用を抑えることができます。 これは見方を変えると、 その物件に住む期間の家賃総額-フリーレント分の家賃 となるので、結果として 家賃そのものが安くなるとも考えられます。 フリーレントでお得な具体例:家賃の2重払いを防げる せっかく気に入った物件が見つかっても、今すぐには引っ越しができない場合、その物件をキープしておくために、やむを得ず家賃を2重払いするケースがあります。 でもそれがフリーレント物件であれば、無料期間を利用して家賃の2重払いを防げるのです。 フリーレントの賃貸物件を契約するメリット ・初期費用を抑えられる ・家賃そのものが安くなるとも考えられる ・契約期間が重なる場合、家賃の2重払いを防げるケースもある フリーレントの賃貸物件はアパートやUR賃貸だけじゃない! フリーレントの賃貸物件というと、アパートやUR賃貸(都市再生機構(UR都市機構)が管理する公的な賃貸住宅)など、限られた物件をイメージされるかもしれません。 しかし実際に探してみると、下記のようにさまざまな形態・条件の物件にフリーレントが設定されているのがわかります。 ・マンション ・タワーマンション ・デザイナーズマンション ・シェアハウス ・メゾネット ・ペット可 ・事務所、オフィス …など フリーレントの賃貸物件って怪しい…問題&訳ありの事故物件なの? フリーレントは何らかの理由で空室になりやすい物件に設定されていると言えます。 フリーレントの賃貸契約は、オーナーや大家さんにもメリットがある フリーレントの賃貸契約は、借主だけでなく、オーナーや大家さんにも3つのメリットがあります。 5万円 フリーレント 1ヶ月 - 入居期間 2年 2年 大家さんの損失 フリーレント分=8万円 0. これにより初期費用が抑えられることは説明しましたが、だからといって引っ越しの初期費用が全て無料になるわけではありません。 ここではフリーレント物件の「初期費用はいくら?」「敷金礼金は?」「共益費や管理費は?」について解説します。 物件ごとに条件設定が違うので、詳細は契約前に必ず確認してくださいね! 敷金礼金0円のフリーレントはあるけど… フリーレントの賃貸物件の中には、敷金礼金が0円のものもありますが、その割合は少なく、 敷金礼金0円>フリーレント>敷金礼金0円+フリーレント と、徐々に件数が減っていきます。 UR賃貸の場合、礼金は0円ですが敷金は家賃の2ヶ月分かかります。 フリーレントの賃貸物件でも、仲介手数料はかかる フリーレントの賃貸物件でも、仲介手数料はかかります。 その場合、家賃の1ヶ月分程を借主が不動産会社(仲介会社)に支払う必要があります。 ただし、 下記の3つのパターンの場合は、仲介手数料がかかりません。 初期費用として、通常は翌月分の管理費や共益費を先に支払う必要があります。 ただし物件によっては、管理費・共益費が家賃に含まれることもあります。 最初の支払いがいつ、いくらになるのかについては、大家さんや仲介会社に確認しておくと安心です。 フリーレント物件の入居時期は?月途中の引っ越しだと日割り計算になる? フリーレント物件といっても、その適用条件は契約ごとにさまざま。 どの期間分がフリーレントになるのか、契約前にしっかり確認して入居時期を決めましょう。 フリーレントの賃貸物件の2つのデメリットとは?途中解約すると違約金発生?! フリーレントの賃貸物件は、借りるにあたって知っておくべき2つのデメリットがあります。 後々損することのないように、しっかり把握しておきましょう。 フリーレントの賃貸物件は、途中解約すると違約金が発生する フリーレントの賃貸物件のデメリットは、 契約期間が決まっているということ。 これは物件にもよりますが、例えば「2ヶ月のフリーレントを付けるから2年間は部屋を借りてね」といった契約期間が設けられます。 そりゃ、大家さんからしてみれば家賃無料期間が終わってすぐ引っ越しされたら、大損ですよね。 それを防ぐために、契約期間分の家賃や、フリーレント分の家賃を 違約金として支払うように求められます。 そのため急な引越しが多い人や、長く住む予定ではない人は、フリーレント物件は不向きと言えるでしょう。 フリーレントの賃貸物件は、数が少ない!! フリーレントの賃貸物件のデメリットは、全体の物件数に対して非常に少ないため、選択肢が限られてしまうこと。 せっかくフリーレントの物件が見つかっても、それが希望する条件に合わなければ契約できないですよね。 そんなとき、どうしたらよいのでしょう…?! フリーレントの賃貸物件が見つからなければ、交渉してみよう! フリーレントの賃貸物件は「数が少ない」ことがデメリットとお伝えしました。 でも、忘れてはいけないのは「フリーレント契約は大家さんにもメリットがある」というポイント。 数がなければ、自分でフリーレントの交渉してみるのもアリなのです! でも、やみくもに「安くしてください」「フリーレントにしてください」なんて言うのは現実的ではありません。 ここでは、どうやってフリーレントの交渉をすればいいのか?を解説していきます。 不動産業界の閑散期を狙って引っ越しする フリーレントだけでなくさまざまな交渉は、閑散期のシーズンにするのがおススメ。 不動産業界の閑散期は、新年度の引越しが終わった5~7月と、秋の異動が終わった11月・12月なので、そこに合わせて物件探しをするとよいでしょう。 空室が埋まりにくい閑散期なら、大家さんも多少サービスしても契約したいと思うでしょうし、不動産屋さんの営業マンも親身になってくれる可能性があります。 フリーレントの可能性を内見でやんわり確認 内見のときに、いきなりフリーレントの交渉をするのはNG! まだ入居するかも分からない人からマイナスの交渉をもちかけられても、現実的ではなく、大家さんもそれに応えようがないからです。 内見の時に「入居した場合、家賃の値下げやフリーレントが可能かどうか」を不動産屋さんにやんわりと確認して、営業マンが動いてくれそうか反応を見るにとどめておきましょう。 契約の直前なら入居する意向が分かっているので、大家さんも交渉に応じやすく、不動産屋さんも契約をまとめることで仲介手数料を受け取れるので、積極的に動いてくれることに期待できます! フリーレントを上手に利用して初期費用を節約!賢くお得に賃貸物件を契約しよう フリーレントの賃貸物件は、借主にとって初期費用を節約できるお得な物件と言えます。 どの期間分がフリーレントになるのかは個々の契約によって違うので、必ず確認しましょう。 フリーレントのメリット・デメリットについて内容を把握して、物件探しに役立ててくださいね。

次の

フリーレントって何?メリットとデメリットまとめ

フリーレント 賃貸

家賃は「前家賃制」 確認ですが、家賃 賃料 とは大家さんに支払う部屋賃料のことをいいます。 つまり部屋を借りるためのレンタル費ですね。 一般的に家賃は「前家賃制」といって当月分ではなく、翌月分を支払い日までに払います(例、11月に12月分を支払う)。 ここで問題となるのが、契約月における支払い計算です。 契約月分は「日割り計算」で行い、翌月分と合わせて支払います。 たとえば、家賃60,000円の物件を11月20日に契約したとしましょう。 この場合の日割り家賃は、• 少し費用がかかりますね。 「部屋を他の人に借りられないために前もって押さえておく」というのが、前家賃制の意義です。 大家さんからすれば空室は少しでも早く埋めたいので、実際に借主が住まなかったとしても、その分のお金は欲しいといったのが実のところでしょう。 大家さんも商売ですからね。 しかし最近では、「契約月分を支払わずに部屋をおさえてあげる」といった借主にやさしい物件も見受けられます。 それが、フリーレント物件です。 フリーレント物件とは フリーレント物件とは、入居後から一定期間内の間、賃料が発生しない物件のことをいいます。 上述のように、「これでは大家さんには不利なのではないか?」「何かウラがあるのでは?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、フリーレント物件は大家さんにとってもメリットのある仕組みであり、以下のようなものが考えられます。 空室率を下げる工夫になる 前家賃制を採るのも、空室期間をなるべく短くし、家賃収入を確保することにありました。 フリーレント物件は、家賃を取らずに部屋を借りることのできる物件なので、前家賃制の物件よりも借主には魅力に映る物件であるといえます。 つまり、前家賃制の物件よりも借主が早く見つかる可能性が高く、結果、これが空室率を下げることにつながるのです。 一方、デメリットもあります。 これは私たち借り手にとってのデメリットといえます。 違約金がかかる場合がある 大家さんは借主に、家賃を一定期間ゼロにして貸すわけですから、その分損をすることになります。 たとえば上記のように、家賃60,000円の物件を契約したとして、11月20~11月30日 つまり11月分の1か月間 を家賃ゼロで貸すわけです。 しかし1か月分の家賃は含まれていないので、大家さんはどこかでそれを回収する必要があります。 そこで考えられる手法としては、以下の2つが考えられます。 家賃を割高にして回収する方法 長期的にみると、これは借主が損をするケースとなります。 たとえば通常の家賃相場よりも5,000円高く設定されれば、合計で1,495,000円 23か月分 支払うことになります。 これでは本末転倒です。 違約金で回収する方法 1のケースのように、最終的には通常よりも多く支払うことになると借主が知れば、契約をやめる、もしくは短期間で契約を解除することが考えられます。 そこで大家さん側は、退去時に一定期間分の家賃を回収できるよう、違約金を設ける場合があります。 つまり中途解約して退去する入居者に対して、解約違約金の支払義務を課すために、特約条項を設けた契約書にサインさせます。 デメリットも考慮すると、フリーレント物件は「〇年間は借りないといけない」といった縛り物件であることがわかります。

次の