楽天 ペイ 消費 者 還元 事業。 キャッシュレス・消費者還元事業について|楽天銀行

ポイント還元事業が終了! 7月以降もお得なキャッシュレスの使い方は?

楽天 ペイ 消費 者 還元 事業

通常ポイントのポイント有効期限は最後にポイントを獲得した月を含めた1年間です。 期間内にポイントを1度でも獲得すれば、有効期限は延長されます。 本施策は予告なく中止する場合がございます。 ポイント進呈に関してその他の制約はございません。 楽天ペイアプリはお支払いの際に上限があります。 楽天の会員ランクやご利用する店舗によって、ご利用1回あたりの上限額が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 お問合せ先 楽天ペイメント株式会社 お問い合わせはこちら: キャンペーン詳細 名称 【キャッシュレス・消費者還元事業】楽天ペイアプリでのお支払いで最大5%還元 還元期間 2019年10月1日 火 0:00~2020年6月30日 火 23:59 対象店舗 楽天ペイアプリでコード表示・QR読み取り・セルフでのお支払いが利用できるキャッシュレス・消費者還元事業 対象店舗 参加条件 対象店舗にて楽天ペイアプリでお支払い(コード表示・QR読み取り・セルフ) 特典 お支払い金額に対して楽天ポイント最大5%還元• ポイントは通常ポイントとして進呈いたします。 期間中のお支払い金額に対して楽天ポイント最大5%還元• 進呈ポイントに関して:特典ポイントはご利用月の翌々月末日頃に通常ポイントで進呈いたします。 獲得されたポイントは、よりご確認ください。 下記の名称で進呈させていただく予定です。 楽天ペイアプリにはお支払い上限があります。 本施策は楽天ペイアプリによる店頭でのお支払いを対象としています。 ネットでの楽天ペイのお支払い分は対象外です。 楽天ポイントカードおよび楽天ポイントカードアプリによるポイント利用は、本施策の対象外です。 進呈ポイント数算出時、小数点第1位以下は切り捨てとなります。 楽天ペイアプリでのお支払いをキャンセルされた場合、キャンセル分の金額は施策対象外となります。 楽天ペイアプリの対応機種はからご確認いただけます。 楽天ペイアプリに設定可能なカードは、すべての楽天カード、およびその他のVisa、Mastercardになります。 左記以外のカードは、楽天会員情報に登録されていても、楽天ペイアプリのお支払い元の選択画面には表示されません。 楽天会員から退会している、楽天会員資格を喪失している、または不正行為、会員規約・利用規約等に違反している場合、特典ポイントは進呈できかねますので、あらかじめご了承ください。 本施策は予告なく中止・延長する場合がございます。

次の

楽天ペイとPayPay(ペイペイ)のどっちがいい?その違いを徹底比較! | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

楽天 ペイ 消費 者 還元 事業

1.楽天ペイのキャッシュレス・ポイント還元 (1)楽天ペイはキャッシュレス・消費者還元事業に参画している 楽天ペイは、2019年10月1日消費税増税を受けて行われた消費者の消費を向上させるための試み「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画しています。 期間は 2019年10月1日から9カ月間と限定的ではありますが、この期間内で楽天ペイを利用すると、利用者はお得に還元を受けることが可能になります。 (2)事前登録が必要か?手続きは? 楽天ペイは楽天に登録された会員情報を元に支払いを行うことができるので、非会員の場合支払いができません。 楽天ペイをインストールして、キャッシュレス消費者還元の加盟店でショッピングに利用すればポイント還元されます。 ただし後述しますが、楽天独自のキャンペーンを併用する場合は「」が必要になりますので、必ず忘れないようにしましょう(ページを開いて「 キャンペーンにエントリー済みです」と表示されれば問題ありません。 ・セブンイレブン ・ファミリーマート ・ローソン ・ミニストップ 等の大手コンビニをはじめ、ドラッグストア、飲食店、家電量販店など利用できる店舗数が多いです。 詳しくは公式サイトの「楽天ペイが使えるお店」をご確認ください。 またクレジットカードを楽天ペイに紐付けることで、クレジットカードの通常利用ポイントまでも獲得できます。 2.楽天ペイの通常のポイント還元について 楽天ペイは利用方法を熟知していると、賢くポイントを活用することが可能になります。 念のため、楽天ポイントの仕組みを簡単に復習しておきましょう。 (1)通常ポイントと期間限定ポイントがある 楽天スーパーポイントは主に2種類のポイントがあり、通常ポイントと期間限定ポイントがあります。 違いは、文言の通りですが、有効期限が短いかどうかです。 特に、期間限定ポイントは、楽天が設定した期限内に利用する必要があります。 短いものになると10日以内に消化をしないといけないケースがあるので、付与された時はいつまでにポイントを使えば良いか確認する必要があります。 また後述しますが、楽天ペイなら期間限定ポイントを優先して利用することも可能です。 (2)通常ポイントの利用期限 また通常のポイントの利用期限は下記の通りです。 ・ご利用月の翌々月末日頃に通常ポイントで進呈 ・2019年12月31日(火)頃までに期間限定ポイントで進呈 と2回に分けて還元されます。 上記のキャンペーンの第二弾キャンペーンである「【第2弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元」では、特典ポイントは2020年3月31日(火)頃までに、2020年4月30日(木)23:59までご利用いただける期間限定ポイントで進呈、とされています。 また、政府が主導の「【キャッシュレス・消費者還元事業】楽天ペイアプリでのお支払いで最大5%還元」では、特典ポイントはご利用月の翌々月末日頃に通常ポイントで進呈されると説明されております。 自分が参加しているキャンペーンによって付与のタイミングが異なるため、「支払いに対してポイントが付与されていないのではないか」と不安になる場合は、参加したキャンペーンの付与のタイミングを確認するとよいでしょう。 3.楽天ペイのポイント払いと使い方|期間限定ポイントを消化する! (1)楽天ペイならポイント払いができる 楽天ペイを使う場合、ネットでも街中(例えばコンビニや家電量販店など)であっても、楽天スーパーポイントを支払いに使うことができます。 この時、「期間限定ポイント」しか所有していない状態であってもポイント払いをすることが可能です。 ただしスマホ上で ポイント払いできるように設定をすることが必要のため、下記で詳しく説明して参ります。 (2)ポイントが使えない?|「ポイントを全て利用」に設定する まれに「ポイント払いができない、使えない」と悩んでいる方がいらっしゃいます。 その場合、「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れていない可能性があるので、まず確認してください。 ポイントを全て使う設定にしている場合、ポイントが先に使用され、残りの不足分を楽天キャッシュから支払う順序になります。 ポイントは 期間限定、通常ポイントの順で優先されて消化されていきます。 さらに「すべてのポイント/キャッシュを使う」の右側に「設定」というボタンが有り、そこから「期間限定ポイントだけ使う」など細かい設定も可能です。 もしも、期間限定ポイントを多く保有している場合は、ポイントを全て使用するにチェックをしてすぐに消化したほうが良いかもしれません。 (3)ポイント払いの上限 楽天ペイでは、ポイント払いでの1回の上限値が設定されています。 1回で利用できるポイント払いの上限は 基本30,000ポイントです。 つまり、3万円以上の商品を購入する場合は、ポイントと現金を併用する等の支払い方法となります。 (4)ポイント払いは現金と併用できる?|ポイントが不足していた場合 楽天ペイでポイント支払いを行なった場合、不足分が発生した場合は残りの金額は、楽天ペイにチャージした「楽天キャッシュ」に入っているもので支払われます。 しかし、楽天キャッシュに金額が入っていなくポイントだけで支払えない場合はエラーが表示されることがあります。 このような場合は楽天カードなどのクレジットカードを登録していれば、ポイントと併用して支払う事が可能となります。 その場合は、楽天ポイントカードと現金を併用して支払いを行うようにしましょう(もちろん楽天ポイント対応店では上記の技が可能ですが、楽天ペイに対応していない店ではできません) またAmazonのコンビニ払いなどはそもそも基本現金払いのため、こちらも併用は不可です。 さらにその後、楽天ペイで支払うと基本還元率0. 合計250+25ポイント還元されることになります。 ただし、 楽天ペイで支払っても、楽天ポイントカードを提示したことにはなりません。 手間が2倍になってしまいますが、楽天ペイと楽天ポイントカード両方提示して初めて二重取りが可能となります。 楽天ポイントカードはリアルカードでなくても、アプリ内にあるバーコードを提示すればOKです。 ポイントを獲得する際には、両方提示することで上記のようなお得な恩恵を受けることができるので、面倒ではありますが楽天ペイで支払う際には、まず楽天ポイントカードの提示をすることが無難でしょう。 (6)楽天ペイと楽天ポイントカード、どちらでポイント消化すべきか 単に「楽天市場で稼いだ期間限定ポイントを消化したいだけ」というユーザーも多いと思います。 その場合、楽天ポイントカードで支払うか、楽天ペイで支払ったほうが良いのか、それとも楽天カードか楽天edyかどれが得か迷うかもしれません。 結論を言うと、現在行われているキャンペーンによって異なるとしか言えません。 ただ逐一キャンペーン内容が変わるという点には注意が必要です。 必ず新しいキャンペーンが始まったら公式サイトを確認する必要があります。 なお 利用できるお店が楽天ペイと楽天ポイントカードで異なるので、例えばマクドナルドで利用する場合は楽天ポイントカード、セブンイレブンで利用する場合は楽天ペイと使い分けて、消化するのが良いでしょう。 ・楽天キャッシュ払い ・クレジットカード払い ・楽天ポイント払い (1)楽天キャッシュ(チャージ)払いの実質還元率 楽天キャッシュ払いは、まず事前に楽天カードかもしくは楽天銀行口座・ラクマの売上金から「楽天キャッシュ」にチャージする必要あります。 楽天キャッシュに銀行口座やクレジットカードでチャージした場合、200円に1ポイント毎付与 還元率0. (2)クレジットカード・デビットカード払いの実質還元率 楽天ペイの場合、お支払い元にクレジットカードを設定して支払うと、クレジットカードのポイントとさらに、楽天ペイの利用ポイントとして200円に1ポイント(0. なお、クレジットカードのポイントの還元率は、登録したクレジットカード固有の還元率が付与されます。 還元率という視点では、楽天キャッシュ払いよりお得になる可能性があります。 なお登録できるクレジットカードは楽天カード(JCBでも可)と、楽天カード以外のVisaやMastercard(JCB・American Expressは不可)などが登録できます。 またクレジットカードだけではなく、デビットカード(Visa・Mastercardのみ)も利用できます。 まだ楽天カードを保有していない方は、公式サイトをご参照ください。 以前まで還元率は0. 楽天カードなら、年会費無料、審査も他のカードと比べるととても甘いのでおすすめです。 また楽天カードの場合、他社のクレジットカードよりも、 新規入会キャンペーンでの条件達成が非常に簡単で、カード初心者にも優しい内容になっているので、是非、検討頂ければと思います。 様々な場所で使える楽天ポイントがどんどん貯まる。 ポイントの使いやすさは抜群!10年連続顧客満足度ナンバーワン! もちろん10月にスタートしたポイント還元制度の対象です。 (4)還元率の注意点 上記のポイント付与率はあくまで、 通常時のポイント付与率です。 繰り返しになりますが、キャンペーンなどを開催している場合は、 キャンペーンのポイント付与率が適用されるため、必ずキャンペーンのページをご確認下さい。 (5)ポイント還元率を最大まで高めるには? そんなお得な楽天ペイですが、結局どうすればポイント還元率を最大まで高めることができるのか。 結論としては、「楽天カードでチャージ+楽天ポイントカード提示」です。 これにより、楽天カードでのチャージ時のポイント付与はもちろん、楽天ポイントカードのポイントも付与されることにより、ポイント還元率を最大まで高めることができます。 ただし、キャンペーンとの併用ができない場合があるので、各種キャンペーンとの併用については楽天ペイのキャンペーンページからご確認ください。 6.楽天ペイでSuicaがチャージできるようになる 2020年春(予定)、「楽天ペイ」アプリから「Suica」の発行とチャージ・利用ができるようになる予定です! チャージ対象のクレジットカードは「楽天カード」(ブランドは問わない)が対象です。 これにより、楽天ペイを利用、かつSuicaを利用している方はアプリ内で「Suica」にチャージすることで楽天ポイントが貯められるようになります。 いまやSuicaは電車を利用する方からするとなくてはならない存在だと言えるため、そのSuicaへのチャージで楽天ポイントがたまるとなると、嬉しい限りとなるのではないでしょうか。 なお、対応端末は「おサイフケータイ」機能が搭載されたandroid端末のみとなり、iOSに関しては今後検討するとのことです。 またこちらの情報は2019年10月30日時点の情報となり、サービス提供時に内容が変更となる可能性もございます。 詳細はこちらの記事にて解説しているので、興味があればご覧ください。

次の

「キャッシュレス・ポイント還元事業」ってなに? 10月から最大5%還元

楽天 ペイ 消費 者 還元 事業

2019年10月1日から2020年6月末までの間、対象店舗において、登録されたキャッシュレス決済で お支払いをすると、最大で5%のポイント還元を受けられます。 「キャッシュレス・消費者還元事業」には、 ・消費者 ・中小・小規模事業者 ・キャッシュレス決済事業者 が関わります。 が、ほとんどの皆さんは、消費者として関わることにはなるので、消費者目線でどうなるのかチェックしたいと思います。 該当の決済手段=キャッシュレスは? まずは決済手段ですが、当然キャッシュレスを推進するものになります。 大まかにいうと、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、スマートフォン(QRコード等)が該当しています。 が、実際にポイント還元を受けるには、決済業者が申請して国に認められたキャッシュレス決済手段である必要があります。 どんなキャッシュレス決済手段が登録されているかは公式サイトで確認することができます。 基本的には普段利用しているようなクレジットカードや電子マネー、QRコード決済はほとんど該当しているので、消費者側としては普段通りに利用するしていく方向でそれほど問題はありません。 「JCB カード」はキャッシュレス・消費者還元事業に該当 今回は「JCB カード」について確認します。 「JCB カード」は公式サイトでも既に告知されていますが、「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録済です。 今回の「キャッシュレス・消費者還元事業」、決済手段を確認するときのポイント・注意点は ・何が対象か(クレジットカード、デビットカード等) ・上限はどうなっているのか ・還元方法はどうなるのか・いつ頃どうやって還元されるのか です。 還元を受けるにあたっては、個別の申込や申請は不要です。 【計算方法】 利用金額(税込)に還元率(5%もしくは2%)をかけ合わせた制度専用のポイント・バリュー(JCBキャッシュレス利用ポイント・バリュー)を計算します。 詳細は下記の記事で紹介しています。 「キャッシュレス・消費者還元事業」とダブる期間があります。 どこの店舗が対象か マークがある対象店舗でキャッシュレス決済手段で支払うと、5%か2%還元されます。 中小・小規模事業者で、申請して認められた店舗でないと還元は受けられません。 還元率は ・基本:5%還元 ・フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模事業者:2%還元 (例えばフライチャイズオーナー店のセブンイレブンなど。 ) 大手の店舗は対象外です。 対象店舗かどうかの確認も公式サイトで行えます。 ちなみに実店舗だけではありません。 アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングに出店している中小・小規模事業者で対象店舗であれば5%還元になります。 軽減税率との違い・軽減税率と併用は? 軽減税率制度についても確認です。 軽減税率制度と言ってピンとこなくても「持ち帰りだと消費税8%で、店内で食べたら消費税10%という制度」と言えばわかるのではないでしょうか。 「軽減税率制度」は、消費税の軽減税率です。 <軽減税率の対象品目> 飲食料品: 飲食料品とは食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。 )をいい、一定の一体資産を含みます。 外食やケータリング等は軽減税率の対象品目には含まれません。 新聞: 新聞とは一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。 引用:国税庁 軽減税率制度とはリーフレット より 図でみると以下のようになります。 ただ、同じ時期に始まるので違いがよくわからない・・・ 「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」を比較すると以下のような違いがあります。 次に気になるところは「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」の併用です。 結論をいってしまえば 併用OKです。 併用できればかなりお得になります。 これでクレジットカード等キャッシュレス決済のポイントも貯まるわけですから、利用する決済手段によっては相当お得になります。 まとめ 「キャッシュレス消費者還元事業」を「JCB カード」で利用する場合の注意点は、カードごとですが1ヶ月の還元金額に上限(15000円相当分)があることです。 (ただし、他の大手クレジットカード会社もほぼ同様の上限です。 ) JCBの場合、12月15日までは「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」も実施しているので、上限金額に注意しながら上手に利用すれば、2重にお得です!.

次の