インスタ 昨日アクティビティがありましたとは。 Instagram(インスタグラム)を乗っ取られた時の復旧方法と予防策

インスタ生ライブご視聴ありがとうございました♥︎

インスタ 昨日アクティビティがありましたとは

これは かなりの時間相手がインスタを開いていない場合に表示される表示ということがわかっています。 オンライン中はずっと緑丸がついているのか? インスタを開けばオンライン状態になるので、相手も自分もオンライン中はずっと緑色の丸がついています。 ただし、インスタをやめたあと、5分間はオンライン状態の表示がされます。 5分間インスタを見ていない場合にはオンライン状態も消えます。 ずっとオンライン中の場合はどうすればいい!? インスタ閉じて、5分以上経過したのになぜかずっとオンライン中という場合には「アプリの再起動」もしくは「更新」を行ってみてください。 インスタの更新に関しては下にスワイプすると「更新マーク」が表示されるのでローディングマークが消えると更新完了です。 DM以外でオンライン状態を確認する方法 インスタのオンライン状態はDMで簡単に確認できますが、実はDM以外にもオンライン状態を確認することが可能となっています。 ストーリーを特定の人に送信する場合 相手のオンライン状態はストーリーの足跡から見ることも可能です。 その方法としてはまず、インスタを開いて一番上にある「自分が投稿したストーリー」のアイコンをタップ。 自分のストーリーが大きく表示されるのでそのストーリーを下にスワイプします。 そうすると、閲覧した人数などを見ることができるのですが、下に閲覧者が表示され、その閲覧者がオンラインの場合には緑丸がつくようになっています。 相手のオンライン状態が表示されない! 相手のオンライン状態を確認してDMを送ったりするという方にとっては、今相手がオンライン状態かそうでないか確認したいところですが、オンライン状態が表示されない場合もあります。 それがどういった理由なのかこれからいくつか紹介していきます。 自分がオンライン状態を非表示にしているまたは相手に非表示にされている インスタにはオンライン状態を非表示にする設定方法(アクティビティのステータスをオフ)があります。 自分がオンライン状態を非表示にしていないにも関わらず相手のオンライン状態を見れないという場合は、相手がオンライン状態を非表示にしている可能性が高いです。 自分のオンライン状態を隠すことが可能ですが、実は相手のオンライン状態も非表示にしてしまうという少し厄介な機能です。 相手のオンライン状態も知っておきたい場合にはオンライン状態を非表示にする設定を解除しましょう。 インスタの不具合で表示されない 自分がオンライン状態を特に隠す設定をしていないのに、 なぜか相手のオンライン状態が見れないという場合には「インスタの不具合」という可能性もあります。 インスタの不具合でオンライン表示がされない場合は不具合が直るまで待つしかありません。 なので、いくらアプリの再起動や更新などを行ってもオンライン状態を見ることはできません。 非表示にしたことは相手にバレる 今まで オンライン状態を表示する設定で、急に非表示にした場合相手にオンライン状態を非表示にしたとバレる可能性があります。 例えば、相手が一度でもあなたのオンライン状態を確認していて、「最近オンラインじゃないなでも、インスタの投稿やいいね!などは行っているからおかしい!」と思われオンラインを非表示にしていると気がつかれるでしょう。 ですが、ダイレクトメッセージのやりとりを一度も行ったことがない人にはオンライン状態が始めから表示されないので非表示にしたところでバレることはないでしょう。 オンライン非表示にしたのになっていない場合の原因 オンライン状態を隠すために「アクティビティのステータスボタンをオフ」にしたのになぜかオンライン状態が表示されてしまう場合は以下のようなことが原因と考えられます。 「システム更新」をタップした後、システム更新の確認画面が表示されるので更新がないか確認しましょう。 更新がある場合は最新バージョンのOSにしてください。 アプリ・スマホの再起動 アプリやスマホは一時的にバグを起こす可能性があります。 そういった場合にはアプリやスマホの再起動が有効となっているのでぜひ試してみてください。 そうすると現在開いているアプリのタスクが開くのでそこからインスタのタスクをスライドさせればアプリが消えます。 そして再度、インスタのアプリを開くと再起動が完了します。 スマホの再起動 スマホの再起動はとても簡単で、スマホの電源ボタンを長押しするだけです。 再起動することでスマホがリフレッシュされアプリも正常に動作する可能性が高まります。 アプリの再インストール キャ ッシュクリアや再起動などを行ったけどなぜかオンライン状態が表示される場合は一度インスタのアプリをアンインストールしてみるといいでしょう。 インスタのアプリをアンインストールするには、インスタのアプリを長押しして「アンインストール」の部分に持っていくことで削除できます。 次にアプリストアを開き「インスタ」と検索してください。 検索するとインスタのアプリが表示されるので「インストール」をタップすれば再インストール完了です。 インスタの障害 キャッシュ削除や再起動、更新・再インストール全ての対処法を行ってもオンライン状態が非表示にならないという場合はインスタの障害という可能性があります。 そのような場合には残念ながらこちらとしては対処する方法はないので障害が直るまで待ちましょう。 また、Twitterなどで「インスタ オンライン非表示」などで検索して他にもオンラインが非表示にならないという方が多くいれば障害の可能性が高いです。

次の

Gmail乗っ取りに備えて 「アクティビティ」機能を知ろう|タブロイド|オトコをアゲるグッズニュース

インスタ 昨日アクティビティがありましたとは

アクティビティとは アクティビティ機能とは、ここ最近 どこからGoogleにログインしたのかの履歴を教えてくれる機能です。 たとえば、アクティビティに家と仕事場のパソコンからログインした記録しかなければ、問題はありません。 しかし、もし 自分が行ったことのない場所や、海外からのログイン履歴があった場合は危険な状態とみてよいでしょう。 これにより、不正なログインが行われたかどうかを簡単に判断できるというわけですね。 アクティビティの確認方法 では、実際にアクティビティを見てみましょう。 Google アカウントそのものとGmailで、別々に見ることができます。 Gmailのアクティビティ では、まずGmailのアクティビティから。 スマホの場合はアプリからでは見られませんので、ブラウザでに接続します。 Gmailを開いたら一番下の方にスクロールして、「デスクトップ」をタッチします。 パソコン版と同じ画面が開きます。 以下、パソコンでアクティビティを見る場合にも、共通の画面と操作となります。 パソコン版の画面を開いたら、一番下までスクロールしてください。 「 前回のアカウントアクティビティ」と書かれた部分があるはずです。 これは、前回いつログインしたかを示しています。 もし心当たりのない時間にログインしていたら、少し怪しんだほうがいいかもしれません。 ただし、Gmailアカウントを利用する別アプリも、ログインに含まれることがあります。 さて、前回のアカウントアクティビティの横に、「 詳細」というボタンがありますのでタッチしてみましょう。 少し難しそうな画面が出てきましたね。 上から順に説明しましょう。 「他のセッション」について 最初の、「他のロケーションからアクセスされていないようです」とは、今現在アクティビティを見ているパソコンやスマホ以外から、Gmailアカウントにログインしている機器がないことを意味しています。 その後の「ログアウトしていないセッション」とは、今現在は使用していないが、このGmailアカウントにログインしたままになっている機器があることを意味します。 たとえば、スマホなどです。 その下の「他のセッションをすべてログアウト」とは、ログインしたままになっている機器(先程の例ならスマホ)を強制的にログアウトさせます。 今現在アクティビティを見ている機器はログアウトされません。 怪しい場所からログインされている時などに使いましょう。 最近のアクティビティ さて、その下にある「最近のアクティビティ」が重要です。 ここに、怪しい場所からのログインがあった場合、乗っとり被害に遭いそうになっているかもしれません。 一番簡単な判別方法は、国名のところに海外の名前が出ていないかどうかです。 自分が行った覚えもないのに海外からのアクセスがあった場合は、極めて怪しいと思っていいでしょう。 もう一つはIPアドレス(画像モザイク部分にある12桁の数字の羅列)から判断する方法ですが、こちらは少々難しいです。 ある程度の知識が必要となりますので、ここでは割愛させていだきます。 Googleアカウントのアクティビティ では、続いてGoogleアカウント自体のアクティティを見てみましょう。 パソコン、スマホ共に同じ操作で見られますよ。 まず、Googleアカウントのページ()にアクセスします。 上部に「 セキュリティ」というタブがありますので、ここをタッチ。 少し下の方に「最近のアクティビティ」という項目がありますので、「 イベントをすべて表示」をタッチします。 アクティビティが表示されます。 各アクティビティをタッチすると、画面右にどこから ログインしたかの地図が表示されます。 心当たりの無い位置や機器からログインした記録があった場合、パスワードの変更をした方がいいかもしれません。 Googleの警告機能 以上、アクティビティの確認の仕方でした。 しかし、いつもアクティビティをチェックし続けるのは、面倒ですよね。 そこで役に立ってくれるのが、Googleの 警告機能です。 実は筆者、一度Gmailアカウントを乗っ取られそうになったことがあります。 ある日Gmailを開いたら、怪しい場所からのログイン形跡がありますと画面に表示されたんですね。 何かと思ってアクティビティを見てみると、なんと 中国からログインされているではありませんか。 その時は慌ててパスワードを変更し、事なきを得たのでした。 このように、Googleでは怪しい場所からログインされた場合、警告してくれる機能があります。 基本的には、警告が出た時のみ「アクティビティ」を確認すれば問題ありません。 その他にも、勝手に設定が変わっていたりなど、何か違和感を覚えるような事があった場合なども確認してみるといいでしょう。 二重認証を使おう さて、乗っ取られそうになった時に役立ってくれる「アクティビティ」ですが、そもそも乗っ取られないためにはどうすればよいのでしょうか。 一番よい方法は、Googleアカウントの 二重認証を使うことです。 基本的な使い方などは、以下をご覧ください。

次の

Gmail乗っ取りに備えて 「アクティビティ」機能を知ろう|タブロイド|オトコをアゲるグッズニュース

インスタ 昨日アクティビティがありましたとは

インスタ「オンライン機能」とは まず、この2018年1月に追加された「オンライン」機能の意味とは何なのでしょうか?これは、インスタグラムのダイレクトメール(DM)の一覧に表示される 「〇〇時間前にオンライン」という表示機能のことです。 これにより、そのアカウントで 何時間前にログインしたか・アクセスされたかが分かる様になりました。 フェイスブックで表示される「オンライン」機能と同様のものですね。 このオンライン機能を活用したい方もいれば、一方で自分の最終ログイン時間を見られたくない、という声も多く聞きます。 そこで次では、 オンライン機能を使うメリットやデメリットについて解説します。 オンライン機能を使うメリット オンライン機能を使うメリットとは• 相手のオンライン時間を見てメッセージを送信できる: ダイレクトメッセージを使用して相手と交流した際には、 相手がインスタを使っているタイミングでメッセージを送信することができます。 相手の使用頻度が分かるため、返信の速さや頻度が予測できる: 「〇〇時間前にログイン」という様に、最後にログインした時間が表示される様になっています。 これで、相手の使用頻度がわかり、 相手からの返信頻度が予測できるので、返信を待ち疲れることもありません。 相手の使用頻度を見て返信やメッセージを送受信できることが魅力です。 オンライン機能を使うデメリット• 自分のログイン時間が表示されるため、ダイレクトメッセージへの 返信を迫られている様な気持ちになる• 使用頻度が分かるため、 手軽にログインしにくくなる 相手からログイン時間が見えることで、チェックされているように感じる方もいるのではないでしょうか。 人の目を気にせず、楽しんで利用したい方には、デメリットが多い機能です。 このように、みなさんが思い付く、「見られている」不快感が大きなデメリットです。 しかし、このオンライン機能を使いこなさなければいけない、ということではなく、自分がどう感じるかで この機能を使うか、使わないかを選ぶことが大切、ということですね。 そこで次では、オンライン機能の非表示の設定方法について画像付きでご紹介します。 オンラインの非表示方法について オンラインやログイン時間の非表示を設定したい!という方向けの設定方法です。 「アクティビティのステータスを表示」をタップしてオフ 他のアカウントのアクティビティが見れなくなる他、相手からもログイン時間は表示されませんので、安心してインスタを利用できます。 「今日アクティビティがありました」の意味とは? 時折、インスタのダイレクトメッセージでは、「今日アクティビティがありました」というメッセージが表示されることがあります。 これは、何を指すのでしょうか? インスタには、ログイン時間がある一定過ぎた場合にこの表示がされる仕組みとなっています。 24時間前近くに最終ログインされた場合に、この「今日アクティビティがありました」が表示されます。 ちなみに、最終ログイン日は最大で23週間前まで表示されるようになっています。 相手のログイン時間が表示されない原因とは 相手のログイン時間が表示されない原因とは 先ほど説明した、オンライン機能の設定後にダイレクトメッセージを見ても画面が表示されない場合は、いくつか原因が考えられます。• 相手をフォローしていない、またはされていない: この場合は、ダイレクトメッセージでやり取りをしていてもログイン時間が表示されることがありません。 実はオンライン設定がオフになっている: 先ほど紹介したオンライン表示・非表示設定で、気付かずオフ設定にしている可能性があります。 アプリが最新バージョンになっていない: 2018年1月に追加された新機能で、本体設定でアプリが最新アップデート版になっていない場合、ログイン時間が表示されることがありません。 最新版にアップデートしインスタを再起動すればログイン表示機能が使えるようになります。 また、インスタグラムの全機能で上手に「表示されない・機能しない」などのトラブルがある時は、 アプリが最新版になっていないことが多くあります。 本体のアップデートが自動ではなく手動設定にしていることで、アプリが旧バージョンのままのケースがありますので、ご注意ください。 毎回手動でアップデートするのが面倒・・・と感じる場合は、アップデートを自動設定にしておくことをオススメします。 以上、インスタのオンライン機能についてご紹介しました。 最新機能が追加になったからと言って活用しなければいけない、という訳ではなく、自分の好みや状況に合わせてオン・オフ設定をしてくださいね。

次の